Kiyoshi SATOH (@stealthinu)

投稿一覧(最新100件)

「深層ニューラルネットの積分表現理論」早稲田の園田翔さんの博士論文なのだが頭の2章だけでも最近のディープラーニング動向が簡潔にまとまっててとてもよい。本論ちゃんと読みたい。 / “WEKO - 早稲田大学リポジトリ” https://t.co/Cc6p7XD9iK
RT @k1ito: 最近NNの数学的定式化が一部で流行っているっぽいので昨日リプライで送られてきた論文紹介するけど。これ数学プロパーが深層学習を勉強するときに一番良いPDFではと思えるレベル。よくここまでサーベイできるなと。。。(200ページ以上あるので重い) https:/…
taRgreyについての言及があった。んで2013年時点でtarpittingは0.1%しか効果ないって書いてたんだけどうちはまだ結構来るのにな。何秒掛けてたんだろう。認証時点で切断するの大量に湧いててそれで割合が下がってるだけ? https://t.co/LLWQmToMZj
これもmilter-managerでS25R,SPF,greylistingを使ってgreylistingに引っ掛かる率を減らして誤検出とか遅延を減らしたっていう例。あ、どっちも大分大学か。 / “JAIRO | milter …” https://t.co/tGzq6Q6Kk2
milter-managerでS25RとSPFとgreylist使って誤検出少なくスパム対策したという論文。 / “milter-managerを用いたspam対策メールサーバの設計と運用結果について” https://t.co/tQbmFqoW8C
ネオコグニトロンの1984年の論文 https://t.co/b8xQsj1Qsz をまた読んでるんだけど、やっぱCNNの解説するのにこの資料が一番わかりやすいと改めて思った。CNNの仕組みだけでなくなぜCNNがうまくいくのかが全部もう書いてある。
ネオコグニトロンをPC9801Mで実装してる話。1987年。当時のネオコグニトロンがなぜ複雑で重いネットワークと言われていた理由が実感できる内容。こんだけのネットサイズでも認識に10~30秒も掛かってる。 / “情報学広場:情報…” https://t.co/gY5D1UHa0Y
ネオコグニトロンの解説論文。1984年の福島先生の書かれたもの。実はもうこの時点で教師あり学習使った階層毎のプレトレーニング使ってるのね。 / “CiNii 論文 -  パターン認識とネオコグニトロン” https://t.co/A5l4KtkvMN
JUNETやWIDEの初期の頃の話が読める。k14フォントってそうやって生まれたんだとか。 / “25 Years of WIDE Project : Up to this point and beyond this point…” https://t.co/d9yga6Un4M
@tadito @KojiSaito なんかぐぐっていたら認知科学系で同様の問題認識?があるようでこんなPDFがありました https://t.co/0qlCnSRt9r 『最近あまり哲学者が来てくれなくなった,学会の立ち上げ時期にはけっこう来てくれたのに』とのこと。
『言葉が水の氷結状態と水中元素濃度に及ぼす影響』なんぞこれ??「量子水」のことをググってたらこんなのが… このページに一緒に載ってるまともな研究の人たちはどんな気持ちでこれ読んだのだろう。 / “CiNii 論文 -  23aS…” https://t.co/iRYCrYAlDF
なぜ…?それの良さがさっぱり想像できないんですが。しかし再度とかこのおっさんいい加減反省しろよと。 / “Title 膀胱異物(チューインガム)の1例 Author(s) 重村, 克巳; 結縁, 敬治; 片岡, 頌雄; 岩本, 孝…” http://t.co/USgsvGE5YA

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(612ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
@akibax 方角含めて資料と形もぴったりなのでたぶん合っているかと https://t.co/kIsdzOyEvi
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @kyslog: >ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫 40 万頭、犬 6 万 5 千頭に達すると指摘する動物保護団体もある https://t.co/wHizRlqipe 動物愛護団体推計なので高めの値と見るべきだが、ドイツは日本の殺処分と同水準…
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @Aelivs: 「諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況」国立国会図書館 『ドイツでは狩猟者が合法的に野良犬・猫を殺すことができる。ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが年間猫 40 万頭に達すると指摘する動物保護団体もある』←本当に動物愛護先進国でしょうか?…
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @inage39: 卒業生と共同で行った研究の論文が論文誌に掲載されました!ヤッタネ

フォロワー(980ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
RT @tcv2catnap: どうぞ 「個人化する社会における選択と責任 : 日本における子宮頸がんワクチン事業を事例に」市原攝子 https://t.co/GCIHPWTtCn 「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」市原攝子 https://t.co/YiX7…
@akibax 方角含めて資料と形もぴったりなのでたぶん合っているかと https://t.co/kIsdzOyEvi
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…

1 1 1 0 矯正医学

CiNii 雑誌 - 矯正医学 https://t.co/uQshv4Xlv9 #CiNii
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @kyslog: >ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫 40 万頭、犬 6 万 5 千頭に達すると指摘する動物保護団体もある https://t.co/wHizRlqipe 動物愛護団体推計なので高めの値と見るべきだが、ドイツは日本の殺処分と同水準…
RT @muhedoruri: ”ドイツ全体の駆除頭数を示す公的統計は存在しないが、年間猫40万頭、犬6万5千頭に達すると指摘する動物保護団体もある” https://t.co/4G8UqAggmI 凍りつく前に検索すればすぐなのに、凍りついたりするから… 統計取ってないなら…
RT @inage39: 卒業生と共同で行った研究の論文が論文誌に掲載されました!ヤッタネ