著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.191-209, 2013

ハンセン病療養所のなかで60年ちかくを過ごしてきた,ある女性のライフストーリー。 山口トキさんは,1922(大正11)年,鹿児島県生まれ。1953(昭和28)年,星塚敬愛園に強制収容された。1955(昭和30)年に園内で結婚。その年の大晦日に,舞い上がった火鉢の灰を浴びてしまい,失明。違憲国賠訴訟では第1次原告の一人となって闘った。2010年8月の聞き取り時点で88 歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,金沙織(キム・サジク),北田有希。2011年1月,お部屋をお訪ねして,原稿の確認をさせていただいた。そのときの補充の語りは,注に記載するほか,本文中には〈 〉で示す。 山口トキさんは,19歳のときに症状が出始めた。戦後のある時期から,保健所職員が自宅を訪ねて来るようになる。入所勧奨は,当初は穏やかであったが,執拗で,だんだん威圧的になった。収容を逃れるため,父親に懇願して山の中に小屋をつくってもらい,隠れ住んだ。そこにも巡査がやってきて「療養所に行かないなら,手錠をかけてでも引っ張っていくぞ」と脅した。トキさんはさらに山奥の小屋へと逃げるが,そこにもまた,入所勧奨の追手がやってきて,精神的に追い詰められていったという。それにしても,家族が食べ物を運んでくれたとはいえ,3年もの期間,山小屋でひとり隠れ住んだという彼女の苦労はすさまじい。 トキさんは,入所から2年後,目の見えない夫と結婚。その後,夫は耳も聞こえなくなり,まわりとのコミュニケーションが断たれてしまった。トキさんは,病棟で毎日の世話をするうちに,夫の手で夫の頭にカタカナの文字をなぞることで,言葉を伝える方法を編み出す。会話が成り立つようになったことで,夫が生きる希望をとりもどす物語は,感動的だ。 トキさんは,裁判の第1次原告になったのは,まわりから勧められたからにすぎないと言うけれども,その気持ちの背後には,以上のような体験があったからこそであろう。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 = Journal of Japanese & Asian Studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.107-125, 2015

ハンセン病療養所「菊池恵楓園」に暮らす70 歳代男性のライフストーリー。 稲葉正彦さん(園名)は,1934 年,熊本県生まれ。中学を卒業して,神戸製鋼に勤める。26 歳で結婚。ハンセン病の症状が出始め,大阪大学で通院治療を受けるが,「1 日おきの通院」を求められ,勤めを辞めざるをえなくなり,1965 年5 月26 日,菊池恵楓園に収容。結婚して5 年目,31 歳になったばかりの働き盛りであった。兵庫県の車で熊本まで移送されるものの,彼にはこのとき一晩で恵楓園まで着いたのか二晩かかったのかの定かな記憶が再現できない。――このときの悔しさゆえ,1998 年提訴の「らい予防法違憲国賠訴訟」では,原告の一員に加わったのだという。ハンセン病に罹ったこと自体を不遇の根拠と考えてしまうハンセン病罹患者が多いなかで,彼は「らい予防法」ゆえに社会生活を送りながらの通院加療の体制が整えられていなかったのだと,明晰な認識を構築しえているのが印象的であった。 聞き取りは,2011 年7 月8 日,菊池恵楓園の自治会室にて。聞き手は福岡安則と黒坂愛衣。聞き取り時点で77 歳。なお,2012 年12 月7 日,ご本人と読み上げによる原稿確認をした。稲葉さんには隔離収容体験の苛烈さゆえか,"自分が置かれた立場の自己対象化の明晰さ"と同時に,一面"シニカルさ"をも併せ持っているように感じられるが,それも彼を取り巻く社会的関係性の函数であることを伺わせる語りが,この補充の聞き取りで聞くことができた。つまり,2011 年の聞き取りでは,身内からは"供養事は呼ばれても祝い事は呼ばれない"と諦めに似た感慨とともに語っていたのが,2012 年のときには,この1 年のあいだに"姪の子の結婚式に招かれた"ことを喜びとともに語り,ハンセン病問題にかんする"啓発が行き届き始めているのではないか"と,これからに希望を見いだしつつある。 語りのなかで,稲葉さんは「ガンの治療」をしたとサラッと語っているが,どうやら予後はあまり芳しくないようである。2014 年7 月にわたしたちが再度,恵楓園を訪ねたとき,彼の顔色はよくなかった。しかし,その体で彼は,恵楓園自治会の副会長をつとめ,他の自治会役員とともに,月に複数回,恵楓園を訪ねてくる小中学生たちを相手の説明役をこなしている。 なお,〔 〕は聞き手による補筆である。 【追記】稲葉正彦さんは,2015 年1 月3 日永眠された。享年80 歳。合掌。 This is the life story of a man in his 70s living in Kikuchi-Keifūen, a Hansen's disease facility. Mr. Masahiko Inaba (his alias in the Hansen's disease facility) was born in Kumamoto prefecture in 1934. After graduating junior high school, he worked for Kobe Steel. He got married at 26. When Mr. Inaba got Hansen's disease he went to the Osaka University Hospital to seek a cure. He had to quit his job because his doctor told him that he needed to attend every other day for medicine. He was sent to Kikuchi-Keifūen on 26th May 1965. He was only 31 years old when he entered the Hansen's disease facility. It was the 5th year of his marriage and the prime time of his life. He was transferred from Hyogo prefecture to Kumamoto by a car but he did not remember if it took one night or a couple of nights to arrive at Kikuchi-Keifūen. The fury that he felt at that time never disappeared and propelled him to join the lawsuit suing the Segregation Policy for unconstitutionality as a member of plaintiffs 33 years later. In general, many Hansen's disease ex-patients have a tendency to regard having symptoms as individual adversity. However, Mr. Inaba seemed to have a clear opinion that the Segregation Policy and lack of social systems to support Hansen's disease patients in their attempts to carry on a normal life style while making regular hospital visits were real problems. This interview was conducted at the resident association office of Kikuchi-Keifūen on 8th July 2011. Interviewers were Yasunori Fukuoka and Ai Kurosaka. Mr. Inaba was 77 years old at the time of the interview. The interview script was revised with a follow-up interview and then approved by him on 7th December 2012. His stories show his objective and somewhat cynical attitudes toward his own experiences of segregated life in the Hansen's disease facility. Through the follow-up interview we learned that such attitudes were the product of the relationship between him and intimate people around him. When we interviewed him in 2011 he lamented that his relatives invited him for sad events but never sought him for celebrations. However, when we visited him again in 2012, he happily told us that he was invited for the wedding ceremony of his niece's children. Mr. Inaba also added that this event showed a hopeful development of the people's understanding of Hansen's disease. During the interview, he told us he has cancer, and it seemed that he was not in good condition. In July 2014, when we met him again at Kikuchi-Keifūen, in spite of his bad condition, he was serving as vice president of the resident association and giving speeches to young students to explain about Hansen's disease.
著者
黒坂 愛衣
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

・引き続き,被差別部落出身者,ハンセン病病歴者およびその家族,トランスジェンダー,レズビアン,中国帰国者といったインビジブル・マイノリティの聞き取り調査を重ねた。さらに,ハンセン病療養所をフィールドワークし,当事者との関係の構築を図ってきた。・蘭由岐子『病の経験を聞き取る』(2004年)以降,社会学の文脈では,ハンセン病病歴者の姿が隔離政策の「被害者」としてのみ描かれることが批判され,彼ら/彼女らの「生活者」としての姿をとらえるべきだという主張がなされてきた。しかしながら,ともするとそれは,被害を訴える病歴者と,国に感謝する病歴者とを,対立的に位置づけることにつながった。「隔離政策の被害を訴える」語りと,「国に感謝する」語りが,じつは,両方とも隔離政策の力によって生み出されていること。同様に,園内での堕胎について,「意志に反して堕胎させられた」という語りと,「みずから進んで堕胎した」という語りがあるが,これも,両方とも,優性政策の力の強さを示すものであることを,語りの分析によって示した。・群馬県にある国立ハンセン病療養所・栗生楽泉園の入所者自治会が中心となって作成される『栗生楽泉園入所者証言集』編集委員会の一員として,8月から原稿作成作業に専心してきた。これには,ぜんぶで51人の入所者の証言,および,家族や園の元職員らの証言が掲載される予定である。入所者の平均寿命が80歳を超えた現在,これだけの数の当事者の語りを記録できることは,今後はそうそうないことであり,貴重な歴史的資料をつくる営みに参画できた。わたしも編者のひとりであるこの証言集は,2009年夏は出版予定である。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 = Journal of Japanese & Asian Studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.249-275, 2014

