栗原裕一郎 (@y_kurihara)

投稿一覧(最新100件)

21 21 21 21 文學界

小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy
「山路愛山&マルクス」で引っ掛かった。日本ではなぜ他の資本主義国に見られないようなマルクス経済学の隆興が起こったのか、の検証だそう。 深澤竜人「マルクス経済学(マルクス主義)導入時の検討――日本マルクス経済学史Ⅰ――」https://t.co/BLloKPONsu
RT @swimin15: これの全編はデジタルコレクションで見れます。 作家の他にも定番の長者番付から武将番付、名刀番付、ご飯番付、嘘番付とかなんでこれを番付にしようと思ったんだろ…ってのがたくさん載ってて時間泥棒でした。 https://t.co/NCjx3cMZ9v
RT @bxjp: 国立国会図書館デジタルコレクション「モージャー氏撮影写真資料」 https://t.co/8ilhMhhIVg 先週話題になってたこれ、ウェブで見るのが面倒くさいから、一枚のPDFにした→ https://t.co/l2Ybh2mOjK
RT @Perfect_Insider: ちなみに議会に関する日本と世界の常識のずれの一つに「会期不継続原則」がある。日本では会期不継続の原則があるが、他国では会期継続がもともとできるか、不継続は不合理なので解消するように動いている。予算等を除き無駄な引き延ばしは意味がないht…

130 0 0 0 OA 蛮カラ奇旅行

RT @kunotakahiro: 1908年(明治41年)刊行、星塔小史の「蛮カラ奇旅行」 国立国会図書館のデジタルコレクションで発見して(https://t.co/BHomkf2gjZ )さっそく読んでる。『坊っちゃん』刊行の2年後、か。 https://t.co/7qr…
RT @hamano_takashi: CiNii 論文 -  ロマン派における「オリジナリティ」を考える : 剽窃、引用、翻案と知的所有権の意識(第39回(2013年)全国大会シンポージアム要旨) https://t.co/7RmCDuTljF #CiNii
RT @ynabe39: この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ

19 0 0 0 OA 小学唱歌集

ちょっと調べもので眺めてたんだけど、『小学唱歌集』第二編の最初に載ってるリズムの読み方がおもしろい。8ビートは「タラレテトロツル」、3連符は「タサザ、テセゼ、トソゾ、ツスス」とか。16ビートは「タダラナ、テデレテ、トドロノ、ツヅルヌ」。http://t.co/fVAJjkTtPq
やはり文芸社の主宰だった>小林鶯里。本名は小林善八。『日本出版文化史』(昭和13)という著作が出版史の文脈でよく参照されていたようだ。これまた千ページ超の大著。ううむ、何なんでしょうかこの人は。http://t.co/jUdWVUJrmX

1 0 0 0 OA 明治唱歌

大和田建樹作詞「あはれの少女(故郷の人々)」『明治唱歌第2集』http://t.co/tO18dr7ZTo
RT @smasuda: 名和小太郎「3Dプリンターでペンローズ三角形は作れたが… 」https://t.co/PUrCHewpDB 末尾の一文が示唆するのは何か考える
李嗣堯「馬英九政権発足後の台中経済関係の一考察 ―ECFA 調印による経済連携強化とその意義―」http://t.co/uPMYhdnfN2
ふーん、こんな論文があるのか。ありうる線ではあるな>江藤正顕「石原慎太郎『太陽の季節』論--小林秀雄訳『ランボオ詩集』との関連性」http://t.co/S8zIYWC3hE
タイトルでいうと唱歌関係は 小学唱歌集. 文部省音楽取調掛 編 1881-1884(初篇~第3篇) その他唱歌で検索するとたくさん。 白秋の大政翼賛歌「紀元二千六百年頌」は 海軍省属員講習用国語教科書 海軍省教育局 [編] 1944 http://t.co/bope5E7ZOQ
CiNii 論文 - 石原慎太郎の盟友・徳田虎雄「疑惑の錬金術」 http://t.co/m1P0mez4kF
一度に20コマ(40ページ)までしかpdfを吐いてくれない国会図書館電子化資料から大田黒元雄の著作をダウンロード後1pdfにマージしトリミングかますなど。これ4/20に言及するみたいなので来る人は見といてね>『バッハよりシェーンベルヒ』http://t.co/MeSLKInoDQ
東洋蓄音器、アサヒ蓄音器、日東蓄音器ほか。「レ コ ー ド 販 売 目 録 大正・昭和のレコード会社いまむかし」『国会図書館月報』2012年8月号http://t.co/uDLZv4wQ
RT @hayakawa2600: 倉田百三の『日本主義文化宣言』(昭和14年)が国会図書館でデジタル化され、公開されていた。http://t.co/0elCGBDb いわゆる「日本的なるもの」系議論のまとめ、とも言いうる総括的内容。とにかく「日本主義文化」の規定が乱暴で ...

1 0 0 0 OA 岡辰大福帳

谷孫六『岡辰大福帳』の「黄金のジャズ」の章。http://t.co/RYaMIsRJ 昭和5年というと「ジャズで踊ってリキュールで更けて」と歌った佐藤千夜子「東京行進曲」が流行った翌年だ。流行語をそそくさと取り入れた谷孫六は当時売れっ子だったらしい経済評論家。

124 0 0 0 OA 西洋料理指南

ああちょっと覚え違いしてました。「鶏、海老、鯛、赤蛙等ノモノヲ入テ」なので必ずしもカエルに限るわけじゃないですねw>敬学堂主人『西洋料理指南』(明治5)の31コマ目http://t.co/iAvK8l1L RT @ggbyg144 カエルの肉入りなんですね!驚きました(^_^;)

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(1029ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @sumersan_1560: 宝暦治水の偽史性に関する論文は下記の通り。(ソース大事w) https://t.co/M04SfM0AQW … https://t.co/jzmSS9pfNy https://t.co/24zaSc9A55
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は…
RT @tsysoba: 井上円了が考案した、哲学占いの筮木とかもあり。詳しくは、哲学うらなひ https://t.co/NLe1PKedo6 を参照のこと。これまでの「古人の妄想」に基づく占いを退治するために、近代的な知識に基づく占いを新たに作って普及させようとしたもの。 h…
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は…
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/g3fDzcogKvは、 栗山和広他「子どもの思考に基づいた新しいカリキュラム: 割合概念の場合」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第66巻 (2017年)、69-76ページ。 Figure…
大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていな… https://t.co/DSIR9aAnbX
RT @Paul_Painleve: 永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なので、この時…

174 174 174 1 OA 公方様の話

三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

1 1 1 0 OA 日本名婦伝

龍居松之助『日本名婦伝』築山殿 https://t.co/TuIGOlJtyL
面白そうな論文見つけた。岡田 昌彰, 文字 拓哉「夷川船溜りにおける水泳場としての空間再利用の変遷に関する研究」 https://t.co/dPJEyayenL
RT @tagomago712: 「池田勇人」(ミネルヴァ評伝選)を描いた藤田信幸の書評。 https://t.co/JESjgjzwbF
これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51

28 24 24 0 OA 食行脚

2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https://t.co/TVwJxjkSPN
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1013「死刑をめぐる論点【第2版】」を掲載しました。 https://t.co/Ij4UiTeIm8
@not_intelli @TakahikoNojima グラスゴーの工学部、初期は土木しかなかったようで、本格的な工学部は日本が先なのかも知れません https://t.co/qP2aBbmrLB
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1013「死刑をめぐる論点【第2版】」を掲載しました。 https://t.co/Ij4UiTeIm8
RT @temmusu_n: @OokuboTact #掛算 #超算数 忘れないうちに。算数数学の好悪と得意不得意の自己評価に相関があることを主張する論文。今井敏博「小学校教員免許取得希望学生の算数・数学の好き・嫌いと成績に関する意識について: 和歌山大学教育学部学生を対象とし…
RT @asarin: 社会調査もちょっと選択肢の副詞が違うと結果に影響するという論文がありましてね.これを素敵に統計モデリングで補正しちゃう方法もなくはないよ研究も進行形ですのよ. https://t.co/oRmdSWaqmO
CiNii 論文 -  孤絶の歌としての大塚金之助 https://t.co/7e4hHswZnr #CiNii
CiNii 論文 -  住谷悦治と吉野作造 : 東大講義から『閑談の閑談』まで https://t.co/y42zO1P7Wr #CiNii
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @avitaminose: 津田っち頼むぜ… 「明白かつ現在の危険」はブランデンバーグ法理で修正が図られてるし、米国はヘイトクライムでもない限りは表現の自由を尊重するんだから、米国の事例を挙げるのは悪手すぎる。以下論文参照。 https://t.co/JqoUVPhrrD
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふ… https://t.co/tBrGFIE1gL
大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」とい… https://t.co/NqfTsTC77E

フォロワー(8137ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tyuusyo: 「日文研創設時の批判」<鼎談>「日文研問題」をめぐって ですな。「日文研は中曽根の手先のウヨ集団」という共産党系の学者の批判もスゴイが、東大名誉教授の宮地正人氏などの学者が「日文研の所長の梅原猛の研究は思いつきで学問じゃない」と言い放っているのもすごい…
RT @takebata: ニコラス・ローズのことを調べていたら、牧野智和 さんの博論に。本文を全面公開とは、太っ腹。自己統治の自己啓発の分析は、確かに面白そう。→「自己」の文化社会学―現代における大衆的セルフヘルプ・メディアの実証的分析―  https://t.co/NMOb…

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy

21 21 21 21 文學界

RT @y_kurihara: 小川榮太郎って文芸評論の実績はほとんどないんじゃ…と思ったら、98年から99年にかけて『文學界』の「新人小説月評」やってたんですね。ほほう、そうですか。 https://t.co/0w5Q0VfTMy
@ShinyaMatsuura 石破氏はできそうもない事を言ってますね。 ところで、喫煙に関しては、年間医療費アップの原因となるが、喫煙者は早死にするので生涯医療費は逆に少し減るという研究があって、タバコの非合法化が医療費削減に効… https://t.co/6bQvFKcKrH
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @mad_molix: まさかの玉子焼き発光細菌論文 https://t.co/rSKHE6JdM9
RT @ksk18681912: 大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていなかったこと、燃…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @monogragh: "曽根〔泰教〕 戦後、制度論がまったく欠けていましたね。結局、選挙の専門家というのは投票行動の専門家なんですよ。 石川〔真澄〕 そう、選挙分析です。 曽根 もっぱら選挙分析ですから、選挙制度を専門に研究する人は意外と少ない。"https://t.c…
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
県別の生産量=県内消費量ではないんだけど、たまり醤油の生産割合が高いのは岐阜だけなので、関西ではたまり醤油が一般的とは言えないと思う。それにしてもどうして岐阜だけ…>論文 - 生産と流通からみた日本の醤油醸造業と醤油嗜好の地域性… https://t.co/WOkRP7UR6u
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tuntun: 発光する玉子焼にぎり寿司から分離 した発光細菌の検討 https://t.co/8YQCXhOcz7 1992年には論文出てたんだ…!
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @rei_ktrg: @ka_zuan 論文が出てますね https://t.co/g6D9PQIh4Y
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @tatsuyayay: 論文あった(PDF) https://t.co/E3PxNGQOnU https://t.co/FaMgcJsWJU
RT @hayakawa2600: あ、この論文、テキストがWEBにアップされていたんですね! なぜかリンクがtwitterにはじかれるのでCiNiiを。https://t.co/7SNOM8SJrQ https://t.co/hPKCsHdtfm
RT @asarin: 三浦麻子・飛田操(2002) 集団が創造的であるためには:集団創造性に対する成員のアイディアの多様性と類似性の影響 https://t.co/gVB03eAFmy 「集団が創造的となるためには, 成員相互の多様性と類似性がともに必要となることが示唆された…
RT @hiroco2003: 明治の始め、樺太は日露雑居地だったんですね。 明治初年の樺太 : 日露雑居をめぐる諸問題 https://t.co/3Hye5N7xoX
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は…
RT @tsysoba: 井上円了が考案した、哲学占いの筮木とかもあり。詳しくは、哲学うらなひ https://t.co/NLe1PKedo6 を参照のこと。これまでの「古人の妄想」に基づく占いを退治するために、近代的な知識に基づく占いを新たに作って普及させようとしたもの。 h…
RT @maedajin: 厚真町の4000年前の遺跡に今回と同様の地すべり.そしてこの地すべり発生時期は石狩低地東縁断層帯馬追断層の最新活動期と重なる.田近ほか 2016年論文.https://t.co/4RrNQEMOdk
RT @nako2013: @ka_zuan 発光する卵焼きにぎり寿司から分離した発光細菌の検討 https://t.co/gzRXuomgN1 平成4年当時はインターネットがなかったのかな?
RT @narumita: 28歳と26歳姉妹の主訴は咳嗽 血痰。 淡水産カニを加熱せずたべていた。 ウェステルマン肺吸血虫症 https://t.co/g2MQDM1cKY
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「脱・テニミュ史観」を目指して ―『サクラ大戦』に見る2.5 次元ミュージカルの 新たな可能性―(吉岡 史郎),2018 https://t.co/ClMdqXn7CG
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/eOAVoJW3XVは、 栗山和広、吉田甫「 割合概念における認知的障害: 等全体について」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第63巻 (2014年)、121-6ページ。 【等全体の正答率は…
RT @temmusu_n: #掛算 #超算数 参考資料。https://t.co/g3fDzcogKvは、 栗山和広他「子どもの思考に基づいた新しいカリキュラム: 割合概念の場合」『愛知教育大学研究報告 教育科学編』第66巻 (2017年)、69-76ページ。 Figure…

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @ksk18681912: 大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていなかったこと、燃…
大正12年11月、大震災から3ヶ月後に出版された被災者向けの起業マニュアル、「大震後に於ける金儲の東京」には屋台のラーメンは登場しません。 https://t.co/iy9jr07GwV おそらく、製麺業が被害から立ち直っていな… https://t.co/DSIR9aAnbX
RT @Paul_Painleve: 永宮さんの本は部屋のどこかにあるはずだが、、これは知らなかった。永宮健夫「微分方程式論」は昭和16年11月、犬井さんが合流超幾何の昇降演算子を書いたのが昭和17年4月の数物学会 https://t.co/A1jvw4zVyu なので、この時…

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

RT @tyuusyo: 三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv

174 174 174 1 OA 公方様の話

三田村鳶魚に言わせると江戸時代に「おねショタ」が大流行したらしい、「少年までが自己よりも年長の婦女を喜び、妙齢の婦人が後家風に装う」のだそうだ。大坂には後家と称する娼婦が大量に居たらしい https://t.co/zBrC8ZsGEv
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ

1 1 1 0 OA 日本名婦伝

龍居松之助『日本名婦伝』築山殿 https://t.co/TuIGOlJtyL

11 1 1 0 OA 亜細亜横断記

こんなところと言いつつ…冒険記もひとつ。福島安正『亜細亜横断記』 https://t.co/BQbNjyWkj3 馬で亜細亜横断ができるみたい。旅が戦争と結びついてきてます。
面白そうな論文見つけた。岡田 昌彰, 文字 拓哉「夷川船溜りにおける水泳場としての空間再利用の変遷に関する研究」 https://t.co/dPJEyayenL
RT @tagomago712: 「池田勇人」(ミネルヴァ評伝選)を描いた藤田信幸の書評。 https://t.co/JESjgjzwbF
RT @vbear00: CiNii 論文 -  レヴィ=ストロースの料理構造論 : 料理の三角形から料理の四面体へ(トピックス&オピニオン) http://t.co/HwjwmwHgAj #CiNii
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @torakare: これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
これおもろかった。幸村誠「漫画でつなぐ、中世北欧と現代日本」 https://t.co/MuIN88DYNJ
RT @komiya_aoyama: リンク先に電話して、申込書を送ってもらい、申し込むという手順でした。大学図書館のみならず(https://t.co/1XHl8mJe6l)、個人の申し込みにも対応して頂きました。ご参考まで。
@satoshi__w 逆になぜ今のコンベンションになったのは何故だろうと思わなくはないです爆 ちなみにツッチー御大本人によるやや分かりやすい解説がございます。 https://t.co/0QUgUtkNwS
RT @matfacture: 切断行った民はぜひこれを…… CiNii 論文 -  ゴードン・マッタ=クラーク作品における料理の意味 https://t.co/urrzhhukVA #CiNii
「憲法保障機関の正統性―連邦憲法擁護庁を中心に」武市 周作(「東洋法学」2018年3月) https://t.co/X2RCbQHRrw
久世奈欧『近世期京都における豊国大明神の展開』https://t.co/GstStLQcuV
RT @candidusflumen: 「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9
RT @candidusflumen: 「代数的量子論における文脈依存性」 量子情報の研究者からは、文脈なんて関係なかろう、過去の量子論の哲学的アプローチが為された暗黒時代の残骸とみなされるのだろう → https://t.co/B2WZWOeXJ9

12 12 12 0 OA 淫祠と邪神

戦前の和田徹城氏の『淫祠と邪神』という本では第六天魔王をかなりしっかりインド神話まで遡って説明しているのに、信長に一切触れていないからね。 https://t.co/WYYB4d2h51

28 24 24 0 OA 食行脚

RT @ksk18681912: 2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https…
本学会の現状と課題 - 自然言語処理 / 25 巻 (2018) 3 号 https://t.co/71NJE63gFB
RT @VirginUSSR: 興味深い内容だった。タイトルも秀逸。 『贈与としての自殺 - 高度成長期以後の生命保険にかかわる自殺の歴史社会学』 https://t.co/Qcv5DZQRed

28 24 24 0 OA 食行脚

2年後の大正14年7月には「食行脚東京の巻」という食べ歩きガイドが発行されるまでに、東京の外食業は復興しました。 https://t.co/PeHrSryrce この本の中には、名だたる名店たちが復興しているさまが描かれています。 https://t.co/TVwJxjkSPN
RT @hayakawa2600: これはスゴイ。人工知能学会でこれかあ:沢 恒雄「世界日本学によるトリレンマ緩解論(自虐史観・東京裁判史観の払拭モデル)」https://t.co/NCbDS9zlv9 「歴史教育を主権・国家・国旗・国歌を正しく保有する 心身に戻す…日本が八紘…
RT @konamih: 医学では統計的に有意であるかどうかで効果を評価するのが「根拠に基づいた医学 EBM」として定着し,栄養学でも EBN として日本では2000年前後から(リンク参照)。一般書としては東大の佐々木敏さん,UCLAの津川友介 @yusuke_tsugawa…
RT @LGBTQA_Article: 【GID/刑事政策/刑事施設】大島俊之「拘置所・刑務所における性同一性障害者の処遇」ジュリスト 1212号 pp.73-79 (2001-11-15) 有斐閣 https://t.co/MoZ59mSzO8
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @livresque2: https://t.co/DmYY4Way4F https://t.co/bkyyJNN7YU 邦文で讀める『歴史的基礎概念Geschichtlicher Grundbegriff』は、「公共性Öffentlichkeit」の項(L・ヘルシャー執…
RT @ksk18681912: 震災時の逸話を集めた「大震災の哀話と美譚」には、気前が良すぎて利益をあげられなかった素人の牛めし屋の話が出てきます。 https://t.co/896DISYIlA ”日比谷公園の牛飯屋でひどく甘く安いのがあつた。聞くと實はけふが店開きです、…
RT @ksk18681912: 大震災を記録した大正13年の「大震災印象記 大正むさしあぶみ」には、震災後の食べもの商売についての描写があります。 https://t.co/m7QYNdUpZJ 挿絵には「牛丼」「スイトン」「ゆであずき」「ライスカレー」といった、震災後を…
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1013「死刑をめぐる論点【第2版】」を掲載しました。 https://t.co/Ij4UiTeIm8
RT @NDLJP: 立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1013「死刑をめぐる論点【第2版】」を掲載しました。 https://t.co/Ij4UiTeIm8