Takashi SATO (@cas84920)

投稿一覧(最新100件)

ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @knagasaki: DHの件ですが、ブログとか https://t.co/KTYR4XpJsL 依頼原稿 https://t.co/jkYE5bvJej などでもご紹介しておりますので、もしよろしければこちらもどうぞ。特にブログを読んでいただけますと https://…
田内千里「アウグスティヌス『告白』における涙の意味」https://t.co/uLh0Gcya4hはおもしろい。友人の死と母モニカの死に際して流された涙を考察しながら、affectus、友情、キリスト教人間観を論じる。母モニカの死を論じた部分ではこっちまで泣きそうになった。

お気に入り一覧(最新100件)

日本語でも大学生の質問のなさについては、いくつか研究があって、たとえばこれとか。藤江利江、山口裕幸 (2013)「大学生の授業中の質問行動に関する研究 : 学生はなぜ授業中に質問しないのか?」 https://t.co/T6jySo0TUT
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
後で読もう。リクールの70年代論文「顕現と宣言」が批判されている。 谷口智子「「名」と「像」の葛藤--「偶像崇拝」の問題をめぐって」『哲学・思想論叢』18, 2000. http://t.co/cEGIJZkN1m

フォロー(452ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

3 2 2 2 OA 選挙大学

【特集 選挙 1924年】 『選挙大学』(星 一著 選挙大学講習会)「選擧が政治の基礎であるからには、其の基礎正しからざれば結果も正しくないことは當然であります。」(自序) 【国立国会図書館デジタルコレクション】→… https://t.co/I7nMGe9LJK
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…
CiNii 論文 -  ソヴィエト・ロシアにおける史跡・文化財保護運動の展開 : 情熱家から「社会団体」VOOPIKに至るまで https://t.co/1bKZ2YM4hw
無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28knERgsm
無神論社会の中の宗教史博物館 : ソヴィエト・ロシアにおける宗教研究についての一考察 https://t.co/S2k9M6GFgn 社会主義的無神論の遺産 : ポスト社会主義ロシアにおける宗教文化財と博物館 https://t.co/V28knERgsm
ウガンダ東部パドラにおける「災因論」の民族誌 : 死霊と憑依、毒そして呪詛の観念(1) https://t.co/Z7FjCMnBjo 酒に憑かれた男たち--ウガンダ・パドラにおける「問題飲酒」と妖術の民族誌 https://t.co/Q6zwpNQ7OA
ウガンダ東部パドラにおける「災因論」の民族誌 : 死霊と憑依、毒そして呪詛の観念(1) https://t.co/Z7FjCMnBjo 酒に憑かれた男たち--ウガンダ・パドラにおける「問題飲酒」と妖術の民族誌 https://t.co/Q6zwpNQ7OA
梅屋潔『福音を説くウィッチ』風響社 CiNii 論文 -  「伝統」を逆照射する : ウガンダ東部パドラにおける聖霊派キリスト教会の指導者たち https://t.co/hk3uAIizCw
CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
CiNii 論文 - パチンコ産業と在日韓国朝鮮人企業 https://t.co/9QxZDWUO7P CiNii 論文 -  「在日企業」と民族系金融機関--パチンコホールを事例に https://t.co/j2covaAGlv
1950-1980年代の失踪表象と親密圏の変容 : 「家出」と「蒸発」の雑誌記事分析を中心に https://t.co/aSoZzpxg7c 失踪をめぐる多元的な生死の線引き : 失踪者の家族の語りから https://t.co/K1MOuUAYI4
1950-1980年代の失踪表象と親密圏の変容 : 「家出」と「蒸発」の雑誌記事分析を中心に https://t.co/aSoZzpxg7c 失踪をめぐる多元的な生死の線引き : 失踪者の家族の語りから https://t.co/K1MOuUAYI4
PDFあり。 杤尾武「『山海経』における神鳥鳳凰 : 異鳥なれど異鳥にあらず 」『成城国文学』第33号 (2017.3) https://t.co/9X0eZUAEah
PDFあり。 南明希「『捜神記』における龍 : 古巣老姥譚をめぐって」『成城国文学』第33号 (2017.3) https://t.co/vHE06BMcnf