ハンセン病療養所「星塚敬愛園」に暮らす80歳代男性のライフストーリー。宮平栄信(みやひら・えいしん)さん――園名は岡忠(おか・ただし)――は,1926(大正15)年,沖縄県渡嘉敷村生まれ。1945(昭和20)年1月,繰上げ徴兵検査。同年3月,入営。同年6月23日の沖縄戦の戦闘終結以後,12月の投降まで,沖縄本島を逃げまどう。1950年5月,沖縄愛楽園入所。1954年,軽快退所。1年間,米軍基地で働いた後,結婚の約束をした岡みどりさん(園名)と本土へ渡る。安定した仕事が見つからず,1955年,夫婦で星塚敬愛園に再入所。妊娠したみどりさんは,沖縄の宮平さんの実家で出産,一子をもうける(なお,夫妻にはもう1人,みどりさんの連れ子の男子がいる)。1968年,再び退所して,愛知県のトヨタ自動車株式会社の工場に勤務。1986年,満60歳の定年を機に敬愛園に戻り,今日に至る。宮平さんが,わたしたちの聞き取りの依頼に応じる決意をしてくれたのは,沖縄戦の体験者として,いわば生き証人としての語りを,もはや何も知らない若い人たちに伝えたいという想いからである。その想いゆえに,宮平さんは,あえて,園名=偽名ではなく,本名で,自分の語りが公表されることを望まれた。じっさい,宮平さんの語る沖縄戦は,すさまじい。旧制中学を繰上げ卒業で召集された同級生15人のうち,生き残ったのは宮平さんただ1人だったという。米軍が上陸したのに対して,「斬り込め!」の命令で突撃した日本兵を待ち構えていたのは,米軍の機銃掃射であり,緒戦で彼の所属する部隊は跡形なくなったという。さらに,撤退した沖縄本島の南端では,アダン樹に隠れる民間人たちが米軍にアダン樹ごと丸焼きにされた光景を目撃している。半年後,投降した宮平さんが,しばしの捕虜収容所暮らしのあと,故郷の島に帰ると,彼の姉は「集団自決」で無残な死をとげていたことを知る。宮平さんの場合,「沖縄戦」と「ハンセン病」という,いずれも希有な体験を2つながらに,重層するかたちで体験している。戦後しばらくして,宮平さんはハンセン病を発症。沖縄愛楽園に入所するが,特効薬プロミンが登場していたことで早期に回復し,また,後遺症がほとんどなかったことにより,やはり後遺症のない妻と一緒での社会復帰が可能となった。それゆえもあってか,どちらかといえば,彼は「ハンセン病」体験は淡々と語ったが,それでも,彼の語りを通して,わたしたちに見えてくる貴重な情報がある。仕事を求めて本土に渡った宮平夫妻だが,安定した職が得られずに,みずから鹿児島の「星塚敬愛園」に再入所する。そのとき,つれあいの妊娠を知り,宮平さんの里である沖縄の島に,妻をいわば"逃がす"ことで,「堕胎の強制」から逃れたのであるが,妻が沖縄愛楽園入所以前に産んだ連れ子は,敬愛園の附属保育所に入れたが,ふたりのあいだに新たに生まれた子どもは,敬愛園の保育所には入れてもらえずに,外の児童養護施設に託さざるをえなかったという。昭和30年代になってもなお,入所者の妊娠・出産・育児を認めようとしない,療養所側の頑なな姿勢がここでも再確認されるのである。宮平さんは,2012年4月22日の聞き取り時点で,86歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣。2012年9月26日に補充聞き取り。〔 〕内は,文意を明確にするための編者による補足である。2013年6月1日に原稿確認。原稿確認の際の補足の語りは《 》で示した。\nThis is the life story of a man of 80s who lives in Hoshizuka-Keiaien, a Hansen's disease facility.Mr. Eishin Miyahira was born at Tokashiki-son in Okinawa prefecture in 1926. (Eishin Miyahira is his real name. Although he uses the alias "Tadashi Oka" in the facility, he himself wanted his real name in this narrative.)He received an accelerated health check for the draft in January 1945, although he was yet 18 years old. In March of the same year, he joined the military. However, after his fighting unit was defeated at the Battle of Okinawa, he wandered the main island of Okinawa for a half year until he surrendered to US army in December 1945. He entered Okinawa-Airakuen, a Hansen's disease sanatorium, in May 1950, and left the facility due to an alleviation of symptoms in 1954.For one year he worked for the American military base in Okinawa. Then he and his fiancee, Ms. Midori Oka (she uses this alias in the facility as Mr. Miyahira does), went to the mainland of Japan to find stable jobs but failed to achieve their purpose. In 1955, they entered Hoshizuka-Keiaien, another Hansen's disease facility in Kagoshima prefecture, of their own accord.When Ms. Oka became pregnant, she decided to leave the facility to give a birth to a girl at Mr. Miyahira's family home at Tokashiki-son in Okinawa, and two years later she came back to Keiaien. (Let me add that they have another child, son, from Ms. Oka's previous marriage before her accommodation to the facility.)In 1968, he left the facility with his wife and worked at the Toyota Motors factory. He returned to Keiaien after he retired from the factory after reaching the retirement age in 1986 and has lived there until present.Mr. Miyahira agreed to this interview because he wanted to share his experience at the Battle of Okinawa, as living evidence for the young people who do not know the history. Thus he decided to make his life story public without anonymity.Mr. Miyahira's story of the Battle of Okinawa is horrendous. He was the only survivor of the battle among 15 classmates who were urged to graduate high school early so that they could be drafted. Mr. Miyahira's fighting unit was demolished in the beginning of the battle. When they charged the US marines landing on the Okinawa coast, they faced the intense crossfire from the American machine guns. He also witnessed a horrible scene when he retreated to the south edge of the main island of Okinawa. American soldiers torched bushes with flamethrowers, indiscriminately burning screw pine kewda trees and the civilians who hid behind them.Six months later, he surrendered to US army and stayed in a POW camp. After being released from the camp, he returned to the home island and learned that his elder sister had tragically died from a massive forced-suicide.Mr. Miyahira experienced two uncommon experiences: the Battle of Okinawa and Hansen's disease.Soon after the war ended, Mr. Miyahira discovered the symptoms of Hansen's disease and entered Okinawa Airakuen. However, he found the symptoms early and underwent Promin treatment, an effective drug treatment for Hansen's disease. He did not suffer any side-effects of the disease, and was able to come back to society with his wife, who also had no side-effects.Mr. Miyahira shared his experience as a Hansen's disease patient in a calm, bland tone because he recovered from the disease in its early stages, but we learned several important facts from his testimony.Mr. Miyahira and Ms. Oka moved to the mainland of Japan to find jobs, but when they failed and found no other alternative, they returned to Hoshizuka-Keiaien. At that time, he found his wife was pregnant but successfully avoided forced-abortion by sending her to his home island in Okinawa to give a birth to the child. They were able to entrusted their first child from Ms. Oka's previous marriage to the children's home affiliated to Keiaien but Keiaien refused to accept their second child to the home, thus they had to leave the child to a children's home outside of Keiaien. This event reconfirms that even in the second half of the 1950's the rigid and outrageous rule banning pregnancy among couples with Hansen's disease was upheld by the facilities.Mr. Miyahira was 86 at the time when the interview took place on April 22, 2012. The interview was conducted by Yasunori Fukuoka and Ai Kurosaka. This script was updated with a follow-up interview on September 26, 2012 and received Mr. Miyahira's approval on June 1, 2013.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.147-185, 2015

