言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

何時も質問には何にも答えていないのにBAとるのは、才能なのでは?と思う。 カリウムとセシウムの関係については、同じアルカリ金属であるので、類似挙動が考えられている。 しかし、野生のキノコにおいては、全く関係がない。 1997年の村松康行氏吉田聡氏の「キノコと放射性セシウム」RADIOISOTOPES, 46, 450-463 (1997)には、 「また,40Kと137C ...

Facebook (1 users, 1 posts)

「キノコと放射性セシウム」 やっと見つけました。放医研の調査研究報告。1997年です。 この時点で、野生キノコに含まれる放射性セシウムはほとんどがグローバルフォールアウト由来だと結論されています。 しかし生重量でいうと、福島の影響がないと考えられる地方の現在の方が高いものがあったりする。逆にいえば、福島第一の事故でキノコを調べるようになったことから、検出されるようになったということですね。 めっ ...

Facebook における性別

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

キノコと放射性セシウムに関する論文

Twitter (379 users, 515 posts, 256 favorites)

いまだに、各地のキノコに放射性セシウムが含まれていることを福島事故のせいだとする意見が出るようなので、下記論文を紹介します。https://t.co/96OEIXqTcO福島のせいならば、2011年3月から5.5年後にはセシウム137と134の比が0.75^5.5になるはず。
【補足】「EM菌は放射性物質を吸収する」けれど、「EM菌は放射能を消す」わけではありません。 また、菌類と放射性セシウムについては1997年の「キノコと放射性セシウム」 https://t.co/LRT6gyu8bI をご覧ください https://t.co/COqzs80ikz
別ですね。 核事故前のキノコ類のセシウム137Csとカリウム40K → https://t.co/HRU8TOCm7o #NoNUKE @0ax471143885c3r: …昔騒がれたお茶や椎茸の放射線だって乾燥させて元々の体積が小さくなった結果K 40等の濃縮が原因だと思う。
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/SeFbZjqaZy 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 https://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/SeFbZjqaZy より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
かずやさん、おはようおはようw #ライケン・レメディエーション に使えませんか? #菌根菌 #NoNUKE QT @kazooooya: 【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所 http://t.co/Tl9HMW75BM …
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/SeFbZjqaZy より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
キノコと放射性セシウムに関する論文 https://t.co/Udn87ewKBz
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/SeFbZjqaZy より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/jWHOJpz3fQ より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/jWHOJpz3fQ より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/jWHOJpz3fQ より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
@kitamurakenji では、これ?https://t.co/Qd0ebtxaoj それともこっち?http://t.co/qNOZkErW3r おまけでこれ?http://t.co/xRcxjsoEd6 参考まとめ http://t.co/N4vQbod3Qf
「キノコと放射性セシウム」村松康行、吉田 聡 (1997) https://t.co/WVLxiSkenv 「地域による違いについては…フォールアウトのレベルが高い日本海側の北日本で高い傾向にあるようだ。」 http://t.co/weFUQ58lY5
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
https://t.co/Sj1abaKY7q キノコと放射性セシウム 村松 康行, 吉田 聡,放射線医学総合研究所比較環境研究グループ(2010)
“@Holyithylene きのこの放射能は基本的には ここにまとまってるとおり https://t.co/Xm1FkgSISG 1990年ごろ(チェルノブイリの3年後)の値で最大1070Bq/Kgのものがあったと書かれてる。”
チェルノブイリ事故後ヨーロッパ各国で報告されたキノコ中のCs137濃度の最高値の例。(1994年の文献で) ポーランドのキノコ(乾)で157,000 Bq/kg。 https://t.co/WVLxiRtqZj http://t.co/02pWmXUb9t
@NetSynth いや、一応この辺りの資料がありまして。チェルノブイリ後なのでそっちの影響もありますけれど、生の状態で最大1070Bq/Kgとかいう話も https://t.co/IiM11mVn4I
@miburou3 RTでツイートが見えましたので、失礼します。 キノコは、大震災以前からCsの濃度が高いのです。(核実験由来) https://t.co/Qd0ebtxaoj 他にも資料がありますので、よろしければこちらもどうぞ。 http://t.co/N4vQbod3Qf
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
ちなみに原発事故前から、キノコからはセシウムが検出されてます。 【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/8rjm6zow9P より http://t.co/yCmuKDLEN1 #Nスペ
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
@powerpc970 ちょっと検索するだけで、震災前の和文論文が結構ヒットするのですがね。彼等は調べませんね。 http://t.co/gJHicKv8FL
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
