言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (4 users, 4 posts)

遠藤 富貴子さんのFBより GHQが真っ先に焚書した本…じっくりお勉強します。 ━―━―━―━―━―━―━―━―━ 【國體の本義】 ●GHQ焚書図書開封 第34回 GHQ焚書図書開封 第34回 http://youtu.be/MQqqu4CyJnU 第35回 GHQ焚書図書開封 第35回 http://youtu.be/JoEhsQIiveY 第36回 GHQ焚書図書開封 第36回 ...
遠藤 富貴子さんのFBより GHQが真っ先に焚書した本…じっくりお勉強します。 ━―━―━―━―━―━―━―━―━ 【國體の本義】 ●GHQ焚書図書開封 第34回 GHQ焚書図書開封 第34回 http://youtu.be/MQqqu4CyJnU 第35回 GHQ焚書図書開封 第35回 http://youtu.be/JoEhsQIiveY 第36回 GHQ焚書図書開封 第36回 ...
遠藤 富貴子さんのFBより GHQが真っ先に焚書した本…じっくりお勉強します。 ━―━―━―━―━―━―━―━―━ 【國體の本義】 ●GHQ焚書図書開封 第34回 GHQ焚書図書開封 第34回 http://youtu.be/MQqqu4CyJnU 第35回 GHQ焚書図書開封 第35回 http://youtu.be/JoEhsQIiveY 第36回 GHQ焚書図書開封 第36回 ...
遠藤 富貴子さんのFBより GHQが真っ先に焚書した本…じっくりお勉強します。 ━―━―━―━―━―━―━―━―━ 【國體の本義】 ●GHQ焚書図書開封 第34回 GHQ焚書図書開封 第34回 http://youtu.be/MQqqu4CyJnU 第35回 GHQ焚書図書開封 第35回 http://youtu.be/JoEhsQIiveY 第36回 GHQ焚書図書開封 第36回 ...

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

Twitter (79 users, 143 posts, 54 favorites)

