著者
高田 俊二
出版者
社団法人 日本写真学会
雑誌
日本写真学会誌 (ISSN:03695662)
巻号頁・発行日
vol.78, no.1, pp.23-31, 2015 (Released:2016-10-15)
参考文献数
23

湿板写真時代の1860年,万能の科学者で写真化学の大御所であったHerschel卿は世の中の出来事を動画で記録し子孫に 残す 「瞬間写真」 の構想を提案した.瞬間写真に必要な技術は,1/10秒の 「早打ち」 を可能にする高感度化と1/2~1/3秒で感光板を交換する技術であると述べた.当時は夢物語であったが,1871年Maddoxが発表したゼラチン乳剤と1889年Eastman社が発売した写真フィルムを起点に具現化されていった.そして彼の構想は,レンズ付フィルム 「写ルンです」 に象徴される写真の大衆化と,映像の大衆化である映画産業の創成に繋がった.デジタル写真の今日,一台のカメラに静止画と動画の撮影機能が収められ両者の一体化が着実に進んでいる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 23 posts, 44 favorites)

@futaba_AFB 19世紀後半とするならば感光材料の感度は高くても現在のISO10程度、写真館で撮られる肖像写真でも屋内撮影の場合コロジオン湿板で10秒位の露出が必要でしたから、この人数の写真撮影で一人もブレて居ない所を見るとちょっと信じられません。 https://t.co/rGFOfi02Sp
銀板写真の感度、ISOおよそ0.002 https://t.co/vLNw8bqdy4
@itaru_ohyama 湿板写真の感度はこんなものですから。 https://t.co/aAAKpRlnqf

収集済み URL リスト