著者
鎌田 七男 大瀧 慈 田代 聡
出版者
長崎大学
雑誌
長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi (ISSN:03693228)
巻号頁・発行日
vol.87, pp.247-250, 2012-09-25

広島県,広島市では昭和48年1月に2km以内被爆者に対し(1次),昭和48年11月に2km以遠の直接被爆者に対し(2次),さらに,昭和49年11月に入市被爆者に対し(3次)「被爆者とその家族の調査」を行った.広島大学原爆放射能医学研究所(当時)は広島県・広島市の行なう原子爆弾被爆者実態調査(昭和35年,昭和40年,昭和48年,昭和50年など)の企画,集計,結果報告に協力してきており,昭和48年・49年に行われた「被爆者とその家族の調査」のうち,家族調査とくに子供の数について解析し,被爆2世者数を119,331名と算定した1).一方,広島大学原爆放射能医学研究所(当時)は設立以来,広島県内白血病発生について継続的に研究・報告してきた2-4).今回は一連の研究の中より原爆被爆2世に発生した白血病について報告する.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[とりあえずぶくま]

Twitter (65 users, 129 posts, 55 favorites)

@Sango 多分、2012年には発表された論文「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」https://t.co/8HLYelKix1 を論拠として、被爆手帳を求めていた交渉が物別れに終わった結果の訴訟だと思う
こんな論文どうですか? 広島原爆被爆者の子供における白血病発生について(鎌田 七男 [他]ほか),2012 https://t.co/lQB4lvfYUn
こんな論文どうですか? 広島原爆被爆者の子供における白血病発生について(鎌田 七男 [他]ほか),2012 https://t.co/lQB4lvfYUn
@WILD_LINX 今回毎日新聞が伝えたのはこれhttp://t.co/GHeYoMPMcA の2年後の続報で、先行論文をちゃんと読んで、原爆投下後28年分の研究結果中遺伝的影響の存在を示唆するストーリーが成り立つのは最初の10年間だけだと理解した上で結果を見ないと誤解します
@WILD_LINX この発表自体は2012年6月3日の第53回原爆後障害研究会(長崎)で発表。論文は長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012 http://t.co/GHeYoMPMcA
@kanna07409 さんが広島大で鎌田七男名誉教授と研究を共にした斎藤紀先生から2012年の和文論文http://t.co/HDaqThLH0u の発表の経緯を聞いてきて下さいましたので、関連ツイ.. http://t.co/V3gIhFlzYX
@WILD_LINX @kanna07409 これまでの鎌田教授の研究の進展(2012年の論文http://t.co/HDaqThLH0u 2012年秋の放射線影響学会での発表http://t.co/PW6E8m8jHi さらには今回毎日新聞と中国新聞が報じた分)を見ていれば(続
@kanna07409 @kazooooya 鎌田先生の2012年の原論文http://t.co/HDaqThLH0u の内容を凝縮した図5のグラフhttp://t.co/HLlRUW360O をご覧下さい。出生年で原爆投下後10年後まで、20年後まで、28年後までの3群に分け→
@kanna07409 @kazooooya カンナさん、貴重な情報感謝に堪えません。鎌田先生の原論文http://t.co/HDaqThLH0u を全部読みさえすれば「両親被爆時の白血病発症率が片親被爆を上回る」のは被曝後10年以内に出生した被爆二世に限られるのがわかるのに(続
@kiruria281 有難うございます、「原爆投下後1-15年に生まれた被爆2世の白血病患者54人ときょうだい95人の計149人」とありますね。2012年6月の研究結果http://t.co/GHeYoMPMcA.. http://t.co/61aYoBYLAQ
【急告】鎌田七男・広島大名誉教授の研究http://t.co/4LeiXXmQ44 について何か言うなら、出発点の論文http://t.co/GHeYoMPMcA か、それがだめならこの論文を読んで作ったまとめhttp://t.co/Tx2pvEnRzIを全部見てからにして下さい
@hi_kudo 2012年6月の長崎の発表http://t.co/Ye7Ls6KxZr の研究対象の中から特に被曝線量の高い(爆心地から2キロ以内で被爆、原爆投下から3日以内に広島市に入市)両親のこどもと高線量片親の子供の比較ですか @rie_hata @sayakatake
@rie_hata @sayakatake またこの鎌田名誉教授の研究では両親の被曝の有無しか把握できていないため、白血病の発生が放射線の影響だと証明するために欠かせない被曝線量との対応の検討ができていません。これも論文http://t.co/Ye7Ls6KxZr に書いてある
@rie_hata @sayakatake (続き)「両親被爆は片親被爆に比べて白血病発生率が高い」というストーリーが当てはまるのは1946-55年生まれだけでした。論文http://t.co/Ye7Ls6KxZr を全部読めばわかることですが、テレビは最初の10年分だけ伝えた
@Hideo_Ogura @hishikawachan 是非このまとめhttp://t.co/VoqLKG8iaW を全文通読していただくとともに、掲載誌を所蔵している国立国会図書館から原著論文http://t.co/D8FYLhheKF のコピーを取り寄せて現物をご覧ください
@Hideo_Ogura @hishikawachan この論文http://t.co/D8FYLhheKF では親の被ばくの有無の影響までは調べていますが、親の被曝線量の大小が子の白血病発生率にどのように影響しているかは今後の検討課題とされていて、続報が待たれている状況です。
@Hideo_Ogura @hishikawachan 横からすみません、広島大・鎌田七男名誉教授の研究の原著論文http://t.co/D8FYLhheKF を通読してこのまとめhttp://t.co/VoqLKG8iaW を作った者です。
