言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (1 users, 1 posts)

「思ひおもひの交通」は、朝日新聞社版(1931年)では171頁。 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1160219

はてなブックマーク (3 users, 5 posts)

[本][歴史] 柳田國男 他の巻は著者が違うこと今知った http://kindai.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%8F%B2+%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE
[本][歴史] 柳田國男 他の巻は著者が違うこと今知った http://kindai.ndl.go.jp/search/searchResult?searchWord=%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E5%8F%B2+%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE
[酒][展示][デジコレ][図書館][国会図書館] 第7章「酒」

Twitter (15 users, 20 posts, 2 favorites)

明治大正史めっちゃ面白い。日本人の白米への情熱見るたび笑ってしまうわ 「よく磨がれた米の飯の光は美しい」 https://t.co/tTft7ZMIIg https://t.co/S2N1Tr1FIa
にらめっこの始まりについては,柳田先生がこんなことを書いておられるのだ。 『明治大正史』第4巻 世相篇より「四、世間を見る眼」 https://t.co/jxMFS2xtQ1
柳田国男のいう一品料理とは、西洋料理の一品料理のことです。「明治大正史第4巻 世相篇」はデジタルライブラリで読むことができますが、71ページを読むとこのことが理解できます。 https://t.co/gYWBHYh6Qw
@shomotsubugyo 火の分裂は食事・暖房・照明の各機能に亙る。『明治大正史世相篇』二章「食物の個人自由」三節、小鍋立ての「爐火の分裂」https://t.co/vqbrm59I2X。三章「家と住心地」三節(Cf.… https://t.co/YJ5Jm3Bv2K
@shomotsubugyo 柳田國男『世相篇』「落選者の行方」https://t.co/bi7oVOsEAx「大抵は轉じて反動の趣味に生きようと努めたのである」「自分は自分だけで活きて行かうといふやうな、氣樂な考へ方」「是が東洋… https://t.co/aHXSbpoZ8I
「浮世を茶にするといふことは(略)昔から失意の人々の良い隱れ處」…「現代に於ては(略)彼等の社會評論といふものは可なりの重みを以て傾聽せられて居る」https://t.co/bi7oVOsEAx これを柳田國男の杉村楚人冠評「無意… https://t.co/tMrrgLCceN
「落選者の行方」https://t.co/PU8kzDgSzS。要は、明治以來の教育と出版の隆盛下で讀書熱を煽られながら、遂に成功青年たり得ず指導者ともなれず向學心をクール・アウト(竹内洋)し損ひ、良く言って在野の遺賢、多くは世の拗ね者となった半端なインテリである讀者どもの歴史。
「やゝ卓越した者が日本では非常に迷うたのであつた」https://t.co/Hqcsi8hjWg「最も大きな不幸は時を失つた者の、改めて凡庸の道を踏み得ないことであつた。」「明治の教育は何の目途も無しに、たゞ斯ういふ人物を澤山に産出して居た」――『明治大正史世相篇』「群を拔く力」

収集済み URL リスト