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @nzmtase: 永井敦子「15世紀末から16世紀までのフランスにおける治安行政:Policeの用語法から」『静岡文化芸術大学研究紀要』17、2017年、15-22頁。https://t.co/QllHyyeOa8
RT @kasamashoinRS: 菅近 晋平 -  〈稲生物怪〉譚の生成 : 原典・『今昔物語集』「三善清行宰相、家渡語第三十一」 https://t.co/Vv0lXnBDCL
PDFあり。 CiNii 論文 -  術から文化へ : 元米国大統領グラントの演武鑑賞と柔術 https://t.co/5zYZkQiNyr CiNii Articles 検索 -  中嶋哲也 https://t.co/5uSLdVPIl8
博論。概要と審査のPDFあり。 ⇒中嶋哲也「武道のスポーツ化言説とその系譜:近代日本の武道概念史」 : 早稲田大学審査学位論文博士(スポーツ科学) https://t.co/f6h9efDOoz
中嶋哲也「日中戦争以降における武道の戦技化の起源とその背景:武道振興委員会の審議過程の分析」『武道学研究』第49巻第2号、2016年)  https://t.co/malZ7Btp7s
・中嶋哲也「対抗文化としての古武道―松本学による古武道提唱と日本古武道振興会の活動を中心に―」(『スポーツ人類学研究』第12号、2010年) https://t.co/cGXyG1Hm6g
RT @redqueenbee1: @hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は h…
村尾るみこ「ザンビアにおける元難民の社会統合の現状」 https://t.co/XrnF0y4RcI
RT @twremcat: >男性の家事参加は労働時間と深く関連している< それ嘘だから。男性の労働時間が1時間減ったとき、増える家事時間は1分程度: https://t.co/vBa7JtgeIG / “妻から大顰蹙を浴びた「おとう飯」ができたワケ (2…” https://…
RT @fohtake: これは素晴らしいディスカッションでした。→行動経済学会 第5回大会パネルディスカッション「原発事故と行動経済学」齊藤 誠, 小林 傳司 https://t.co/61JyRH93fC https://t.co/Xa4SX9Sfa9
RT @jshiratori: 半年前の刊行なので遅ればせながらなのですが、宮下豊「リアリズムにおける慎慮(プルーデンス)の意味内容に関する考察:H・J・モーゲンソー、R・アロン、永井陽之助、高坂正堯を対象として」『年報政治学2016-Ⅱ』を読みました。https://t.co…
翻訳と解説 抄訳「ラフマニノフの思い出」(マリエッタ・シャギニャン) (特集 ロシア・中東欧) -- (ロシア文学から一歩踏み出す) 平野恵美子 https://t.co/lnJVOLCepP
半年前の刊行なので遅ればせながらなのですが、宮下豊「リアリズムにおける慎慮(プルーデンス)の意味内容に関する考察:H・J・モーゲンソー、R・アロン、永井陽之助、高坂正堯を対象として」『年報政治学2016-Ⅱ』を読みました。https://t.co/Cj6wWVPqTz
RT @quiriu_pino: 毛利豊史「源実朝試論 : 絶望としての自意識をめぐって」 専修人文論集 99, 2016-11-30 https://t.co/t4SP6G9T2k ちなみに公開論文ではこんなのも見つけました。思想史?国文?
RT @quiriu_pino: 山口道弘「制度としての傍輩 : 『吾妻鏡』頼朝挙兵記事に於ける佐々木氏伝承を中心に」 『千葉大学法学論集』 31(3-4), 2017-03-17 https://t.co/a7g7mb52cB pdfで本文公開中。去年法制史研例会で報告されて…
RT @Dominique_Domon: ハクサイを食べるという食習慣が先にできて、ああいう形にきちんと結球できる交雑していないハクサイを採種する技術の方が後からやってきた。最初、ハクサイの種子は高価な輸入品だった。 https://t.co/mNFRVxr8q5
RT @nekonoizumi: 堀口九萬一、随筆集『游心録』は国会図書館デジタルコレクションで読めるけど、外交官ならではの随筆でもあり中々面白いのだ。 https://t.co/JN4DJBxZIo
RT @ToshijiKawagoe: パネルディスカッション「行動経済学の過去・現在・未来」 https://t.co/fFSaiqZ9cC この末尾に書いた「討論を振りかえって」で書いたことを読むと、行動経済学も要は「不合理に見える」行動を合理的に説明しようとする理論なのだ…
RT @nekonoizumi: 「小説をしばらく読み続けると,読者はボンドがスクランブルド・エッグを頻繁に食べることに気付く。」 ⇒武藤哲郎「ジェームズ・ボンドと朝食」『大妻女子大学紀要 文系』第49号(2017) https://t.co/l8lvBq21x6

