著者
細貝 亮
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.94, pp.13-22, 2019-01-31 (Released:2019-06-06)
参考文献数
18

In 2016, media outlets began conducting dual-frame random digit dialing(RDD) surveys that sample mobile phone numbers in addition to the traditionaltargets with landline phone numbers. The resulting greater outreach to hitherto underrepresented youths and mobile-only users has improved the credibilityof polls. Still, new challenges have been identified with surveys targetingmobile phone users. Examples include a predominant share of males amongrespondents and the difficulty in ensuring validity of survey caused by inconsistencywith methods used for surveys that target only landline phone users.Unfortunately, there are no promising alternatives for opinion polling in caseRDD surveys grow difficult. Worse still, failures in predicting election resultsand mistrust of the media have dampened confidence in polls. Going forward,pollsters must gain people’s trust regarding opinion polls by properly explaininghow they are supposed to be conducted.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (32 users, 32 posts, 14 favorites)

併用式導入前後の年代別回答者比率 https://t.co/n1f4KB9gUO https://t.co/y4QlYGZBFm
@zndamoti @defence_mako @neto_uyoko マスコミが「世論調査」に使っているRDD方式は、回答者が偏る問題があります。加えて、ランダムな番号にかけることから対象を日本人のみに絞る、ということは難しそうです。 #女系天皇は皇統の終わり #旧宮家の皇籍復帰 https://t.co/AV2zdY9dXi
RDD参考 https://t.co/CfGK3243mw
https://t.co/QKTo5OrpdL
@kisaragiyamato 月一回の調査とすれば二十年間で240回ですから、一度も電話が来ない確率はおおよそ78.7%というところですね……実際はもうちょっと固定電話の件数が多かったりしますが、そんなにはずれてはいない数字なんじゃないでしょうか。 ご参考までに https://t.co/Ix4nA81zPE https://t.co/zMgNYCT148
2019 jstage RDDによる世論調査の現状と課題 https://t.co/cVULf9Piy1 https://t.co/Ue4ELHvDq7
RDD方式の世論調査について2019年の状況。 https://t.co/6GE6Kq0DDZ 即時性や経済性では有効な調査だけど、回答の半分は60歳以上(2017)のものだということは頭に入れてニュースを見るべきか。
@wep0605 @etude6635 「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」 〝女性は知らない番号に出ない〟とか、どうしても偏りますよね。 RDDによる世論調査の現状と課題 - J-Stage https://t.co/L43OEzxf6k
そもそもRDD方式って、課題があるので前提とか、取り方を疑うリテラシーを持たなきゃダメよね https://t.co/hiEaFZCevm
世論調査のほぼほぼがRDD方式による電話調査ですよ。RDDの詳しい説明は譲るとして(https://t.co/fXGxUf9WYU←PDF注意)自動音声から流れてくる設問と選択肢の読み上げを最後まで付き合い回答してくれるのはどういう人か考えましょうか? 私には「暇人」「政治にとても興味がある人」しか浮かびません https://t.co/akYIPWaytG
『電話による世論調査、4人に一人が(高齢者を中心とした)無職』 固定電話契約世帯の減少 → 携帯との併用に切り替え 結果 回答者の職業構成も変化 「勤めている人」(26.4→35.8%) 「無職」が減少(39.1→26.1%) RDDによる世論調査の現状と課題 - J-Stage https://t.co/F7RGaiMdhm
https://t.co/LBA5AnZ0M2
@HisoryTrue @asahi 共同通信の世論調査はRDD方式を採用しています、ですから都合のいい人が選ばれることはありません RDD方式の問題点および今後の方法論についてはこちらの論文が詳しいです https://t.co/B8WGqaXdYV
@reiq_funky どうぞ https://t.co/z1dZY6tiGL
@Sankei_news RDDによる世論調査の現状と課題 ~RDDは固定電話に対する市内局番まで(既知)と局番(ランダム生成)での架電方法です~ それはさておき、回答率が高い。 70%くらい?本当? https://t.co/yhoOkuuYB0
@necoodi 世論調査って、一喜一憂してしまいますね。 RDDによる世論調査の現状と課題 https://t.co/GLdcGyTeWr https://t.co/6Xj7PCQsTy
@Kaiby2 @IkuyoHK 日本でもRDDの利用が調査の正当性を担保する上で厳しくなっているのですね... https://t.co/sl11euxIQu
世論調査で取り入れてるRDD方式って、そもそも無作為で抽出してる時点で世代や地域に偏りが出るよね。固定だけじゃなく携帯にもかけるようになって若年層の回答比率が上がってるけどそれでも29歳以下が6.9%に対して70歳以上が26.8%と4倍近くの開きがある。 https://t.co/t3gs5sH4xR
世論調査、ランダムな電話番号に掛けている(RDD RDS)と言うけれど。 IP電話やスマホ宛、着信スルー、色々偏りの課題や疑問が残るなぁ。 と思ってたら参考になる論文があった。 https://t.co/sK1ADQp5LD 普及数比較推移のデータも。 https://t.co/5l8tG51hsO 調査結果は条件を細かく記して欲しい。
https://t.co/CijmJXflRP
@YurikoHr1012 @ecoyuri あと、調査方式でRDD方式が現実で、ネット調査は草、と君はRTくれたけど、RDD方式に問題が無いわけではないのよ。 【RDDによる世論調査の現状と課題】 https://t.co/9ZH3ouMXvX
調査対象が固定電話以外なら変わりそうなもんだがRDD方式は携帯でもやっているのだろうか?しかもアンケートに答えるって相当日中暇な人間じゃないとできないよな。 https://t.co/u6XGBDxJ6K / “安倍内閣 「支持する」45%「支持しない」37% NHK世論調査 | NHKニュース” https://t.co/9WAefP53XK
RDDによる世論調査の現状と課題(細貝亮) https://t.co/yzHkvYZg2K
共同通信社の世論調査を疑うなら、すべての新聞を疑わなくてはなりません。 https://t.co/MO4kdIXqJ7 https://t.co/gGoYl5dZ7y

収集済み URL リスト