言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (15 users, 15 posts)

[論文][表現の自由] 梶原健佑(2007)。ヘイトスピーチ、ポルノグラフィ。 ▼江口聡「ポルノグラフィに対する言語行為論アプローチ」[pdf] http://b.hatena.ne.jp/entry/melisande.cs.kyoto-wu.ac.jp/eguchi/papers/speech-act-and-pornography.pdf
[資料][あとで読む]
[論文] 高橋さん経由
[表現の自由][あとで]
[表現の自由][議論][自由][*あとで読む]
[資料][あとで読む]

Twitter (19 users, 24 posts, 31 favorites)

ヘイト・スピーチと「表現」の境界 https://t.co/njYOZtcIEK
CiNii 論文 - ヘイト・スピーチと「表現」の境界〜PDFあり 法学的な解釈で、アメリカの判例などを参考に書かれている内容だった。https://t.co/zacDOded8e
ヘイト・スピーチと「表現」の境界 https://t.co/njYOZtcIEK
CiNii 論文 - ヘイト・スピーチと「表現」の境界〜PDFあり 法学的な解釈で、アメリカの判例などを参考に書かれている内容だった。https://t.co/zacDOded8e
ヘイト・スピーチと「表現」の境界 https://t.co/njYOZtcIEK
CiNii 論文 - ヘイト・スピーチと「表現」の境界〜PDFあり 法学的な解釈で、アメリカの判例などを参考に書かれている内容だった。https://t.co/zacDOdvOwO
CiNii 論文 -  ヘイト・スピーチと「表現」の境界 https://t.co/gtrSTEW83T #CiNii
.@nekobugyou @confuocoDalnara ①ローレンスは、ヘイトスピーチを「行為」と主張して、これを制限することは言論の自由と衝突しないと言っています[梶原健佑 (2007). p.58 http://t.co/hW5uTpb0nR]。以下メンション略。
そらそうとこの論文、「ヘイト・クライムが何らかの憎悪感情を理由にした犯罪であるのと同じく、ヘイト・スピーチもまた、話者の側の憎悪感情が問題とされるものと考えるべきであろう」(注10、67ページ)と書いてて、なんだってー、というね。 http://t.co/tHM7SQCIrC
CiNii 論文 - ヘイト・スピーチと「表現」の境界〜PDFあり 法学的な解釈で、アメリカの判例などを参考に書かれている内容だった。表現の自由と投げかけられた側の被害について考えさせられた。 http://t.co/7SLevE6igP #CiNii
これも憲法学者が書いたものですが、かなりバトラーというか言語行為論に踏み込んで行ってる異色の論文。注では昼間ツイートした北田さんの論文への言及もあります。http://t.co/WH7xyCXdpj (「オープンアクセス」というところから入れます。)
@at_akada @shinimai ちなみに法学の方にはこういう論文もあります。梶原健佑「ヘイト・スピーチと「表現」の境界」( http://t.co/KVmysev) 専門じゃないので論文の良し悪しは判断できませんが、面白いです。
梶原健佑「ヘイト・スピーチと『表現』の境界」『九大法学』94, 49-115, 2007-02 (PDF)http://t.co/cdhRfiL

収集済み URL リスト