フォロワー(332ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

3 2 2 2 OA 選挙大学

【特集 選挙 1924年】 『選挙大学』(星 一著 選挙大学講習会)「選擧が政治の基礎であるからには、其の基礎正しからざれば結果も正しくないことは當然であります。」(自序) 【国立国会図書館デジタルコレクション】→… https://t.co/I7nMGe9LJK
高橋幸平「書評 『日本の文学理論:アンソロジー(ベータ版)』大浦康介編著」『人文学報』109、2016年、京都大學人文科學研究所。https://t.co/Tqm0n7foKJ
RT @kasamashoinRS: 神田 龍身 -  平安時代仮名文字テクストと原エクリチュール https://t.co/GFu3WGYVuF
RT @kumagaikazuhimi: 「キャラクターをめぐる諸活動」における精神構造の基本メカニズム(2)「生成儀礼」から見る「キャラクター」 https://t.co/cIwdMkFaVr
RT @kumagaikazuhimi: 「キャラクターをめぐる諸活動」における精神構造の基本メカニズム(1)現代日本サブカルチャーの宗教学的考察として https://t.co/eh98WQIIKC
RT @italiano_tan: CiNii 論文 -  『社会的課題解決ビジネスと社会的企業に関する考察 : イタリアの社会的協同組合とイギリスのコミュニティ利益会社の事例をふまえて』だよ!: https://t.co/M1qFjVLFct
RT @kumagaikazuhimi: 「おたく」の趣味についての一研究 https://t.co/TYLHXsN727
『支那ニ於ケル共産運動』 出版者:国際連盟支那調査外務省準備委員会 出版年月日:1932 https://t.co/bsahnZAc5H
RT @kasamashoinRS: 村尾 誠一 -  正岡子規短歌における「写生」試論 https://t.co/5qMEaR3u59
RT @redqueenbee1: @hayakawa2600 @divingheadbat @6AaOXvfyHiamBuc CCD(民間検閲局)でのハンス・E・プリングスハイム https://t.co/2CYFfRdcli 私の特定データを解釈した山本武利教授の分析は h…
RT @uemurag: 日哲の『哲學』に掲載された拙論「フッサールの反心理主義批判」がようやく電子版で公開された。これは自分の書いた論文のなかでもかなり思い入れがある。https://t.co/Bb6ZCjyqcE
RT @jshiratori: 半年前の刊行なので遅ればせながらなのですが、宮下豊「リアリズムにおける慎慮(プルーデンス)の意味内容に関する考察:H・J・モーゲンソー、R・アロン、永井陽之助、高坂正堯を対象として」『年報政治学2016-Ⅱ』を読みました。https://t.co…
翻訳と解説 抄訳「ラフマニノフの思い出」(マリエッタ・シャギニャン) (特集 ロシア・中東欧) -- (ロシア文学から一歩踏み出す) 平野恵美子 https://t.co/lnJVOLCepP
RT @nekonoizumi: 「小説をしばらく読み続けると,読者はボンドがスクランブルド・エッグを頻繁に食べることに気付く。」 ⇒武藤哲郎「ジェームズ・ボンドと朝食」『大妻女子大学紀要 文系』第49号(2017) https://t.co/l8lvBq21x6