著者
田代 豊 Tashiro Yutaka 名桜大学国際学群
出版者
名桜大学
雑誌
名桜大学紀要 (ISSN:18824412)
巻号頁・発行日
no.19, pp.189-192, 2014

沖縄県名護市内を流れる屋部川で,微生物資材(「EM団子」)を市民に投入させるイベントが実施された前後に3回, 3地点において河川水を採取し,塩分・全有機炭素濃度(TOC)・SSを測定した。いずれの試料の塩分も2%程度以上あり,また, 3回の採水のいずれにおいても,上流よりも下流の水試料の方が塩分が高かった。 SSは, 3回の採水時のいずれにおいても,最下流の地点が中間の地点よりも少なかった。また,降雨のあった日は最上流の地点におけるSSが多かった TOCは,各採水時ともに,最も下流の地点で高かった。また,降雨のあった日は,最上流の地点においてTOCの上昇が見られた。微生物資材投入前後で各地点におけるTOCの減少は見られず,また,投入地点上流側に比較して下流側のTOCは低くならなかった。
著者
与那覇 恵子 Yonaha Keiko 名桜大学国際学群
出版者
名桜大学
雑誌
名桜大学紀要 (ISSN:18824412)
巻号頁・発行日
no.19, pp.31-42, 2014

1945年6月牛島司令官の自決により沖縄戦は終結へと向かい, 戦争で疲弊した米軍占領下の沖縄で早くも7月下旬には, 英語が必修として初等学校 (小学校) で教えられ始めた。しかしながら,米軍政府の命によって始まったこの必修の小学校英語教育は, 1953年に7年間の短い歴史を閉じる。 「必修の小学校英語教育はなぜ継続されなかったのか?」このリサーチ・クエスチョンに筆者は5つの要因を挙げる。 ①教科書不足 ②沖縄側の教員不足と質の低下 ③米軍政府の英語教育者不足 ④英語国語政策への沖縄人の反対 ⑤米国の対沖縄政策の変化である。 本論の構成として1章において, 米軍政府による小学校設立の目的と小学校教育の状況, 英語の教育課程という諸点から必修の小学校英語教育の開始から終焉までの大まかな流れを掴む。 2章から, その必修の小学校英語教育が継続しなかった5つの要因のそれぞれについて各節を設け述べており, 3章は結論である。米軍占領下の沖縄における小学校の必修英語教育の短い歴史は, 言語教育と政治の関係・占領者と被占領者の関係を象徴するものである。本論は「必修の小学校英語教育はなぜ継続されなかったのか?」の疑問に答えを提供するだけでなく, それらの関係を浮き彫りにするという観点からも意義深いものであると考える。Just after the end of the Pacific War, as early as July, 1945, English became a compulsory subject in elementary schools in war-ravaged Okinawa. However, compulsory English education ended in 1953, with a short span of seven years. "Why was compulsory elementary school English education Discontinued? The author presents five factors: ① shortage of teaching materials; ② shortage of teachers; ③ shortage of educators in the U.S. military government; ④ Okinawa's opposition to the U.S. language policy; and ⑤ a change in the U.S. policy towards Okinawa. This paper consists of three chapters. The first chapter explains the aim of elementary school education, its situation and content, and the curriculum of English. In the second chapter, each of the five factors which led to the failure of compulsory elementary school English education is explained. The third chapter is for the conclusion. This paper attempts to make a meaningful contribution in explaining the era en-compassing compulsory English education in elementary schools and the interacting forces of language education and the relationship between the occupier and the occupied.
著者
上原 なつき 上原 なつき 名桜大学国際学群
出版者
名桜大学
雑誌
名桜大学紀要 (ISSN:18824412)
巻号頁・発行日
no.19, pp.105-116, 2014