ハンセン病療養所から社会復帰して生きる60 代男性のライフストーリー。 竪山勲(たてやま・いさお)さんは,1948 年,鹿児島県生まれ。ハンセン病であった母は,1960 年,自宅で死亡。1962 年,中学2 年のときに,星塚敬愛園に収容される。ハンセン病療養所入所者のために瀬戸内海の長島愛生園に作られた4 年制の高校,新良田教室を3 年で中退,敬愛園に戻る。20 歳のとき脱走。東京で暮らすが,病気が騒いで多磨全生園に再入所。1975 年,敬愛園に送り返される。1998 年,「らい予防法違憲国賠訴訟」の第1 次原告のひとりとして,国を相手取った闘いに立ち上がる。裁判に勝利したあと,2004 年,社会復帰。同年,衆院補欠選挙に民主党から立候補するも落選。2011 年1 月の聞き取り時点で,62 歳。「ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会」事務局長。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,北田有希。 竪山さんは,みずから「群れをなすのは好かん。おれは一匹狼」と語るが,同時に,不条理を見抜く眼力の鋭さは天下一品。竪山さんを抜きには,あの「らい予防法違憲国賠訴訟」は,ああは展開しなかったことは間違いない。 聞き手として,竪山さんの話を聞けてほんとによかったと思えることが,2点ある。ひとつは,国に謝罪と賠償を求めるハンセン病訴訟が星塚敬愛園で始まったのは,田中民市さんが園内放送で園内の入所者に呼びかけ,島比呂志さんが手紙を書いて法曹界に訴えかけ,そして,竪山勲さんが放送界に訴えかけたという,それぞれ独自の3 つの動きが一つに合流することによる,という話である。また,KK さんのハンストに言及しつつ,一人ひとりの命を懸けた闘いが勝利をもたらしたのであり,「ハンセン病裁判にヒーローは要らん」と言い切った竪山さんの言葉に,わたしたちはなるほどと得心した。 いまひとつは,竪山さんは,聞き取りの冒頭で「自分には差し障りになるような個人情報はなにもない」と述べ,じっさいに,東京での「逃亡者のごとき」生活ぶり,多磨全生園に再入所せざるをえなかった経緯,さらには,全生園から敬愛園に強制的に送り返された顛末まで,みずからのライフストーリーを率直に語ってくれた。竪山さん自身は,"自分はいつも道の真ん中を歩いてきた。しかし,跳ねっ返りと言われるようになっていた"と語るが,彼の人生のそれぞれの局面を規定づけていたものが強制隔離政策の「らい予防法」体制であったことは,彼の語りから明らかであろう。 なお,〔 〕は聞き手による補筆である。 This is the life story of a man in his 60s who returned to society after living in a Hansen's disease facility. Mr. Isao Tateyama was born in Kagoshima prefecture in 1948. His mother, who also had Hansen's disease, died at home in 1960. In 1962, he was sent to Hoshizuka-Keiaien, a Hansen's disease facility when he was in the second grade of a junior high school. He dropped out of the third grade of the Niirada class of a four-year senior high school established for Hansen's disease patients in Nagashima-Aiseien on the Seto Inland Sea. He escaped the Hansen's disease facility when he was 20 and had lived in Tokyo, but he was sent to the Hansen's disease facility, Tama-Zenshōen again after his symptoms were aggravated. In 1975 he was sent back to Hoshizuka-Keiaien in Kagoshima prefecture. In 1998, he launched his struggle against the government by joining the lawsuit suing the Segregation Policy for unconstitutionality as a member of the first plaintiff group. In 2001, the lawsuit was decided in favor of the plaintiffs by the Kumamoto district court. In 2004, he returned to society and in the same year ran for the House of Representatives by election but failed to gain a seat. He was 62 years old when this interview was conducted on January 2011. He serves as a bureau chief of the National Association of the Plaintiffs of the Lawsuit Suing the Segregation Policy for Unconstitutionality. Interviewers were Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka and Yuki Kitada. Mr. Tateyama describes himself as a lone wolf that does not join the pack. He has the ability to point out social absurdity and it would have been impossible for the lawsuit suing the Segregation Policy for unconstitutionality to have been developed without Mr. Tateyama. We learned two quite important things from the interview with Mr. Tateyama. First, we found that the lawsuit which claimed the apology and compensation from the government began in Hoshizuka-Keiaien with the combination of three respective movements: Mr. Tamiichi Tanaka's proposal to the ex-patients in the facility by public announcement; Mr. Hiroshi Shima's letters to attract attention from legal community; and Mr. Isao Tateyama's appeal to broadcasting networks. He also mentioned the individuals' desperate struggle invited the win of the suitcase by mentioning Mr. K. K's hunger strike. From this, we can understand Mr. Tateyama's statement, "We do not need a hero for the lawsuit." Second, Mr. Tateyama stated at the early stage of the interview that he did not have any personal information to hide and told almost all of his life story while he lived in Tokyo as a fugitive, how and why he entered Tama-Zenshōen, and the process of coercive re-confinement to Hoshizuka-Keiaien. He used metaphor to describe his life, "I always have walked in the center of the road but became to be said to run and hop." From his story, we learned that the Segregation Policy deeply affected several scenes of his life.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.127-146, 2015

ハンセン病療養所「菊池恵楓園」に暮らす80 歳代男性のライフストーリー。 杉野芳武(すぎの・よしたけ)さんは,1931 年3 月,熊本県生まれ。1942 年9月27 日,菊池恵楓園に入所。この11 歳で母に連れられて恵楓園にやって来たとき,彼は子どもながらに入所を拒否して"脱走"している。ところが,再度母親に連れられて「門をくぐった」彼は「もう外に出るのが怖くなった」と語る。彼が生家の敷居を再び跨いだのは,母危篤の連絡を受けた1979 年のことであった。37 年間も彼の生家への帰省を阻む目に見えない力が,「癩/らい予防法」下のハンセン病療養所には作動していたということであろう。 2001 年のハンセン病違憲国賠訴訟の熊本地裁での原告勝訴のあと,2003 年になって,熊本県内の黒川温泉で恵楓園入所者への宿泊拒否事件が発生。その町は杉野さんの生まれ故郷であった。自治会役員としてこの問題に対処した当事者の視点から,事件の顛末を詳しく語っていただけた。――恵楓園にやって来たホテルの総支配人の"謝罪文"の受取りを入所者自治会が拒否する場面が全国放送で流され,その後,入所者たちに対する誹謗中傷の手紙や電話が殺到した。杉野さんの語りによれば,ホテルに総支配人を訪ねたときは,宿泊拒否は「本社の社長の判断だ」と言い張っていたのが,恵楓園に来たときは「お断りしたのはすべて自分の判断」で押し通したのだという。心からの反省,謝罪を微塵も感じ取れなかったがゆえの,入所者たちの反応だったのだ。 聞き取りは,2011 年3 月15 日,菊池恵楓園の自治会室にて。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,足立香織。聞き取り時点で,杉野芳武さんは,80 歳。2010年,杉野かほるの筆名でおつれあいの杉野桂子さんと『エッセー集 連理の枝』を上梓。囲碁はアマ6 段の腕前で,赤旗主催の棋戦では熊本県代表となって全国大会に出場したこともある。短歌を詠み,随筆も書き,アマチュア無線も楽しむという多才のひとである。 2012 年12 月8 日,原稿確認。2014 年7 月に恵楓園を再訪したとき,白板の7 月の予定表には,入所者自治会の志村康会長,稲葉正彦副会長とならんで,恵楓園を訪ねてくる小中学生相手の説明役として杉野芳武さんの名前も書かれていた。ハンセン病に対する偏見差別をなんとしてでもなくしたいという強靱な意志が,かれらの活動を支えているのであろう。 なお,〔 〕は聞き手による補筆である。 This is the life story of a man in his 80s living in Kikuchi-Keifūen, a Hansen's disease facility. Mr. Yoshitake Sugino was born in March 1931 in Kumamoto prefecture and sent to Kikuchi-Keifūen on 27th September 1942. He was 11 years old and refused to enter the facility when his mother brought him to Kikuchi-Keifūen. He ran away but came to the facility with his mother again to 'enter the gate.' He said that he was scared to go out. He revisited home after hearing the news that his mother was in a critical condition in 1979. It was the first time for him to return home since entering the facility. There was invisible power to disturb him to visit home for 37 years. It must be the Segregation Policy which affected Hansen's disease patients' lives in the leprosy facilities. Even after the unconstitutionality lawsuit against the Segregation Policy was decided in favor of the plaintiffs by the Kumamoto district court in 2001, there was an incident at a hotel in Kurokawa hot springs in which people from Kikuchi-Keifūen were refused entry, in 2003. The town was Mr. Sugino's home. We were able to hear the details because he was involved in the arbitration for this event as an executive member of the resident association of Kikuchi-Keifūen. The general manager of the hotel visited Kikuchi-Keifūen to submit the 'apology statement' but the resident association refused to accept it. This scene was aired by the national broadcasting network. Subsequently, masses of letters and phone calls criticizing the people in Kikuchi-Keifūen rushed in. According to Mr. Sugino, the general manager had claimed that rejecting the Kikuchi-Keifūen people was the hotel president's decision when Mr. Sugino and his colleague visited the general manager at the hotel. However, the manager changed her word when she came to the facility, saying that the manager herself decided to reject the people. All members in Kikuchi-Keifūen could not see even a tiny piece of sincerity from the 'apology.' This interview was conducted at the resident association office of Kikuchi-Keifūen on 15th March 2011. Interviewers were Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka and Kaori Adachi. Mr. Yoshitake Sugino was 80 years old at the time of the interview. Mr. Sugino published the essay book Renri no Eda with his wife Keiko Sugino. He is a skillful 'Go' player with a rank of amateur six-dan, and joined the national Go tournament hosted by Akahata as the representative of Kumamoto prefecture. He is also a man of other talents who enjoys composing thirty-one syllabled verses, writing essays, and operating a ham radio. The interview script was approved by him on 8th December 2012. When we revisited Kikuchi-Keifūen in July 2014, the schedule board in the resident association office displayed that Mr. Sugino worked as the speaker of the explanation of Hansen's disease for young students as Mr. Masahiko Inaba, the vice president of the resident association. The strong determination to abolish the discrimination on Hansen's disease motivates their activities.
著者
TM 福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.31-63[含 英語文要旨], 2009

