著者
猪瀬 優理
出版者
北海道社会学会
雑誌
現代社会学研究 (ISSN:09151214)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.1-18, 2010-06-16 (Released:2013-02-28)
参考文献数
23

現代日本では,若者の性行動・性意識に変化が生じており,これを「乱れ」として懸念する声も強い。しかし,若者の意識をより実質的に理解するには「乱れ」という否定的な解釈だけでは不十分である。若者たちが自分自身やその周囲の人びととのかかわりの中で形成する性意識の文化的背景を知る必要がある。本稿は思春期にあたる中学生,高学生(以下,中高生)の月経観・射精観に着目してこの問題に取り組む。射精に関する先行研究は月経に比して少ないため,射精観に関する議論は意義がある。 北海道の都市における中高生を対象とした調査票調査とインタビュー調査をもとにして,⑴射精に対するイメージが月経より希薄であること,⑵月経/射精と生殖の結びが漠然としたものである可能性,⑶射精が罪悪感・羞恥心を伴うものであること,⑷射精経験が月経経験よりも公的に語られにくいものであること,を明らかにした。 この背景には,⑴性的欲望や性的欲求について公的に語ることに対するタブー視が根強く,特に子どもに対して顕著であること,⑵女性の身体は特別なケアが必要なものとみなすが,男性の身体には特別なケアの必要を認めないこと,⑶生殖とのつながりについて特に女性の身体を重視する文化があること,⑷性的欲求や性的欲望が主にポルノグラフィとして語られる文化があること,が挙げられる。射精はその現象の性質から性的欲求との関わりが強いために,公的に語られにくいことが指摘できる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 36 posts, 40 favorites)

中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景 https://t.co/f3kC71Mct0
https://t.co/WVoo3Mvi6c 元論文これか。明らかに多重検定の補正やってなさそうだし許さんという強い気持ちになった
https://t.co/fQ5wOFs8oh https://t.co/kj5k2q1GFO
猪瀬優理(2010). 中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景 現代社会学研究 23, 1-18. https://t.co/OwOKiQJxM5
#保田塾 https://t.co/N8OQIXy8SY 同資料では月経を恥ずかしいものだと考える女性が12.4%である。それに対して射精を恥ずかしいものだと考える男性が19.5%。射精は恥ずかしく、また射精を汚らわしいものだと考える男性も14.3%はいる。
#保田塾 例数は少ない。が、女性が母親に初経を報告するのに対し、男性は誰にも精通を報告しない(友人だけにはする)という傾向を読むこともできる。 https://t.co/N8OQIXy8SY http://t.co/vovWAKywQK
@AmputeeDumpty https://t.co/N8OQIXy8SY これでもよんどいてください
https://t.co/N8OQIXy8SY よんでおる
中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景: https://t.co/xYeb0RYhcD
猪瀬優理,2010「中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景」『 現代社会学研究』 Vol. 23:1-18.https://t.co/HRmhYn0INR

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト