Naoya Sakagawa (@sakagan)

投稿一覧(最新100件)

科研「ゾミア2.0 :「東南アジア」と「南アジア」の境域における開発・民族・宗教」 「ミャンマー研究はこれまでタイ、ラオス、中国(雲南省)など東と北側の隣国との関係には注目してきたが、インド・バングラデシュという西側への関心が希薄である。」 https://t.co/Jm1EdYzNsM
PDF 岩本和久「禁忌とアトラクション : キラ・ムラートヴァの映画に見る日常的空間とその異化」 1、異邦人の目 「彼女はルーマニアのロシア語学校で学んだ後、1953 年にモスクワの国立映画大学に入学した。卒業後は、オデッサ映画スタジオで映画製作に携わることになる。」 https://t.co/YzjW5VqyWH
PDF 杉島敬志先生による書評 「合田濤著, 『首狩りと言霊 : フィリピン・ボントック族の社会構造と世界観』, 初版, 東京, 弘文堂, 1989年, 392頁, 7,730円」 https://t.co/GYMhAkRarv
「山田 均氏 博士(文学)学位請求論文『タンマユット派の研究』審査報告要旨 本論文は、タイ仏教教団における「タンマユット派」の発生から成立までの歴史を、タイ国立図書館、タイ国立公文書館に所蔵されている諸資料をもとに解明したものである。」 https://t.co/sKi2AAlGfP
RT @postmanzz: 日下 渉「ドゥテルテの暴力を支える「善き市民」 ―フィリピン西レイテにおける災害・新自由主義・麻薬戦争」https://t.co/Wx0qybJqPm
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒グエン テイ テゥエット ニュン 「ベトナムの昔話における「蛇婿」」 『東アジア文化交渉研究』第13号(2020-3) https://t.co/2MKUsbMkWA
大泉さやかさんの黄色い音楽(nhạc vàng)に関する論文、 公開されたのか。有り難い。 研究ノート 「南部解放」以後のベトナムにおける 南ベトナム時代の歌謡の管理 大泉さやか https://t.co/YRFl73Higf
文化大革命前の中国映画を題材に、中国映画における住宅空間の切断というテーマを論じ、しかもドゥルーズのマゾヒズム論を絡めるのか。 https://t.co/hqrJzlk99e
紅い星科研代表のG先生に、「ソビエト映画に出てくる住居の間取り図」のツィートと記事を転送したら、北大の応雄先生による論文 「映画『千万不要忘記』(くれぐれも忘れぬよう、1964) と「道徳的マゾヒズム」― 切断・連接としてのイデオロギー」を教えて下さった。有り難い https://t.co/hqrJzlk99e
昨日、ベトナム映画のシンポの後、大泉さやかさんが黄色い音楽(nhạc vàng)に関する論文を書いていて、最近の政策の変化についても教えてくださった。 あと、書かれた論文「ベトナムにおける無形文化遺産としての聖母信仰の保護と管理」の話もされていた。 https://t.co/grLFyzLQY7
ガリン・ヌグロホ監督『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』が面白いのはトラウマ的な記憶をボディ(身体)と絡めるところで、田村容子さんの科研「社会主義文化と身体のイメージ」とも関連したテーマなので、セクシャリティも視野に入れつつ、もう少し考える必要がありそう。 https://t.co/iCIJ2zN2Hp
アンダーソンが書いた「共産主義後のラディカリズム」(『比較の亡霊』)が東南アジアの映画や映像にどう残っているか、気になっている。ガリン・ヌグロホ監督『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』も930事件の話が出て、Q&Aでトラウマ的な記憶が出て、前に講義した通りだった。 https://t.co/a8eYlsYPGl
スラブユーラシア研に招いてくれた、越野剛さんの今の科研「社会主義文化のグローバルな伝播と越境―「東」の公式文化と「西」の左翼文化」につながるが、東南アジアの映画や映像、特にアートフィルムにおける社会主義文化からの影響、東南アジア研究の第一人者ベネディクト https://t.co/a8eYlsYPGl
越野剛さんが代表の科研「社会主義文化のグローバルな伝播と越境―「東」の公式文化と「西」の左翼文化」に、キューバ文学を研究されている久野量一先生もいらっしゃるので、キューバで調査できるかもしれない。キューバで制作されたベトナム戦争のドキュメンタリーも調べたい https://t.co/a8eYlsYPGl
福岡まどか先生による、 『西スマトラにおけるシアターとマーシャルアーツ』 Theater and Martial Arts in West Sumatra: Randai and Silek of the Minangkabauの書評が面白い。 https://t.co/lvJV1AwBjo
スンバ島、インドネシアのアクション映画『黄金杖秘聞』の撮影場所で、小池誠先生が本を出しているところだよな。 小池誠著, 『東インドネシアの家社会-スンバの親族と儀礼』, 東京, 晃洋書房, 2005年, 281頁, 4,515円(税込み) https://t.co/49PZQC3plq
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒マイケル・リーチ「東ティモールのナショナリズムのきわだった特徴」 『国立民族学博物館研究報告』43 (2019.1) https://t.co/XS2gJakAE2
RT @nekonoizumi: 田中雅一「第12回日本文化人類学会賞受賞記念論文 〈格子〉と〈波〉とナショナリズム : 巨大な遺体安置所でLove Tripを聴きながら考えたこと」 『文化人類学』82(4),2018 https://t.co/ySXk21RzXV
RT @nekonoizumi: ナイジェリアの忍者論文。PDFあり。 ⇒中村博一「忍者表象のグローカリゼーション : ナリウッドにおけるソッコト忍者」 『言語と文化』23(2010) https://t.co/CWIybpXhxN  https://t.co/yZVGJLqs…
RT @nekonoizumi: PDFあり。あのナイジェリア映画における「忍者」表象の論文の方だった。 ⇒中村博一「ヨルバ映画(ナリウッド)における呪術的特徴 : 31作品についての考察」 『生活科学研究』40(2017) https://t.co/z0PFMYDa2Z
@ajico_b アオババは、南部で用いられる、袖口が広く、すぞの短い農民服ですね。メコンデルタのクメールに関して、静岡県立大の下條尚志さんが研究されてますね。 ベトナムの伝統的な衣服に関する研究 2014年,2015年の調査から ベトナムの伝統的衣服アオ ババの変化 https://t.co/vfaGWGQs3v
自分も先輩の蔵書を段ボール3箱ほど引き継いだ。ベトナム共産党機関誌『学習』(Hoc Tap, 後のTap Chi Cong San) などのバックナンバーが中心。しかし、修士論文のために、 『党文献』(Van Kien Dang) と『学習』をずっと読んだ反動で、党関連資料は観るのも嫌になり、死蔵中。 https://t.co/J7PdHQF261
たまたま、仲がいい先生からタイの中国廟に関する文章をPDFで頂いた。 中国廟とほかの施設との違いがわかりやすくて、有難かった。もっと多くの人に読まれたほうがいい文章だと思うので、ネットで公開されないなら、もったいない気もする。やはり、論文だと敷居が高いので。 https://t.co/MCagHiBYK2
インドネシア華人に関する現代史研究、待望のオーソドクスな研究書と言えば、第34回大平正芳記念賞を受賞した、貞好康志先生の『華人のインドネシア現代史--はるかな 国民統合への道』木犀社。 『「華人性」の民族誌』の津田浩司さんによる書評。 https://t.co/QH3nW04mIP
RT @s15taka: J-STAGE+Articles+-+「境界」の魅力―インドシナ半島シームレス巡検― https://t.co/Qzvpktyd7c 東南アジア~中国雲南をフィールドに,風化プロセス,石造文化財,気候地形学,国境問題,一帯一路・・・などなど。どうぞ肩…
このタイの創価学会に関する英語論文、台北で非常にお世話になった、林君の論文「タイにおける一貫道の組織発展と人間の流動性」でも、参考文献に挙げられていた。気が付かなかった。 https://t.co/38qhhVVMKr
行方不明だった、東南アジアブックス、タイの柳田国男、プラヤー・アヌマーンラーチャトンの『回想のタイ 回想の生涯』(森幹男訳/井村文化事業社)上中下巻を実家で見つかる。部屋にないと思っていたら、実家にあった。 https://t.co/5AagQyXLlE https://t.co/c64A8CzbUP
CiNii 論文 -  野津 幸治 タイにおけるクマーントーン信仰について : 開運のお守りになった胎児の霊 (特集 現代タイ社会における「精霊信仰」) https://t.co/YgFFXs3ca4
RT @Ryosuke_Nishida: 厳しい数字…→「60年代から70年代の頃は博士課程修了後1~2年で大学教員になれたということである。90年代の初頭にはもうすでに3人に2人は大学教員のポストに就けない状況であった(中略)(引用者補足、09年度)人文科学系の博士課程生は約…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  東映動画『白蛇伝』におけるポストコロニアルな想像力 : その中国表象の歴史的連続性を中心に (特集 〈貫戦期〉の日中映画)" https://t.co/HjEu2pHuiD
RT @shin_aki2013: マレーシアの同性愛に関する研究論文は、日本でもいくつか読めるようになりました。歴史的背景を知る上では、この論文は参考になります。https://t.co/LrqHCXRt4F 同性愛行為の罪で服役、元副首相が政界復帰 マレーシア:朝日新聞デ…
RT @shin_aki2013: インドネシアのトランスジェンダーの政治化に関しては、こちらの論文も面白い。マレーシアもインドネシアもイスラム教が強い影響力を持っており、普遍的な人権か、イスラームのシャリーア法かで揺れ動いています。どちらが強く出るかはその時々の政治によって変…
リサイクルコーナーに、『日・タイ交流600年史』石井米雄,吉川利治 講談社が数冊置いてあったので、有り難く一冊頂いた。 https://t.co/dtYQ5icAhW https://t.co/zMsmLebzLk
RT @sakagan: 田子内進「植民地期インドネシアにおけるラジオ放送の開始と音楽文化 ――『NIROM の声』が描く音楽文化――」 http://t.co/IyeTiX3vYI
ミャンマー国境付近に位置するインド・ナガランド州の山深い村々で古来より歌い継がれてきた"農村歌”を巡る音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律』、ちょうど科研「ゾミア2.0 :「東南アジア」と「南アジア」の境域における開発・民族・宗教」の地域だな。 https://t.co/Jm1EdYzNsM
論文 ヴィガン(イロコス,フィリピン)の街区構成に関する考察 山口 潔子, 布野 修司, 安藤 正雄, 脇田 祥尚, 柳沢 究 https://t.co/UkYnxMQHJu
グレゴリー・ベイトソン、謎だよな。 書評 グレゴリー・ベイトソン著『大衆ブロパガンダ映画の誕生 ドイツ映画「ヒトラー青年クヴェックス」の分析』 奥村賢 https://t.co/VTjMdQkci2 https://t.co/S6mudsGl3p
PDF 津田浩司先生による書評 貞好康志.『華人のインドネシア現代史――はるかな国民統合への道』 木犀社,2016,471p. 「インドネシア華人に関する現代史研究に,つい に待望のオーソドクスな研究書が出た。1960 年代 以降,実地調査に基づく研究」 https://t.co/QH3nW04mIP
RT @soignetongauche: 寄贈していただいた『カイエ・デュ・シネマ』創刊号から724号までは、少し前から、製本されて関西大学総合図書館の書庫に配架されています(写真は1980年以降の号のみ。770番台の棚に入りきらないので別置されています)。所蔵館は多いですが、…
RT @nekonoizumi: 戦時期タイにおける日本の宣伝機関の進出と活動:タイ・日・英語史料からのアプローチ●加納 寛 https://t.co/Q1VBUpCHlk 牛車の中世的展開に関する研究―文献とモノによるアプローチ―●木村 真美子 https://t.co/Al…
RT @nekonoizumi: 戦時期タイにおける日本の宣伝機関の進出と活動:タイ・日・英語史料からのアプローチ●加納 寛 https://t.co/Q1VBUpCHlk 牛車の中世的展開に関する研究―文献とモノによるアプローチ―●木村 真美子 https://t.co/Al…
RT @tanosensei: 「Geertzが本書で何を述べているかを知りたいと願っている読者……は、この訳書ではその願いをかなえられないというのが、私たちの結論です」。 https://t.co/Ds7VMdb7Is
RT @tanosensei: 鍵 RT TL上で見かけた、岩波新書のC. ギアーツ『二つのイスラーム社会』の翻訳がひどいという話、語訳を指摘した書評に対する訳者の反論+書評者を支持する学会側コメントがのった『民族学研究』を発見。こりゃ訳者の完敗だ…… https://t.co…
プラヤー・アヌマーンラーチャトン→森幹男先生のライン、つまり、「東南アジア大陸部のフィールドでまともに民俗学をやろうとした」研究者のラインは面白いよな。逆に言えば、それだけ、東南アジア研究大陸部の地域研究にまだ民俗学の視点が欠けているということかもな。 https://t.co/lYrbKCkDAs
カオダイ教に関しては、北澤氏の博論が出れば、ヴェールに包まれている部分がかなり明らかになると思う。しかも、日本語で。 ベトナムの政教関係-新宗教カオダイ教を通して- https://t.co/vYXbvcEyGV
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒清地ゆき子 「「同性愛」と"同性恋"の成立と定着 : 近代の日中語彙交流を視点に」 『筑波大学地域研究』(34), 2013 https://t.co/W7iA6lgbJN
RT @nekonoizumi: 「…本論文の斬新さと精密さが一躍注目を浴び,それが契機となって日本体育学会に「スポーツ人類学」という新たな専門分科会が創設された。」 博論要旨PDF→ https://t.co/fTRFgXfSxZ
こんな論文があるんだな。 PDF タイの民主化と反日運動「野口キック・ボクシング・ジム事件」と 「日本製品不買運動」を事例に シリヌット クーチャルーンパイブーン https://t.co/QgZmBFOhkG
RT @masterlow: 1970年代の東南アジアは激しい反日運動が続いたが、その先駆けはタイ。 その暴動のきっかけとなったのが、タイの日本人がキックボクシングジムを開いてタイ人の神経を逆なでしたことだったんだけれど、それの意味がわからなかったんだけどやっとわかった。これね…
岩波書店から単行本が出る予定の「「乳房」の図像と記憶―中国・ロシア・日本の表象比較研究」、代表の武田雅哉先生による、「[学会発表] セックス・マシン・ミュージアム(チェコ、プラハ)旅行調査報告」が気になる。セックス・マシン・ミュージアムって何だろう。訪問したい https://t.co/THaEQZozuR
RT @soignetongauche: たぶん、マルケルに馴染む最良の方法は、『サン・ソレイユ』をじっくり見ることだと思う。だが、DVDの字幕は字数制限で半分くらいの情報しか拾えていないので、『すばる』1986年9月号に載っているスクリプトを熟読するとよい(福崎裕子訳)。ht…
RT @honnesia: Febriani Sihombingさんが東北大学に提出した博士論文(2016年)。「インドネシア・コミックをめぐる言説-2005年から2011年頃のインドネシアのコミック展覧会に見られるナショナル・アイデンティティ 」https://t.co/X6…
、生産されていないものに、キム・ホアン版画がある。」 「民間版画は字句による祈願、象徴による祈願、同音が吉祥をしめすものによる祈願、字句と象徴による祈願、護符、新年の宗教的絵、滑稽な絵、愛国的な絵、鑑賞用の絵、霊媒信仰の神の絵に分類される。」 https://t.co/ekUzkPQ4vx
ベトナムにおける版画を中心とする木版印刷文化 「ベトナム木版画のなかに仏教、道教、儒教、その他とかかわる民間の生活と密接した民間版画がある。現存する民間版画としてもっとも有名なのは、ドン・ホー版画とハン・チョン版画、それに「ハン・マー版画」がある。すでに https://t.co/ekUzkPQ4vx
9月末、台湾大学のシンポで、アジア映画におけるロシア映画の影響に関するセッションに一緒に参加したTさんとGさんが『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい』の原稿を書かれたところだったので、台湾でおっぱい原稿の話を伺い、期待におっぱいではなく、胸が膨らんだのだった。 https://t.co/THaEQZozuR
武田雅哉先生、代表をされている「乳房」の図像と記憶―中国・ロシア・日本の表象比較研究の成果論集の単行本も控えているので、愉しみだ。 「本研究は、中国における「乳房」の表象を、中華圏・ロシア・日本の各地域における表象と比較し、非西欧圏・社会主義圏における「乳」 https://t.co/THaEQZozuR
RT @hirobay1998: 台湾版「ワタリ」について詳しく調べている人がいた。PDFファイルです。東映の「ワタリ」の台湾でのヒットを受けて金子吉延を台湾に招き桃太郎題材に映画を撮った。興味深いのは、撮影中に続編の制作が決定ししかも別の映画会社が撮ってて公開時期も重なる。h…
『世界の映画作家30 ソヴェート映画史 : 誕生(1917)から現代(1974)まで』 キネマ旬報社, 1976.4にしても、1974年までなんだよな。70年代後半、80年代のソ連映画史に関して詳しく書かれた本や論文がないもんか。 https://t.co/utPhdBlOVO https://t.co/SD8Z1tYOma
「乳房」の図像と記憶――中国・ロシア・日本の表象比較研究 「本研究は、中国における「乳房」の表象を、中華圏・ロシア・日本の各地域における表象と比較し、非西欧圏・社会主義圏における「乳房」イメージの生成、交流、変遷について明らかにする」https://t.co/THaEQZozuR
小髙泰先生の『ベトナム人民軍隊 知られざる素顔と軌跡』暁印書館、労作だよな。 https://t.co/K8DruAnlhC https://t.co/dxWST3kfCa
RT @offnote_info: 研究者・鈴木聖子さんの論文「沖縄音楽の録音採集における周縁性の諸相」公開されました。本論文は近代沖縄音楽の成立に大きなインパクトを与えたであろうレコードメディアとの相関性を考察した貴重な研究です。乞うご高読のほどを。 https://t.co…
RT @nekonoizumi: 井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co…
RT @nekonoizumi: 井上岳彦「菩薩となったツァーリ : ドン・カルムィク人社会から見るロシア帝国」 https://t.co/vzrZtslByj 「入口としてのカルムィク草原 : 19世紀前半のカルムィク人とその信仰に関する知識と記憶」 https://t.co…
RT @aldysonism: 確かに、 人類学における「分人」概念の展開 : 比較の様式と概念生成の過程をめぐって https://t.co/vqSzIaQYg9 人類学のこういう話はあまり注目されてないよね
ANTは地域研究でも流行った。 「本研究は、アクター・ネットワーク論(以下、ANT)を地域研究に援用し、地域における出来事や事象を、人、モノ、言葉(記号)のネットワークとしてとらえ、それらを動態として記述・分析することを目指した。」 https://t.co/JWkTPQiXE8
箭内匡(東京大学)「ジャン・ルーシュにおける共有人類学. -その概念、実践、 振幅、可能性」 https://t.co/hEfmavrm7m
研究会メンバーが入手してくれた。ありがたい。T先生によれば、このアンダーソン先生の君主制論は、タイの政治研究者のカシアン先生が紹介されているそうだ。加藤剛先生、単行本に未収録のアンダーソン先生の文章の翻訳、他にもまだあるんだろうな。 https://t.co/MsCAwvSPdx
RT @baritsu: アクション俳優たちは必ずしも格闘経験があるわけではないようだし、見てても格闘に道化が絡むなどカンフー映画的な所が感じられるけどなかなか面白い。詳しい事は「現代インドネシアにおけるジャワ大衆演劇クトプラの研究」 https://t.co/AX1WOb0N…
RT @GGGURE: 新興市場地図についてはリンクの論文「「新興市場地図」にみる戦後東京のマーケットの建築的分析」を参照してください。火保図の一種で、戦後の東京のマーケットを区ごとに描いた大変貴重な地図です。https://t.co/Tmwu4XgWGO
RT @GGGURE: 『東京人 特集:ヤミ市を歩く』2015年9月号や、リンクの論文であつかった新興市場地図(戦後の東京都区部のマーケットが描かれている)は製作元の都市整図社で現在も販売されています。問い合わせがそれなりにあるのでこちらでお知らせ。https://t.co/T…
PDF 伊東照司先生による、プラヤー・アヌマーンラーチャトン『回想のタイ・回想の生涯』レビュー https://t.co/SAg1rZJeu7
RT @postmanzz: 舟田京子さんの博論読める! 「インドネシア・マレーシア両国独立後の言語協力に関する史的考察」 https://t.co/C7wIflFzv2
そうか、フィールド調査はマゾ、帰国後論文執筆はサドくらいがちょうどいいのかも。フィールド調査で味わった理不尽の数々を、その地域を取り巻く環境、社会構造の問題点に昇華して、サディスティックに論文で指摘していくといいのかもしれない。 https://t.co/ZXvQTmOsj8
RT @postmanzz: 清水展「成り行き、巻き込まれ、コミットメント」 そして、開き直り。 https://t.co/ewZuBEYn29
東アジアに平和と友好を展開するんだったら、明治維新の映画支援検討する前に、ジョン・K・フェアバンク賞を受賞した、東アジア史の本で未翻訳分を予算を付けて、翻訳すればいいのにな。北朝鮮の研究Tyranny of the Weakとか。 https://t.co/mI9s9Pei2R
大東和重先生に教えて頂いた、東アジアの文学の見取り図「東アジア : それぞれの文学の経験(<フォーラム>方法論の現在I)」にも、「川本邦衛の名著『ベトナムの詩と歴史』」という一節を見つけて、やはり、名著だよなと再認識した。文庫化希望 https://t.co/bBmG3O2QAm
ホーチミン市はシンガポール、タイのバンコク、インドネシアのジャカルタ、マレーシアのクアラルンプール、フィリピンのマニラの5都市と比較すると、より「圧縮された近代」を体験しているので、世代間ギャップも強くなっているのかな。 https://t.co/Pw2ey6AuVT
ベネディクト・アンダーソン先生も『三つの旗のもとに―アナーキズムと反植民地主義的想像力』でアナキズムの秘めたる引力を描こうとしたからな。 土佐弘之「アナキズムと反植民地主義的ナショナリズムの対位法的読解」 https://t.co/851BLzqFW3
ベネディクト・アンダーソン先生も『三つの旗のもとに―アナーキズムと反植民地主義的想像力』でアナキズムの秘めたる引力を描こうとしたからな。 土佐弘之「アナキズムと反植民地主義的ナショナリズムの対位法的読解」 https://t.co/851BLzqFW3
タイ政治研究者の玉田先生の科研「東南アジアにおける政治の民主化と司法化」も単行本になるのか。 「タイ、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、マレーシア、東アジアから韓国、南アジアからインド、中東からエジプト、そしてロシアの9カ国」比較https://t.co/TFkpFglduM
PDF 片岡樹「中国廟からみたタイ仏教論 ―南タイ, プーケットの事例を中心に― 」 https://t.co/7DNlIsa0fL
RT @aldysonism: 日本の人類学だと、SMクラブで調査をした熊田さんの研究がある。https://t.co/GRzTCmAMO0
大阪アジアン映画祭のシンポで、『ミセスK』ホー・ユーハン監督の次回作はマレーシアとタイ国境あたりを舞台にした、インド由来の黒魔術を題材にすると仰っていた。津村文彦さんが研究している東北タイ、北タイの呪術とは違うものなんだろうか。 https://t.co/ebradAXGa6
RT @NDLJP: ベトナムの海外労働者送出政策及びシンガポールの外国人労働者受入政策『レファレンス』771号, 2015.04. https://t.co/21eKDlbPDI #NDL調査局今月のトピック #外国人の受入れ
PDF 矢野秀武先生の「タイを流れる欧米宗教学の微風 : サーサーナー(宗教)とReligionをめぐるタイ宗教学の模索」東京大学宗教学年報. XXX (特別号), 2013.3, pp. 51-70 も初めて見た。さすが、すごいな https://t.co/JQbWrug6i2
PDF 矢野秀武先生の「留学体験記 出家体験を中心に」 東京大学宗教学年報.別冊. ⅩⅤ , 1998.3.31,pp. 5-9 1995年から1997年の2年間、チュラーロンコーン大学に留学されていたのか。 https://t.co/uCwXjhhu8Y
矢野秀武先生、やはり、面白い。PDF「恨みの嗚咽から祝福の舞へ : タイの精霊信仰にみられる加害者としての死と罪業断ちの儀礼」死生学研究. 第1号 https://t.co/p64vvjnyN9
もうすぐ『国家と上座仏教 ― タイの政教関係』(北海道大学出版会)が出る、矢野秀武先生がクリフォード・ギアーツ『ヌガラ : 19世紀バリの劇場国家』(みすず書房)の書評を東京大学宗教学年報に書かれていたんだな。知らなかった。 https://t.co/ph3Zy0GofQ
RT @honnesia: 押川典昭「『インドネシアの紅はこべ』とタン・マラカ : 大衆小説と革命家伝説」、上智アジア学 4, 121-155, 1986-12-26。https://t.co/7ihvcmxebe
Rosalind C. Morrisだと、北タイの精霊崇拝研究に関する民族誌In the Place of Origins: Modernity and its Mediums in Northern Thailand かな。 https://t.co/mB99MqtjL6
津村文彦さんの新しい論文 -「美しくも、きたないイレズミ : タイのサックヤン試論 」年報タイ研究 = The journal of Thai studies (16), 39-60, 2016 はまだPDFは公開されていないのか https://t.co/7wsh5prHzN
このイベントにしても、2月17日藤原潤子さんの発表 「現代ロシアの呪いに関する計量分析 誰が誰をどうやって呪うのか?」にしても田中雅一先生の企画なんだろうか。田中雅一「癒しとイヤラシのポルノグラフィー : 代々木忠監督作品をめぐって」https://t.co/sYQ6j4yB49
RT @sakagan: 面白い! PDF 高山陽子「社会主義リアリズムの系譜 近代中国におけるモニュメントを中心に」 「近年,中国では革命聖地を巡る「紅色旅游」(革命観光)が流行している。」 https://t.co/DFuw9a5Hi4
PDF アジア研究 Vol. 61, No. 4, October 2015 【特集:現代アジアにおけるグローバル化と排他的ナショナリズム】 玉田芳史「タイにおける脱民主化とナショナリズム」 https://t.co/ffavrUxcR9
RT @nekonoizumi: (PDFあり)牧野冬生 プノンペンの成立と他者性-都市生活の背後にある空間構築史 https://t.co/q761A7lBbo メキシコシティの水環境改善への取り組みと住宅地形成 地理的遺産としての高級住宅地と不法占拠地区の分離 https:…
RT @nekonoizumi: (PDFあり)牧野冬生 プノンペンの成立と他者性-都市生活の背後にある空間構築史 https://t.co/q761A7lBbo メキシコシティの水環境改善への取り組みと住宅地形成 地理的遺産としての高級住宅地と不法占拠地区の分離 https:…
RT @nekonoizumi: CiNii Articles 検索 - 牧野冬生 https://t.co/gnBEazjuBx (PDFあり)建築人類学試論--新しい知を生成する場の構築に向けて https://t.co/WbJpjon3m9
北澤直宏、論文 -  "解放"後のベトナムにおける宗教政策 : カオダイ教を通して https://t.co/2Hw96Npzvt
@sakagan 自分は佐藤忠男氏が紹介したベトナム映画のイメージを更新するために、「ベトナム 革命イデオロギーから夢と笑いへ : B級映画都市サイゴンの復活」を書いて、サイゴンのB級映画を強調したが、紹介者の好みが色濃く出るよな。 https://t.co/eQyoZg7CCF
@ahmadhito 国民映画(National cinema)だと、そうなりますね。現代ベトナムは「サイゴン新世代がつくる「英雄」たち」で書きましたが、タイだと『白象王』、21世紀に入ると、キング・ナレスワンシリーズでしょうね。 https://t.co/3ZJ2eMP2RM

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1637ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【性同一性】伊藤裕子「青年期女子の性同一性の発達 : 自尊感情, 身体満足度との関連から」教育心理学研究 49巻 4号 (2001) P.458-468 https://t.co/IN42xzSDqd [PDF_J-STAGE]
【LGB/家族】齊藤笑美子「同性愛者と家族〔含 仏文〕」東海法学 27号 P.225-219 (2002) 東海大学出版会 https://t.co/EkuU2TXORy
【ジェンダー/憲法学】齊藤笑美子「ジェンダー平等と改憲構想 : シリーズ憲法(5)」日本の科学者 43巻10号 P.554-559 (2008-10) 日本科学者会議 https://t.co/KRq48UMDCl
【LGB】齊藤笑美子「親子関係の法と性差 : フランスにおける同性カップルの親子関係へのアクセスをめぐって」ジェンダ-研究 11号 P.121-142 (2008-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/LuUC2rHU9W
【同性パートナー/憲法学】齊藤笑美子「家族と憲法 : 同性カップルの法的承認の意味」憲法問題 21号 P.108-118 (2010) 三省堂 https://t.co/8o0ohH25qI
【同性婚/仏/人権】齊藤笑美子「性的指向と人権 : フランスにおける同性間婚姻論議」一橋法学 5巻2号 P.555-594 (2006-07-10) 一橋大学https://t.co/5i6gRzNIOr [PDFリポジトリ]
【LG/法学/判例】齊藤笑美子「同性愛者による養子縁組 : E.B.対フランス事件」国際人権 20号 P.117-119 (2009) 国際人権法学会 https://t.co/Ve0CKwz1nS
【フェミニズム/ポストモダン】藤森かよこ「多文化主義とポストモダニズムの90年代におけるフェミニズム表現って?」国際文化論集 15巻 P.91-117 (1997-02-20) 桃山学院大学 https://t.co/Y3LxIv0bSP [PDF]
【G/臨床心理学】住沢佳子「ゲイという性的マイノリティへのカウンセリング」カウンセリング研究 40巻4号 P.295-305 (2007-12) 日本カウンセリング学会 https://t.co/xAZLma7rzY
【LGBT/臨床心理学】石丸径一郎「性的マイノリティとトラウマ」トラウマティック・ストレス 6巻2号 P.129-136 (2008) 日本トラウマティック・ストレス学会 https://t.co/ogfichRh4j
【LGBT】遠矢和希「誰がARTを利用できるか : 性的マイノリティにおける家族の形の多様化の可能性」生命倫理 19巻1号 P.71-78 (2009-09-22) 日本生命倫理学会 https://t.co/J5CQEBobhU [PDF有料]
【LGBT/法学/権利】二宮周平「性的少数者の権利保障と法の役割」法社会学 77号 P.88-106 (2012) 有斐閣 https://t.co/V6Be2cVD1w
【LGB/同性婚】齊藤笑美子「性的指向と人権 : フランスにおける同性間婚姻論議」一橋法学 5巻2号 P.555-594 (2006-07-10) 一橋大学 https://t.co/5i6gRzNIOr [PDFリポジトリ]
【GID/LGBT】松本洋輔「2) 性同一性障害とは : セクシャルマイノリティーの基礎知識」日本産科婦人科學會雜誌 64巻9号 P.220-224 (2012-09-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/6tJc4wzzkB [PDF定額]
【LGB/ホモフォビア/表現の自由/法学】谷口洋幸「同性愛嫌悪と表現の自由 : Vejdeland対スウェーデン事件」国際人権 : 国際人権法学会報 23号 P.131-133 (2012) 国際人権法学会 https://t.co/FRgTtgh9XD
RT @etsumutsumi: 自分のためのメモ: ディーター・イェーニッヒ 著、神林恒道 訳 『芸術は世界といかに関わるか― シェリング、ニーチェ、カントの 美学から』(三元社、2018 年) 田中 均 https://t.co/G7L5verElQ
【ジェンダー法】建石真公子ほか「ジェンダーと法」法律時報 84巻13号 P.333-340 (2012-12) 日本評論社 https://t.co/tPjeFwo8pn
RT @nov_saturday: ちなみにヤングの言う過剰包摂(原語は過食症を表すbulimia)と福祉については、加納恵子「排除型社会と過剰包摂 : 寄り添い型支援事業の地域福祉的意味」が参考になると思います。副題があざといしょ?w ヤング、堅田香緒里、島和博を引用しつつ批…
【TG/GID/法学】谷口洋幸「子ども・教育と裁判 判例研究 未成年の子をもつ性同一性障害者の名の変更」季刊教育法 172号 P.88-93 (2012-03) エイデル研究所 https://t.co/o1dTHpjJhp
【LGBT/人権/法学】谷口洋幸「法,人権,セクシュアリティのはざまで : 性的マイノリティの法的諸問題」Law and practice 1号 P.159-186 (2007-03) 早稲田大学大学院法務研究科臨床法学研究会 https://t.co/41065gMu11
【LGBT】谷口洋幸「セクシュアル・マイノリティと社会 : 谷口洋幸氏にその実情を聞く」第三文明 584号 P.24-26 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/3OV2BNypiZ
RT @nov_saturday: ちなみにヤングの言う過剰包摂(原語は過食症を表すbulimia)と福祉については、加納恵子「排除型社会と過剰包摂 : 寄り添い型支援事業の地域福祉的意味」が参考になると思います。副題があざといしょ?w ヤング、堅田香緒里、島和博を引用しつつ批…
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 P.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
RT @purple_1geo: 地理学者によるモーリシャス研究というと寺谷亮司先生(愛媛大)の研究が具体例として挙げられるのかな? オンライン・フリーで閲覧できる論文を1つ。 寺谷亮司 2009. ポートルイスとカトルボルヌ -アフリカの小さな島国の首都と商業都市-. 都市…
【LGB】谷口洋幸「同性同士の〈結婚〉 「同等だが差異ある制度」の検討」女たちの21世紀 37号 P.19-21 (2004-02) アジア女性資料センター https://t.co/1DThs8SoZp
【TS/TG/GID】谷口洋幸「判例紹介 トランスセクシュアルの性別訂正と婚姻 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン対イギリス判決」国際人権 14号 P.107-109 (2003) 国際人権法学会 https://t.co/Y74jY9YnTx
【LGBT/国際法/人権】谷口洋幸「国際法における性的指向・性別自認と人権」法學新報 116巻3/号 P.523-548 (2009-09) 中央大学 https://t.co/qqZKEbAYT2
【TG/GID】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本性研究会議会報 16巻1号 P.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害者の性別訂正と国際人権法 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン判決の意味するもの」中央大学社会科学研究所年報 7号 P.181-199 (2002) 中央大学出版部 https://t.co/6qx2tVs9p5
【LGB】谷口洋幸「ヨーロッパ人権条約における同性愛」中央大学大学院研究年報 30号 P.53-65 (2000) 中央大学大学院研究年報編集委員会 https://t.co/KZMlVcmc8P
【G】渡辺大輔ほか「《座談会》ゲイの若者が語り合う、これまでとこれから (特集 若者と性 : 語る、求める、動く)」セクシュアリティ 49号 P.88-99 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/MP8y8JqY0E
【LGBT】渡辺大輔「多様な性の人権を考えるSETA : 海外情報 フィンランドレポート(1)」セクシュアリティ 53号 P.138-141 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/at3xd94Ni7
【LGBT】渡辺大輔「若者との共同プロジェクトを進めるHIV財団/HIVセンター : 海外情報 フィンランドレポート(2)」Sexuality 54号 P.126-129 (2012-01) エイデル研究所 https://t.co/XdQp5WQMIJ
【LGBT】渡辺大輔「若者が自由に利用できるユースセンター"Happi" : 海外情報 フィンランドレポート(3)」Sexuality 56号 P.146-149 (2012-04) エイデル研究所 https://t.co/ah7d6LBXtt
【LGBT】渡辺大輔「首都ヘルシンキのセクシャルマイノリティ支援グループ"HeSETA" : 海外情報 フィンランドレポート(4・最終回)」Sexuality 57号 P.134-137 (2012-07) エイデル研究所 https://t.co/NN0RLgwwSO
【セクシュアリティ】渡辺大輔「多様なセクシュアリティ (性教育実践2008)」セクシュアリティ 35号 P.118-125 (2008-04) エイデル研究所 https://t.co/zqi9Bw2Hwa
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアル・マイノリティ (特集 性と生のデータ集(2))」セクシュアリティ 42号 P.34-37 (2009-07) エイデル研究所 https://t.co/OPMST9dbUY
【TG/人権】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【LGBT】魚橋慶子「性の多様性に対応する人権教育についての考察 : 大学教育への提案」東北学院大学教育研究所報告集 9巻 P.49-62 (2009-03) 東北学院大学教育研究所 https://t.co/GTtbElzFVu
【LGBT】魚橋慶子「部位別の性別存在を意識した人権教育」大阪府立工業高等専門学校研究紀要 38巻 P.43-52 (2004-07) 大阪府立工業高等専門学校 https://t.co/nEFXRasUTT
【LGBT/人権】平野広朗「人権 セクシュアル・マイノリティの現在 : 性のありようを問い直す」部落解放 544号 P.212-223 (2005) 解放出版社 https://t.co/FaXch0XAtQ
【LGB】藤井宏明「福祉系学生とその保護者に対する同性愛の受容に関する意識調査」日本性科学会雑誌 23巻1号 P.30-36 (2005-07-31) 日本性科学会 https://t.co/sHn1cTXrHk
【セクシュアリティ/LGBT】伊藤 悟「セクシュアリティを疑え!(2) インターネットから「希望」を発信し続ける」週刊金曜日 7巻32号 P.52-55 (1999-08-27) 金曜日 https://t.co/bEHmLyg4nQ
【LGBT】高取昌二「等身大の自己を取り戻す : セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの設立とそのめざすもの」部落解放 501号 P.50-57 (2002-05) 解放出版社 https://t.co/c0UmJkwRSv
【LGBT】アレキサンダー・ロニー「セクシュアル・マイノリティと戦争 : 「九・一一」をきっかけに考えたこと (特集 九・一一と知識人 : 女性国際戦犯法廷とは何か)」情況 第三期 3巻7号 P.182-193 (2002) 情況出版 https://t.co/dvCWUDppNP
【LGBT】宮崎留美子「セクシュアルマイノリティと人権」社会主義 477号 P.67-74 (2002-09) 社会主義協会 https://t.co/L23CDQC1RQ
【LGBT総合】小橋模子「セクシュアル・マイノリティへのサポートがあっても、自らのセクシュアリティを生きることが難しい女たち」女性学年報 24号 P.127-131 (2003) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/RpNjGhAhtx
【TG/GID】松村比奈子「戸籍の性別変更と自己決定権 : 人権としての自己決定権は何を保障すべきか」社会理論研究 10号 P.198-201 (2009-11) 千書房 https://t.co/R7y51skOYc
【GID/TG/LGBT】松村比奈子「セクシュアル・マイノリティと社会空間の変容 : 性同一性障害をかかえる人々の社会運動の実践と社会の対応」神奈川大学評論 46号 P.67-83 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/RxMb1rrqoM
【同性婚】石坂わたる「同性とのパートナーシップにおける法制度上の障害と社会的あるいは心理的な壁 : セクシュアルマイノリティ リレートーク 虹の架け橋(12)」セクシュアリティ 46号 P.92-95 (2010) エイデル研究所 https://t.co/jjHOTYXVTY
【LGBT】石坂わたる「マイノリティに過剰適応を求める現代社会 : セクシュアルマイノリティーもセクシュアルマジョリティも生きやすい社会へ」女も男も 110号 P.42-46 (2007) 労働教育センター https://t.co/vT4gI87Mt6
【LGBT】都築正実ほか「理論編 セクシュアルマイノリティからのビギナー講座」セクシュアリティ 30号 P.148-155 (2007-04) エイデル研究所 https://t.co/DUYgxrDMk4
【LGBT】加藤 慶「LGBT学生支援のアクションリサーチ (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.93-101 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/spbw6YZfWI
【LGBT】土肥いつき「「ありのままのわたしを生きる」ために (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.119-128 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/xVQy3LW4hC
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(第15回) : セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
【LGBT】谷口洋幸「セクシュアル・マイノリティと社会 : 谷口洋幸氏にその実情を聞く」第三文明 584号 P.24-26 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/3OV2BNypiZ
【LGBT】「セクシュアル・マイノリティと社会」第三文明 584号 P.24-29 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/XsBKvdwrT3
【Queer/LGBT】三須祐介「台湾におけるクィア/酷児と文学 : 台湾セクシュアル・マイノリティ文学シリーズ」野草 84号 P.69-81 (2009-08) 中国文芸研究会 https://t.co/hvU0LWe3EM
【LGBT】「分科会 性別規範が暴力になる時 : セクシュアル・マイノリティの立場から」フェミニストカウンセリング研究 9巻 P.117-121 (2010) 日本フェミニストカウンセリング学会 https://t.co/TEFTy4kV3b
【LGB】渡辺大輔「同性愛の若者とインターネット : 孤立からの脱却と広がる仲間づくり」人間と教育 28号 P.144-153 (2000) 旬報社 https://t.co/sXQLwvG9l2

6 5 5 0 OA 整法百技詳解

RT @nisidadaisaku: 現在の柔道整復のノウハウは西洋医学の解剖学 生理学 病理学 衛生学が基本となっていて 古流柔術家の柔道整復ノウハウはあくまで知識としてしか学校とかでは教えていないと了徳寺学園医療専門学校の先生が月刊秘伝でも証言してましたね https:/…
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第15回)セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
【LGBT】渡辺大輔「性的少数者にとっての仲間との出会い (特集 「生きづらい」若者たちを支える)」教育 60巻12号 P.61-67 (2010-12) 国土社 https://t.co/xbEBRVZWy7
【LGBT】渡辺大輔ほか「人権教育の現代的課題としてのセクシュアル・マイノリティ : 「同性愛者と語る会」公開研究会の視点(1)」岐阜大学教育学部研究報告. 教育実践研究 5巻 P.141-161 (2003-03) 岐阜大学 https://t.co/oA5CMCAkeb
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアルマイノリティと暴力」セクシュアリティ 44号 P.32-35 (2010-01) エイデル研究所 https://t.co/rFlVc0jL3z
【LGBT】石川大我「「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」を終えて」セクシュアリティ 47号 P.86-91 (2010-07) エイデル研究所 https://t.co/OWSqvspB2z
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 震災報道における地理学の視点 (山口 勝),2005 https://t.co/Mvngc4aQbx 1.はじめに新潟県中越地震直後の震災番組(2日後のクローズアップ現代と1週間後のN…
【LGBT】遠山日出也「中国におけるセクシュアル・マイノリティをめぐる政策と運動」近きに在りて 58号 P.120-129 (2010-11) 野沢豊 https://t.co/KXSzydWPwX
ヘッドフォンでアレルギー症状でるのやはりありうるよなあ。 https://t.co/HQgaiK3N2R
1819年サイゴンに訪れた米海軍中尉John Whiteは阮朝の西洋式造船技術を目の当たりにし「こ うした良い船を造船できるだけの才能を持つ優秀な人材があるのだから、海に出る能力に優れた民族に違いない」とベトナムを評した。阮朝期ベトナム(1802~1883年段階)の造船業と船舶https://t.co/BMNEZeCONQ
【LGBT/人権】谷口洋幸「セクシュアルマイノリティの人権に関する国連決議」セクシュアリティ 53号 P.68-73 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/ppq75ZzCIh
【LGBT】阪野桂子「セクシュアル・マイノリティ研究における感情の記憶 : シンポジウム「資料から問い直す地域研究のあり方」に参加して」アジア社会文化研究 13号 P.87-89 ('12) アジア社会文化研究会 https://t.co/7u0AjAWQNV [PDFリポジトリ]
【TG/GID】杉山文野「「僕」の体は女だった」本 31巻2号 P.59-61 (2006-02) 講談社 https://t.co/vQQfTjfDRg
【LGBT】杉山文野ほか「ラウンドテーブル スポーツにおける性の多様性とその未来 : 学校教育とセクシュアル・マイノリティ」スポーツとジェンダー研究 10巻 P.45-48 (2012-03-20) 日本スポーツとジェンダー研究会 https://t.co/jyAZKEneTU
【LGBT】土肥いつき「セクシュアルマイノリティの人権 : 「ありのままのわたしを生きる」ために」部落解放 672号(増刊) P.230-243 (2013-01) 解放出版社 https://t.co/xNGqlx0JDj
【LGBT/図書館学】吉仲 崇「セクシュアルマイノリティと図書館の交差点 : SHIPにじいろキャビンの取り組みから」現代の図書館 50巻3号 P.183-191 (2012-09) 日本図書館協会 https://t.co/ro9A9qnXOi
【LGB】葛西真記子ほか「LGB Sensitiveカウンセラー養成プログラムの実践」心理臨床学研究 29巻3号 P.257-268 (2011-08) 日本心理臨床学会 https://t.co/HDQi187r5x
【G】プロジェクトG編『オトコノコのためのボーイフレンド : ゲイ・ハンドブック』少年社 (発売:雪渓書房)(1986.3) https://t.co/1yeTRqXZcS https://t.co/kqU9IONlvL
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。頼朝イメージ変遷の一。 林 茉奈「絵入り版本『曽我物語』考 : 挿絵に描かれる頼朝と曽我兄弟を中心に」 語文論叢 (35), 13-32, 2020-07-10 https://t.co/XIINtxbk…
【被害者学/性暴力/フェミニズム】手嶋昭子「カナダにおける性暴力被害者支援」論集 55巻1号 P.77-88 (2008-06) 神戸女学院大学 https://t.co/zR4fjadA9F [PDF]
RT @Naga_Kyoto: 大城直樹・丹羽弘一・荒山正彦・長尾謙吉「1980年代後半の人文地理学にみられるいくつかの傾向―イギリスの最近の教科書から―」地理科学 48, 1993, 91-103 https://t.co/QokkNCOKVa
【性的自己決定】田原歩美「性的自己決定と性経験の関連性について」福山大学こころの健康相談室紀要 4号 P.59-66 (2010) 福山大学 https://t.co/jVqnOC0ex6 [PDFリポジトリ]
【ジェンダー/フェミニズム/G】牟田和恵「家族の近現代 : 生と性のポリティクスとジェンダー」社會科學研究 57巻3/4号 P.97-116 (2006-03-28) 東京大学 https://t.co/Ol3k1527d4 [PDF]
RT @itsukoh0702: 牡蠣の季節になりました。最近は二枚貝が原因のノロウイルス食中毒も減ってきました。で、みなさんどのくらい1回かたり食べます?って、なかったんですよね。報告が。ということでアンケート結果を論文にまとめました。 https://t.co/v49NC…
【総合】チャウ・エスター・アンリン「人種/エスニシティ、階級、およびジェンダー : アメリカにおける理論と研究の発展」ジェンダ-研究 3号,20号 P.67-81 (2000-03) お茶の水女子大学ジェンダー研究センター https://t.co/2hRlcvVHe4 [PDFリポジトリ]
【BL/やおい】岡部大介「腐女子のアイデンティティ・ゲーム : アイデンティティの可視/不可視をめぐって」認知科学 15巻4号 P.671-681 (2008-12-01) 日本認知科学会 https://t.co/BzkMsjaAvY [PDF_J-STAGE]
【L】有田啓子「Lesbian-motherの子育ては健全か : 発達心理学分野の実証研究とそれをめぐる議論」Core ethics 2巻 P.209-223 (2006) 立命館大学 https://t.co/dnQhTAZ4Mq [PDFリポジトリ]
【LGB】清水雄大「同性婚反対論への反駁の試み : 「戦略的同性婚要求」の立場から」Gender and sexuality ICU 03巻 P.95-120 (2008-03-31) 国際基督教大学 https://t.co/YTncsXu9Lq [PDF]
【性教育】小川好美ほか「性教育における日独比較検討」大阪教育大学紀要 IV 教育科学 55巻1号 P.1-20 (2006-09-29) 大阪教育大学 https://t.co/pCz5Ut3loc [PDF]

フォロワー(2253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

【性同一性】伊藤裕子「青年期女子の性同一性の発達 : 自尊感情, 身体満足度との関連から」教育心理学研究 49巻 4号 (2001) P.458-468 https://t.co/IN42xzSDqd [PDF_J-STAGE]
【LGB/家族】齊藤笑美子「同性愛者と家族〔含 仏文〕」東海法学 27号 P.225-219 (2002) 東海大学出版会 https://t.co/EkuU2TXORy
【ジェンダー/憲法学】齊藤笑美子「ジェンダー平等と改憲構想 : シリーズ憲法(5)」日本の科学者 43巻10号 P.554-559 (2008-10) 日本科学者会議 https://t.co/KRq48UMDCl
【LGB】齊藤笑美子「親子関係の法と性差 : フランスにおける同性カップルの親子関係へのアクセスをめぐって」ジェンダ-研究 11号 P.121-142 (2008-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/LuUC2rHU9W
【同性パートナー/憲法学】齊藤笑美子「家族と憲法 : 同性カップルの法的承認の意味」憲法問題 21号 P.108-118 (2010) 三省堂 https://t.co/8o0ohH25qI
【同性婚/仏/人権】齊藤笑美子「性的指向と人権 : フランスにおける同性間婚姻論議」一橋法学 5巻2号 P.555-594 (2006-07-10) 一橋大学https://t.co/5i6gRzNIOr [PDFリポジトリ]
【LG/法学/判例】齊藤笑美子「同性愛者による養子縁組 : E.B.対フランス事件」国際人権 20号 P.117-119 (2009) 国際人権法学会 https://t.co/Ve0CKwz1nS
【フェミニズム/ポストモダン】藤森かよこ「多文化主義とポストモダニズムの90年代におけるフェミニズム表現って?」国際文化論集 15巻 P.91-117 (1997-02-20) 桃山学院大学 https://t.co/Y3LxIv0bSP [PDF]
【G/臨床心理学】住沢佳子「ゲイという性的マイノリティへのカウンセリング」カウンセリング研究 40巻4号 P.295-305 (2007-12) 日本カウンセリング学会 https://t.co/xAZLma7rzY
【LGBT/臨床心理学】石丸径一郎「性的マイノリティとトラウマ」トラウマティック・ストレス 6巻2号 P.129-136 (2008) 日本トラウマティック・ストレス学会 https://t.co/ogfichRh4j
【LGBT】遠矢和希「誰がARTを利用できるか : 性的マイノリティにおける家族の形の多様化の可能性」生命倫理 19巻1号 P.71-78 (2009-09-22) 日本生命倫理学会 https://t.co/J5CQEBobhU [PDF有料]
【LGBT/法学/権利】二宮周平「性的少数者の権利保障と法の役割」法社会学 77号 P.88-106 (2012) 有斐閣 https://t.co/V6Be2cVD1w
【LGB/同性婚】齊藤笑美子「性的指向と人権 : フランスにおける同性間婚姻論議」一橋法学 5巻2号 P.555-594 (2006-07-10) 一橋大学 https://t.co/5i6gRzNIOr [PDFリポジトリ]
【GID/LGBT】松本洋輔「2) 性同一性障害とは : セクシャルマイノリティーの基礎知識」日本産科婦人科學會雜誌 64巻9号 P.220-224 (2012-09-01) 社団法人日本産科婦人科学会 https://t.co/6tJc4wzzkB [PDF定額]
【LGB/ホモフォビア/表現の自由/法学】谷口洋幸「同性愛嫌悪と表現の自由 : Vejdeland対スウェーデン事件」国際人権 : 国際人権法学会報 23号 P.131-133 (2012) 国際人権法学会 https://t.co/FRgTtgh9XD
RT @etsumutsumi: 自分のためのメモ: ディーター・イェーニッヒ 著、神林恒道 訳 『芸術は世界といかに関わるか― シェリング、ニーチェ、カントの 美学から』(三元社、2018 年) 田中 均 https://t.co/G7L5verElQ
【ジェンダー法】建石真公子ほか「ジェンダーと法」法律時報 84巻13号 P.333-340 (2012-12) 日本評論社 https://t.co/tPjeFwo8pn
RT @nov_saturday: ちなみにヤングの言う過剰包摂(原語は過食症を表すbulimia)と福祉については、加納恵子「排除型社会と過剰包摂 : 寄り添い型支援事業の地域福祉的意味」が参考になると思います。副題があざといしょ?w ヤング、堅田香緒里、島和博を引用しつつ批…
【TG/GID/法学】谷口洋幸「子ども・教育と裁判 判例研究 未成年の子をもつ性同一性障害者の名の変更」季刊教育法 172号 P.88-93 (2012-03) エイデル研究所 https://t.co/o1dTHpjJhp
【LGBT/人権/法学】谷口洋幸「法,人権,セクシュアリティのはざまで : 性的マイノリティの法的諸問題」Law and practice 1号 P.159-186 (2007-03) 早稲田大学大学院法務研究科臨床法学研究会 https://t.co/41065gMu11
【LGBT】谷口洋幸「セクシュアル・マイノリティと社会 : 谷口洋幸氏にその実情を聞く」第三文明 584号 P.24-26 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/3OV2BNypiZ
RT @nov_saturday: ちなみにヤングの言う過剰包摂(原語は過食症を表すbulimia)と福祉については、加納恵子「排除型社会と過剰包摂 : 寄り添い型支援事業の地域福祉的意味」が参考になると思います。副題があざといしょ?w ヤング、堅田香緒里、島和博を引用しつつ批…
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害に関する国際人権判例の研究」ジェンダー研究 7号 P.93-114 (2004-12) 東海ジェンダー研究所 https://t.co/fTDQZw5Xfo
RT @purple_1geo: 地理学者によるモーリシャス研究というと寺谷亮司先生(愛媛大)の研究が具体例として挙げられるのかな? オンライン・フリーで閲覧できる論文を1つ。 寺谷亮司 2009. ポートルイスとカトルボルヌ -アフリカの小さな島国の首都と商業都市-. 都市…
【LGB】谷口洋幸「同性同士の〈結婚〉 「同等だが差異ある制度」の検討」女たちの21世紀 37号 P.19-21 (2004-02) アジア女性資料センター https://t.co/1DThs8SoZp
【TS/TG/GID】谷口洋幸「判例紹介 トランスセクシュアルの性別訂正と婚姻 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン対イギリス判決」国際人権 14号 P.107-109 (2003) 国際人権法学会 https://t.co/Y74jY9YnTx
【LGBT/国際法/人権】谷口洋幸「国際法における性的指向・性別自認と人権」法學新報 116巻3/号 P.523-548 (2009-09) 中央大学 https://t.co/qqZKEbAYT2
【TG/GID】谷口洋幸「国際人権法にもとづく性同一性障害者の人権保障 : ヨーロッパ人権裁判所の判例を契機として」日本性研究会議会報 16巻1号 P.13-21 (2004-11) 日本性教育協会 https://t.co/SGXir9ibxe
【TG/GID】谷口洋幸「性同一性障害者の性別訂正と国際人権法 : ヨーロッパ人権裁判所グッドウィン判決の意味するもの」中央大学社会科学研究所年報 7号 P.181-199 (2002) 中央大学出版部 https://t.co/6qx2tVs9p5
【LGB】谷口洋幸「ヨーロッパ人権条約における同性愛」中央大学大学院研究年報 30号 P.53-65 (2000) 中央大学大学院研究年報編集委員会 https://t.co/KZMlVcmc8P
【G】渡辺大輔ほか「《座談会》ゲイの若者が語り合う、これまでとこれから (特集 若者と性 : 語る、求める、動く)」セクシュアリティ 49号 P.88-99 (2011-01) エイデル研究所 https://t.co/MP8y8JqY0E
【LGBT】渡辺大輔「多様な性の人権を考えるSETA : 海外情報 フィンランドレポート(1)」セクシュアリティ 53号 P.138-141 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/at3xd94Ni7
【LGBT】渡辺大輔「若者との共同プロジェクトを進めるHIV財団/HIVセンター : 海外情報 フィンランドレポート(2)」Sexuality 54号 P.126-129 (2012-01) エイデル研究所 https://t.co/XdQp5WQMIJ
【LGBT】渡辺大輔「若者が自由に利用できるユースセンター"Happi" : 海外情報 フィンランドレポート(3)」Sexuality 56号 P.146-149 (2012-04) エイデル研究所 https://t.co/ah7d6LBXtt
【LGBT】渡辺大輔「首都ヘルシンキのセクシャルマイノリティ支援グループ"HeSETA" : 海外情報 フィンランドレポート(4・最終回)」Sexuality 57号 P.134-137 (2012-07) エイデル研究所 https://t.co/NN0RLgwwSO
【セクシュアリティ】渡辺大輔「多様なセクシュアリティ (性教育実践2008)」セクシュアリティ 35号 P.118-125 (2008-04) エイデル研究所 https://t.co/zqi9Bw2Hwa
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアル・マイノリティ (特集 性と生のデータ集(2))」セクシュアリティ 42号 P.34-37 (2009-07) エイデル研究所 https://t.co/OPMST9dbUY
【TG/人権】土肥いつき「人権 セクシュアルマイノリティーの人権 : 不完全フルタイムトランスジェンダーとして」部落解放 528号 P.241-250 (2004) 解放出版社 https://t.co/BFgSrUs00M
【LGBT】魚橋慶子「性の多様性に対応する人権教育についての考察 : 大学教育への提案」東北学院大学教育研究所報告集 9巻 P.49-62 (2009-03) 東北学院大学教育研究所 https://t.co/GTtbElzFVu
【LGBT】魚橋慶子「部位別の性別存在を意識した人権教育」大阪府立工業高等専門学校研究紀要 38巻 P.43-52 (2004-07) 大阪府立工業高等専門学校 https://t.co/nEFXRasUTT
【LGBT/人権】平野広朗「人権 セクシュアル・マイノリティの現在 : 性のありようを問い直す」部落解放 544号 P.212-223 (2005) 解放出版社 https://t.co/FaXch0XAtQ
【LGB】藤井宏明「福祉系学生とその保護者に対する同性愛の受容に関する意識調査」日本性科学会雑誌 23巻1号 P.30-36 (2005-07-31) 日本性科学会 https://t.co/sHn1cTXrHk
【セクシュアリティ/LGBT】伊藤 悟「セクシュアリティを疑え!(2) インターネットから「希望」を発信し続ける」週刊金曜日 7巻32号 P.52-55 (1999-08-27) 金曜日 https://t.co/bEHmLyg4nQ
【LGBT】高取昌二「等身大の自己を取り戻す : セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの設立とそのめざすもの」部落解放 501号 P.50-57 (2002-05) 解放出版社 https://t.co/c0UmJkwRSv
【LGBT】アレキサンダー・ロニー「セクシュアル・マイノリティと戦争 : 「九・一一」をきっかけに考えたこと (特集 九・一一と知識人 : 女性国際戦犯法廷とは何か)」情況 第三期 3巻7号 P.182-193 (2002) 情況出版 https://t.co/dvCWUDppNP
【LGBT】宮崎留美子「セクシュアルマイノリティと人権」社会主義 477号 P.67-74 (2002-09) 社会主義協会 https://t.co/L23CDQC1RQ
【LGBT総合】小橋模子「セクシュアル・マイノリティへのサポートがあっても、自らのセクシュアリティを生きることが難しい女たち」女性学年報 24号 P.127-131 (2003) 日本女性学研究会「女性学年報」編集委員会 https://t.co/RpNjGhAhtx
【TG/GID】松村比奈子「戸籍の性別変更と自己決定権 : 人権としての自己決定権は何を保障すべきか」社会理論研究 10号 P.198-201 (2009-11) 千書房 https://t.co/R7y51skOYc
【GID/TG/LGBT】松村比奈子「セクシュアル・マイノリティと社会空間の変容 : 性同一性障害をかかえる人々の社会運動の実践と社会の対応」神奈川大学評論 46号 P.67-83 (2003) 神奈川大学広報委員会 https://t.co/RxMb1rrqoM
【同性婚】石坂わたる「同性とのパートナーシップにおける法制度上の障害と社会的あるいは心理的な壁 : セクシュアルマイノリティ リレートーク 虹の架け橋(12)」セクシュアリティ 46号 P.92-95 (2010) エイデル研究所 https://t.co/jjHOTYXVTY
【LGBT】石坂わたる「マイノリティに過剰適応を求める現代社会 : セクシュアルマイノリティーもセクシュアルマジョリティも生きやすい社会へ」女も男も 110号 P.42-46 (2007) 労働教育センター https://t.co/vT4gI87Mt6
【LGBT】都築正実ほか「理論編 セクシュアルマイノリティからのビギナー講座」セクシュアリティ 30号 P.148-155 (2007-04) エイデル研究所 https://t.co/DUYgxrDMk4
【LGBT】加藤 慶「LGBT学生支援のアクションリサーチ (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.93-101 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/spbw6YZfWI
【LGBT】土肥いつき「「ありのままのわたしを生きる」ために (小特集 「隠す」ことと「語る」ことと : セクシュアル・マイノリティの立場から)」解放社会学研究 22号 P.119-128 (2008) 日本解放社会学会 https://t.co/xVQy3LW4hC
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(第15回) : セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
RT @miraisyakai: 多変量正規母集団からの不完全標本による母数関数推定 https://t.co/nqiuyOG1iT 「共通関数係数の最犬推定および制限付き最犬推定について扱い」 イヌ……だと……?
【LGBT】谷口洋幸「セクシュアル・マイノリティと社会 : 谷口洋幸氏にその実情を聞く」第三文明 584号 P.24-26 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/3OV2BNypiZ
【LGBT】「セクシュアル・マイノリティと社会」第三文明 584号 P.24-29 (2008-08) 第三文明社 https://t.co/XsBKvdwrT3
【Queer/LGBT】三須祐介「台湾におけるクィア/酷児と文学 : 台湾セクシュアル・マイノリティ文学シリーズ」野草 84号 P.69-81 (2009-08) 中国文芸研究会 https://t.co/hvU0LWe3EM
【LGBT】「分科会 性別規範が暴力になる時 : セクシュアル・マイノリティの立場から」フェミニストカウンセリング研究 9巻 P.117-121 (2010) 日本フェミニストカウンセリング学会 https://t.co/TEFTy4kV3b
【LGB】渡辺大輔「同性愛の若者とインターネット : 孤立からの脱却と広がる仲間づくり」人間と教育 28号 P.144-153 (2000) 旬報社 https://t.co/sXQLwvG9l2

6 5 5 0 OA 整法百技詳解

RT @nisidadaisaku: 現在の柔道整復のノウハウは西洋医学の解剖学 生理学 病理学 衛生学が基本となっていて 古流柔術家の柔道整復ノウハウはあくまで知識としてしか学校とかでは教えていないと了徳寺学園医療専門学校の先生が月刊秘伝でも証言してましたね https:/…
【LGBT】渡辺大輔「ジェンダーで考える教育の現在(いま)(第15回)セクシュアル・マイノリティと学校」ヒューマンライツ 240号 P.36-41 (2008-03) 部落解放・人権研究所 https://t.co/vXsfwwRpPg
【LGBT】渡辺大輔「性的少数者にとっての仲間との出会い (特集 「生きづらい」若者たちを支える)」教育 60巻12号 P.61-67 (2010-12) 国土社 https://t.co/xbEBRVZWy7
【LGBT】渡辺大輔ほか「人権教育の現代的課題としてのセクシュアル・マイノリティ : 「同性愛者と語る会」公開研究会の視点(1)」岐阜大学教育学部研究報告. 教育実践研究 5巻 P.141-161 (2003-03) 岐阜大学 https://t.co/oA5CMCAkeb
【LGBT】渡辺大輔「セクシュアルマイノリティと暴力」セクシュアリティ 44号 P.32-35 (2010-01) エイデル研究所 https://t.co/rFlVc0jL3z
【LGBT】石川大我「「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」を終えて」セクシュアリティ 47号 P.86-91 (2010-07) エイデル研究所 https://t.co/OWSqvspB2z
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 震災報道における地理学の視点 (山口 勝),2005 https://t.co/Mvngc4aQbx 1.はじめに新潟県中越地震直後の震災番組(2日後のクローズアップ現代と1週間後のN…
【LGBT】遠山日出也「中国におけるセクシュアル・マイノリティをめぐる政策と運動」近きに在りて 58号 P.120-129 (2010-11) 野沢豊 https://t.co/KXSzydWPwX
RT @t_wak: @niwaka_toshiro もうお読みかもしれませんが。 ~J-STAGE Articles - 空襲で焼け出された者の記憶 : ある「拓北農兵隊」の戦時と戦後をめぐって https://t.co/nsxZLvB3hm
ヘッドフォンでアレルギー症状でるのやはりありうるよなあ。 https://t.co/HQgaiK3N2R
1819年サイゴンに訪れた米海軍中尉John Whiteは阮朝の西洋式造船技術を目の当たりにし「こ うした良い船を造船できるだけの才能を持つ優秀な人材があるのだから、海に出る能力に優れた民族に違いない」とベトナムを評した。阮朝期ベトナム(1802~1883年段階)の造船業と船舶https://t.co/BMNEZeCONQ
【LGBT/人権】谷口洋幸「セクシュアルマイノリティの人権に関する国連決議」セクシュアリティ 53号 P.68-73 (2011-10) エイデル研究所 https://t.co/ppq75ZzCIh
【LGBT】阪野桂子「セクシュアル・マイノリティ研究における感情の記憶 : シンポジウム「資料から問い直す地域研究のあり方」に参加して」アジア社会文化研究 13号 P.87-89 ('12) アジア社会文化研究会 https://t.co/7u0AjAWQNV [PDFリポジトリ]
【TG/GID】杉山文野「「僕」の体は女だった」本 31巻2号 P.59-61 (2006-02) 講談社 https://t.co/vQQfTjfDRg
【LGBT】杉山文野ほか「ラウンドテーブル スポーツにおける性の多様性とその未来 : 学校教育とセクシュアル・マイノリティ」スポーツとジェンダー研究 10巻 P.45-48 (2012-03-20) 日本スポーツとジェンダー研究会 https://t.co/jyAZKEneTU
【LGBT】土肥いつき「セクシュアルマイノリティの人権 : 「ありのままのわたしを生きる」ために」部落解放 672号(増刊) P.230-243 (2013-01) 解放出版社 https://t.co/xNGqlx0JDj
【LGBT/図書館学】吉仲 崇「セクシュアルマイノリティと図書館の交差点 : SHIPにじいろキャビンの取り組みから」現代の図書館 50巻3号 P.183-191 (2012-09) 日本図書館協会 https://t.co/ro9A9qnXOi
【LGB】葛西真記子ほか「LGB Sensitiveカウンセラー養成プログラムの実践」心理臨床学研究 29巻3号 P.257-268 (2011-08) 日本心理臨床学会 https://t.co/HDQi187r5x
【G】プロジェクトG編『オトコノコのためのボーイフレンド : ゲイ・ハンドブック』少年社 (発売:雪渓書房)(1986.3) https://t.co/1yeTRqXZcS https://t.co/kqU9IONlvL
【被害者学/性暴力/フェミニズム】手嶋昭子「カナダにおける性暴力被害者支援」論集 55巻1号 P.77-88 (2008-06) 神戸女学院大学 https://t.co/zR4fjadA9F [PDF]
RT @Naga_Kyoto: 大城直樹・丹羽弘一・荒山正彦・長尾謙吉「1980年代後半の人文地理学にみられるいくつかの傾向―イギリスの最近の教科書から―」地理科学 48, 1993, 91-103 https://t.co/QokkNCOKVa
【性的自己決定】田原歩美「性的自己決定と性経験の関連性について」福山大学こころの健康相談室紀要 4号 P.59-66 (2010) 福山大学 https://t.co/jVqnOC0ex6 [PDFリポジトリ]
【ジェンダー/フェミニズム/G】牟田和恵「家族の近現代 : 生と性のポリティクスとジェンダー」社會科學研究 57巻3/4号 P.97-116 (2006-03-28) 東京大学 https://t.co/Ol3k1527d4 [PDF]
RT @itsukoh0702: 牡蠣の季節になりました。最近は二枚貝が原因のノロウイルス食中毒も減ってきました。で、みなさんどのくらい1回かたり食べます?って、なかったんですよね。報告が。ということでアンケート結果を論文にまとめました。 https://t.co/v49NC…
【総合】チャウ・エスター・アンリン「人種/エスニシティ、階級、およびジェンダー : アメリカにおける理論と研究の発展」ジェンダ-研究 3号,20号 P.67-81 (2000-03) お茶の水女子大学ジェンダー研究センター https://t.co/2hRlcvVHe4 [PDFリポジトリ]
【BL/やおい】岡部大介「腐女子のアイデンティティ・ゲーム : アイデンティティの可視/不可視をめぐって」認知科学 15巻4号 P.671-681 (2008-12-01) 日本認知科学会 https://t.co/BzkMsjaAvY [PDF_J-STAGE]
【L】有田啓子「Lesbian-motherの子育ては健全か : 発達心理学分野の実証研究とそれをめぐる議論」Core ethics 2巻 P.209-223 (2006) 立命館大学 https://t.co/dnQhTAZ4Mq [PDFリポジトリ]
【LGB】清水雄大「同性婚反対論への反駁の試み : 「戦略的同性婚要求」の立場から」Gender and sexuality ICU 03巻 P.95-120 (2008-03-31) 国際基督教大学 https://t.co/YTncsXu9Lq [PDF]
【性教育】小川好美ほか「性教育における日独比較検討」大阪教育大学紀要 IV 教育科学 55巻1号 P.1-20 (2006-09-29) 大阪教育大学 https://t.co/pCz5Ut3loc [PDF]