著者
大平 英樹
出版者
日本感情心理学会
雑誌
エモーション・スタディーズ (ISSN:21897425)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.2-12, 2017-10-01 (Released:2018-01-10)
参考文献数
28

Lisa Feldman-Barrett, who has promoted a psychological constructivism theory of affect, recently proposed the Embodied Predictive Interoception Coding (EPIC) model of affect, on the basis of the perspective of predictive coding. The theoretical framework of predictive coding argues that the brain creates inner models which can provide predictions for perception and motor movement, and that perception and behaviors are emerged from Bayesian computations rooted on the predictions. The EPIC model expands this perspective into interoception, which is perception of inner body states, and tries to explain phenomena of affect as integrative experiences based on interoception. This article introduces concepts of the EPIC model and examines the model by referencing to empirical findings.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 11 posts, 26 favorites)

#Takramcast で紹介した記事はこちら。https://t.co/wyev6DKC6U 同じ号の感情心理学会座談会もとても面白い。https://t.co/tyuX00rZU2 https://t.co/h9WsDLTGgS
「予測的符号化・内受容感覚・感情」 https://t.co/OD3bE8TvOT
(いま環世界についての原稿を書いている関係で)最近よくこの脳の予測モデルについて呟いてますが、名古屋大学大平先生の解説が詳しくかつ分かりやすかったです。 >予測的符号化・内受容感覚・感情… https://t.co/WKgDxBz4rV
実際の運動の予測誤差がわずかであるからである。しかし腸に感染が生じて炎症が起これば,予測誤差は増大し,我々は違和感や痛みとしてそれを知覚することになる。そうなると腸への注意により感覚信号の分布の精度が上がり,知覚は鋭敏になる。』 https://t.co/FotsgKUOfw
おもしろかったたとえがこれ。 『主観的に経験される身体内部の感覚は,事前分布と身体からの信号入力から事後分布が計算される過程が意識されたものだと考えられる。例えば,腸の蠕動運動は,通常は意識されることはほとんどない。これは普段は… https://t.co/mbrsrdHWw9
昨日のが面白かったからまだいろいろ見てる。 予測的符号化・内受容感覚・感情(PDF) https://t.co/FotsgKUOfw
予測的符号化・内受容感覚・感情 https://t.co/J9LnqiGvAK

収集済み URL リスト