言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

「寛政重修諸家譜」には、以下のように書かれています。(コマ番号96/541) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082721 「豊臣氏 木下 もとは平氏にして杉原を称す。家定がとき豊臣太閤より豊臣氏をよび木下の称号を与へらる。」 木下家はもともと「平姓、杉原氏」でした。 「豊臣姓、木下氏」をやめて、元の姓氏に戻すことも可能だったと思い ...
寛政重修諸家譜で調べて下さい。大きな図書館にありますし、ネットにもあります。 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082721

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

[寛政重脩諸家譜]
[寛政重脩諸家譜]

Twitter (15 users, 28 posts, 13 favorites)

銕之丞その1 寛政譜 https://t.co/BjgdVKV5af 年録 https://t.co/JwUjOhYAKh 銕之丞その2 寛政譜(当代は次ページ) https://t.co/4W5DaDpEfS 江戸幕府日記(339コマ) https://t.co/PYOnYVsSrR
銕之丞その1 寛政譜 https://t.co/BjgdVKV5af 年録 https://t.co/JwUjOhYAKh 銕之丞その2 寛政譜(当代は次ページ) https://t.co/4W5DaDpEfS 江戸幕府日記(339コマ) https://t.co/PYOnYVsSrR
@Tdr_moeguti4065 https://t.co/yGNtYkWI7J 状況証拠ですが、ここと合わせて確定させたのでは?
ただこの花井庄右衛門はたぶん↓の系譜の吉久じゃないかと思うのだけど元禄十年まで生きているのだよねえ 年73歳 この記事は何なのだろう https://t.co/FMiMiCI1rO
寛政重修諸家譜って、江戸時代以前の記述については、 はなはだ信用しがたい。 https://t.co/OnzfkN1HMg 牛久藩主山口氏が周防大内氏族って称しているのも、仮冒だと思う(って言うと怒られる?) 牛久藩主山口氏は、実際は先祖不詳の尾張の地侍で尾張佐久間氏の家臣かなんかだったんじゃないかな?
未勘源氏の森氏が丸に梅鉢の家紋を使っている情報はあったのだが其々の没年と墓の没年が異なるから違いそうだ やっぱり大名や旗本ではないな https://t.co/AmCT5gWAVX
『大改訂増補 武芸流派大事典』を読んでいて思ったことメモ 田宮流長谷川派について 系譜は長谷川(布施)正輝−正忠−正秀。『寛政重修諸家譜』https://t.co/Vw6UoVhNnUでその家系を確認できる。 正秀は長谷川英信の法蔵院流長谷川派の使い手でもあるようだが、「長谷川」姓が共通するのが気になる。
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/GjAwyVYmci 光忠 出羽守 織田家につかふ。 光次 内作 織田右府に属し、元亀三年武田が兵と合戦し、美濃國下村にをいて討死す。 ※光忠には下村で死んだことが書かれておらず、小里内作光次が小里内記の事を指す?
鵜殿長持の子孫はこの家系か。家は絶えてしまったのだろうか? https://t.co/3w6YYQsVAJ
「甲斐国志」 https://t.co/e81VbtMWxC 三枝監物は三枝監物吉親?。幕府に仕えているので、田野で殉死していない。 「寛政重修諸家譜」 https://t.co/hzZgFM30Du 三枝監物吉親は三枝虎吉の四男。 https://t.co/zyab7DTmi1 前後の兄弟の年齢を考えるに、天正十年時は二十二~三十三歳。
小笠原六五郎は、どちらの小笠原氏かと思ったら、 元々は遠江の土豪の堀江氏で、高天神小笠原長高の 一族に準じて、小笠原名字を名乗った家だそう。 この家、紀州藩士から徳川吉宗将軍就任のときに幕府旗本に転じて、代々累進して7000石の知行を得るまでになっています。 https://t.co/ynXk39C5w8 https://t.co/8pZ5Dq5KNY
寛政重修諸家譜 巻第1198 『深谷』 https://t.co/UkABSPCUsI
https://t.co/pBmf93HmcZ ここの211コマ目…… 定信在職中の話だなって思うと何か難癖とか挑発とかなかった? とも思っちゃうけど。 二十歳そこそこの若者が、これだけ色々あれば多少は荒れても仕方ないよね、とも…… https://t.co/Zda8JX5N8I
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/XF4AMvEWnC 小笠原義信(義頼の長男) 天正二年質となりて甲斐国にいたり、のち父が家を継、二千石を知行し、千石を弟半五郎氏信にわかちたまひ、その餘三百石を父が隠栖の料にあてらる(義頼は慶長18年9月12日に亡くなる) https://t.co/Wb08dKDmqo
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/Mrk4cc8897 小笠原義頼 (氏興の弟・信興の叔父) 天正二年五月武田勝頼高天神の城をせむるのとき、使節を浜松にはせて御加勢をこひ申のところ、人質をたてまつるべきむね仰下さるるにより、弟惣兵衛清広を献ぜしかば加勢の士五十騎をさしむけらる。
( ..)φメモメモ 後でゆっくり読む 小笠原義頼の項目、人物名が多く楽しそう。 「寛政重修諸家譜」 https://t.co/XF4AMvEWnC ちょっと気になる点 武田家とも和議ととのひ、見附原東坂にをいて男義信(小笠原義頼長男)をもつて勝頼の質武田信豊と人質を相かふ。
@W5Sk22UpNI8gVhr 旗本で貞を通字にしているであろう家が2つ 一つは https://t.co/BjgdVKCVW7 もう一つが https://t.co/4W5DaDGHhS
@W5Sk22UpNI8gVhr 旗本で貞を通字にしているであろう家が2つ 一つは https://t.co/BjgdVKCVW7 もう一つが https://t.co/4W5DaDGHhS
https://t.co/MqjcSZioeG
「寛政重修諸家譜」 https://t.co/zyab7DTmi1 同様に三枝昌吉は源八郎 平右衛門 土佐守である https://t.co/hzZgFM30Du 三枝昌親が監物である 「甲斐国志」 https://t.co/fmdapKrySM 31コマ目に三枝昌吉 虎吉の男初め源八郎(中略)平右衛門と改む(中略)任₂土佐守 ₁ 32コマ目に三枝監物吉親
@maerschtronome 以前私の作った寛政譜の目次を紹介いただきありがとうございます https://t.co/O88akczw03 さて、この吉次について寛政譜では冒頭のほんの一部のみに掲載されています https://t.co/EcGUdnBEDr 長救冒頭の3行目から4行目
寛政重脩諸家譜. 第7輯 https://t.co/kril4oemkr この人については寛永系図と干城録も確認したいところ。

Wikipedia (27 pages, 32 posts, 12 contributors)

編集者: Quark Logo
2022-01-07 23:50:01 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 桂鷺淵
2021-12-22 15:30:14 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 桂鷺淵
2021-08-30 00:29:59 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 小峯堂
2021-08-22 17:58:41 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Bcxfubot
2021-01-10 15:10:31 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 松茸
2020-09-11 07:39:56 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Ega Skylark
2020-07-16 09:44:09 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: デザインケーヴ
2016-04-27 00:17:05 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: デザインケーヴ
2016-04-27 00:16:55 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト