Toru Matsumura (@tokok)

投稿一覧(最新100件)

RT @miakiza20100906: 論文(無料): 東京湾における放射性セシウムの現状解析 https://t.co/0H1UXYo0Jf  2013年、亭島ら。日本語。
2000年10~12月に市場に出回っていたマイタケ3サンプルのCs-137濃度は、乾燥試料で4.67Bq/kg(新潟産)、4.76 Bq/kg(新潟産)、4.78 Bq/kg(群馬産)でした。(出典) 坂内らの論文 https://t.co/ooPX0CxhHP の表1
ちなみに1989~1991年に日本で採取されたマイタケは、乾燥試料(5サンプル平均)でセシウム137が31.8 Bq/kgでした。(出典)こちらの論文の付録44ページにある表→https://t.co/93y1Q02AYF
I-131のデータもありますね。後で読みます。 RT @dr_chasiba: 京都で流通した食品の放射性物質モニタリング結果(1991-2001)https://t.co/XN4IEHHg2S 京都でも100Bq/kg超えの食品が流通していたことが分かる。
この論文→http://t.co/T6DcgzTAcM によれば、焙煎麦から浸出液への放射性セシウムの移行は,浸出時間120分で40%ぐらい。とすると1パックから浸出する放射性セシウムは、それぞれCs-137:0.16 Bq、Cs-134:0.080 Bq (続く)
(メモ)一般食品の基準値である100Bq/kg程度の大麦玄麦を焙煎し,標準的な方法で調製した麦茶の放射性セシウム濃度は1.83Bq/kg程度であり、飲料水の基準値10Bq/kgを下回る。 http://t.co/T6DcgzTAcM
↓ 坂内らの報告( http://t.co/4cMUe1qz )によると、2000年に市場に出回っていた群馬県産の菌床しいたけ2サンプル、それぞれCs-137 0.810 Bq/kg、0.523 Bq/kgだった。 よって、西友の菌床生椎茸のセシウム濃度は事故前の水準と言える。
メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t.co/NAP5Bkqr
RT @mw_mw_mw: ご遺体の灰化調査から人体のカリウム、セシウム、ルビジウムの分布を調査した研究。http://t.co/8ducYa6B 巷に言われるKとCsの分布は等しいとは言えない。(著者はクラブの大先輩) http://t.co/Mw86yFLG
市場に出回っていた原木椎茸のCs-137の減衰、1988年から2000年にかけて半減期9.4年だった。物理的半減期(30年)より短いのは、原木のCs濃度の経時低下によるもの。出典元論文http://t.co/VHNoremg。 さて今後はどう推移するか。
先程の論文(http://t.co/VHNoremg)にある事故以前のCs-137、モロッコ産マツタケ29 Bq/kg、山口県産マツタケ11 Bq/kgと書いてある。以前人気ぶりがニュースになっていた北欧産マツタケ、場所によってはひどいことになっているかもね。。(-_-;)
事故前のキノコ類のCs-137濃度と年間摂取量の一覧→http://t.co/pSpZsPoy と、そのデータ元の論文→http://t.co/VHNoremg。この論文によると事故以前に市場に出回っていた原木椎茸(生)のCs-137は2.02±1.55 Bq/kgだったそうだ。
RT @miakiza20100906: 論文(無料): 坂本他,オートラジオグラフィーを用いた福島第一原発起源の放射性降下物の局所的な分布解析 http://t.co/aeKlIbYV タイトルが悪くて分かり難いけど、植物中の放射性Cs分布をARで可視化するというお話。 ...

お気に入り一覧(最新100件)

論文(無料): 東京湾における放射性セシウムの現状解析 https://t.co/0H1UXYo0Jf  2013年、亭島ら。日本語。
【再・放射線連続講演会告知7/8】参加の際にはご一読を。③日本学士院紀要(日本語抄訳)(https://t.co/xCPAw5AEwD)他にも「予習の教材」はありますが、それらについてはフライヤーを参考にしてください(ベビースキャン・Project HAYANO等)。
【再・放射線連続講演会告知 6/8】参加の際には、ご一読を。②日本学士院紀要(https://t.co/xCPAw5AEwD)
I-131のデータもありますね。後で読みます。 RT @dr_chasiba: 京都で流通した食品の放射性物質モニタリング結果(1991-2001)https://t.co/XN4IEHHg2S 京都でも100Bq/kg超えの食品が流通していたことが分かる。
論文(無料): マーケットバスケット方式による放射性セシウムおよび放射性カリウムの預託実効線量推定 https://t.co/CktfvCwPND  2013年、堤ら(国立医薬品食品衛生研究所)。日本語。対象地域は東京都,宮城県,福島県。内容はタイトルの通り。
原子力規制委員長 田中俊一氏が英文で執筆した福島第一原発事故に関する論文 - "Accident at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Stations of TEPCO" 日本学士院紀要に掲載 http://t.co/f4zutXAz
ご遺体の灰化調査から人体のカリウム、セシウム、ルビジウムの分布を調査した研究。http://t.co/8ducYa6B 巷に言われるKとCsの分布は等しいとは言えない。(著者はクラブの大先輩) http://t.co/Mw86yFLG
論文(無料!): 黒毛和牛(雌牛)の組織中の放射性セシウム分布 http://t.co/a9ZN8rLW  農研機構による。最も高濃度のCsが検出された組織は腎臓(筋肉の約2倍)、次が心臓(筋肉の1.3倍前後)。筋肉にはほぼ一様に分布し、皮下脂肪では低濃度だった。 #hibaku
広島原爆での放射性降下物測定(いわゆる黒い雨の放射能について)の論文http://t.co/M4OoiUN4 (セシウムは福島原発のほうが桁違いに多い)
ルーマニア腫瘍研究所(Romanian oncology institute)での20年間の小児甲状腺癌の調査結果。チェルノブイリ事故の10年後から増加傾向を示し、25年後に増加が止まった。http://t.co/7dAxW52x
事故前のキノコ類のCs-137濃度と年間摂取量の一覧→http://t.co/pSpZsPoy と、そのデータ元の論文→http://t.co/VHNoremg。この論文によると事故以前に市場に出回っていた原木椎茸(生)のCs-137は2.02±1.55 Bq/kgだったそうだ。

フォロー(75ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hseino1: 東京学芸大学の「甲状腺検査」の研究課題https://t.co/PCi0tZKqBBは、甲状腺検査の意義の吟味についてのみならず、医療関係者が分担者にすら入っていないことから、研究体制についてもヘルシンキ宣言(15項)に抵触してるんじゃないなかなあ?(…

フォロワー(1484ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @papa_pahoo: 千葉県のモウソウチク林におけるイノシシの出没状況 https://t.co/CHsmbB8R9l #tbs #噂の東京マガジン
RT @hseino1: 東京学芸大学の「甲状腺検査」の研究課題https://t.co/PCi0tZKqBBは、甲状腺検査の意義の吟味についてのみならず、医療関係者が分担者にすら入っていないことから、研究体制についてもヘルシンキ宣言(15項)に抵触してるんじゃないなかなあ?(…
RT @hseino1: 東京学芸大学の「甲状腺検査」の研究課題https://t.co/PCi0tZKqBBは、甲状腺検査の意義の吟味についてのみならず、医療関係者が分担者にすら入っていないことから、研究体制についてもヘルシンキ宣言(15項)に抵触してるんじゃないなかなあ?(…
RT @okaguchikii: 映画「沈黙」でのセリフ 井上筑後守「百姓が一人や二人死のうと、全然かまわん」 https://t.co/E8O2GgFnni https://t.co/d3zXTupRW0
RT @RyosukeAmiya: なぜそうなるのか,は「卵と鶏」になるが,そもそも中北欧のように団体が強固ではないので,ガヴァナンスを担えない,という側面がある.その点の歴史的検討は,この辺りの中山論文.https://t.co/2fkIk4TUL7 https://t.co…
RT @monogragh: 尾形典男・京極純一・福田歓一の1961年の鼎談。https://t.co/V5utnyePdE 有権者登録制の意義を力説している。とくに福田は、戦後の民主化で登録制をやらなかったのは「一番大事なものを落とした」とまで言ってる。