この調査ノートは,「らい予防法」による「隔離政策」が貫徹していた時代に,ハンセン病を発症しながら,「ハンセン病療養所」に入所することなく生涯を終えた女性を母親にもつある男性のライフストーリーである。TM さんは1945 年生まれ。1956 年ごろ,母親がハンセン病だとの噂が地域社会に広がり始める。1959 年4 月,TM が中学2 年のはじめ,母親は「親戚会議」の決定に従って,「ハンセン病療養所」への入所を回避して,鳥取県から大阪に移住。阪大病院の「らい部門」での外来診療に通院することとなる。4 人の兄と1 人の姉が「逃げて」しまったあと,TM はひとりで母親の面倒をみる。9 年間の大阪暮らしのあと,阪大病院の外来治療に見切りをつけて,母とTM は鳥取県に戻る。TM は出稼ぎをしながら母親の生活を支える。1985年,母親が脳梗塞で倒れ,老人ホームに入所。ここで露骨な差別的扱いを受ける。この時点で,TM は,母親に「よかれ」と思って,「非入所」の生活を支えつづけてきたが,むしろ,ハンセン病療養所に入所させていたほうが母親の老後は幸せだったのではないかと,価値判断の大転換を体験する。このときから,そして,母親が1994 年に亡くなった後も,保健所や県庁を相手に,「らい予防法」に従った適切な対応を怠ってきた責任を執拗に問いつづける。まともに相手にされず,けっきょくは,2003 年,「こまい鉈」で県職員を殴打し,「殺人未遂事件」として刑事事件の被告とされ,「懲役3 年の実刑判決」に服した。TM の"非入所よりはハンセン病療養所に入所していたほうが,母は幸せだったにちがいない"という言説,"行政職員が「らい予防法」に従って適切な対応をしなかったのは問題だ"という言説,そして,"阪大病院のハンセン病治療は,患者家族の経済的立場を十分に考えておらず,治療内容も患者とその家族に十分な説明のないままの診療実験にすぎなかったのではないか"という言説は,2001 年の熊本地裁判決,その後の「ハンセン病問題に関する検証会議」の『最終報告書』(2005年)などによって積み上げられてきたハンセン病問題をめぐる現在の共通理解とは,一見対立するかのようである。しかし,わたしたちの理解によれば,TM の語りは,「らい予防法」体制下の「強制隔離政策」というものは,たんに,当事者の意思にかまわず強制的にハンセン病療養所へと患者を引っ張ってきて閉じ込める《収容・隔離の力》だけでなく,社会のなかに患者とその家族の居場所を徹底的になくして,ときに,患者みずからに,あるいは,患者の家族に,療養所への入所を望ませさえする《抑圧・排除の力》をもつくりだすことによって,はじめて機能していたということ。非入所を貫いたということは,この後者の《抑圧・排除の力》を長年にわたって浴びつづけたことにほかならないこと。それへの憤りが,母親の老人ホームでの差別的扱いで一挙に噴出したことをこそ,雄弁に物語っていると読み取れる。TM の語りは,ハンセン病療養所に「強制隔離された生活」が人権を根こそぎ剥奪された生活だったとすれば,「非入所者」としてハンセン病療養所に入所せずに社会のなかで暮らしつづけることも徹頭徹尾心のやすらぎを奪われた生活であったことを,鮮明に物語っているのだ。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.221-248, 2014

ハンセン病療養所「星塚敬愛園」に暮らす90歳代男性のライフストーリー。坂口守義(さかぐち・もりよし)さんは,1916(大正5)年,熊本県生まれ。出征中の中国でハンセン病を発症し,内地に送り返されて,1941(昭和16)年7月,星塚敬愛園に入所。2010年6月20日の聞き取り時点で,93歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,金沙織(キム・サジク)。2011年1月23日と4月22日に,語り手本人を前にして原稿を読み上げながらの,原稿確認と補充聞き取りをさせていただいた。補充聞き取りでの語りは《 》で示す。坂口さんの語りからは,「反骨精神を貫いた人生!」との矜持が伺われる。徴兵検査甲種合格で,1937(昭和12)年1月に「入営」後,村の娘から手紙が来ると,班長が「その女に手紙を出すな,と言え」と命じるのに,「わたしにはそのひとにそんなことを言う権利はありません」と,軍隊での「成績」への悪影響をもかまわずに,抵抗。ハンセン病が発症して,内地に送り返された1940(昭和15)年11月,門司港上陸直前に,伸び放題になった髪の毛を刈りにきた看護婦が,完全防護の着衣等に身をくるんでいるのを見て,髪の毛を刈ることを拒否。けっきょく,看護婦長に普段のままの着衣での散髪をさせている。1944(昭和19)年,まだ戦時中に,「外出禁止」の療養所を抜け出して,監視員に見つかり,「監禁」の処分を受ける。監禁が解けた彼に,事務部長が「始末書を書け」と要求するも,すでにいちばん重い監禁の処分を受けただけで十分と,拒否。同じく1944(昭和19)年,園内結婚をした彼は,園側からも自治会からも「断種」を求められるが,拒否。断種しなければ「夫婦舎」に入れないというのに対して,園を抜け出して,故郷の役場で婚姻届を出し,それをもって正式な夫婦であることを園長に認めさせて,「断種」を拒否したまま,1950(昭和25)年時点で「夫婦舎」に入居している。妻が妊娠し,敗血症のため「流産」したときには,胎児を自分で始末し,「妊娠」を疑う女医をやりこめている。さらに,戦後になって,入所者自治会が一定の権限をもつようになり,自治会の主導権争いが激化したなかで,代議士や警察署長を相手にしても,抵抗の姿勢を崩さなかったという。あるいは,金員でもってまるめこもうとする園長に,そのカネを突き返すなど,坂口さんが「敬愛園での生活は抵抗の生活だった」と,みずから評しているのも頷ける。原稿確認の作業が一段落したあと,それまでは言葉少なかった「戦争体験」について,あらためてうかがったところ,じつは,自身の「戦歴」の克明な記録を残している,という。坂口さんは,「兵隊としての体験」を語りたくなかったわけではなく,おそらくは,わたしたちが「ハンセン病者としての体験」を聞きたがっていると判断して,ほとんどもっぱら,ハンセン病体験を語ってくれたものと思われる。一連の追加の語りのなかで,初年兵に「生きた捕虜」を銃剣で刺し殺させる「訓練」にあたったことなども語ってくれた。「いま考えれば,身震いするようなことが,当時は平気でできてしまった」と。こうして,貴重な語りを聞き逃すことを避けられて,聞き手としては,遠慮せずにお聞きしてよかったと思う。なお,語り手が「ふくししつ」と発音していても,時代状況からして,療養所が実質的に「収容所」にほかならず,管理が厳しかった時代の「事務別館」をさす場合には,「事務別館(ふくししつ)」と記載することで,意味と発語の双方を記録できるように工夫した箇所もあることをお断りしておく。また,〔 〕は文意を明確にするための聞き手による補足である。This is the life story of a man living in Hoshizuka-Keiaien, a Hansen's disease facility.Moriyoshi Sakaguchi was born in Kumamoto prefecture in 1916. He was discovered to exhibit symptoms of Hansen's disease while he was fighting in the battlefield in China and as a result, was sent back to Japan. He entered Hoshizuka-Keiaien in July 1941. He was 93 years old at the time of the interview on June 20, 2010. Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka, and Sajik Kim acted as interviewers for this study. The interviewers read the script in front of the interviewee twice on January 23 and April 22, 2011 for revision and approval.When we learned of his life story, we found that he possessed much pride for living a life of resistance.He passed the health check for the military draft and joined the army in January 1937. When he received a letter from a girl in his village, the squad leader said to him, "Order the girl to stop sending letters to the camp." However, he replied, "I do not have the right to order her to do that." This kind of resistance would negatively affect his career in the army but he was not concerned about it.On November 1940, when he was sent back to Japan for having symptoms of Hansen's disease, a nurse visited him to cut his long hair before he landed on Moji but he was offended because she insisted on wearing a fully protective suit out of fear of contracting the disease and refused to let her to cut his hair. In the end, the head nurse cut his hair without the suit.In 1944, during the war, when patients were forbidden from leaving the sanatorium, he went out of the facility without permission. He was caught by the guard of the facility and was subjected to solitary confinement as a penalty. After he was released from confinement, the office head tried to force him to write a formal apology but he refused because he believed that the penalty he had endured was more than enough.In the same year, he got married in the facility. Both the authorities and the self-governing body of the facility recommended him to undergo sterilization but he refused. The officials at the sanatorium would not allow him to live with his wife in the room designated for a married couple within the facility. He sneaked out of the facility and went to his hometown to officially register his marriage. He persuaded the head of the facility that he had the right to live with his wife in the room for a married couple because he was legally married. Ultimately, six years later, the facility allowed him to live in the room without undergoing sterilization. His wife became pregnant but miscarried the baby due to septicemia, so he buried the dead body of the fetus by himself, hiding evidence of his wife's pregnancy.After the war ended, patients within the facility were able to obtain increased rights from officials within the facility. Subsequently, the patients were further factionalized due to an ensuing power struggle from within the group. In order to assuage the intensifying power struggle, a congressman and police chief were brought into the sanatorium to intervene. Sakaguchi did not change his attitude of resistance even toward the congressman and police chief. The head of the facility once tried to bribe him into cooperating but he refused, throwing money in his face. He considered his life in the facility to be a life of resistance.After receiving approval of the interview transcript from Sakaguchi, we asked some questions about his experience during the war that he had barely talked about during the interview. In response, he showed us personal records of various events that had taken place during the war. We learned that he did not intentionally hide what he had experienced during the war, and shared only his experience as a Hansen's disease ex-patient because he thought we were only interested in that part of his life. He did share an additional story about wartime experiences, however. When he was a lance corporal in the army, he trained young soldiers to stab live prisoners of war with a bayonet and kill them. He said that now he realizes it was a horrifying experience but he did it with nonchalance at the time. As interviewers, we thought it would be valuable to ask about his experiences as a soldier to provide a more comprehensive account of his life.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.135-152, 2012

鹿児島県にある国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」で暮らす、70代男性のライフストーリー。 語り手のKKさんは、1934(昭和9)年、宮崎県生まれ。1955(昭和30)年12月、21歳のとき、敬愛園に収容される。「ここへは治療しに来たんだ」と、園内での患者作業を一貫して拒否。園内での結婚もしなかった。1998年に提訴された「らい予防法」違憲国賠訴訟では、早い時点で原告になって闘った。2010年7月の聞き取り時点で76歳。聞き手は、福岡安則、黒坂愛衣、金沙織(キムサジク)、北田有希。2010年10月と2011年6月には、補充聞き取りをおこなった。 KKさんがハンセン病の症状に気付いたのは、14、5歳のとき、右手の小指が曲がるなどの、ごく軽い症状だった。ある時期から、保健所職員が療養所入所を勧めに、KKさんの自宅へ来るようになる。21歳のとき、同じ村のYTさんが、ハンセン病の症状が重くなり、敬愛園に入所することになった。KKさんも「家族に迷惑がかかる」と入所を決意。YTさんと一緒の収容バスに乗った。 KKさんは、敬愛園に入所してまもなく、すでに自然治癒し、無菌であることが判明。「無菌なら、なぜ収容したのか。家へ帰せ!」と医者に訴えたが、「予防法があるから」と退所を認められなかった。KKさんは入所後、ハンセン病治療を受けたことは一度もない。手の指に傷ができると、医局では「落としたほうが治りが早い」と切断された。さらに、若いインターンの医者の「実験台」にされて、神経が切られ、顔が歪んでしまった。 KKさんは、国賠裁判の原告に立った思いを「カネじゃない。人間がほしかった」と語る。熊本地裁勝訴後の控訴阻止の闘いの局面では、ひとり、ハンガーストライキをして頑張りぬいた。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 = Journal of Japanese & Asian Studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.135-152, 2012

鹿児島県にある国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」で暮らす、70代男性のライフストーリー。 語り手のKKさんは、1934(昭和9)年、宮崎県生まれ。1955(昭和30)年12月、21歳のとき、敬愛園に収容される。「ここへは治療しに来たんだ」と、園内での患者作業を一貫して拒否。園内での結婚もしなかった。1998年に提訴された「らい予防法」違憲国賠訴訟では、早い時点で原告になって闘った。2010年7月の聞き取り時点で76歳。聞き手は、福岡安則、黒坂愛衣、金沙織(キムサジク)、北田有希。2010年10月と2011年6月には、補充聞き取りをおこなった。 KKさんがハンセン病の症状に気付いたのは、14、5歳のとき、右手の小指が曲がるなどの、ごく軽い症状だった。ある時期から、保健所職員が療養所入所を勧めに、KKさんの自宅へ来るようになる。21歳のとき、同じ村のYTさんが、ハンセン病の症状が重くなり、敬愛園に入所することになった。KKさんも「家族に迷惑がかかる」と入所を決意。YTさんと一緒の収容バスに乗った。 KKさんは、敬愛園に入所してまもなく、すでに自然治癒し、無菌であることが判明。「無菌なら、なぜ収容したのか。家へ帰せ!」と医者に訴えたが、「予防法があるから」と退所を認められなかった。KKさんは入所後、ハンセン病治療を受けたことは一度もない。手の指に傷ができると、医局では「落としたほうが治りが早い」と切断された。さらに、若いインターンの医者の「実験台」にされて、神経が切られ、顔が歪んでしまった。 KKさんは、国賠裁判の原告に立った思いを「カネじゃない。人間がほしかった」と語る。熊本地裁勝訴後の控訴阻止の闘いの局面では、ひとり、ハンガーストライキをして頑張りぬいた。
著者
金 沙織 福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 = Journal of Japanese & Asian Studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.153-172, 2012

ある在日コリアン2世ハルモニのライフストーリーの続編。 語り手の中村幸子(さちこ)さん(仮名)は、1935年大阪生まれ(初回の聞き取り時点で74歳)。9人きょうだいの5番目。戦時下で空襲がひどくなり、それなりに安定した暮らしをしていた大阪から、一家で姫路へ疎開。疎開後は、父親は失業対策事業で働き、家計を支えたのはむしろ、朝鮮半島文化のシャーマンである巫堂(ムーダン)となった母親だった。 幸子さんは、学齢期になると、日本の公立学校である国民学校へ通った。日本人の同級生たちから侮蔑語を投げつけられ、よく喧嘩をした。10歳のときに終戦、「民族解放」を迎える。日本の小学校をやめ、3歳上の兄とともに、同胞たちの始めた民族学校に通った。幸子さんの家は貧しかった。中学3年上のとき、両親に「女は勉強せんでもええ」と言われ学校をやめさせられ、かわりに、近所で洋裁を習った。姉3人はみな19歳で結婚して、家を出た。長男である兄は、日本の高校を出て、日本の大学に進学。幸子さんは、「女は役に立たない」と言う親の言葉に、反発を感じていた。母親は巫堂の仕事で忙しく、幸子さんは、兄が結婚するまでのあいだ、兄の身のまわりの世話をしなければならなかった。それでも、親の目を盗んで映画館やダンスホールへ行くなど、青春時代を楽しむこともあった。なお、幸子さんの3番目の姉は、婚家の家族とともに「北朝鮮への帰国」をしている。 幸子さんは、21歳のとき、親が決めた同胞男性と見合い結婚。夫は、古鉄屋や土建屋などの仕事を始めるが、いずれも長続きしなかった。けっきょく、幸子さんが娘と弁当屋を始めることで、暮らしが安定した。2005年に、帰化により日本国籍を取得。 このライフストーリーでは、戦時中から戦後にかけて、日本社会の在日朝鮮人差別、そして在日朝鮮人社会の「男尊女卑」に抗ってきた生きざまが、豊かに語られている。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院人文社会科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程 (学際系) 紀要 = Journal of Japanese & Asian studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
no.15, pp.67-98, 2018

