著者
須崎 成二
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論 Series A (ISSN:18834388)
巻号頁・発行日
vol.92, no.2, pp.72-87, 2019 (Released:2022-09-28)
参考文献数
30
被引用文献数
4

本研究は,日本の地理学では実証研究が乏しいセクシュアリティに着目し,ゲイ男性の新宿二丁目に対する場所イメージを,彼らの実践および経験に基づいて検討したものである.首都圏に居住するゲイ男性24名への聞取り調査を行った結果,オンラインツールなどによるゲイ男性同士の新たなつながりの創出は,新宿二丁目のゲイバー利用を妨げるわけではないことがわかった.また,新宿二丁目ではマスメディアなどの影響によって異性愛者の流入もみられるが,それに対してゲイ男性は拒絶と受容の相反する認識を持っている.ゲイ男性の多くは,安心してセクシュアリティを解放できる特別な場所として新宿二丁目を肯定的にとらえているとはいえ,その特殊性の認識には人間関係の構築や自己の確立に伴う変化がみられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 12 favorites)

11/8演習:論文紹介(2回生)対象論文 https://t.co/MVH0erOymL https://t.co/TUz2T1MQ25 https://t.co/OlL6gaNtaf https://t.co/YlevJQl7aV
新着記事を登載しました。地理学評論 Series A [ タイトル ] 「新宿二丁目」地区におけるゲイ男性の場所イメージとその変化 [ 著者 ] 須崎 成二 [ DOI ] https://t.co/OOCfPCdY7A

収集済み URL リスト