勁草書房 (@keisoshobo)

投稿一覧(最新100件)

RT @yuizumi2: 横路佳幸「書評 蝶名林亮編著『メタ倫理学の最前線』」https://t.co/VDsoJDBumT
RT @digitalarchivej: 「デジタルアーカイブ学会誌」 2020年第3号 [書評・新刊紹介]『デジタルアーカイブの理論と政策―デジタル文化資源の活用に向けて』. 柴野 京子 https://t.co/KjkZUyxzJV
RT @redfield_ken: ゴーストオブツシマの実況を見てたらそもそもの「元寇」の詳細はどうだったんだ?と疑問を持ちはじめて、それについてざーっと調べてからその授業実践と分析の論文に辿り着いてしまってとてもとても楽しい。 https://t.co/K7YmQKWpxU
【書評】栗田真広著『核のリスクと地域紛争』の「アジア経済」に掲載されたの書評がJ-STAGEで公開です。評者は濱村仁さんです。 https://t.co/kFS9brKPUk 研究者が研究対象に影響を与える可能性の問題や、無限に複雑な現実を理解可能にするための仮定「国家の一枚岩性」など、論点は多岐にわたります。
酒井朗編著『進学支援の教育臨床社会学』と小杉礼子著『フリーターという生き方』が参考文献に掲載された野村駿さんの論文「なぜ若者は夢を追い続けるのか: バンドマンの「将来の夢」をめぐる解釈実践とその論理」(「教育社会学研究」103巻所収)がJ-STAGEで公開されました https://t.co/3YX7ljzDRY
『ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』については服部裕幸さんの次の書評も公開されています。こちらもお見逃しなく 意識のハードプロブレムは本当に解決されたのだろうか : 鈴木貴之氏の新著を評す 南山大学「アカデミア」人文・自然科学編第11号https://t.co/ViFWaS0vjx
「科学哲学」52 巻1号に掲載された『ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう』(鈴木貴之著)の書評がJ-STAGEで公開されました。評者は太田紘史さんでタイトルは「物理主義者であるとはどのようなことか」です。20ページに及ぶ書評論文をお見逃しなく。 https://t.co/wpiVBHtJ4R
西日本哲学会https://t.co/E3a84k6UR2 年報の第26号(2018)に掲載された『メタ倫理学入門』(佐藤岳詩)の書評がJ-STAGEで公開されております。評者は林誓雄さん(福岡大学)です。下記ページよりPDFにてご覧いただけます。 https://t.co/2HEY9wbEIv
RT @tani6s: 『〈現在〉という謎』をめぐるやりとり: 1.〈現在〉という謎 https://t.co/DZMTwN7FF1 2. 一物理学者が観た哲学(谷村ノート)https://t.co/pcTTaFKtCU 3. 谷村ノートへのリプライ(森田ノート)https:/…
RT @tani6s: 『一物理学者が観た哲学』(谷村ノート)は以前と変わらずここに置いてあります:https://t.co/pcTTaFKtCU
RT @ktowhata: 堀江先生の「予言が当たったとき」論文、初めて読んだのだけど面白い。フェスティンガーの「予言がはずれるとき」のパロディというかオマージュなのだけど、確かにスピリチュアルの人たちの災害に対する意味づけのポジティブさは特徴的。以下のリンクから。 http…
「分析哲学と科学哲学はどのように異なっているのか:—二つの研究伝統を歴史研究に基づいて比較する」小山虎(山口大学時間学研究所) https://t.co/2DHMgHX7CZ
RT @wssj_1977: 『女性学年報』40号各記事のPDFへのリンク(3) 書評 田中亜以子『男たち/女たちの恋愛:近代日本の「自己」とジェンダー』(前川直哉) https://t.co/GJQQoymMP8 その他、目次から奥付まで、すべての内容は、下からたどることがで…
『知覚経験の生態学』の書評はこちらです。(PDF) https://t.co/3U4uSrQcHo 『情動の哲学入門』の書評はこちらです。(PDF) https://t.co/d9WGlvmDuk
『知覚経験の生態学』の書評はこちらです。(PDF) https://t.co/3U4uSrQcHo 『情動の哲学入門』の書評はこちらです。(PDF) https://t.co/d9WGlvmDuk
RT @ClawConciliator: 参考文献編:タネ本編 引用したり直接参考にしたもの 知財の正義/ロバート P マージェス/勁草書房/2017 https://t.co/0AvFJCVZga インタンジブルズは知的資産と同義か、違うとすれば何が違うのか/櫻井通晴/専…
RT @tani6s: 補足ノート『一物理学者が観た哲学』PDFファイルダウンロード↓ https://t.co/pcTTaG251u
RT @tetsugaku_arai: ②【参考文献と目次】 <参考文献> 井ノ口哲也「中国思想は高校生にどのように教えられているのか」、中央大学文学部紀要、2017 https://t.co/Lo4i0y2vRD 浅野裕一ほか「郭店楚簡各篇解題」、『中国研究集刊』(33)、2…
RT @nama_com: 津田正太郎 「下衆の勘ぐり」の極北 : 「動機」の理解をめぐる研究の展開 https://t.co/3NTj0GJpxx 本当の動機の解明につながらない他者の動機の誤った理解、そこから他者を自己責任に陥れることを「下衆の勘繰り」と表現。岸政彦の「鉤括…
RT @brighthelmer: 去年、岸政彦さんらの『社会学はどこから来てどこへ行くのか』や、同じく岸政彦さんの『マンゴーと手榴弾』を拝読し、いろいろと思うところがあったので書いた研究ノートがオンラインで公開されておりました。「『下衆の勘ぐり』の極北 : 『動機』の理解をめ…