この聞き取りの記録は,国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」に暮らす90代男性のライフストーリーである。語り手の上田正幸さん(園名)は,1923(大正12)年,長崎県の佐世保生まれ。5 歳以降,郷里の鹿児島県で育つ。尋常小学校5 年で発病,学校で除け者にされるようになり,高等科には進まず,うちの百姓仕事を手伝っていたが,18 歳のとき,1941(昭和16)年7 月の「大収容」で星塚敬愛園に入所。以来,70 数年を療養所で暮らしている。彼の語りは,海軍を退役して,故郷に戻って農業をしながら町会議員をつとめていた父親の思い出から始まる。父への想いをとおして,ふるさとへの想いが語られている。同時に,園内の浄土真宗の信者たちの世話役である「真宗同愛会」の会長をつとめたこともある正幸さんは,師と仰ぐ先輩入園者,山中五郎師が全国に浄財を募って園内に「星塚寺院」を建立した話を,短歌に託して思い出深く語る。彼は,まさに篤信の真宗信徒なのである。「ハンセン病問題に関する検証会議」の『最終報告書』(2005)では,宗教は入所者たちから「らい予防法」体制下での強制隔離政策への批判精神を奪うものとして機能したという側面が強調されたけれども,この語りの標題を「篤信の仏教徒が国賠訴訟の先頭に立つ」としたように,正幸さんは,1998 年に熊本地裁に提訴された「らい予防法違憲国賠訴訟」の第一次原告13 名の一人であった。ハンセン病療養所のなかでの信仰心のもつ意味について,いま一度,実情に即して見つめなおす必要があろう。彼をして原告に立つことを決断させたものは,社会に残された妹さんの「あんちゃんも苦労したんだね」の一言であった。じつに,彼の妹も2 人の弟も,結婚差別の被害に遇っている。聞き取りは,2010 年6 月20 日,午前と午後,あわせて4 時間半に及んだ。聞き手は福岡安則,黒坂愛衣,金沙織。2014 年6 月28 日に補充の聞き取りをおこなったが,紙幅の関係で基本的に割愛。2015 年2 月24 日,読み上げのかたちで原稿確認をおこなった。発表までに時間がかかってしまったが,正幸さんがお元気なうちに活字にできて,ホッとしている。2017 年10 月末に最終稿を星塚敬愛園の上田正幸さんにお送りしたところ,近侍の方から,「上田正幸さんより依頼を受けて校正のお手伝いをいたしました。2 日間にわたり読みあげをして,原稿の確認を行いました。……『自分を残すことができた。自分のほとんどが書いてある。生涯だ。私の物語だ』『縁があれば,またお会いいたしましょう』との言付けでした」との丁寧な手紙が添えられて,数ヵ所,朱の入った原稿を送り返していただいた。語り手と近侍の方に感謝申し上げる。This interview is the life story of a man in his 90s living in Hoshizuka-Keiaien, the national sanatorium. Mr. Shoukou Ueda, the interviewee was born in Sasebo, Nagasaki in 1923 and grew up in Kaghoshima prefecture after he became 5 years old. He got Hansen's disease when he was in the fifth grade of elementary school and had been an outcast. He was graduated from only elementary school and helped farming work of his family. He was sent to Hoshizuka-Keiaien when he was 18 years old through so-called the Grand Confinement in July, 1941. Since that time he has lived in the sanatorium for over 70 years.His life story begins with the memory of his father who had served as a town assemblyman of his hometown after retiring from the navy. He talked about his hometown memory through the memory of his father.At the same time, Mr. Ueda who had served as the president of Shinshu-Doaikai, the society supporting believers of the Jodo-Shinshu sect was telling the story through the tanka (Japanese poem of thirty-one syllables) that Mr. Goro Yamanaka, a senior resident of the sanatorium built Hoshizuka-Temple in the sanatorium with the donation from all over the country. Mr. Ueda is a devout Buddhist believer.The final report of the Investigation Conference of the Problems of Hansen's Disease (2005) emphasizing the part of the religion's function as the tool to undermine the sanatorium residents' criticism on the Segregation Policy under the Leprosy Prevention Law. However, as the title of this research note, "A Devout Buddhist Led the Van in the Compensation Lawsuit against the Government" tells, Mr. Ueda was one of the 13 members of the plaintiffs in the first lawsuit against the Unconstitutionality of the Leprosy Prevention Law at the Kumamoto local court in 1998. We believe it is essential to review the meaning and function of religion in the Hansen's disease sanatoriums.Mr. Ueda said that his younger sister's word saying, "You my brother had a hard time, too" made him stand as the plaintiff of the lawsuit. As a matter of fact, his sister and two brothers received marriage discrimination just because they were the family of a Hansen's disease patient.This interview was practiced in June 20th in 2010. It took four and a half hours through the before noon and the afternoon. Interviewers were Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka and Sajik Kim. Although a follow-up interview was practiced in June 28th in 2014, we have to omit the interview due to the lack of space. We finally verified the contents of the interview with Mr. Ueda by the format of reading and listening in February 24th 2015. We are happy that we can publish this interview with Mr. Ueda while he is still in good health.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.231-260, 2013

小牧義美(こまき・よしみ)さんは,1930(昭和5)年,兵庫県生まれ。1948(昭和23)年3月,宮崎県から星塚敬愛園に収容。1951(昭和26)年,大阪へ働きに出ることを夢見つつ,長島愛生園に移る。病状が悪化し,社会復帰を断念して,1959(昭和34)年,敬愛園に戻る。その後,1962(昭和37)年から1968(昭和43)年まで,熊本の待労院での6年間の生活も経験。1987(昭和62)年から1990(平成2)年には,多磨全生園内の全患協本部に中央執行委員として詰めた。そして,2003(平成15)年にはじめて中国の回復者村を訪問,2005(平成17)年から2007(平成19)年の2年間は,中国に住み着いてハンセン病回復者の支援に打ち込んだ。2008(平成20)年8月の聞き取り時点で77歳。聞き手は福岡安則,黒坂愛衣,下西名央。2010(平成22)年5月,お部屋をお訪ねして,原稿の確認をさせていただいた。そのときの補充の語りは,注に記載するほか,本文中には〈 〉で示す。 小牧義美さんの語りで,あらためて「癩/らい予防法」体制のおぞましさを再認識させられたのが,自分以外のきょうだい,兄1人と妹2人も,おそらくはハンセン病患者ではなかったにもかかわらず,ハンセン病療養所に「入所」しているという事実である。兄は,病気の自分と間違えられて,仕事を失い,行きどころがなくなって,良心的な医師の配慮で「一時救護」の名目で,敬愛園への入所を認められている。上の妹は,義美さんに続いて母親も病気のために入所して,父親は疾うに亡くなっており,社会のなかに居場所もなく,「足がふらついてる」ことでもって,おそらくは「ハンセン病患者」として入所が認められたのだろう。そして,入所者と園内で結婚。下の妹は,敬愛園付属のいわゆる「未感染児童保育所」に預けられたが,中学をおえても行き場所がなく,「おふくろの陰に隠れて敬愛園で暮らしておった」が,やはり,入所者と結婚,という人生経路をたどっている。――義美さんは,きょうだいがハンセン病でもないのに「ハンセン病療養所」の世話になったことに,一言,「恥ずかしい話だけど」という言葉を発しているが,わたしたちには,「癩/らい予防法」体制こそが,義美さんのきょうだいから,社会での生活のチャンスを奪ったのだと思われる。 もうひとつ,小牧義美さんの語りで感動的なのは,当初は,桂林の川下りを楽しむために中国に行っただけと言いながら,いったん,中国の「回復者村」の人びとと出会い,後遺症のケアがなにもされないまま放置されている現実を目にして以降,日本政府からの「補償金」を注ぎ込んで,中国のハンセン病回復者とその子どもたちのための献身的な支援活動に没頭した小牧さんの生きざまであろう。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院人文社会科学研究科
雑誌
日本アジア研究 = Journal of Japanese & Asian studies : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.105-135, 2016

