著者
Kaoru TACHIYASHIKI Michiko OOMATA Yoshiko TERAMOTO
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
Journal of Home Economics of Japan (ISSN:04499069)
巻号頁・発行日
vol.34, no.6, pp.359-362, 1983-06-20 (Released:2010-03-10)
参考文献数
2

1) 煮切り等の加熱操作により, 酒のアルコール度は減少した.アルコール度の高い酒ほど減少率は大きく, 残存量は少なかった.2) 2倍に希釈した酒を加熱した結果, いずれの酒も加熱時間に伴ってアルコール度が減少し, 加熱2分で元の約112に減り, 10分で1度以下となった.この経時変化に, 加熱時の蓋の有無と酒の濃度は影響しなかった.3) 清酒の燗は, 燗の程度によりアルコール度の変化に差があった.ぬる燗 (45℃) ではアルコール度に変化がなく, あつ燗 (60℃) で0.6%, 過度の燗 (70℃) で1.2%減少した.4) 酒を使用する料理10種の結果では, 多くのものが加熱によりアルコール含量の約90%が減少した.加熱後の料理のアルコール含有率は, ほとんどが1%以下だった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

こちらのノートが参考になると思います。 加熱調理による酒類のアルコール含量の変化(立屋敷ら) https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhej1951/34/6/34_6_359/_pdf これによると、酒そのものでは20分の加熱にゼロになりますが、酒を含む食品を加熱した場合、最も減少したものでもアルコール減少率は97%止まりです。 アルコール ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

“加熱調理による酒類のアルコール含量の変化”

Twitter (7 users, 10 posts, 1 favorites)

@Cabernet_kawabe @YouTube https://t.co/WTkuyH19AA お土産です ご査収ください
@m1m1zukun0uta @ore825 科学的に研究している人がいてためになったからお節介だけど、リンク貼っておくね。 りゅうじさんは美味しさと手軽さを研究する人だからその辺のとこは調べてみるとおもしろいよ。 https://t.co/BI3ywwqDjB
酒一滴も飲めないレベルに弱いんだけど、煮込とかしっかり加熱した食品で反応出た事がないから料理のアルコール残存量を調べたよ。 限りなく低くなるから充分ではあるけど、ゼロではなかったんだね。 調味料としての酒に風味や味については体験してみたいから実験してみよう。 https://t.co/BI3yww92s3
@kentamori8 @Dnxaf5oO8DlTXrf @runtime_tweet あの料理にどれだけのアルコールが残っているか考えておっしゃってますか?最大で0.7gです。 アルコールを使用した料理には少なからず同程度の量のアルコールは残っていますよ。 https://t.co/yei4VULDBv あながは大切な人がこれらの料理を食べてすぐ運転することを止めているということですね
@ninnin_mitu 何時間の煮込んでもアルコールを0にはできないことも拡散願います。 https://t.co/yei4VULDBv
まず、お酒のアルコール分の煮切りについては加熱時間で飛び方も違うし、なんなら火を入れればもっと簡単に飛ぶから。 https://t.co/dLrRKsqCdi それと、お酒に詳しくないと言ってるけど、何故甘口でフルーティーとあるそれにしたの??辛口も試そうよ。 https://t.co/Ipwve1hZSA
@takasuka_toki 燗とアルコール度変化の論文置いておきますね。https://t.co/gx3D5m5Mj0
加熱調理による酒類のアルコール含量の変化、ってのがあって https://t.co/NZGajyTcSU これ調理方法使用量がまちまちで一概にどうと言えないんだけど、加熱後のアルコール減少率がみりんだけぐっと少ないんだよな。 となると加熱後の煮汁にアルコールが残りやすいみりんを使うメリットがあるのかも
とびきり燗で0.5%程度のアルコール度低下なんだな。アルコールの摂取量としたては「たった」ともいえるし、それで味わいは大きく変わるともいえる。 https://t.co/gx3D5lObrs

収集済み URL リスト