著者
髙田 琢弘 吉川 徹 佐々木 毅 山内 貴史 高橋 正也 梅崎 重夫
出版者
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
雑誌
労働安全衛生研究 (ISSN:18826822)
巻号頁・発行日
pp.JOSH-2020-0022-GE, (Released:2021-02-11)
参考文献数
26

本研究は,過労死等の多発が指摘されている業種・職種のうち,教育・学習支援業(教職員)に着目し,それらの過労死等の実態と背景要因を検討することを目的とした.具体的には,労働安全衛生総合研究所過労死等防止調査研究センターが構築した電子データベース(脳・心臓疾患事案1,564件,精神障害・自殺事案2,000件,平成22年1月~平成27年3月の5年間)を用い,教育・学習支援業の事案(脳・心臓疾患事案25件,精神障害・自殺事案57件)を抽出し,性別,発症時年齢,生死,職種,疾患名,労災認定理由および労働時間以外の負荷要因,認定事由としての出来事,時間外労働時間数等の情報に関する集計を行った.結果から,教育・学習支援業の事案の特徴として,脳・心臓疾患事案では全業種と比較して長時間労働の割合が大きい一方,精神障害・自殺事案では上司とのトラブルなどの対人関係の出来事の割合が大きかったことが示された.また,教員の中で多かった職種は,脳・心臓疾患事案,精神障害・自殺事案ともに大学教員と高等学校教員であった.さらに,職種特有の負荷業務として大学教員では委員会・会議や出張が多く,高等学校教員では部活動顧問や担任が多いなど,学校種ごとに異なった負荷業務があることが示された.ここから,教育・学習支援業の過労死等を予防するためには,長時間労働対策のみだけでなく,それぞれの職種特有の負担を軽減するような支援が必要であると考えられる.
著者
髙田 琢弘 湯川 進太郎
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.86.14027, (Released:2015-09-15)
参考文献数
38
被引用文献数
2

In this experimental study, the effects of cognitive load on reckless gambling were investigated among Japanese undergraduates. Changes in the participants’ emotional states and perceived luck while gambling were also investigated. Participants (23 males and 21 females) performed the Game of Dice Task (GDT) consisting of 18 trials; their emotional states and perceived luck were assessed before the first trial and after subsequent trial. Participants in the experimental group were asked to memorize words while playing the GDT, whereas those in the control group were not required to do so. Results indicate that the experimental group gambled more recklessly than the control group while performing the GDT. Furthermore, participants in the experimental group experienced more positive emotions and better perceived luck than the control group. These results suggest that individuals with cognitive load while gambling are likely to interpret their emotional states and perceived luck more favorably and to overestimate the probability of winning. Therefore, these individuals are prone to gambling recklessly.