著者
柴田 政彦 寒 重之 大迫 正一 三木 健司 栁澤 琢史 助永 憲比古 恒遠 剛示 新田 一仁 岩下 成人 福井 聖 黒崎 弘倫 中野 直樹 若泉 謙太 上嶋 江利 本山 泰士 高雄 由美子 溝渕 知司
出版者
日本疼痛学会
雑誌
PAIN RESEARCH (ISSN:09158588)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.189-196, 2016-11-26 (Released:2017-01-27)
参考文献数
37

The review was performed to investigate the functional brain alterations in patients with various kinds of chronic pain including fibromyalgia, chronic low back pain, migraine and the other chronic pain conditions. In these patients functional connectivity was different not only in the sensory–motor system but also in the affective and reward system. New technology have allowed us to identify and understand the neural mechanisms contributing to chronic pain, which provides us novel targets for future research and treatment.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 12 posts, 0 favorites)

いろんな慢性痛患者のrs-fmriの変化がまとまっていて面白かったです。 https://t.co/EDCdo041Hy
PujolらはFM 患者群にPAGと前部島皮質,SII と一次体性感覚野(SI)およ び視覚野,聴覚野との機能的結合が減弱し SIIとDMN との機能的結合が増強しているこ とを示し, FMの病態に #PAG が深くかかわっていると考察。 FMの病態を解明する目的で #安静時fMRI を活用したもの 引用元 https://t.co/bUph1w3wEk https://t.co/2agrhsysFl
Cifre らは #FM #線維筋痛症 患者において,帯状回と島皮 質,基底核との機能的結合が強く,第二次体性感覚野(SII)と尾状核,一次運動野(MI)と補足運動野(SMA),淡蒼球と扁桃体・上側頭溝, 内側前頭前野と後部帯状回・尾状核の機能的結合が増強していることを示した。 引用元 https://t.co/bUph1w3wEk https://t.co/2agrhsysFl
Napadow らは,FM 患者 18 名と健常人 18 名 における脳部位間の機能的結合を #独立成分分析 #ICA を用いて比較し,FM 患者では島皮質と DMN(default mode network),右 EAN(ex- ecutive attention network)の機能的結合が強 く,結合強度は自発痛と相関することを示した 引用元 https://t.co/bUph1w3wEk https://t.co/6mCyWPe7Q6

収集済み URL リスト