国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」に暮らす70 歳代男性のライフストーリー。岩川洋一郎さんは,1937年2月,鹿児島県は屋久島の生まれ。1948年5月23日,11歳のとき,父親に連れられて,鹿児島県鹿屋市にある星塚敬愛園に入所。第1 回聞き取りは2007年12月26日,星塚敬愛園自治会会長室にて実施。聞き取り時点で70歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,下西名央。第2回聞き取りは2008 年8月17日,同じく敬愛園自治会会長室にて。聞き手の顔ぶれも同じ。現在,星塚敬愛園の入所者自治会の会長をつとめる岩川さんは"予防法があり,こういう施設=ハンセン病療養所があったればこそ,いま自分たちが生き長らえられている"という基本認識の持ち主と思われる。11歳で星塚敬愛園に入所したとき,彼は「さびしさ」を感じなかったという。父親の,屋久島の役場から鹿児島県庁への転勤に伴い,鹿児島市内の小学校に転校してきた彼には,友達がいなかった。しかし,ここ,敬愛園の少年舎には,同年代の同病者がいっぱいいて,一緒に野球なども楽しめて,おかげで孤独を感じずに成長できた。さらに,岩川さんはいまでは"誤診"と疑っているが,数年遅れでやはりハンセン病と診断されて敬愛園に入所してきた父親は,特効薬プロミンの治療を受けて「軽快退所」し,故郷の屋久島で,周囲のみなが彼のことをハンセン病療養所退所者と知りながらも,町会議員を3期12年つとめた。岩川さんには,身近なところに,ハンセン病に罹ったからといって卑屈になるにはおよばないと考えられるだけの,うってつけのロールモデルがあったのだ。「らい予防法」の規制力が多少とも形骸化していったなかでも,多くの療友がまだ"目に見えない鎖"で療養所に縛りつけられていた時期に,彼は車の免許を取得するために「軽快退所」をし,そのあと故郷の屋久島でトラックの運転手として働き,といったかたちで,豪放磊落に青年期を生き抜いている。ただ,彼の場合,根をつめて働きすぎると,ハンセン病の再発とはならないまでも,身体がこたえる状態になり,そのたびに,みずから敬愛園に戻っている。彼は,自分で「わたしはあらゆる仕事をした」と語るように,あるときには,療養所の療友たちとともに,静岡県の山奥の井川ダムの工事現場に出稼ぎに行き,労賃をまったくもらえないという体験をしたり,鹿屋市内の理解あるガソリンスタンド経営者のもとで20年間,敬愛園からの通いの勤めもしたりという,多くの社会経験を有する。そのようにしながらも,合間あいまに,屋久島の海でのトビウオ漁に参加したり,父親亡きあと,屋久島で3 年ばかり蜜柑づくりに精をだしたこともある。そして,年老いた母を見舞ったり,ハンセン病への偏見のゆえに離婚させられ「心の病い」を患うことになった妹のために,たびたび故郷・屋久島を訪れている。――その彼が,高齢化したいまとなっては自分も「社会復帰は無理」「敬愛園が終の棲家」と語る。彼にとって,ハンセン病療養所は,海が時化で荒れるときの避難港のような位置づけをもって所在してきたのだと考えられる。ただし同時に,岩川さんは「政府のハンセン病政策は,悪かったことは悪かったんだ」と語る。前述のように,鹿児島県庁に異動した父親が,人生これからというときに療養所に収容され,退職をよぎなくされた。妹が離婚させられ「心の病い」をえて,精神病院への入退院を繰り返す生涯をよぎなくされた。自分自身,園内で結婚した妻とのあいだに子どもができたが「堕胎」をよぎなくされた,等々。「隔離政策」ゆえの被害を,自身も身内の者たちもモロに受けている現実があるのだ。超高齢化とあいつぐ死去によりハンセン病療養所の入所者数が目に見えて減少していくなかで,「入所者自治会」の存続も危うくなりつつある現在,ひょっとすると星塚敬愛園最後の自治会長として,敬愛園の《これから》を案じ,苦闘しているのが,岩川さんの現在の姿なのかもしれない。This is the life story of a man in his 70s who is living in Hoshizuka-Keiaien, a national Hansen's disease facility.Mr. Yoichiro Iwakawa was born in Yaku Island, Kagoshima Prefecture in 1937. He was brought to Hoshizuka-Keiaien at Kanoya City in Kagoshima Prefecture by his father on May 23, 1948.The first interview was practiced on December 26, 2007 at the head's office of the Hoshizuka-Keiaien residents' association. Mr. Iwakawa was 70 years old when the interview was practiced. Interviewers are Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka, and Nao Shimonishi. The follow-up interview was added on August 17, 2008 at the same place with same interviewers as the first one.Currently Mr. Iwakawa is serving as the head of the residents' association of Hoshizuka-Keiaien. It seems he believes that Hansen's disease facilities were helpful for the survival of Hansen's disease patients. Mr. Iwakawa says that he did not feel any loneliness when he was sent to the facility at the age of eleven. He had to transfer the school when his father moved his work place from Yakushima Town Hall to Kagoshima Prefecture Office. He did not have any friends in the new school but met many young patients of his age in the facility to enjoy playing baseball. Thanks to this circumstance, he was able to grow up without loneliness. A few years later his father also entered Hoshizuka-Keiaien (Mr. Iwakawa considers that his father would have received a misdiagnosis) but was released later with the good condition after the Promin treatment. Although everyone in Yakushima knew about the father's Hansen's disease history, it did not disturb his father's 12 years carrier and leadership as a town councilor. His father was a role model of Mr. Iwakawa. His father taught him that he did not need to feel inferior complex for Hansen's disease.Although the effectiveness of the Segregation Policy was weakened, many Hansen's disease ex-patients had to stay in the facility due to the so-called, 'invisible bondage.' However, Mr. Iwakawa left the facility to get his driver's license. He enjoyed his youthful life at his hometown Yakushima as a truck driver. The only concern was the possibility of the recurrence of Hansen's disease for working hard. He had voluntarily returned to Hoshizuka-Keiaien whenever his health condition became worse even if he did not have recurrence symptoms of Hansen's disease. He said, "I have diverse work experiences." He joined in construction work of Ikawa Dam in Shizuoka Prefecture with his colleagues but, sadly, did not earn any salary. He also commuted from Hoshizuka-Keiaien to a gas station run by the owner who understood Hansen's disease well. Mr. Iwakawa occasionally returned to his hometown. He joined in fishing of flying fish on the sea of Yakushima. He also worked as a farmer to grow oranges for 3 years after his father died. He took care of his old mother and also helped his younger sister who divorced for the discrimination for the family members of Hansen's disease. Despite of these experiences, Mr. Iwakawa who became old now says, 'returning to society is difficult for me' and 'my final home is Hoshizuka-Keiaien.' It seems that the facility was a sort of haven for him when he encountered rough waves of society.However, he also says that there were some problems with the Segregation Policy. His father was forced to resign from his work position when he entered the facility, and his sister suffered from mental illness after the divorce for the family history of Hansen's disease. He got married to a woman whom he met in the facility but they were forced to have an abortion when his wife was pregnant. He was the one of the victims of the cruelness of the Segregation Policy.Currently the number of the residents in the Hansen's disease facility is obviously decreasing due to the members' death for age. It means that the fate of the residents' association is not that bright. Mr. Iwakawa, as the head of the association, is struggling to find another future of Hoshizuka-Keiaien.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.191-209, 2013

ハンセン病療養所のなかで60年ちかくを過ごしてきた,ある女性のライフストーリー。 山口トキさんは,1922(大正11)年,鹿児島県生まれ。1953(昭和28)年,星塚敬愛園に強制収容された。1955(昭和30)年に園内で結婚。その年の大晦日に,舞い上がった火鉢の灰を浴びてしまい,失明。違憲国賠訴訟では第1次原告の一人となって闘った。2010年8月の聞き取り時点で88 歳。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,金沙織(キム・サジク),北田有希。2011年1月,お部屋をお訪ねして,原稿の確認をさせていただいた。そのときの補充の語りは,注に記載するほか,本文中には〈 〉で示す。 山口トキさんは,19歳のときに症状が出始めた。戦後のある時期から,保健所職員が自宅を訪ねて来るようになる。入所勧奨は,当初は穏やかであったが,執拗で,だんだん威圧的になった。収容を逃れるため,父親に懇願して山の中に小屋をつくってもらい,隠れ住んだ。そこにも巡査がやってきて「療養所に行かないなら,手錠をかけてでも引っ張っていくぞ」と脅した。トキさんはさらに山奥の小屋へと逃げるが,そこにもまた,入所勧奨の追手がやってきて,精神的に追い詰められていったという。それにしても,家族が食べ物を運んでくれたとはいえ,3年もの期間,山小屋でひとり隠れ住んだという彼女の苦労はすさまじい。 トキさんは,入所から2年後,目の見えない夫と結婚。その後,夫は耳も聞こえなくなり,まわりとのコミュニケーションが断たれてしまった。トキさんは,病棟で毎日の世話をするうちに,夫の手で夫の頭にカタカナの文字をなぞることで,言葉を伝える方法を編み出す。会話が成り立つようになったことで,夫が生きる希望をとりもどす物語は,感動的だ。 トキさんは,裁判の第1次原告になったのは,まわりから勧められたからにすぎないと言うけれども,その気持ちの背後には,以上のような体験があったからこそであろう。
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.147-185, 2015

