安斎勇樹 (@YukiAnzai)

投稿一覧(最新100件)

岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://t.co/ohpYj2l6fM
今日は終日商品開発のワークショップ。アナロジーとジグソーメソッドを組み合わせた安斎ほか(2013)の改変プログラムを久々に試してみる。自分の研究成果を一番活用している実践者は自分だと思う笑 https://t.co/1MosCVUfGC
RT @vbear00: 【論文が出ました】「成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係 ――アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい → https://t.c…
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP
子どもの隠れる行為のはじまりとして、秘密基地作りなどと並べて考察している論文もあります。https://t.co/F1vVEx78d4 大人が家庭・職場外にサードプレイスを求める欲求のルーツかもしれない。 https://t.co/l3qNi5FSSL
@tomu_toku まさにですね。論文も面白いです。 https://t.co/jk9aBgkkhn
CiNii 論文 -  プロジェクトベースドラーニングにおける自発的行動分析(<特集>大学教育の改善・FD) http://t.co/Nw3v214qnh #CiNii
読んでる。分析モデルに安斎ら(2011)を参照してくださって嬉しい。|平野智紀・三宅正樹(2015)対話型鑑賞における鑑賞者同士の学習支援に関する研究 http://t.co/vJLkXOHwMB
特にこれは、タイトルといい、ものすごく「読ませる」論文でした。|半開きの対話 : 対話型鑑賞における美学的背景についての一考察 http://t.co/yKny7fB6up
環境を観察しながら遊びを考えるという経験は、この研究の思考過程に近いはず。|CiNii論文 - ワークショップ実践家が捉える空間の利用可能性に関する研究 http://t.co/lYkKijDqTN
これ、まさかのサンドウィッチマンの発話分析研究だった。しかも、研究のためにわざわざ本人呼んで漫才してもらっててすごい…。|CiNii論文 - 漫才、コントにおけるツッコミ役のパフォーマティヴな気づき http://t.co/dyoO5buqqp
広告のコピーを認知言語学的に考察したもの。ハーゲンダッツ、ファブリーズ、トヨタの事例など。|CiNii論文 - コンストラクション、メタファー、発話行為の視点から見た広告表現の分析 http://t.co/WoJEQeQLdK
そこに居続ける言い訳となる人工物が居心地とコミュニケーションを促進する。パリのカフェ文化におけるコーヒーの機能に近い。|言い訳オブジェクトとサイバー囲炉裏 : 共有インフォーマル空間におけるコミュニケーションを触発するメディアの提案 http://t.co/l42yyR2SGP
CiNii論文 - オフィス空間のデザイン研究のレビュー : 知的創造性に着目したオフィス空間のデザインをめぐって http://t.co/N4YfM39k7t http://t.co/N4YfM39k7t
これも|現代美術を題材とした哲学対話ワークショップにおける実践者のデザイン過程 http://t.co/vD3AeeP5B9
面白そうだと思ったら、宮田さんの研究か。|哲学対話ワークショップのデザイン過程に関する実証的研究 : ワークショップの準備段階とリフレクションに着目して http://t.co/dIqZ9BSy7w
CiNii論文 - パウロ・フレイレの教育論における「対話」に関する一考察 http://t.co/qJDPeUYk6q
京都大学の秋谷先生、以前に共同研究した水町さんらによる、ワークショップの査読論文|CiNii論文 - 何者として,何を話すか : 対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い http://t.co/D6SerlMqPH
CiNii論文 - 茂木一司, 郡司明子(2013)小学校におけるワークショップ型学習に関する実践研究 http://t.co/EOE3A60MYW
CiNii論文 - 自己効力感に関する研究の展望と今後の課題 : 展望的自己効力感の提唱 http://t.co/dkl9r42NdD
CiNii論文 - 創造性とは何か : 学際的環境が創造性を発揮しうる条件 http://t.co/landII8jCj
CiNii論文 - ルイス・サリヴァンの「形態は機能に従う(Form Follows Function)」に関する考察 http://t.co/BBQbfPQFUk
CiNii論文 - 「人権」に対する態度およびイメージ変容に関する調査 : ワークショップへの参加がもたらす効果 http://t.co/zjfNkbLc
RT @tatthiy: 今回のワークショップは @YukiAnzaiくんの論文の知見も参考にしている部分もけっこうあります。 → CiNii 論文 -  創発的コラボレーションを促すワークショップデザイン(教育実践研究論文) http://t.co/mRvfQo5N # ...
画期的な洗剤の開発プロジェクトの事例研究。|研究・開発現場における協調活動の分析 ―「三人寄れば文珠の知恵」は本当か? https://t.co/xbB1Rk9K
CiNii論文 - イノベーション研究におけるアクター・ネットワーク理論の適用可能性 http://t.co/vMFnJ5N6
面白かった。まるで勉強ができない中2女子への家庭教師の過程がウケる。|CiNii論文 - 学習方略は教科間でいかに転移するか http://t.co/5tFW201U
CiNii論文 - 学びのワークショップにおけるファシリテーター方略習得プロセスにおいての意識変容の分析 : 開発教育ワークショップにおけるファシリテーター初心者を対象に http://t.co/fRc8ueVY
「先行研究は解答を出すべき疑問から結果的に目をそむけてきた」とか@y_date さん節が炸裂している笑 |CiNii論文 - 伊達洋駆(2009)Eリーダーシップの分析方法 : リーダーシップのロマンスと対面状況への憧憬 http://t.co/diKQTtpp
M2の鳴り止まない独り言の原因を解明すべくレビューしてる。|CiNii論文 - 運動課題遂行中の独り言の機能 http://t.co/Htmscz2Q
CiNii論文 - 自ら進んで自己開示する場合と尋ねられて自己開示する場合との相違 http://t.co/D6yqoaUU
ワークショップスタッフの専門性発達には、「周辺」からの参加が重要である。軽い責任を追い、慣れることも早く、ゆとりを持ちながら主体的に学ぼうとする姿勢が持てる。この姿勢こそが、専門性発達にとって重要な要素となる。(高尾・苅宿 2008)http://t.co/BAI2q4o4