parasite2006 さんのコメント「広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/6ivqKHHNzN の図5を見れば、被曝後21年目(1966年)以降に生ま..」にいいね!しました。 http://t.co/QQYzDyFYPa
parasite2006 さんのコメント「鎌田名誉教授の論文http://t.co/6ivqKHHNzN では親の被曝線量の影響の検討がまだ行われておらず、著者らも課題とし..」にいいね!しました。 http://t.co/lqqJbWyJqb
.@parasite2006 さんのコメント「@SciCom_hayashi 広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/6ivqKHHNzN の図5では、両親被曝の..」にいいね!しました。 http://t.co/Yg9OeEbw3D
.@parasite2006 さんのコメント「広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/6ivqKHHNzN では1946-1973年に生まれた広島の被爆2世を19..」にいいね!しました。 http://t.co/HBtdgvZaQt
広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/D8FYLhheKF の図5を見れば、被曝後21年目(1966年)以降に生まれた被爆二世については「両親が被曝していれば片親だけが被曝している場合.. http://t.co/RCpn6vyCjs
鎌田名誉教授の論文http://t.co/D8FYLhheKF では親の被曝線量の影響の検討がまだ行われておらず、著者らも課題として認めていて続報が待たれている状況です。 http://t.co/7QfAxpDPyV
@SciCom_hayashi 広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/D8FYLhheKF の図5では、両親被曝の場合の白血病発生率が片親被曝の場合を有意に上回るのは被曝後10年以内に.. http://t.co/k5jkINoSah
.@parasite2006 さんのコメント「広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/eo44CDnICH では1946-1973年に生まれた広島の被爆2世を19..」にいいね!しました。 http://t.co/GNt4yQflhF
.@parasite2006 さんのコメント「広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/I6x9oCCAXW では1946-1973年に生まれた広島の被爆2世を19..」にいいね!しました。 http://t.co/S5AJzz55Qy
広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/D8FYLhheKF では1946-1973年に生まれた広島の被爆2世を1995年まで追跡調査しています(従って追跡調査期間は最低でも20年確保さ.. http://t.co/520vnEwAN9
従って鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/D8FYLhheKF は、報告されている結果と両親の被曝線量との関連性を続報で示すことができ、特に両親被爆時の白血病発症率が片親被爆を上回るのが被曝.. http://t.co/YjtRBqhZb2
広島大・鎌田名誉教授の和文論文http://t.co/D8FYLhheKF では放射線影響研究所が2003年に出した英語論文(無料)http://t.co/SXe6rvxzZh を引用しています。放影研.. http://t.co/9Ksn9mmoC2
CiNii 論文 -  広島原爆被爆者の子供における白血病発生について (特集 第53回原子爆弾後障害研究会講演集) - http://t.co/U9ThPmBKE0
広島大・鎌田七男名誉教授の広島の被爆二世への遺伝的影響の論文http://t.co/D8FYLhheKF は掲載誌が少々見つけにくい「長崎医学会雑誌」(大学紀要に分類)とはいえ、2012年9月には印刷公表されていましたから、それ以後この研究について取材するなら目を通してしかるべき
広島大・鎌田七男名誉教授の論文http://t.co/D8FYLhheKF では追跡調査を1995年で打ち切っており、続報で2005年まで延長すれば対象となった広島の被爆二世中一番若い1966-73年生まれの人たち(1995年時点で22-29歳、白血病発症16例)を中心に(続)
著者らは論文http://t.co/D8FYLhheKF の考察の最後で「今後は線量を含めた解析と共に、一般人口との比較を加えた疫学的検討を行い、さらには両親被爆群において片親被爆群に比して白血病発生頻度に大きな超過があることのメカニズム解明が求められている」と言っていますが(続
広島大・鎌田七男名誉教授の広島の被爆二世への遺伝的影響の論文(長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012-09-00)http://t.co/D8FYLhheKF 図2では全部で94例の白血病発生の時期を検討。
@hseino1 この話は第53回原子爆弾後障害研究会(2012年6月3日長崎市)で発表され、長崎医学会雑誌の特集号に4ページの和文論文として掲載されています(長崎医学会雑誌 87 (特集号), 247-250, 2012-09-00)http://t.co/D8FYLhheKF
鎌田七男さんの「広島原爆被爆者の子供における白血病発生について」http://t.co/utnMES6QiL ページにして4枚ということはそれほど詳細ということでないんだろうか
広島原爆被爆者の子供における白血病発生について http://t.co/T26dFhqyId これかな。今、フランスにいるので、日本の図書館取り寄せは面倒なんだよな。
[memo] 鎌田七男(他) 広島原爆被爆者の子供における白血病発生について http://t.co/utnMES6QiL ~今回は一連の研究の中より原爆被爆2世に発生した白血病について報告する~ 2012-09-25

収集済み URL リスト