著者
大西 彩子 黒川 雅幸 吉田 俊和
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.324-335, 2009 (Released:2012-02-29)
参考文献数
37
被引用文献数
11 5

本研究の目的は, 児童・生徒が教師の日常的な指導態度をどのように捉えているのかということ(教師認知)が, 学級のいじめに否定的な集団規範と, いじめに対する罪悪感の予期を媒介して, 児童・生徒のいじめ加害傾向に与える影響を明らかにすることである。547名(小学生240名, 中学生307名)の児童・生徒を対象に, 教師認知, 学級のいじめに否定的な集団規範, いじめに対する罪悪感予期, いじめ加害傾向を質問紙調査で測定し, 共分散構造分析による仮説モデルの検討を行った。主な結果は以下の通りであった。(1) 学級のいじめに否定的な集団規範といじめに対する罪悪感の予期は, 制裁的いじめ加害傾向と異質性排除・享楽的いじめ加害傾向に負の影響を与えていた。(2) 受容・親近・自信・客観の教師認知は, 学級のいじめに否定的な集団規範といじめに対する罪悪感の予期に正の影響を与えていた。(3) 怖さの教師認知と学級のいじめに否定的な集団規範は, いじめに対する罪悪感に正の影響を与えていた。(4)罰の教師認知は, 制裁的いじめ加害傾向と異質性排除・享楽的いじめ加害傾向に正の影響を与えていた。本研究によって, 教師の受容・親近・自信・客観といった態度が, 学級のいじめに否定的な集団規範といじめに対する罪悪感の予期を媒介して, 児童・生徒の加害傾向を抑制する効果があることが示唆され, いじめを防止する上で教師の果たす役割の重要性が明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

遺伝や家庭環境はほとんど関係ありません。 クラスの環境が一番大きいです。 観客層、傍観層の生徒がいじめを後押しします。 クラスが、「いじめをしても構わない」という空気であると、むしろ、「みんなのために」いじめに加担するようになります。 それは、科学的に証明されています。 https://www.jstage.jst.go.jp/art ...

Twitter (8 users, 8 posts, 0 favorites)

いじめ加害の教師要因 名古屋大学研究論文 いじめを抑止する教師 ・一緒に喜ぶ。話しかけ易い。授業が楽しい。注意が公平で納得がいく。 いじめに効果が認められない教師 ・怖く怒る。 いじめを生む教師 ・従わないと罰を与える。e.… https://t.co/sOZ4SABDNx
大内彩子ら(2009)「児童・生徒の教師認知がいじめの加害傾向に及ぼす影響」、教育心理学研究 https://t.co/hl1giZbKlg

収集済み URL リスト