2 0 0 0 一般設計学

開始 RT @yuuhey: LEADS (Learning Environment design And Design Science) 研究会第15回:吉川弘之(1987)一般設計学. 人工知能学会誌 2(3), 273-279 http://t.co/WSf1XVAW
大貧民で最も強い戦略が明らかになっているw|CiNii論文 - 大貧民におけるプレースタイルの相性に関する研究 http://t.co/TOgrXIpJ
スターバックスの観察から新しいカフェのアイデアを提案するワークショップ|CiNii論文 - カフェに学ぶ情報デザイン : ワークショップ事例 http://t.co/RK7vgaTr
上平先生(@peru_g13 )の10年以上前の学会発表を発見!|CiNii論文 - キャラクターステッカーで交流を広げる絵本作りワークショップ http://t.co/lqy5YxPr
CiNii論文 - 参加者全員でつくる表現活動の共同体 : 思い出ワークショップを事例として http://t.co/J1PwFUos
「地域の特色やイメージにあった地域アイデンティティの確立と景観形成に寄与するまち歩きサインが必要」|CiNii論文 - 地域ブランドによるまちづくりとアイデンティティ形成に関する研究 http://t.co/rUb38svb
「都市を構成している個々の空間に対して愛着を持って接しているかどうかでその都市の雰囲気が決まる。」|CiNii論文 - 都市において認知されるイメージに関する研究 : 都市に対する愛着創造に向けて http://t.co/HMmfvDLh
"盲人公園"の構想|CiNii論文 - 視覚障害者の公園利用に関する研究 http://t.co/3ggynkR3
CiNii論文 - 行動観察実験を中心としたデザイン思考過程の解析 : デザイン行為の創造的思考過程に関する追体験的観察実験 http://t.co/5MUskkwB
CiNii論文 - ワークショップスタッフの実践共同体における十全性の獲得のプロセスについて http://t.co/BAI2q4o4
CiNii論文 - 協同学習における学習の過程としてのアイデンティティの変容 : 「あるごありーな」を利用したプログラミング学習の質的評価 http://t.co/G8wMT7UL #ysemi
CiNii論文 - 『週刊少年ジャンプ』という時代経験 : 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ http://t.co/zVM1i5Ho
RT @yuuka310: わたしみたい、と思ったらわたしだった…。“@YukiAnzai: 「博物館の歴史資料を活用した、歴史の重層性を実感することを目的とした学習のデザイン」|CiNii論文 - 博物館の資料と街をつなぐ学びのデザイン http://t.co/J074 ...
「博物館の歴史資料を活用した、歴史の重層性を実感することを目的とした学習のデザイン」|CiNii論文 - 博物館の資料と街をつなぐ学びのデザイン http://t.co/cgKz3IDc
CiNii論文 - 活動を基盤にしたデザインの考え方 : 中学生のための未来の黒板 http://t.co/qaIDf32h
CiNii論文 - 現在の中学生が描きたい絵の研究 http://t.co/Y0Uu70Tp #ysemi
CiNii論文 - 女子中学生のグループワークを用いたキャリア教育に関する一考察 -コラージュとキャリアマトリックスを用いて- http://t.co/aOtE8L8a
CiNii論文 - 大学生における職業の専門性への志向 : 尺度の作成と医学部進学予定者の職業決定への影響の検討 http://t.co/WQzCZZ4F
従来の教育評価に対する批判:(1)管理主義へ傾倒している (2)多元的価値の問題に対応できていない (3)科学的パラダイムに依存しすぎている|CiNii論文 - 教育評価における妥当性・信頼性に関する一考察 http://t.co/KNYBeeTQ
これは色んな人に役立ちそうだ。|CiNii論文 - 地域連携と組織運営 : コミュニティ心理学の観点から見た学生ボランティア活動の課題 http://t.co/npXM3oB5
科学技術社会論とクリテイカルシンキング教育の実り多い融合は可能か http://t.co/HA9UGCiz
イノベーションのためのアイディア生成における情報と認知特性の役割, 認知科学, Vol. 17, No. 3, pp. 611-634, 2010. http://t.co/6PVWDEhe
CiNii論文 - 「ものづくり」活動に関する参加継続性と意識高揚の相関について : コミュニティ形成のための「ものづくり」活動 http://t.co/atYzufdE
「言語的なやりとりがなくても、"試行"と"他者の観察"を交互に行うことによって、洞察が促進される」|CiNii論文 - 洞察問題解決に試行と他者観察の交替が及ぼす影響の検討 http://t.co/y4jQcyNt
CiNii論文 - 創造的活動領域の認知的不調和(cognitive incongruity)に焦点を当てた熟達化過程の質的分析 http://t.co/7dAZVoxM
CiNii論文 - 企業の自己革新におけるシナリオ創発 : シナリオプランニング http://t.co/amKHeckw
「フォーサイトの方法論として、ヨーロッパと北アメリカは未来ワークショップを使用しているが、この手法はアジアではまだ上位にはランクされていない。」http://t.co/O4icur9u
CiNii論文 - 未来をとらえる科学とは フォーサイトを俯瞰する http://t.co/O4icur9u
CiNii論文 - 運動部場面と友人関係場面の「空気の読めなさ」の比較研究 -社会的スキルおよび個人・社会志向性との関連をふまえて- http://t.co/jOxtCg56
CiNii論文 - 青年期における恋愛と性行動に関する研究(1)デート状況と性行動の正当性認知との関係 http://t.co/vzdjoRrg
創造的な問題解決には批判的思考的な技能が活かされているが、批判的思考が他者に受け入れられず、問題解決から離れる可能性もある。|CiNii論文 - 批判的思考は良い思考か? http://t.co/CJsItoOL
デザイン空間の実現へのこだわりや束縛を捨てて考えた思想が、結果的には建築様式の行き詰まりを打開する発想につながっている…というのは興味深い。|CiNii論文 - 空間デザイナーの思想とデザイン空間の実現に関する研究 http://t.co/5J1IJEs5
CiNii論文 - 空間デザイナーの思想とデザイン空間の実現に関する研究 http://t.co/5J1IJEs5
CiNii論文 - 参加者全員でつくる表現活動の共同体 : 思い出ワークショップを事例として http://t.co/J1PBdupm
この"見えないことによる期待→発見"というデザインは色々な場面で応用できそう。|「実験結果として、視界を遮ったり暗くすることで先の空間に期待を抱かせ、さらにその先に何か発見や驚きがあることが高揚感の上昇に繋がる」 http://t.co/4juHFGxr
面白い研究。|CiNii論文 - 動物園における歩行移動時の高揚感に影響を及ぼす経路のデザイン http://t.co/4juHFGxr
隠れる行為に関するこの論文面白いよ。http://t.co/w8vBDD8u RT @micca16849 {秘密基地}の話が印象的...[子どもの隠れる行為]を思い出す RT @YukiAnzai: ワークショップの空間デザイン http://t.co/VCPJWSUp