En la época prehispánica, existían los costumbres del culto a las momias y la gente trataba las momias como vivos en Los Andes. Desde siglo XVI, los españoles colonizaron allí y empezaron a evangelizar y también desplegaron la extirpación de la idolatría. Los españoles confiscaron y destruyeron las momias andinas que habían sido adoradas como ídolos paganos. A pesar de eso una parte de las momias prehispánicas se salvaron de esta represión y hoy en día han sido descubiertas en las cuevas y en las ruinas usadas como cementerios en tiempos antiguos. Además, algunas de ellas se adoran por la gente actual. Si bien el concepto de los muertos de Los Andes no es simple. Aparte del culto a las momias, podemos encontrar muchos cuentos populares sobre los muertos y existen los términos variados referentes al muerto en el idioma quechua. Los muertos a veces dañan a la gente y a veces satisfacen los deseos de la gente, por lo tanto no es fácil entender la fase complicada y ambigua de los muertos. Para empezar a aclarar estos fenómenos relacionados con los muertos, enfoco mis analisis sobre las representaciones de los muertos en este artículo. Al primero, explico los términos folklóricos referentes a los muertos. Al segundo, clasifico las representaciones de los muertos, y al final analizo las funciones de diferentes representaciones de los muertos en Los Andes.先スペイン期のアンデス地域では,死後,遺体をミイラに加工しまるで生きている人間同様に扱うという風習が存在した。しかし, 16世紀前半からスペイン人が当該地域を植民地として支配するようになり,カトリックの布教が開始されると,布教を阻害する土着信仰を弾圧するた釧こ偶像崇拝根絶運動が展開された。この運動によりアンデスの人々が崇拝していた多くのミイラは異教の偶像として没収され破壊された。しかしながら,この弾圧を逃れた一部のミイラが当時のまま,先スペイン期の埋葬地であった洞穴や遺跡の中などに現在も安置されている事例が各地で報告されており,さらに,それらのミイラの中には現在も崇拝されているものが存在する。しかし,アンデスの死者観は決して一様ではない。当該地域では死者に関する民間説話も非常に多く,また,死者を意味するケチュア語のフォークタームも多種多様であり, 「死者」と一括りに言っても人々に害を与える死者もあれば,人々の願いを叶えてくれる死者もあり,その死者観を理解することは容易ではない。そこで,アンデスの死者観を明らかにする作業の手始めとして,本稿では死者表象に焦点を当てて論じた。多様な死者表象を整理するために,まずは死者を意味するフォークタームの分類を行い,次に,死者の姿を表現する際の表象の違いを分析した。そして最後に,説話にあらわれる死者,ミイラ崇拝,頭蓋骨崇拝,祭祀における死者を模した仮装の登場人物,それぞれの死者が持つ役割を明らかにすることで,死者表象の多様性が意味するものについて考察した。In the pre-Columbian period, mummy worship existed in the Andes and the people treated the mummies as a living man. From the 16th century, Spain colonized this region and began evangelizing the native people and expanding the extirpation of the idolatry. The Spanish confiscated and destroyed the Andean mummies that were adored as heathen idols. Regardless of that, some of the pre-Columbian mummies were saved from this repression and many have been discovered in the caves used as cemeteries in the past. In addition, some of them are still adored by the Andean people today. But the concept of the dead in the Andes is not simple. Outside of mummy worship, we can find many popular traditions referring to the dead and various terms about the dead in the Quechua language. Sometimes the dead damage living people and sometimes the dead satisfy the wishes of living people. Therefore, it is not easy to understand the complicated and ambiguous phase of the dead. To disclose those phenomena involved with the dead, I focus on the representations of the dead in this article. Firstly, I explain the folk terms referring to the dead. Secondly, I classify the representations of the dead. Finally, I analyze the functions of different representations of the dead in the Andes.
著者
菅野 敦志 すがの あつし Sugano Atsushi 名桜大学国際学群
出版者
名桜大学総合研究所
雑誌
名桜大学総合研究 (ISSN:18815243)
巻号頁・発行日
no.25, pp.77-86, 2016-03

