著者
伊藤 美加 長井 誠 早川 裕二 小前 博文 村上 成人 四ッ谷 正一 浅倉 真吾 迫田 義博 喜田 宏
出版者
社団法人日本獣医学会
雑誌
The journal of veterinary medical science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
vol.70, no.9, pp.899-906, 2008-09-25
参考文献数
39

2007年8月,石川県金沢競馬場において馬インフルエンザが発生した.感染馬の症状は主に発熱(38.2-41.0℃)および鼻汁漏出で,呼吸器症状を示した馬はわずかであった.全ての競走馬は不活化ワクチンを接種しており,ワクチンにはH3N8馬インフルエンザウイルス,アメリカ系統のA/equine/La Plata/93株,同じくヨーロッパ系統のA/equine/Avesta/93株,およびH7N7馬インフルエンザのA/equine/Newmarket/1/77株が含まれていた.鼻腔スワブ材料からH3N8馬インフルエンザが分離され,A/equine/Kanazawa/1/2007と命名した.系統樹解析では,A/equine/Kanazawa/1/2007株はアメリカ系統のフロリダ亜系統に属した.さらに,HA1サブユニットのアミノ酸解析を行ったところ,同じアメリカ系統のワクチン株であるA/equine/La Plata/93株と比較して,BおよびEの抗原決定部位に4アミノ酸の置換が認められた.また,回復期の馬16頭から採材した血清を用いて赤血球凝集抑制反応を実施したところ,A/equine/Kanazawa/1/2007株とワクチン株間に1〜3管の差が認められた.これらの結果から,流行株とワクチン株に抗原性状の差が示唆されたが,わが国の現行市販ワクチンは罹患率の低下や発症期間の短縮に貢献したと思われた.
著者
早川 裕二 大津 史子 矢野 玲子 三輪 一智 後藤 伸之
出版者
一般社団法人日本医療薬学会
雑誌
医療薬学 (ISSN:1346342X)
巻号頁・発行日
vol.33, no.6, pp.488-495, 2007 (Released:2009-02-02)
参考文献数
20
被引用文献数
2

The purpose of this study was to identify drugs with a risk of causing Stevens-Johnson syndrome (SJS),toxic epidermal necrolysis (TEN) and drug-induced hypersensitivity syndrome (DIHS) and the risk factors involved.From the CARPIS (Case Reports of Adverse Drug Reactions and Poisoning Information System) database,which contains 40,000 case reports of adverse drug reactions,we determined 258 cases (case group) matching the criteria for SJS/TEN/DIHS stated by the Japanese Ministry of Health,Labour and Welfare.We also selected 774 control cases (control group) which were sex- and age- matched (±1)with the case group.Next,various data were compared between the case group and the control group and the results analyzed statistically.In this regard,logistic regression analysis identified 2 drugs - carbamazepine (odds ratio : OR=5.21,95% confidence interval : 95% CI=2.68-10.06)and acetaminophen (OR=3.41,95% CI=1.12-10.51)that were associated with a significant elevation of the risk of SJS and TEN.Further,mexiletine hydrochloride (OR=205.48,95% CI=28.04-2330.89)and diaminodiphenylsulfone (OR=981.56,95% CI=94.84-25212.82),were found to be associated with a significant elevation of the risk of DIHS.By identifying certain risk factors for SJS,TEN and DIHS,the results of the present study would be useful in preventing severe drug reactions.