著者
中原 淳
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学雑誌 (ISSN:03855236)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1, pp.23-35, 1999-06-20
被引用文献数
12

近年の学習環境論において学習者自身が学習過程の再吟味を行うことの重要性が主張されている.本論文の目的は,学習過程を重要視する学習環境のデザインと,それが学習者にもたらす変容を明らかにすることである.研究方法としては,「エスノグラフィー(ethnography)」を採用する.より具体的には,ある学習環境における空間配置・学習材・ストラテジ- (strategy)の3つの学習活動を構成する「リソース(resource)」について考察を加える.それをふまえた上で,他者に対する学習過程の内省的認知活動である「語り(Narrative)」とそれらリソースとの関係を論じる.上記の認知活動は,研究対象の実践において特異に観察された.「語り」は,3つのリソースが「協調(coordination)」して構成される内省的な認知活動である.学習者にとっての「語り」の教育的効果は,学習そのものをどう定義するかという認識のレベル-「メタ学習観」の転換・変容に存在する.以上の議論をふまえ,学習活動支援の方法としての「語り」を概観し,「語り」を誘発する学習環境のデザインについて本稿からの示唆を述べる.

言及状況

Twitter (16 users, 17 posts, 10 favorites)

【メモ】 語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー https://t.co/MEimvWBVRI
CiNii 論文 -  語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/AHFdUgBb #CiNii
現在、この論文を読んでます。キーワードはメタ認知なのかもと一人考え中/語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/LmnR6A2U
@hirokidmc こんにちは。餅つきのときに、論文のお話したのを急に思い出しました。こちらが @nakaharajun 先生の論文です。http://t.co/dJhaeFzs お話しした、はらっぱとすみっこの話が出てきます。もう既に入手されてたらすみません!
CiNii 論文 - 語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー - http://t.co/BXBL6vGk
語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー(中原 淳) http://t.co/D3X72xun  学習過程を重要視する学習環境のデザインと,それが学習者にもたらす変容を明らかにする
なるほど。ひとりで作業に没頭できる「すみっこ」とみんなが集まる「はらっぱ」の共存。RT @YukiAnzai: co-baの空間デザインをみて、この論文の<すみっこ>と<はらっぱ>を思い出した。 http://t.co/cmt6Cgif
(プレゼンの合間にコソーリ読む)RT @YukiAnzai: co-baの空間デザインをみて、この論文の<すみっこ>と<はらっぱ>を思い出した。|CiNii論文 語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/cmt6Cgif
co-baの空間デザインをみて、この論文の<すみっこ>と<はらっぱ>を思い出した。|CiNii論文 - 語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/F5KY7myI
2)精神遅滞児を対象としたコンピュータゲーム的環境による学習の試み http://t.co/0kd9KUkU 3)語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/ijxGy1xE #ysemi

収集済み URL リスト