RT @holysen: CiNii 論文 -  書評論文 労働と自己の管理・調整 : 「自己」によって不可視化されるもの 牧野智和『自己啓発の時代 : 「自己」の文化社会学的探究』 https://t.co/s735Ar5Kl5 #CiNii ananの分析もしてたのか。「再…
RT @igshrmshk: あと、これには書評が幾つかある。web上で読めるものとしては以下が有益。歴史学サイドからの、賛否のバランスのとれた書評。 https://t.co/1nzbANXWxy あと大賀哲さんの書評はぜひ読んでみたいんだけど、web上では手に入らない。…
RT @fohtake: 齊藤誠さんの「危機の領域」で紹介されている行動経済学会でのパネルディスカッションです。→J-STAGE Articles - 行動経済学会 第5回大会 https://t.co/4Z8WqXIG7u
RT @smasuda: 所有する絵を処分したらどうなるか問題が気になって調べてるうち行き着いた。https://t.co/g03LFnXPEH 桂承均「著作権と所有権との関係についての一考察」知的財産法政策学研究 Vol.43(2013)。各国いろいろあるがまあ具体的ケースで…
RT @yoshinokuzu: 読んでもわからないと思うが、以下でダウンロードできそうなので、試してみよう。菅沼聡氏「〈最も形而上学的な実在〉の存在について」https://t.co/TGhVIbzweg 菅沼聡氏「世界全体は存在するか」https://t.co/3S82vh…
RT @yoshinokuzu: 読んでもわからないと思うが、以下でダウンロードできそうなので、試してみよう。菅沼聡氏「〈最も形而上学的な実在〉の存在について」https://t.co/TGhVIbzweg 菅沼聡氏「世界全体は存在するか」https://t.co/3S82vh…
RT @db_jst: 「情報管理」2018年3月号 過去からのメディア論 マージェス『知財の正義』を読む:知的財産権はなぜ必要か 2017年末に翻訳が出版された知的財産権法学者Robert P.Mergesの『知財の正義』を大谷卓史氏が読み解く https://t.co/SE…
RT @f_nisihara: 日本薬学会の機関誌『ファルマシア』の53巻12号で、私が前に翻訳した『ダメな統計学』をご紹介いただきました。ありがとうございます。 https://t.co/6jggtDCqZp
RT @jssp_pr: 『社会心理学研究』新着書評 Decety & Ickes『共感の社会神経科学』 (評者・日道俊之)https://t.co/IrPsgW7zlS ★書誌情報https://t.co/gCQBXExXUr
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? L.フェスティンガー,H.W.リーケン&S.シャクター(著):水野博介(訳), 『予言がはずれるとき』(西田 公昭),1996 https://t.co/f6sSeV0Blo
RT @Hayasaka_GUZZI: これは結構有名な話しだし、同種の研究も多い 動物も不協和を感じるか?―「努力の正当化」を巡る動物研究― Do Animals Feel Dissonance? https://t.co/I9bFrGGQAz
RT @nonstopmasashit: アップされたいたのか。拝読した。 >> CiNii 論文 -  書評 ジャン=ジャック・ルソーに関する新しい統一的解釈 : 永見文雄『ジャン=ジャック・ルソー 自己充足の哲学』(勁草書房,2012年)を読む https://t.co/a…
RT @ryusukematsuo: 河野勝 [2016] 「政治学における実験研究」『早稻田政治經濟學雜誌』391: 7-16 https://t.co/sj7zoMQTjX リポジトリからDL可能.
RT @OfSkinerrian: CiNii 論文 -  書評『野本和幸著 フレーゲ哲学の全貌 勁草書房 2012年』 https://t.co/4HoDR70csy #CiNii
RT @aoky_lb: これもどうぞ 「グリム童話のメタファー : 固定観念を覆す解釈」野口芳子著 勁草書房, 2016.8 https://t.co/8NRcnIHcte https://t.co/cYqgqdoHq9
RT @MValdegamas: こちらは以前、佐橋先生がレビューを書いておられて気になっておりました。https://t.co/NB0KOMzwn8
RT @SusumuKitagawa: 拙著『環境政策史論ードイツ容器包装廃棄物政策の展開』(勁草書房)については,ほかに石川雅紀先生による書評(『環境経済・政策研究』8 巻2号)https://t.co/wZQHqpbbsE と吉田文和先生による書評(『財政と公共政策』58号…
RT @BotKmgi: CiNii 論文 -「『遊び』それ自体」の発達についての一考察〜PDFあり。西村清和の遊びの現象学に依拠し、保育における遊びとはどうあるべきか論じている。 https://t.co/pZvew6aKY9
RT @kakoi4: 面白そうな本と、その書評を見つけたのでメモ代わりに(リンク先PDF)。牧野智和『自己啓発の時代』(勁草書房、2012)、書評は『東京大学宗教学年報』30号、『社会学評論』63巻4号。 http://t.co/mycQ5llUHv https://t.co…
RT @kakoi4: 面白そうな本と、その書評を見つけたのでメモ代わりに(リンク先PDF)。牧野智和『自己啓発の時代』(勁草書房、2012)、書評は『東京大学宗教学年報』30号、『社会学評論』63巻4号。 http://t.co/mycQ5llUHv https://t.co…