ハンセン病療養所から社会復帰して生きる60 代男性のライフストーリー。 竪山勲(たてやま・いさお)さんは,1948 年,鹿児島県生まれ。ハンセン病であった母は,1960 年,自宅で死亡。1962 年,中学2 年のときに,星塚敬愛園に収容される。ハンセン病療養所入所者のために瀬戸内海の長島愛生園に作られた4 年制の高校,新良田教室を3 年で中退,敬愛園に戻る。20 歳のとき脱走。東京で暮らすが,病気が騒いで多磨全生園に再入所。1975 年,敬愛園に送り返される。1998 年,「らい予防法違憲国賠訴訟」の第1 次原告のひとりとして,国を相手取った闘いに立ち上がる。裁判に勝利したあと,2004 年,社会復帰。同年,衆院補欠選挙に民主党から立候補するも落選。2011 年1 月の聞き取り時点で,62 歳。「ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会」事務局長。聞き手は,福岡安則,黒坂愛衣,北田有希。 竪山さんは,みずから「群れをなすのは好かん。おれは一匹狼」と語るが,同時に,不条理を見抜く眼力の鋭さは天下一品。竪山さんを抜きには,あの「らい予防法違憲国賠訴訟」は,ああは展開しなかったことは間違いない。 聞き手として,竪山さんの話を聞けてほんとによかったと思えることが,2点ある。ひとつは,国に謝罪と賠償を求めるハンセン病訴訟が星塚敬愛園で始まったのは,田中民市さんが園内放送で園内の入所者に呼びかけ,島比呂志さんが手紙を書いて法曹界に訴えかけ,そして,竪山勲さんが放送界に訴えかけたという,それぞれ独自の3 つの動きが一つに合流することによる,という話である。また,KK さんのハンストに言及しつつ,一人ひとりの命を懸けた闘いが勝利をもたらしたのであり,「ハンセン病裁判にヒーローは要らん」と言い切った竪山さんの言葉に,わたしたちはなるほどと得心した。 いまひとつは,竪山さんは,聞き取りの冒頭で「自分には差し障りになるような個人情報はなにもない」と述べ,じっさいに,東京での「逃亡者のごとき」生活ぶり,多磨全生園に再入所せざるをえなかった経緯,さらには,全生園から敬愛園に強制的に送り返された顛末まで,みずからのライフストーリーを率直に語ってくれた。竪山さん自身は,"自分はいつも道の真ん中を歩いてきた。しかし,跳ねっ返りと言われるようになっていた"と語るが,彼の人生のそれぞれの局面を規定づけていたものが強制隔離政策の「らい予防法」体制であったことは,彼の語りから明らかであろう。 なお,〔 〕は聞き手による補筆である。 This is the life story of a man in his 60s who returned to society after living in a Hansen's disease facility. Mr. Isao Tateyama was born in Kagoshima prefecture in 1948. His mother, who also had Hansen's disease, died at home in 1960. In 1962, he was sent to Hoshizuka-Keiaien, a Hansen's disease facility when he was in the second grade of a junior high school. He dropped out of the third grade of the Niirada class of a four-year senior high school established for Hansen's disease patients in Nagashima-Aiseien on the Seto Inland Sea. He escaped the Hansen's disease facility when he was 20 and had lived in Tokyo, but he was sent to the Hansen's disease facility, Tama-Zenshōen again after his symptoms were aggravated. In 1975 he was sent back to Hoshizuka-Keiaien in Kagoshima prefecture. In 1998, he launched his struggle against the government by joining the lawsuit suing the Segregation Policy for unconstitutionality as a member of the first plaintiff group. In 2001, the lawsuit was decided in favor of the plaintiffs by the Kumamoto district court. In 2004, he returned to society and in the same year ran for the House of Representatives by election but failed to gain a seat. He was 62 years old when this interview was conducted on January 2011. He serves as a bureau chief of the National Association of the Plaintiffs of the Lawsuit Suing the Segregation Policy for Unconstitutionality. Interviewers were Yasunori Fukuoka, Ai Kurosaka and Yuki Kitada. Mr. Tateyama describes himself as a lone wolf that does not join the pack. He has the ability to point out social absurdity and it would have been impossible for the lawsuit suing the Segregation Policy for unconstitutionality to have been developed without Mr. Tateyama. We learned two quite important things from the interview with Mr. Tateyama. First, we found that the lawsuit which claimed the apology and compensation from the government began in Hoshizuka-Keiaien with the combination of three respective movements: Mr. Tamiichi Tanaka's proposal to the ex-patients in the facility by public announcement; Mr. Hiroshi Shima's letters to attract attention from legal community; and Mr. Isao Tateyama's appeal to broadcasting networks. He also mentioned the individuals' desperate struggle invited the win of the suitcase by mentioning Mr. K. K's hunger strike. From this, we can understand Mr. Tateyama's statement, "We do not need a hero for the lawsuit." Second, Mr. Tateyama stated at the early stage of the interview that he did not have any personal information to hide and told almost all of his life story while he lived in Tokyo as a fugitive, how and why he entered Tama-Zenshōen, and the process of coercive re-confinement to Hoshizuka-Keiaien. He used metaphor to describe his life, "I always have walked in the center of the road but became to be said to run and hop." From his story, we learned that the Segregation Policy deeply affected several scenes of his life.
著者
福岡 安則 黒坂 愛衣
出版者
埼玉大学大学院文化科学研究科
雑誌
日本アジア研究 : 埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程紀要 = Journal of Japanese & Asian Studies (ISSN:13490028)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.121-152, 2011

中村秀子さん(仮名)と村田直子さん(仮名)は、大阪府で生まれ育った姉妹である。秀子さんは1934(昭和9)年生まれ。直子さんは1937(昭和12)年生まれ。聞き取りは、2006(平成18)年3月、秀子さんの自宅でおこなわれた。聞き取り時点で、秀子さんが72歳、直子さんが68歳。聞き手は、福岡安則と黒坂愛衣。この姉妹の語りは、父と兄という男の働き手がハンセン病療養所に「強制収容」されたあとの、悲惨な暮らしぶりをあますところなく証言している。食べるに事欠いた話。遊び相手は誰もいなくなった話。そして、姉は小学校4年で学校へ行くのを止めて、近くの被差別部落の零歳な工場に働きに行った。誰も相手にしてくれない状況のなかでも、近所の素麺屋のおばさんひとりが、素麺の切れ端をこっそりと取っておいてくれたおかげで、生きながらえたという。また、部落のひとたちも、温かかったという。絶望のなかでの一縷の救い、というべきか。戦後まもなく父は邑久光明園で死亡し、ほどなく母も体を壊して死ぬ。姉妹は、「絶対に、こっから動くもんか」と、開き直って生地で生活しつづける。しかし、それは、もとは人の住むところではない「納屋」での暮らしであった。妹は、ひとの勧めで結婚するが、父や兄のことが「バレはしないか」と怯えて暮らす毎日だったと語る。姉妹ふたちの語りは、<意地>と<怯え>という主題を繰り返しくりかえし述べるものとなっている。――ロンド形式の音楽のように、繰り返し同じ主題に立ち返っていく。それだけ、<意地>と<怯え>の想いは、積もり積もったものとなっていて、この聞き取りで噴き出してきたのではないかと思われる。それゆえ、強引な編集によって、時系列にそって筋の通った物語に編み直してしまうことは避け、つねに過去に立ち戻りつつ語られていくという、ふたりの語りの原型をできるだけ保つように留意したことをお断りしておきたい。そしてまた、邑久光明園から多摩全生園に移った兄へのいたわりの話がつづく。それは、兄のどんな我が儘をも受容してきた妹たちの気持ちのあらわれとして語られている。最後は、やっとハンセン病遺族・家族の会である「れんげ草の会」の人たちと出会えたことの喜びが語られる。同時に、家族の立場で国の「隔離政策」に苦しめられてきたことへのお詫びとして、わたしたちの老後を「ハンセン病療養所」で面倒みてくれても当然ではないか、という要望も吐露される。