著者
井上 佳奈 山本 佑実 菅村 玄二
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.87, no.2, pp.133-143, 2016 (Released:2016-07-08)
参考文献数
60
被引用文献数
1 1

We tested possible intrapersonal effects of a sigh as a psychological “resetter/rebooter.” Fifty-eight undergraduates were randomly assigned to a sigh or a normal exhalation (control) group. We asked participants on each task to model the experimenter demonstrating how to exhale air into a small plastic bag for breathing manipulation under the pretext that we were interested in the exhaled gas in stressful situations. Results revealed that the sigh group did not experience more relief (as shown by prolonged reaction time) after exposure to threat stimuli, but showed more persistence on a highly-difficult puzzle task (p = .03, d = .62) and more willingness to continue working on a monotonous task (p < .10, d = .48), than the normal exhalation group. A sigh may have an adaptive function to motivate further work; although it may not induce relief — suggesting that a “sigh of refresh” is a voluntary but a “sigh of relief” is an involuntary response.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 17 posts, 10 favorites)

「ため息をついた方がやる気が持続しやすい」という論文が見つかり、「ため息をつくのはやる気がない証拠」というのは著しく知能が低く認知が歪んでいる輩の妄言であるというエビデンスが取れて安心した。 https://t.co/CBgCrPS2Zr
【論文】井上他(2016, 心研) ため息はやる気を高める――随意的嘆息が安堵と動機づけに与える効果――/ため息をすると、安堵の指標である「反応距離」には明確な効果がみられなかったが、単調課題の継続時間や課題継続への意欲など課題への動機づけにポジティブな効果がみられた。https://t.co/n88pMVFLb4 https://t.co/OxFOHRhari
@nymphet 論文がぬけました。これです。 https://t.co/OMAvcxoixl
1 1 https://t.co/NJKFglsw4T
ため息は、新たな行動へ転じるための「区切り」となり、モチベーションを向上させるのだそうです。 「ため息はやる気を高める――随意的嘆息が安堵と動機づけに与える効果――」 心理学研究 https://t.co/GnZKV3gggX

収集済み URL リスト