@pxp03200 @ishida5235 @asako_kawamata キノコと放射性 セシウム 村松康行, 吉田聡 放射線医学総合研究所比較 環境研究グループ https://t.co/j9DrlUk2Y1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/SeFbZjHMo8 より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど)」 http://t.co/yCmuKDLEN1
@fgwatch @hacpcphyi 昔からそのくらいの値みたいですよ。【pdf】http://t.co/wmebZfXgQQ
【キノコと放射性セシウム(1989-1991年)】(村松康行,吉田聡 放射線医学総合研究所) http://t.co/Cw4iaLSJYG より 「濃度は、樹木などの根と共生する菌根菌(M)のほうが高かった(マツタケ、ハツタケなど) http://t.co/yCmuKDLEN1
↓「キノコと放射性セシウム」 村松康行、吉田聡 RADIOISOTOPES, 46, 450-463 (1997)ですね。 https://t.co/sWn7DrsyxY
(メモ) 1989-1991年の日本産野生キノコの137Cs,134Csおよび40K濃度 https://t.co/j9DrlUk2Y1 注)核実験フォールアウト由来
ありがとうございます。読んでみます。@Supraphon: RT @ozawashoji: 放医研の調査研究報告、1997。この時点で、野生キノコに含まれる放射性セシウムはほとんどがグローバルフォールアウト由来だと結論。 https://t.co/2zzbDLJEa5
RT @ozawashoji: 放医研の調査研究報告、1997。この時点で、野生キノコに含まれる放射性セシウムはほとんどがグローバルフォールアウト由来だと結論。 https://t.co/5Uij14lz4U キノコは要注意、否、厳重注意です!! @korekara_happy
1997年の論文「地域による違いについては同一種類のキノコでは調べていないので詳しいことは不明だが,フォールアウトのレベルが高い日本海側の北日本で高い傾向にあるようだ。」 だから大丈夫だ、という話ではありませんが。 http://t.co/xvcq5mW1WZ
放医研の調査研究報告、1997。 この時点で、野生キノコに含まれる放射性セシウムはほとんどがグローバルフォールアウト由来だと結論。 影響は現在も続き福島事故でキノコを調べるようになったことから各地で検出されるようになったか。 https://t.co/0hFIvkKnyL
生シイタケ(群馬県)(週刊朝日は原木か施設栽培か明記すべき):14.3 Bq/kg(カリウム含量280 mg/100 g。シイタケなど枯れ木の表面に沿って菌糸を伸ばすキノコは土壌表面に沿って伸ばすものよりCs濃度が低目http://t.co/N4BllwYYhu p.40 )
“@tokok: ちなみに1989~1991年に日本で採取されたマイタケは、乾燥試料(5サンプル平均)でセシウム137が31.8 Bq/kgでした。(出典)こちらの論文の付録44ページにある表→https://t.co/aPWDH9yeA2” ふむふむ…
今朝のキノコ話題で思い出したので。1990年スウェーデンで40,000Bq/kg、乾燥だとポーランドで157,000Bq/kgと桁が違います。国内でもワカフサタケ属1250Bq/kg。「キノコと放射性セシウム」 (1997年)> https://t.co/Ey3wonZtIJ
『キノコと放射性セシウム』1997年の論文。 https://t.co/Ya8MpSS52C Cs137が乾燥時1000Bq/kgを超える日本産野生キノコは以前からあった模様です。 @Tomynyo
@hayano @pmagshib キノコのセシウム取り込み量は、菌糸を張る深さによることが知られています。この日本語論文https://t.co/Mir7gXP5 (1997年発表)のp.7の表をご覧下さい。p.5に日本の代表的な食用キノコのCs137/K40比の表があります
キノコの汚染は北日本、日本海側、チェルノブイリ由来ではなくフォールアウト由来が多い。 https://t.co/tHRr9sBu もちろん今はフクイチ汚染の理由でキノコは食べてはいけないレベル。西日本はキノコ大丈夫なレベル。
福一事故前の野生キノコの数値(放医研1997年報告)https://t.co/pqSZ1p73北海道の天然キノコは0.8〜4512Bq/kg(25種類)栽培キノコは1.8〜540Bq/kg(6種類)。2012年の青森産の天然キノコでセシウム137のみ120Bq/kgはありえます。
「筆者らのグループ以外も富士山で1989〜1990年に 採取したキノコ中の放射性セシウムを調べており、セシウム137の濃度範囲は生で17〜1070Bq/kg(平均値は259±245Bq/kg)と報告している」P452 https://t.co/pqSZ1p73
福一事故前の天然キノコの数値https://t.co/pqSZ1p73 1989-1991年のデータ。284の試料を測定して生キノコのセシウム137は<0.4〜1250Bq/kg、乾燥キノコは<3〜16300。現在でも核実験・チェルノ由来の100Bq/kg超のキノコはありえます。
福一事故前の天然キノコの数値ですhttps://t.co/pqSZ1p73半減期から現在100Bq/kg超が不自然かどうかご検証ください。また、@は独り言ではなく会話です。急に話題を変えたりご自説を大量送信されては会話がなりたちません。ご返信は不要です。‏@kyougenki
例えば、事故の前のキノコのデータ>「キノコと放射性セシウム」 (1997年)PDF http://t.co/GVTGOhfa /「1996年の富士山周辺と山梨県における天然キノコ中のCs-137、Cs-134の濃度」 http://t.co/zUA8pG02
【学者向けツイート】1996年の山梨県野生キノコのセシウム量 http://t.co/frf5Wwb1  1997年キノコと放射性セシウム 放医研 https://t.co/tRoAXlPt
@kikumaco @ToshiHASEGAWA @sikano_tu 「キノコと放射性セシウム」放医研1997年 https://t.co/tRoAXlPt 40ページの菌糸の深さとセシウム吸収量については、勉強会で半谷さんがいつも言ってることです。
自分用メモ;総説『キノコと放射性セシウム†』村松康行,吉 田 聡 RADIOISOTOPES, 46, 450-463 (1997) http://t.co/K0vdmtCZ
1990年ころの調査ですと、チェルノブイリ事故由来の微量のCs134が見えますねえ。福島第一原発とはCs137との比率が大きく異なるのが特徴。 @tokok メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年)  http://t.co/A9M9Bt7s
メモ: 総説「キノコと放射性セシウム」 (1997年) 国内のキノコ124種のうち、フウセンタケ科ワカフサタケ属でCs-137が1250 Bq/kg(生)、その他チリメンチチタケ,ハナホウキタケ,キシメジ,コウタケなどが高かった。 http://t.co/NAP5Bkqr

収集済み URL リスト