上和ぎ下睦びて、事を論はむに諧ひぬるときには、則ち事理自らに通ず。何等か成らざらむ。 と示し給うたのも、我が国のこの和の大精神を説かせられたものである... (引用終『国体の本義』より) https://t.co/tjjZaeR38N
創造が行われる。このことは、又郷党に於ても国家に於ても同様である。国の和が実現せられるためには、国民各々がその分をつくし、分を発揚するより外はない。身分の高いもの、低いもの、富んだもの、貧しいもの、朝野・公私その他農工商等、相互に自己に執著して(続く https://t.co/tjjZaeR38N
対立をこととせず、一に和を以て本とすべきである。要するに我が国に於ては、夫々の立場による意見の対立、利害の相違も、大本を同じうするところより出づる特有の大和によってよく一となる。すべて葛藤が終局ではなく、和が終局であり、破壊を以て終らず、成就によって(続 https://t.co/tjjZaeR38N
結ばれる。ここに我が国の大精神がある。而して我が国に現れるすべての進歩発展は、皆かくして成される。聖徳太子が憲法十七条に、 和を以て貴しとなし、忤ふることなきを宗と為す。人皆党有り、亦達れる者少し。是を以て或は君父に順はずして、乍隣里に違ふ。然れども(続 https://t.co/tjjZaeR38N
我が国に於ては、特有の家族制度の下に親子・夫婦が相倚り相扶けて生活を共にしている。「教育ニ関スル勅語」には「夫婦相和シ」と仰せられてある。而してこの夫婦の和は、やがて「父母ニ孝ニ」と一体に融け合はねばならぬ。即ち家は、親子関係による縦の和と(続 https://t.co/tjjZaeR38N
夫婦兄弟による横の和と相合したる、渾然たる一如一体の和の栄えるところである。更に進んで、この和は、如何なる集団生活の間にも実現せられねばならない。役所に勤めるもの、会社に働くもの、皆共々に和の道に従はねばならぬ。夫々の集団には、上に立つものがおり(続 https://t.co/tjjZaeR38N
下に働くものがある。それら各々が分を守ることによつて集団の和は得られる。分を守ることは、夫々の有する位置に於て、定まつた職分を最も忠実につとめることであって、それによって上は下に扶けられ、下は上に愛せられ、又同業互に相和して、そこに美しき和が現れ(続 https://t.co/tjjZaeR38N
『国体の本義』という大日本帝国人愛読書に登場する「和の精神」は『教育勅語』同様の特殊な考え方。「和の精神」という文字列を誰がどのような根拠で使っているのか確認したほうが良いと思う、この国では。 引用:この和の精神は広く国民生活の上にも実現せられる。(続 https://t.co/tjjZaeR38N https://t.co/gVdIvl8AnB
「国体の本義」という官製トンデモ本についてはこのへんとか。 https://t.co/EWWk98RGwi 今どきはネットでも読める。 https://t.co/rtoaYfo4Bs 日本会議系の超論理的な主張の原点がここに凝縮されている、と考えることもできそう。
これは戦前にも起きた事で、帝国大学教授達が煽った日本主義も、 非科学的だったけど学問の自由だったわけで。 学問の名前でやられたらひとたまりもない。 日本には何が学問であるのかの定義がないから、演劇ですら科学へ混ぜられる。 https://t.co/SctkDegohX
”その一環として『国体の本義』が編纂され、国体明徴運動の理論的な意味づけをおこなった。” 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/AXBZcoQZj6
@asuno_jiyuu 戦前みたいに学者達が「日本主義」で思想界を席巻する 「学問の自由」は大切ですよね。 とはいえ、これらの経緯は学校の教科書には掲載されないけれど。 https://t.co/SctkDegohX https://t.co/F2fUUSyf2F
??臣民の道 https://t.co/F2fUUSyf2F も、 国体の本義 https://t.co/SctkDegohX も、帝国大学人文社会科学者が書いたし、 新聞各社で戦争煽ったのは今の左翼にあたる知識人なのに、 戦後いきなり善人になるの?? 科学者は軍人と同じく危険だから、文民統制も必要だよ。 https://t.co/dKqx1qMpzf
西洋諸国の個人主義、自由主義と違い肇国以来我が国は、「清き明き直き心」を持って国語・風俗・習慣等を発達してきたのである。 https://t.co/vRZe8SHUNk 国体の本義 - 国立国会図書館デジタルコレクションより
@CEvPhxWFS8poieL @sachihirayama 在日朝鮮人で、韓国式で行ってるだけ。大和民族でない。 そんな見方も有りますよ 西洋諸国の個人主義、自由主義と違い肇国以来我が国は、「清き明き直き心」を持って国語・風俗・習慣等を発達してきたのである。 https://t.co/vRZe8SHUNk 国体の本義 - 国立国会図書館デジタルコレクション
@funataro123 今マスコミないもの 西洋諸国の個人主義、自由主義と違い肇国以来我が国は、「清き明き直き心」を持って国語・風俗・習慣等を発達してきたのである。 https://t.co/vRZe8SHUNk
西洋諸国の個人主義、自由主義と違い肇国以来我が国は、「清き明き直き心」を持って国語・風俗・習慣等を発達してきたのである。 https://t.co/vRZe8SHUNk https://t.co/C7myrrHz3t
@midorimaru_ 日本、タイ、アフリカの小国以外。欧米列強の支配影響下。西洋諸国の個人主義、自由主義と違い肇国以来我が国は、「清き明き直き心」を持って国語・風俗・習慣等を発達してきた大和民族は何をすれば良いか?熱き心を持ってた時代でもあった。参考図書。国体の本義。 https://t.co/55hDjizJpO
@midorimaru_ 昭和13年に民主主義の欠点指摘されています。気むいたら一度読まれたら いいと思います。 https://t.co/55hDjizJpO
@tosiho @hasumi29430098 中国、朝鮮は、儒教影響で大陸から見れば別姓は、そう見える。 ちなみに戦前の日本の考えは、国体の本義よれば「我が国民の生活基盤は、西洋の如く個人でもなければ夫婦でもなく。それは、家である。」 https://t.co/55hDjizJpO
@subutanon @hinatanococo そうです。北京で発見されたものです。 国立国家図書館デジタルコンテンツ 「国体の本義」文部省発行 https://t.co/vRZe8SZwbU 武士の精神「我が武の精神は、殺人を目的にせず活人を眼目とする」「大和即ち平和を現ぜるもの」この映像を見るとこの事が実感します。
@ad_da1 @Kotaroganbare @yobu_dai @Tukuyomi_107ga @g154XX @Naoki70patriot @hitoshi44867230 @GCXVTCnCmxI3SUf @bettarabt1966mh @XOPieFszaUHXlgN @fa4ce9b80da3407 @miracle24819324 @777Taku7 ・ここで原文が読めます。 https://t.co/aQp5EIbSdI ・ここで現代語訳が読めます。 https://t.co/8xTF0gKP8p
#教育勅語 の「一身を捧げて 皇室国家の為につくせ」の著作権も文責も、「臣民の道 https://t.co/RE8aUfxXFb 」も「国体の本義 https://t.co/v94yKOYpep 」も東大の先生や文部省の著作物。子供に教えたのは学校の先生達。彼等のカルト性の問題 https://t.co/DBTFw908up
#教育勅語 や日本書紀をこねくり回して軍国主義的解釈を作りあげて国民をだましたのは、臣民の道 https://t.co/RE8aUfxXFb とか 国体の本義 https://t.co/v94yKOYpep とかを書き上げた学者さんと文部省。子供を黙々と洗脳して挽肉にしたのは先生達 https://t.co/hM561JRRSw
文部省と学者が「 #臣民の道 」 https://t.co/RE8aUfPz3L 「 #国体の本義 」 https://t.co/v94yKOGOmR を出した。今は、今もその当時のねつ造解釈のままの #教育勅語 を広めている。一度、よく考えてみたらいいのに。本当の直訳は何になると思う?
1937年文部省「国体の本義」 https://t.co/v94yKOYpep も、1941年文部省教学局「臣民の道」 https://t.co/RE8aUfxXFb も凄い。文部省だから子供達はすぐに洗脳されてしまう。知識人のみなさんはこれも昭和天皇が作らせたものだと言われるのかしら?
「国体」早わかり 文部省『国體の本義』 https://t.co/QSMBy9IOsk https://t.co/kjWIODi8u8
文部科学省が1937年に出した本。(画像は結語のあたり) 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/6XQbTHkTT0 https://t.co/aNn52ODSrO
@herrlich123 『國體の本義』国会図書館のデジタルコレクションに入つてゐました https://t.co/moo8PuAvo4
https://t.co/aS0QVqAn42
https://t.co/rkGc7q9Y2i 「國體の本義」著者:文部省 編、出版者:文部省、出版年月日:1937 国立国会図書館デジタルコレクション
国会図書館さすが http://t.co/YJ4O6YmAaw
便利ですね〜。「國體の本義」という本を読んでみたいと思ったんですが、図書館では館内閲覧になってるし(そりゃそうでしょうが)そしたら、国会図書館のサイトからPDFファイルとしてプリントアウトもできるんですね。少しずつ読んでみようと思いますhttp://t.co/WC47N6qSf7

収集済み URL リスト