著者
大沢 真理
出版者
日本家族社会学会
雑誌
家族社会学研究 (ISSN:0916328X)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.24-35, 2015-04-30 (Released:2017-02-04)
参考文献数
26
被引用文献数
1 1

働いて稼ぐこと,子どもを生み育てることにかかわる社会政策の影響を,比較ジェンダー分析する.1985年以来の相対的貧困率や非正規労働者比率の推移,近年の賃金動向を手がかりとして,日本において就業条件が劣化してきたことを概観する(Ⅲ).また,2000年代末のOECD諸国の貧困率および貧困削減率を検討する.日本では,税・社会保障制度による貧困削減率が,成人が全員就業する世帯や子ども(がいる世帯)にとって,マイナスである(Ⅳ–1).所得再分配がかえって貧困を深めるという事態はOECD諸国で異例であり,労働力人口の急減が憂慮される社会として,極めて不合理である.税・社会保障の負担面を見ると,日本の制度は累進度が最も低い部類であり,ひとり親世帯の負担が不釣り合いに重い.ただし民主党政権下の子ども手当は,所得が低い層ほど負担を大きく軽減していた(Ⅳ–2).Ⅴではアベノミクスの「成果」を検証したうえで,若干の展望を述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

大沢真理「日本の社会政策は就業や育児を罰している」『家族社会学研究』27巻1号

Twitter (98 users, 99 posts, 82 favorites)

これな。 大沢真理「日本の社会政策は就業や育児を罰している」『家族社会学研究』27巻1号 (pdf) https://t.co/g90Zhi35dC https://t.co/zJusfUkwzy
今こそ、大沢真理さんの2015年の論文を貼ろう。育児に罰を与えると不公平だから、子どもをもたないことも増税で罰しようね、が加わりそうです。RT J-STAGE Articles - 日本の社会政策は就業や育児を罰している https://t.co/G0rQ3WhyVl
2 2 https://t.co/reI41S5EY2
今の日本社会は、ケア(しながら働くこと)を罰している、とは大沢真理さんの挑戦的な指摘。 https://t.co/WTN4Qlm1It

収集済み URL リスト