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(15479ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
隠蔽された愛の強要観念 : 夏目漱石『琴のそら音』論 https://t.co/jZhzy3vnv8
RT @kimi_aya_: この点については今井秀和さんによるご論考があります。 今井秀和 2013「〈仏像〉と仏像フィギュアの境界線 : 海洋堂リボルテック阿修羅像は寺院安置の夢を見るか? 」『蓮花寺佛教研究所紀要』6号 https://t.co/CDsMr5JjUz
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
「友情」武者小路実篤--地としての友情,図としての愛 (恋愛小説--愛のライフ・スタイル<特集>) -- (愛のライフ・スタイル) https://t.co/y599KdCMjR
谷崎潤一郎『秘密』論 : <映画>的想像力/シネマティカル・トポロジー (特集 それは何か?<よむ>とは) -- (日本を<よむ> : 近現代文芸・文化) https://t.co/iF9iFaFKGM
CiNii 論文 -  居宅介護支援事業所の介護支援専門員を対象とした認知症に関する知識 尺度の検討 https://t.co/DOAY03JFS0
RT @Hagakure2679: CiNii 論文 -  マイケェル・オークショット著「政治における合理主義,その他論集」1962 https://t.co/XeEUGxG6NR #CiNii CiNiiで読める「政治における合理主義」の論文はこれだけか
三島由紀夫「金閣寺」論--<私>の自己実現への過程 https://t.co/5m0vJectYp
RT @tackerx: CiNii 論文-偶然性の役割とは何か:『社会存在の論理』と『偶然性の問題』 (白川琢磨教授 紙屋正和教授 篠崎省三准教授 輪田裕教授 松浦崇教授 退職記念号) https://t.co/6oPvL1RfCS 先日の「リアリズム」云々を起点に改めて色…
茨城県史料所収の『無量寿寺文書』は原本からの採集か写本からだったかは記憶にないな。帰って確認だ! 検索で研究論文を探せて、ありがたいなインターネッツは。 https://t.co/OhazM3AVLL
「愚」という徳--谷崎潤一郎「刺青」と「続悪魔」 https://t.co/qpXrZmirih
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 居住の観点からの日本の社会的排除から社会的包摂へ https://t.co/Vs8lXzJkUx
CiNii 論文 - 居場所の定義についての研究 https://t.co/w86OTb5AVt
川端康成「禽獣」試論--<夢>の破れ https://t.co/YNvlSiLcbs

