著者
髙田 琢弘 吉川 徹 佐々木 毅 山内 貴史 高橋 正也 梅崎 重夫
出版者
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
雑誌
労働安全衛生研究 (ISSN:18826822)
巻号頁・発行日
pp.JOSH-2020-0022-GE, (Released:2021-02-11)
参考文献数
26

本研究は,過労死等の多発が指摘されている業種・職種のうち,教育・学習支援業(教職員)に着目し,それらの過労死等の実態と背景要因を検討することを目的とした.具体的には,労働安全衛生総合研究所過労死等防止調査研究センターが構築した電子データベース(脳・心臓疾患事案1,564件,精神障害・自殺事案2,000件,平成22年1月~平成27年3月の5年間)を用い,教育・学習支援業の事案(脳・心臓疾患事案25件,精神障害・自殺事案57件)を抽出し,性別,発症時年齢,生死,職種,疾患名,労災認定理由および労働時間以外の負荷要因,認定事由としての出来事,時間外労働時間数等の情報に関する集計を行った.結果から,教育・学習支援業の事案の特徴として,脳・心臓疾患事案では全業種と比較して長時間労働の割合が大きい一方,精神障害・自殺事案では上司とのトラブルなどの対人関係の出来事の割合が大きかったことが示された.また,教員の中で多かった職種は,脳・心臓疾患事案,精神障害・自殺事案ともに大学教員と高等学校教員であった.さらに,職種特有の負荷業務として大学教員では委員会・会議や出張が多く,高等学校教員では部活動顧問や担任が多いなど,学校種ごとに異なった負荷業務があることが示された.ここから,教育・学習支援業の過労死等を予防するためには,長時間労働対策のみだけでなく,それぞれの職種特有の負担を軽減するような支援が必要であると考えられる.
著者
山内 貴史 須藤 杏寿 丹野 義彦
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.114-116, 2007 (Released:2007-10-30)
参考文献数
7
被引用文献数
10 6

The purpose of this study was to develop Japanese version of Paranoia Checklist (JPC), in order to assess persecutory ideation in a non-clinical population. One hundred and twenty undergraduates completed JPC, the Paranoia Scale, and Peters et al. Delusions Inventory (PDI). Results revealed that JPC had one-factor structure and high internal consistency. JPC scores had positive correlations with scores of the Paranoia Scale and PDI. The results of the present study suggested that JPC had high reliability and validity as a measure of persecutory ideation.
著者
山内 貴史 須藤 杏寿 丹野 義彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.79, no.6, pp.498-505, 2009 (Released:2011-11-03)
参考文献数
29
被引用文献数
3 7

The Brief Core Schema Scales (BCSS; Fowler, Freeman, Smith, kuipers, Bashforth, Coker, Hodgekins, Gracie, Dunn, and Garety, 2006) were devised to assess schemata concerning the self and others. In the BCSS, four schemata——Negative Self (NS), Positive Self (PS), Negative Others (NO), and Positive Others (PO)——are assessed by means of self-ratings. In this study, we developed the Japanese version of the BCSS (JBCSS) and reported the reliability and validity of the scales, using Japanese undergraduates. There were 200 students in the first survey (Time 1) and 128 in the second survey (Time 2). The results revealed that the JBCSS had a four-factor structure, good internal consistency, and acceptable test-retest reliability. In addition, multiple regression analyses with schemata as the independent variables and paranoid ideation and grandiose ideation as the dependent variables indicated that negative schemata about the self and others were generally associated with paranoid ideation, and positive schemata about the self were associated with grandiose ideation. The analyses suggested that the JBCSS had good reliability and validity as a measure of schemata about the self and others related to paranoid and grandiose ideation.
著者
山内 貴史 須藤 杏寿 丹野 義彦
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.79, no.6, pp.498-505, 2009
被引用文献数
7

The Brief Core Schema Scales (BCSS; Fowler, Freeman, Smith, kuipers, Bashforth, Coker, Hodgekins, Gracie, Dunn, and Garety, 2006) were devised to assess schemata concerning the self and others. In the BCSS, four schemata——Negative Self (NS), Positive Self (PS), Negative Others (NO), and Positive Others (PO)——are assessed by means of self-ratings. In this study, we developed the Japanese version of the BCSS (JBCSS) and reported the reliability and validity of the scales, using Japanese undergraduates. There were 200 students in the first survey (Time 1) and 128 in the second survey (Time 2). The results revealed that the JBCSS had a four-factor structure, good internal consistency, and acceptable test-retest reliability. In addition, multiple regression analyses with schemata as the independent variables and paranoid ideation and grandiose ideation as the dependent variables indicated that negative schemata about the self and others were generally associated with paranoid ideation, and positive schemata about the self were associated with grandiose ideation. The analyses suggested that the JBCSS had good reliability and validity as a measure of schemata about the self and others related to paranoid and grandiose ideation.
著者
山内 貴史 須藤 杏寿 丹野 義彦
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.182-193, 2009-03-01 (Released:2009-04-08)
参考文献数
36
被引用文献数
4 4

本研究の目的は,わが国の大学生にみられる被害妄想的観念を測定するため,Freeman et al. (2005) のParanoia Checklistの日本語版 (JPC) を作成し,その内的一貫性および妥当性を検証することであった。研究1では,大学生244名がJPCおよびパラノイア尺度からなる質問紙に回答した。その結果,JPCは1因子構造であること,およびJPCの十分な内的一貫性が確認された。また,パラノイア尺度はJPCの頻度,確信度,苦痛度得点と有意な相関がみられた。研究2では,大学生124名が,特性不安,自尊心,社会不安,特性怒り,ソーシャル・サポートおよびJPCからなる質問紙に回答した。JPC得点を基準変数とした重回帰分析の結果,不安,社会不安および怒りの強い者,およびソーシャル・サポートの少ない者は被害妄想的観念が強かった。以上の結果から,JPCの内的一貫性と妥当性の一部が確認された。また,不安,社会不安,怒り,ソーシャル・サポートは被害妄想的観念の形成や維持に重要な要因であることが示唆された。