言及状況

Delicious (2 users, 2 posts)

[via:twitter] 確かに残念。 RT @surveyml: リンクエラーのようなのでこちらから http://ow.ly/3Rn03 <1980年の鳩山由紀夫氏が論文、結論 (p.9) は「瀬戸際の力士は並外れて「強く」なるのであり簡単な算術モデルでは及びも付かないのである」残念 – KITAMURA Satoshi (satkit) http://twitter.com/satkit/status/34457886767718400
kashino: 鳩山由紀夫元総理大臣が共著で1980年に出したエッセイに、大相撲の勝ち星についての考察があるのだ。 宮川 雅巳, 鳩山 由起夫 強さと試合形式の合理性(スポーツOR PART-II) perations research as a management science research 25(10), 649-657, 1980-10-01 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713 基本的な解説は、経験的に言われてきた「前頭4枚目から小結のランクの力士が勝ちにくい」現象の理由を探っている。その理由は、このランクの力士は、取り組みの可能性として上位の力士との対戦機会が多いからだ、としている。 しかしだ、最後の「おわりに」が鋭い。 “これまで試合形式に関して、標準的なモデルをたてて議論をすすめてきたが、スポーツはこのような当たり障りの無いモデルでは説明のつかないところに面白さがあるのかも知れない。昨年一年間に、7勝7敗で千秋楽を迎えた幕内力士は35人いたが、何人勝ち越したかご存知だろうか。実に28人である。今年もその傾向は続いている。すなわち、瀬戸際の力士は並外れて「強く」なるのであり簡単な算術モデルでは及びもつかないのである。” スゴイ!今から30年以上も前、しかもDuggan&Levitt (http://bit.ly/hj0ArW) の20年も前に、暗黙的なカッコ付きの”「強く」“という表現で、大相撲の勝ち星の八百長を指摘していたのか! #実はこのネタは今やっている@ITの連載「大相撲のアノーマリー」(http://bit.ly/gnsaMM)の隠し玉にとっていたのだが、最近Twitterで出回っているのを見掛けたので仕方なく蔵出し…。

はてなブックマーク (16 users, 16 posts)

鳩山由紀夫のコラム。大相撲で横綱の人数が増えると被害を受けるのは小結~前頭4まで、1979年に35人いた7勝7敗力士は28人勝った、など。プロ野球は7回終了でも勝敗はほぼ変わらず、9回までやるのは観客の満足感のためと
[科学][論文][鳩山由紀夫] 相撲の勝敗についての解析あり。
これは、いろいろな意味で時代を先取りしていた人だなという印象。
[科学][スポーツ] 鳩山元首相共著。お相撲にも言及あり。
いかにも鳩山氏の文体なので読んでるとあの声で再生されてしまう
[ # |ω・)……]
[スポーツ][経営] 7勝7敗で千秋楽を迎えた力士の勝率の高さに言及した鳩山由紀夫の論文
[科学][スポーツ] 鳩山元首相ってやっぱりすごいんだなぁ。
見つけた。サンプル数が35件と少ないけれど3.5σもずれていたら十分怪しい。
CiNii Article - 強さと試合形式の合理性(<特集>スポーツOR PART-II) 宮川 雅巳 鳩山 由起夫

Twitter (155 users, 163 posts, 75 favorites)

鳩山由紀夫のコラム。大相撲で横綱の人数が増えると被害を受けるのは小結~前頭4まで、1979年に35人いた7勝7敗力士は28人勝った、など。プロ野球は7回終了でも勝敗はほぼ変わらず、9回までやるのは観客の満足感のためとも書かれてる。 https://t.co/F39ZloGi83
鳩山由紀夫氏も同じような論文を出してたそうだが、「すなわち、瀬戸際の力士は並外れて『強く』なるのであり、簡単な算術モデルでは及びもつかない」と、おなじデータから似たような解析結果を出しつつも、自身で設定した算術モデルの正しさを疑ってる http://t.co/kPH36vTicm
@tari_tipa なるほど~。いえ鳩山由紀夫氏が確か相撲に関して書いてたなと思いまして。(検索したらCiNiiにありました。 http://t.co/eSPKsfBJxe)
.@tkshhysh 鳩山元首相は、(共著)論文の中で「瀬戸際の力士は並外れて「強く」なるのであり、簡単な算術モデルでは及びもつかないのである。」とコメントされてますね: 「強さと試合形式の合理性」 http://t.co/Uuahit68U7
@KosukeShinoda 「強さと試合形式の合理性」 http://t.co/lwGPCHE3IZ おわりに,なんともいい味を出している.
データマイニングも,分析する人によっては残念な結論にしかならないという好例. おわりに,に注目.実に惜しい.著者も良い味出している. http://t.co/lSYW6wLoAr
昔のオペレーションズリサーチに掲載された鳩山由起夫の論文 http://t.co/fTMzJAisYR
20年後に政治家としても評価されますね(あってもいいと思っている)QT @n_ippei317: 相撲の八百長を統計で説明したのは「ヤバイ経済学」の レヴィット教授(シカゴ大)だがその20年前に、…日本人がいた。 それは鳩山由紀夫→http://t.co/lo8hhegQSD
さらに有名な話だが、10年前にシカゴ大学教授が7勝7敗で千秋楽を迎えた大相撲力士の勝率が75%であるなど調べ八百長の可能性を示したが、鳩山由紀夫はその随分前に同じ様なデータを見つけ、「瀬戸際の力士は並外れて強くなる」と結論づけた。 http://t.co/N2RF8gwp
ポッポの論文。「強さと試合形式の合理性」相撲の勝率に関する記述も載ってるんだと。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
皮肉な言い方だが。つまりそういう事。7勝7敗の力士35人のうち千秋楽で勝利したのは28人。簡単な算術モデルでは及びもつかないのである。[強さと試合形式の合理性] http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713 強さと試合形式の合理性 発表したのは宮川雅巳現東工大大学院教授と鳩山由紀夫前首相。なかなか興味深い研究内容だ
鳩山由紀夫ほか「強さと試合形式の合理性」  瀬戸際の力士は並はずれて「強く」なるのであり簡単な算術モデルでは及びもつかないのである。 http://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=ja&type=pdf&id=ART0001520222
強さと試合形式の合理性 鳩山由紀夫(東京工業大学経営工学科)7勝7敗で千秋楽を迎えた幕内力士は35人いたが何人勝ち越したかご存じだろうか http://ci.nii.ac.jp/lognavi?name=nels&lang=ja&type=pdf&id=ART0001520222
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713 ルーピー鳩山
@tokuchandesujp 旅のお供にどうぞ。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
鳩山前総理が、31年前の論文で既に大相撲の八百長問題について、ORの観点から指摘していたという話しが。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
気づいてたんじゃないだろうか。RT @10sis: 鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
うはRT @hisakijapan: @10sis: 鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
RT @10sis: 鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
なにげにM田大先生がいらっしゃる。RT:鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
おー,これは実に興味深い。 RT @10sis: 鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
!RT @10sis: 鳩山前首相凄いなシカゴ大の25年も前に大相撲の七勝七敗からの勝率の異常さについて論文を書いてる。そこでは死ぬ気で頑張るからと結論をつけていたけど。http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
CiNii Article - 強さと試合形式の合理性(<特集>スポーツOR PART-II) 宮川 雅巳 鳩山 由起夫 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
これも後日読もう RT @Cai0407: CiNiiでもう一つ見つけたじょ→ 強さと試合形式の合理性 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713
CiNiiでもう一つ見つけたじょ→ 強さと試合形式の合理性 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110001186713 (173)