23 12 12 12 OA 戦争史概観

RT @DlKtKXJ1hq5dbgC: @May_Roma 陸軍大学校で教鞭をとっていた四手井綱正陸軍中将が書いた「戦争史概観」ナカナカ分かりやすく、おススメ本! ただで読める! https://t.co/hibTB0MCuy
RT @washou3956: CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
樋口一葉『にごりえ』論 : <境界>という物語 https://t.co/cpPA734e1K
【社会心理学研究・掲載論文】小森(2018) 「ホストクラブ従業員にみられる被職業スティグマ意識と対処方略」 https://t.co/zgcoyWfmat
CiNii 論文 - 居住の観点からの日本の社会的排除から社会的包摂へ https://t.co/Vs8lXzJkUx
観念からの脱却--横光利一『旅愁』試論 https://t.co/fOjgFFgaeK
国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの https://t.co/wOn7ICzcaU
CiNii 論文 - 救護法下の救護施設の実態--普及と施設実態、認可と補助、施設財政など https://t.co/SDXhF5pJ7I
同じく安東量子さんによる書評→ 安克昌『心の傷を癒すということ』&中井久夫『災害がほんとうに襲った時』https://t.co/9x2EqaMP3B 安東さんの論文「エートス(実用的放射線防護文化)の構築にむけて」→ https://t.co/FVI3lie1MK
「オレ」が「オレ」であるために--坂口安吾『夜長姫と耳男』論(後編) https://t.co/6D0HWLwkhl
【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ④『松本清張が「砂の器」を書くまで』 お近くの生協/書店へお申込下さい ※内容 https://t.co/7pYIxqLgAM ※Cinii https://t.co/dVxWovAz0y ※ebook版あり。プラットフォームはMaruzen e-Library又はKinoden #ウィズコロナ時代におすすめする本 https://t.co/CHSZMbNcOl
RT @paramilipic: 模型についての興味深い論文見つけた 模型に潜むメッセージ性や批評性に関する論考 当然ながら不謹慎だから悪影響があるから規制すべきという話にはなってない 模型は果たしてそういう批判に耐えうるのか、という https://t.co/DQ8b4Us…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ③アメリカ進歩主義教育の源流  ブロンソン・オルコット思想研究 ※内容 https://t.co/S1gc5UFbrI ※Cinii https://t.co/e3vXRHjRDk ※ebook版あり。プラットフォームはMaruzen e-Library又はKinodenです #ウィズコロナ時代におすすめする本 https://t.co/3njrkSXR9H https://t.co/uU3BnjAZve
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
熱量が交差する〈場〉 : 『若草』を読む https://t.co/npLII54wIi #CiNii
https://t.co/59qiiPUH1A https://t.co/mvQbZwP4Uv https://t.co/loTvICpyEi https://t.co/vB0fhhqrGl https://t.co/6N2oF6etOw めも
https://t.co/59qiiPUH1A https://t.co/mvQbZwP4Uv https://t.co/loTvICpyEi https://t.co/vB0fhhqrGl https://t.co/6N2oF6etOw めも
https://t.co/59qiiPUH1A https://t.co/mvQbZwP4Uv https://t.co/loTvICpyEi https://t.co/vB0fhhqrGl https://t.co/6N2oF6etOw めも
https://t.co/59qiiPUH1A https://t.co/mvQbZwP4Uv https://t.co/loTvICpyEi https://t.co/vB0fhhqrGl https://t.co/6N2oF6etOw めも
中山英治(2012)「留学生支援システムにおける日本語チュートリアルの実施概要とその意義―2011年度5月から8月の実施記録を資料として―」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,25-37 https://t.co/TLSmEOcLjt
CiNii 論文 - 救護施設における精神障害者支援 : 全国の救護施設における調査から https://t.co/9BA2CY9CjF
RT @shigekzishihara: 広重 佳治(1995) 入眠期の主観的体験, 生理心理学と精神生理学, 13(2) https://t.co/fXUGe65eYL
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 ②平安時代の笑いと日本文化 :『土佐日記』『竹取物語』『源氏物語』を中心に https://t.co/eYqWwpFu65 ※Cinii→https://t.co/bANbzjcxAi ※ebookはMaruzen e-Library、Kinodenです https://t.co/6tqkDEfOL5 #ウィズコロナ時代におすすめする本 https://t.co/BdENO0LBfv https://t.co/BhKfzHNQLt
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
「トロッコ」「杜子春」におけるフラッシュバック技法 : 「かたり」「内的独白」というテキストジャンル https://t.co/76Qx1xW6Be
RT @FanTaiyo: 「岐阜羽島駅は大野伴睦の政治駅」説をいまだに主張する方は「岐阜だと大回りすぎるにしても、せめて大垣を通るべきだったのに羽島になったのはやはり伴睦が。。。」と言いがちだったりするが、名神高速道路だと大垣市内で40cmも地盤沈下しているのでやっぱりしんど…
RT @OkazakiMiai: 『福島第一原発は現在進行中の危機でもあり、その模型化 の “不謹慎さ” は半端ないレベルであろう』 ウクライナ ICM社のチェルノブイリ原発情景シリーズにどう難癖をつけるかを見てみたい論文である。   不謹慎な模型 (誌上シンポジウム 危機と人…
CiNii 論文 - 記念講演 生きる苦労を取り戻す : べてるの家の30年の歩みから〜PDFあり https://t.co/gbNsfMzwCo
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj

3 2 2 2 OA 神秘の喪失

・ヴェイユの科学思想の標準的な研究書 https://t.co/HlyiyARgdK ・同じく日本語による論文 https://t.co/uBdHRz5hyB #シモーヌ・ヴェイユ #SimoneWeil
平成18年(2006年)1月22日、高橋秀直が死去。大著『日清戦争への道』(東京創元社)の著者。井上勝生氏は、高橋氏の幕末研究をまとめた遺稿集『幕末維新の政治と天皇』(吉川弘文館)の書評(『史林』91-2)で、「比肩することができない、大きな業績をあげた著者」と呼ぶ。 https://t.co/7cyckFO5zs
谷間の青春--野間宏「暗い絵」 (青春の発見<特集>) -- (作品・青春の歴史) https://t.co/Mrj9AeI8wu
CiNii 論文 - 基調講演「普遍主義・選別主義・ターゲッティング― 社会福祉の対象設定のあり方―」 https://t.co/12nLPseRVc
内破のコミュニズム : 大西巨人『神聖喜劇』の基底思考 (特集 政治的芸術の再生にむけて) https://t.co/VOVQ6DKxCo #CiNii
太宰治の<信仰>と<超越者> : 『人間失格』をとおして https://t.co/tCAlQSjDPH
三島由紀夫『金閣寺』の終わりなき男同士の絆(ホモソーシャリティ)--〈僧衣〉と〈軍装〉の物語 https://t.co/l4rbeXK286
<不機嫌>から<憂鬱へ> : 佐藤春夫『田園の憂鬱』をめぐる言説 https://t.co/zna9HTbFx1
RT @ken_fiore_endo: ご参考: 後藤洋平「「中国海権論」の研究 : 「海洋進出」をめぐる理論と実践に関する考察」北大法政ジャーナル, 23(2016), pp.39-80 https://t.co/jGeGTANVtu
『金閣寺』論--想像力の問題 (特集 金閣寺) https://t.co/3aBTDAzRuP
芥川龍之介『歯車』論 : 「敗北」への道筋と「救い」の在り処 https://t.co/2V5A0fBMyB
梶井基次郎・「檸檬」の言語戦略 : 「えたいの知れた吉な塊」が「えたいの知れない不吉な塊」を破壊する話 https://t.co/DMxBqiBZYL
RT @yamamoto_kaoru3: 『英文学研究』(2020年97巻)で宮川美佐子先生に書評をいただきました。とても丁寧にお読みいただいて光栄です
【社会心理学研究・掲載論文】柴田・中谷内(2019) 「主観的被害確率が犯罪不安に与える影響:階層的クラスター分析による罪種分類に基づいて」 https://t.co/Vdw6WDUWPP
CiNii 論文 - 基調講演 幻想としての福祉〜PDFあり ハートネットTVなどで有名な町永俊雄さんによる講演.非常に考えさせられる内容. https://t.co/1evg7rmLa8
遡行する身体 : 『痴人の愛』の文化批判 https://t.co/iejPGtMp82
RT @mishiki: カーネマン達のプロスペクト理論とブランディングをつないだのあったんだ。Fiskeや吉川らの実験を踏まえれば、「悪名は無名に勝る!どんどん炎上しろ」という類の炎上マーケは、明らかに誤っとるやないか。悪名は悪いブランドになってしまってずっと信用を毀損するじ…
「錯覚」と「想像」、あるいは「づかづか」と「すたすた」 : 梶井基次郎『檸檬』を読む (林達也先生退任記念号) https://t.co/xBxGqKaeur
RT @sagtmod: https://t.co/hUKFbaIFC3《『ルツィンデ』そのものを象徴し、唯一その姿が描かれる「子供」であり、完成したBildungを体現するヴィルヘルミーナが少女であることと、対照的な関係にある。息子達は〜恋人として完結した二人にとって、はじめ…
CiNii 論文 - 企業で働く知的障害者の職業適応と 職場のサポートとの関係 -知的障害者本人への調査から- https://t.co/oPzbLaStRF
佐藤春夫『西班牙犬の家』--反逆としての「夢見心地」 https://t.co/Qz7AQirTWD
ニヒリズムとの凄惨な格闘--三島由紀夫「天人五衰」 https://t.co/L8tJEY1UrQ
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
ニーチェはコンドームをつけろ CiNii 論文 -  ニーチェの梅毒意識 https://t.co/DBoUXRQvlZ #CiNii
大岡昇平『野火』論--<時間>と自我 https://t.co/37fssxhe06
CiNii 論文 -  看護小規模多機能型居宅介護における在宅生活支援の可能性について : エンド・オブ・ライフのがん患者と家族の意思決定支援として https://t.co/cVxKAlzSQT