CiNii論文 - 進化論から見た創造と創発(佐倉統 2005)http://t.co/E7kjm0ev
@ariyosi ARGカフェってもしかしてこのARGカフェ?|ライトニングトークとパブでの立食パーティーによるコラボレーション促進の試み https://t.co/XG4PNKO3
CiNii論文 - BGMが作業・知的活動に与える影響 http://t.co/QOst6HIE
CiNii論文 - 初対面時における室内音環境と会話コミュニケーションとの関係性について : BGMの効果に関する実験的検討 http://t.co/yun3SUMK
CiNii論文 - 個室における行為の違いによるBGMのふさわしさに関する研究 http://t.co/NaRGeplC
CiNii論文 - 幼児におけるサンタクロースのリアリティに対する認識 http://t.co/g2szPMux
面白そうなので読む|CiNii論文 - 原稿の下に隠されしもの“引用・模倣・盗用・盗作”を通じて文芸の創造のなんたるかを考える2.「盗むこと」を創作の原理とした男・寺山修司:模倣巡礼年表付 http://t.co/Bx4sXZdf
CiNii論文 - 設計会議におけるアイデア生成・合意形成のための制御手法 http://t.co/31VJIgn4
お、【ちゑや】の記事だ。|経営新潮流 社内コミュニケーション 自発を促す仕組みを作る http://t.co/fosyulhZ
CiNii論文 - 気づきの共有を促す体験共有型ワークショップの設計 http://t.co/RTAneUHn
CiNii論文 - 発話の多い児童と教師による授業内発話の特徴に関する検討 : 授業運営における発話の多い児童に対する教師の対応 http://t.co/jqi1PbaY
co-baの空間デザインをみて、この論文の<すみっこ>と<はらっぱ>を思い出した。|CiNii論文 - 語りを誘発する学習環境のエスノグラフィー http://t.co/F5KY7myI
意識高すぎてビール論文調べてたらこんなの見つけた…|CiNii論文 - シャンプーとビールの泡立ちの違い http://t.co/iypRIIm1
そろそろこの研究の有用性が高まる季節ですね。|CiNii論文 - 恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 http://t.co/rW5nengm
@kikuyaro この文献がデータの見せ方に関して参考になると思う。僕の分析の細かさでやらなくてもこのくらい簡単に連鎖をみせる方法もあるし、図6のように外部の介入によってプロセスが時系列にどう変化するかをグラフ化する方法もある。 http://t.co/Ka7XO4KZ
これを読んでる。|CiNii論文 - 現代芸術家の創造的熟達の過程 http://t.co/CqFBUH3W
学習者ひとりひとりの学びの軌跡を保持したまま、多数の個人を集積すると、「人はいかに学ぶか」についての巨大なデータベースができる。それら全体を分析の対象とすることによって、精度高く学習の理論を引き出すことが可能になるだろう。|http://t.co/Gzhrgmdf
「"フリーター"という言葉の由来はそもそも既存の労働観への見直しを含んだ概念である」|CiNii論文 - フリーターと若者論の再解釈 : 「ほんもの」をめぐる一考察 http://t.co/a2FR4zxe
「ユーザが不快と判断したつぶやきを見づらくすることで、フォローを保持したまま不快を受け流す手法を提案する。」|CiNii論文 - Twitterにおけるタイムライン閲覧時の不快感軽減の試み http://t.co/SwvzYuqh
「Twitterからのみ抽出できる犯罪情報が存在していることが分かった」|CiNii論文 - Twitterからの犯罪情報抽出の可能性調査 http://t.co/IFoe1rmk

お気に入り一覧(最新100件)

【論文が出ました】「成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係 ――アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい → https://t.co/Q360crDvcw
CiNii 論文 -  日伊眼鏡産地におけるイノベーション : ファッション化イノベーションを中心とした眼鏡産地の考察 http://t.co/rKhM8Of5 #yukianzai
さきほどのブログ記事で引用されてた論文(PDF)→森玲奈「学習を目的としたワークショップのデザイン過程に関する研究」http://t.co/OK1K1lwD
あと、論文はここから辿れます。http://t.co/C6w4Ha6N RT @tipken8: いば先生(@takashiiba )のパターンランゲージにプロジェクトのパターンランゲージってあるのかな…とっても参考にしたい気がするのだけども…

フォロー(382ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

ハーバーマスの「生活世界」概念の位置づけ https://t.co/4vayucuQjz
RT @jssp_pr: 林直保子・神信人・山岸俊男 1993 「ネットワーク型囚人のジレンマ : 戦略のシミュレーション」社会心理学研究8巻1号(1993年日本社会心理学会賞着想独創賞) https://t.co/JBaWMOYpyD
RT @drinami: 3Dプリンタに関する第1論文 小玉秀男「3次元情報の表示法としての立体形状自動作成法」電子情報通信学会論文誌 C, Vol.J64-C, No.4, pp.237-241, 1981/04/2 https://t.co/m55wm9LsQr http…
RT @drinami: Optical Coherence Tomography (OCT)と同様の構図だよね… https://t.co/jGAlOi3vsb
RT @YukiAnzai: 岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://…
RT @YukiAnzai: 岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://…

フォロワー(8690ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

"サッカー界のマネジメントに関する将来展望(宮本恒靖氏(Jリーグ特任理事))" / “日本スポーツマネジメント学会 第7回大会講演録・シンポジウム録” https://t.co/dUfskeCVNV #サッカー #マネジメント #経営学
RT @asonosakan: 「無限小解析と観測問題」(量子力学的観測理論 研究会報告) https://t.co/xkiJ2NyGN4 小澤正直先生といえば小澤の不等式で有名だけど、量子力学に超準解析を導入することで観測問題を解決しようとする面白い研究もある。
ハーバーマスの「生活世界」概念の位置づけ https://t.co/4vayucuQjz
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 経営新潮流 命名権(ネーミングライツ) 広告宣伝から社会貢献へ,2011 https://t.co/ptWMj7055y
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
@SenorG Yeah, but... I am little nervous because I am not good at communicating in English.. And I do not know the… https://t.co/3ur2vUN4pz
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @monogragh: 中本義彦(2017)「実践的思惟」としてのリアリズム : 永井陽之助の政治学と「アメリカン・ソーシャル・サイエンス」https://t.co/KFlzBMsF3l
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
@hk_setsu 高齢者自身による介護を受ける権利とは視点を逆転させて、家族が介護をしたいという思いをどう根拠づけるかについて、上述の上野の論も引きながら論じているものに、湯原悦子「家族介護者支援の理論的根拠 」があります。ご参… https://t.co/LPLiYORErA
RT @jnsgsec: 情報科専任教員(情報科のみを担当する免許を保有する教員)の数が学校数の半数以上なのは,埼玉県,東京都,大阪府,兵庫県,沖縄県,札幌市,さいたま市,川崎市,横浜市,浜松市,名古屋市,京都市,神戸市の13都府県市です. 情報科専任教員が0人の県市もあります…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T

