Takashi SATO (@cas84920)

投稿一覧(最新100件)

ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @knagasaki: DHの件ですが、ブログとか https://t.co/KTYR4XpJsL 依頼原稿 https://t.co/jkYE5bvJej などでもご紹介しておりますので、もしよろしければこちらもどうぞ。特にブログを読んでいただけますと https://…
田内千里「アウグスティヌス『告白』における涙の意味」https://t.co/uLh0Gcya4hはおもしろい。友人の死と母モニカの死に際して流された涙を考察しながら、affectus、友情、キリスト教人間観を論じる。母モニカの死を論じた部分ではこっちまで泣きそうになった。

お気に入り一覧(最新100件)

日本語でも大学生の質問のなさについては、いくつか研究があって、たとえばこれとか。藤江利江、山口裕幸 (2013)「大学生の授業中の質問行動に関する研究 : 学生はなぜ授業中に質問しないのか?」 https://t.co/T6jySo0TUT
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
[欹耳袋]加藤司 2016.[エディトリアル]『パーソナリティ研究』に採択される方法―投稿論文の問題点とその対応策.パーソナリティ研究, 25(1): 1-9. https://t.co/TTnASPrTDL https://t.co/dk3r3ARn4T [pdf]
後で読もう。リクールの70年代論文「顕現と宣言」が批判されている。 谷口智子「「名」と「像」の葛藤--「偶像崇拝」の問題をめぐって」『哲学・思想論叢』18, 2000. http://t.co/cEGIJZkN1m

フォロー(499ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @sakonosamu: 日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性 https://t.co/bBWNRJoe5q 先日青土社から上梓された樋口桂子著『日本人とリズム感』に興味を持たれた方にお勧め。
CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq

45 39 39 11 OA 日本写真帖

RT @ktgis: 明治45年『日本写真帖』の品川停車場。当時は波打ち際だった。国会図書館デジタルコレクション https://t.co/a1hDtFEcih https://t.co/J0sIPMiO8J

11 4 4 0 OA 説諭の栞

今日ブログ https://t.co/qjox2nUyvZ で引いた『説諭の栞』という警察官向けの教材は読んでいて結構面白いです。戦時下のアレな人たちの例が色々載っていて面白いのです。国会図書館のウェブサイトで読めます。 https://t.co/LS5vb0GMnh
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? S7.アル・ジャジラ地域の地形と先史集落の立地(シンポジウム「海外地形調査におけるGIS/RSの活用」)(2004年度春季研究発表会)(津村 宏臣),2004 https://t.co/aLGAzrxukV
日本薬学会の機関誌『ファルマシア』の53巻12号で、私が前に翻訳した『ダメな統計学』をご紹介いただきました。ありがとうございます。 https://t.co/6jggtDCqZp
PDFあり。 「もう一つの故郷喪失 : 近代日本エリートの教育移動からみる」 https://t.co/EsKoLFO0ac  「戦後日本の故郷喪失と地域の変容 : 「自助」問題を巡る考察」 https://t.co/i7qo65tf4b
PDFあり。 「もう一つの故郷喪失 : 近代日本エリートの教育移動からみる」 https://t.co/EsKoLFO0ac  「戦後日本の故郷喪失と地域の変容 : 「自助」問題を巡る考察」 https://t.co/i7qo65tf4b
PDFあり。 中村牧子「「都市出生エリート」の誕生 : 近代日本の中等教育システムとその効果」 https://t.co/2CQcTT9Nd3  「エリートはいつから都市出身になったか?」
RT @NDLJP_en: Dreaming of outer space: From ancient to modern times: https://t.co/YQV0nzcfKx https://t.co/tyVSdZYIPq
古市将樹(2002)学位論文「土田杏村の社会教育学に関する研究 :教育観の転換の構造」(早稲田大学)。「神秘的象徴主義」、『象徴の哲学』における認識論についての考察もある。https://t.co/Diiazn82H8
RT @takumi_itabashi: ブラントの「跪き」に象徴される冷戦期の西独=ポーランド関係については、妹尾哲志さんが一般向けの講座で最近お話ししたものがPDFで読めます。 「国境をめぐる国際紛争:冷戦期の西ドイツとポーランドを事例として」『専修大学法学研究所所報』ht…
RT @ryuhei_tsuji: ネトウヨに限らないが,集団的自衛権の支持について,信頼,排外主義,政党支持などの関係から分析した自分の論文を,引いておこう. https://t.co/JOawl9cxRP https://t.co/cw1taYcHTw
RT @nekonoizumi: PDFあり。 一小路武安「技術併存期におけるハイブリッド製品の開発:新技術部門のマネジャーと適応的技術者の役割」『組織科学』49(3), 72-89, 2016 https://t.co/eUN8TwTK2w
RT @ryuhei_tsuji: ネトウヨに限らないが,集団的自衛権の支持について,信頼,排外主義,政党支持などの関係から分析した自分の論文を,引いておこう. https://t.co/JOawl9cxRP https://t.co/cw1taYcHTw
RT @ken_fiore_endo: ご参考: 後藤洋平「「中国海権論」の研究 : 「海洋進出」をめぐる理論と実践に関する考察」北大法政ジャーナル, 23(2016), pp.39-80 https://t.co/jGeGTANVtu

フォロワー(373ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @nekonoizumi: 以前話題になった赤阪先生の論文 「カール禿頭王は本当に禿げていたか Was Charles the Bald Really Bald?」 も容姿とジェンダーにまつわる話でもあった。 PDFあり。 https://t.co/tG4ok43kRx
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @t_ohnuki: CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @sakonosamu: 日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性 https://t.co/bBWNRJoe5q 先日青土社から上梓された樋口桂子著『日本人とリズム感』に興味を持たれた方にお勧め。
CiNii 論文 -  カール禿頭王は本当に禿げていたか https://t.co/XuDnHvWtUq
RT @kasamashoin: 小野坂 知子 -  和歌からみたコンテンツ・ツーリズムの枠組み : 歌枕の類型表現と旅の形成過程に注目して https://t.co/dakXnDg05g
RT @NDLJP_en: Dreaming of outer space: From ancient to modern times: https://t.co/YQV0nzcfKx https://t.co/tyVSdZYIPq
古市将樹(2002)学位論文「土田杏村の社会教育学に関する研究 :教育観の転換の構造」(早稲田大学)。「神秘的象徴主義」、『象徴の哲学』における認識論についての考察もある。https://t.co/Diiazn82H8
RT @takumi_itabashi: ブラントの「跪き」に象徴される冷戦期の西独=ポーランド関係については、妹尾哲志さんが一般向けの講座で最近お話ししたものがPDFで読めます。 「国境をめぐる国際紛争:冷戦期の西ドイツとポーランドを事例として」『専修大学法学研究所所報』ht…
【イスラームと輪廻】 https://t.co/kflZRWOzM6 https://t.co/cQvRw8Oiww https://t.co/3mrvd7Mwin
【イスラームと輪廻】 https://t.co/kflZRWOzM6 https://t.co/cQvRw8Oiww https://t.co/3mrvd7Mwin
https://t.co/nmdjrnk4cx 簡単に見つかるもんだ。