著者
林 直保子 与謝野 有紀
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.44, no.1, pp.27-41, 2005 (Released:2005-08-26)
参考文献数
31
被引用文献数
6 6

高信頼者は低信頼者に比べ他者の信頼性の欠如を示す情報に敏感に反応するという小杉・山岸(1998)の結果を4つの研究で検討した。調査1では,小杉・山岸(1998)で用いられた一般的信頼感の指標が,一般的信頼感のレベルと他者の信頼性情報への反応パターンの間の関係を検討するための適切な指標となっていなかった点を指摘した。調査1の結果に基づき,2つの実験とひとつの郵送調査では,一般的信頼感として異なるものを用いた。結果は,低信頼者が他者のポジティブ人格情報に敏感に反応し,対象となる人物を信頼するようになることを示していた。3つの研究から,高信頼者と低信頼者は対称な反応パターンを有しており,いずれも社会的な機会を拡大するという点で適応的であることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (4 users, 7 posts, 0 favorites)

【実験社会心理学研究・掲載論文】林直保子・与謝野有紀(2005) 適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について https://t.co/sqnsE8IrvC
【実験社会心理学研究・掲載論文】林直保子・与謝野有紀(2005) 適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について https://t.co/sqnsE8IrvC
【実験社会心理学研究・掲載論文】林直保子・与謝野有紀(2005) 適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について https://t.co/sqnsE8IrvC
【実験社会心理学研究・掲載論文】林直保子・与謝野有紀(2005) 適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について https://t.co/sqnsE8IrvC
適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について https://t.co/EgsGWBDq9b
“適応戦略としての信頼:高信頼者・低信頼者の社会的知性の対称性について” http://t.co/9jZKWOwkYj

収集済み URL リスト