31 31 31 0 OA 民政史稿

RT @tyuusyo: 内務省の『民政史稿』でも酒井や水野が親藩扱いだな。なお、民政史稿. 制治民政篇 下卷は江戸大名のいい話集みたいなものです。割と面白い。おすすめ。https://t.co/iZIrvMPEqs
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOSWT5
RT @kanair_jp: Nicholas Guttenberg @nguttenの日本語インタヴュー記事を発見。普段は早口でいろんな学問分野のアイデアを縦横無尽に話しまくるニコラスの話をゆっくり日本語で読むという状況がとても新鮮で面白い。いろんな人にニコラスみたいな人がい…
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/0eUI0tiB2x
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/ROWbVUOX2O ※池田瑞穂氏との共著
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/zZI9nMCGHa

11 7 7 0 OA うた日記

RT @seinendan_org: 【日本文学盛衰史のロゴ・3】ロゴの三文字目「文」の字は、森鴎外の日露戦争従軍詩歌集『うた日記』原稿の字が使われています。1907年(明治40年)刊行、国立国会図書館のデジタルコレクションにて、インターネット公開されています。 https:/…
【拙稿紹介 1番目】 こんな論文を書いてきました。 「LMSとラーニング・コミュニティ : ライティング科目での授業実践にもとづくCMC研究からのアプローチ」 → https://t.co/6PfQgOaZJ0
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
RT @FP2Je3V6kg: 日本の性文化は若衆宿・娘宿から処女会・青年団に変わった事で本当に180度変わった。 この頃を境に性は『民個人の手』から『国家・運動団体の管理下』になった。 日本教育政策学会年報 処女会の全国組織化とその指導思想 : 地方処女会の動向と中央組織の…
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
"スタディ・アブロード・プログラムの運営に関する総合的研究 : アメリカのリベラル・アーツ・カレッジを中心に" / “早稲田大学リポジトリ” https://t.co/4sbtTefM9j #大学職員 #博士論文
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
RT @oui_ui: 佐藤翔. オープンアクセスメガジャーナルの興隆,と,停滞. 情報の科学と技術. 2018, 68(4) https://t.co/nJwLDtjZxZ ”OAメガジャーナルが成し得なかった,学術情報流通のラディカルな変革は起きるのか?”
デジタルアーカイブに対するDOI活用の可能性 https://t.co/bhVJva6RbH
デジタル・アーカイブがもたらす「博物館資料」×「引用先学術成果情報」間のクロスリファレンスの可能性:自然史博物館標本の事例から https://t.co/v3055NnhDc
オープンサイエンス政策と研究データ同盟 (RDA)が進める研究データ共有と、デジタルアーカイブの接点に関する一考察:新しい研究パラダイムの構築に向けて https://t.co/VEFOf9tQsH
RT @PAPS_jp: 現在の性教育の遅れの原因は、90年代のバックラッシュにありました。フェリス女学院大学の和田 悠、井上 惠美子氏による論文です。 1990年代後半~2000年代におけるジェンダーバックラッシュの経過とその意味 https://t.co/1aI0VrZ5…
RT @jnsgsec: 初等中等段階を通した情報教育の必要性とカリキュラム体系の提案, #IPSJ 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, Vol.1, No.3, pp.48-61 (2015). https://t.co/VRMgpkWElo #ipsjce #jns…
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aBhs0w
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
RT @jssp_pr: 林直保子・神信人・山岸俊男 1993 「ネットワーク型囚人のジレンマ : 戦略のシミュレーション」社会心理学研究8巻1号(1993年日本社会心理学会賞着想独創賞) https://t.co/JBaWMOYpyD
RT @SSeiya60260: 「若手 PI を目指した私の心得」 https://t.co/EfnvTEg0oK とても勉強になった。分野違いでこの方(中尾佳亮さん)を存じあげないけれど、研究者として乗り越えた切実な状況がとてもよく伝わった。
RT @miosugita: ここに出ていることをありのまま書いているだけです。誰でも確認いただけます。 https://t.co/IUo235Kq8D 「琉球ヘイト」ではありません。 https://t.co/SEgE2GsEOy
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
J-STAGE Articles - 2.保育フォーラム 保育学の研究方法論を考える (1)保育実践と質的研究:その「質」を問う  保育学研究 / 55 巻 (2017) 3 号  p. 105-120… https://t.co/BCsTAmSh1R
J-STAGE Articles - 2.保育フォーラム 保育学の研究方法論を考える (1)保育実践と質的研究:その「質」を問う  保育学研究 / 55 巻 (2017) 3 号  p. 105-120… https://t.co/BCsTAmSh1R
RT @drinami: 3Dプリンタに関する第1論文 小玉秀男「3次元情報の表示法としての立体形状自動作成法」電子情報通信学会論文誌 C, Vol.J64-C, No.4, pp.237-241, 1981/04/2 https://t.co/m55wm9LsQr http…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
先日の奈良県立大学のメディア産業論と同志社女子大学のメディア社会学での講義スライドが、北大の学術成果コレクションで公開されました。ソーシャルメディア衛星開発プロジェクトSOMESATを取り上げさせて頂いております。よろしくお願いし… https://t.co/75P0Xn9lm2
先日の奈良県立大学のメディア産業論と同志社女子大学のメディア社会学での講義スライドが、北大の学術成果コレクションで公開されました。ソーシャルメディア衛星開発プロジェクトSOMESATを取り上げさせて頂いております。よろしくお願いし… https://t.co/75P0Xn9lm2

35 16 16 0 OA 正チャンの其後

RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクションのIIIF対応、古典籍資料に限らず著作権保護期間満了なら対象なのか! 例えば『正チャンの其後』https://t.co/RtqJwIanOf を各種IIIFビューワで開くと、Mirador https://t.co/…

222 207 207 0 OA 伊勢物語

RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクションの古典籍資料がついにIIIF対応! これによりNDLデジコレの古典籍資料はお好みのIIIFビューワで閲覧できるようになった。例えば、嵯峨本『伊勢物語』第一種本 https://t.co/nrAnCqw0Na を外部の…
河瀬彰宏.日本デジタル・ヒューマニティーズ学会 第7回年次大会JADH2017 開催報告 -コラボレーションによるデータ作成-.会誌「情報処理」, Vol.59, No.6, pp.568-569 (2018-05-15) https://t.co/1kWBAg69US

222 207 207 0 OA 伊勢物語

RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクションの古典籍資料がついにIIIF対応! これによりNDLデジコレの古典籍資料はお好みのIIIFビューワで閲覧できるようになった。例えば、嵯峨本『伊勢物語』第一種本 https://t.co/nrAnCqw0Na を外部の…
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
RT @YukiAnzai: 岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://…

222 207 207 0 OA 伊勢物語

RT @knagasaki: National Diet Library of Japan has officially adopted #IIIF for its digital collection!! An example: https://t.co/o8aDKEXqfP…
RT @YukiAnzai: 岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://…
RT @YukiAnzai: 岡田先生は、自分の博士論文の副査で、創造性に関する考え方からコラボレーションプロセスの評価方法まで、沢山の影響を受けた研究者です。改めて論文を読み直してるけど、面白すぎる。|現代美術の創作における「ずらし」のプロセスと創作ビジョン https://…
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
RT @SendaiHisCafe: この素敵な呪いを含む、古代ギリシア・ローマ時代の呪詛を取り巻く社会文化についての本書の概要は、こちらの書評で簡単に読むことができます。 https://t.co/uJSNOk608y