27 20 20 0 OA 名流情話

RT @rekishiclub: モルガンはお雪と結婚する前に、婚約破棄された経験があるようです。 その際、今でいうところの慰安旅行に出たところ、日本でお雪と恋に落ちたみたいですね。 真偽はさておき、泉斜汀『名流情話』(蜻蛉館、1917)にモルガンとお雪のエピソードが載っていま…
RT @mishiki: 伊田久美子『再生産労働概念の再検討 : 構造調整プログラムを中心に』 ちょっとボカしてるけど、近代国家においては「労働」が国民であることの条件であるから、権利獲得のためにreproductionを「労働」に格上げした的な発想、含まれてますよね。 h…
降りそそぐ〈ノイズ〉 : 芥川龍之介「歯車」における〈意識の流れ〉の推進力 (藤原茂樹教授 松村友視教授 退任記念論文集) https://t.co/NUNkyH5lU5
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @marxindo: 認知されているいじめの圧倒的多数は「暴力を伴わないいじめ」,ひやかしやからかい,無視や仲間はずれ,ネットやSNSでのいじめなので,「刑法犯として立件する」対象になりうるものはネットで言われているほど多くないですよ。https://t.co/Covbr…
RT @asarin: (#論壇)私は「普通」…陰謀論にご注意:朝日新聞デジタル https://t.co/HEX7HGyGYD 大橋恵さんの研究が紹介されています.引用がないのが残念ですが多分実社心研のこれかな→https://t.co/UHc0EoAVgg
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
RT @shigekzishihara: 入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研…
CiNii 論文 - 看護師が自己規範とチーム規範との不一致によって経験するジレンマについてのナラティヴ分析 https://t.co/3PH5cF4v7H
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ピコ太郎「PPAP」はなぜ世界的にヒットしたのか? -SNSの拡散力が生み出す空前の大ヒット-(高橋 暁子),2016 https://t.co/6LdDMAEGxI
芥川龍之介「河童」覚え書 : 芸術的良心と「近代」 https://t.co/ZJMdm2omUj
鳴り響き続ける「ぼく」 : 安部公房『カンガルー・ノート』試論 https://t.co/zbtgTVdaNH

1 1 1 0 早稲田新書

【ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ】 【番外編】早稲田新書003 『村上春樹の動物誌』小山鉄郎 著  税込990円。お近くの大学生協または主な書店にてお求め頂けます。 ※内容↓ https://t.co/oaNUhtJqNr ※Cinii https://t.co/TKI4bfCGbT #ウィズコロナ時代におすすめする本 https://t.co/Lz7ZW1eDQS
RT @marxindo: 認知されているいじめの圧倒的多数は「暴力を伴わないいじめ」,ひやかしやからかい,無視や仲間はずれ,ネットやSNSでのいじめなので,「刑法犯として立件する」対象になりうるものはネットで言われているほど多くないですよ。https://t.co/Covbr…
「田園の憂鬱」 : 「彼」の肖像(作品論の新視角/佐藤春夫・2) https://t.co/80YTGI7x2M
『足相撲』--笑いなきユーモアの行方 (特集 葛西善蔵・嘉村礒多の世界) -- (嘉村礒多 作品の世界) https://t.co/Y1SOhreXVa
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/kFh0HyNFyl
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/LYMRWWXBYz