本稿は,日本における台湾研究の理解につなげることを目的として,戦前・戦後の台湾教育史をめぐる研究動向とその変遷について論じるものである。教育史に限らず,台湾史研究の特殊性は,1945年を境としてそれ以前が国内史,それ以後が外国史として扱われることにある。戦前は日本統治がもたらした「文明化」としての教育近代化の成果を誇示するものであった他方,戦後はかつての植民地教育が,天皇制に基づく国家主義の下での異民族に対する民族性剥奪の教育であったとして批判される傾向にあった。とはいえ,第一,第二世代の研究者を経て,第三世代の研究者の登場や,1987年の戒厳令解除に伴う日本統治時代をめぐる歴史観の見直しという台湾内部の変化を受けて,日本の学界においても日本統治時代の教育を,「抑圧―被抑圧」の二項対立だけでなく,統治された側の主体性の点に着目して再検討されるようになり,研究の枠組みは大きな転換を果たすこととなった。本稿では,それら第一世代から第三世代の研究者の成果を紹介しながら,「制度から人へ」,そして「支配―被支配」から「台湾人の主体性」へと変容を遂げていった日本の台湾教育史研究の変容と回顧を概観したうえで,今後の研究についても展望を試みる。In this paper, I would like to briefly review the transition of the research trends and analytical frames regarding the History of Taiwanese Education in Japan, from the Pre-WWII Period to the present, mainly by reviewing the most important book publications during the period. The scholarship on the History of Taiwanese Education can be divided into two periods: one is the Japanese Colonial Era from 1895 to 1945, and the next is the Republic of China Era from 1945 to the present. The turning point came after the lifting up of martial law in Taiwan in 1987, when Kuomintang's historical view of an anti-Japanese narrative began to accept more moderate and objective views in the evaluation of the past Japanese rule. This change in historical discourse in Taiwan had also influenced trends in Japanese academic circles. Gradually, new research and publications came to focus and underscore the importance of the subjectivity of the Taiwanese people during the Japanese Colonial Era, rather than the long dominant framework which often presupposes a binary opposition between the colonizer and the colonized, oppressor and oppressed.
著者
Tokeshi Masanori 渡慶次 正則 名桜大学国際学群
出版者
名桜大学
雑誌
名桜大学紀要 = THE MEIO UNIVERSITY BULLETIN (ISSN:18824412)
巻号頁・発行日
no.18, pp.227-244, 2013-03

This study aims to clarify the following things in the M University freshmen English program. The four research questions seek to answer; 1) English proficiency expected by students, 2) actual English proficiency, 3) goals and expectations for English learning, 4) benefits of proficiency-based class. The study showed the following results. First, M University freshmen wished to attain a level of abilities between TOEIC 500 and 600 points (which corresponds the level between STEP Grade 2 and Grade Pre-1). Second, there was a discrepancy between English proficiency expected by the freshmen and their actual English proficiency. Third, the freshmen tended to choose 'to get English qualifications' and 'to get a job' as goals of English learning and tended to choose 'English conversation' and 'knowledge of grammar, pronunciation and vocabulary' as expectation for class. Last, about 70% of freshmen supported proficiency-based class system. 'Easy and fun to learn English' was most frequently chosen as its benefits.本研究はM大学の1年次学生の英語プログラムについて次の点を明らかにする事を目的とする。 1)求める英語能力、 2)実際の英語能力、 3)英語学習の目標と期待、 4)習熟度別クラスの利点の4点である。調査結果は以下である。第1に、 M大学1年次はTOEIC500点から600点の範囲(英検2級から準1級の範囲)を目標する傾向にある。第2に学生が求める英語能力と実際の英語能力に乖離があった。第3に英語学習の目標として「英語資格を取得する」 「就職するため」を選択する傾向があった。求める英語能力としては、「英会話」と「文法、発音、語彙」を選択する傾向が強かった。最後に、約70%の学生が習熟度別クラスを支持し、特に「英語が理解しやすい、楽しい」を利点として選択する学生が多かった。