言及状況

Twitter (20 users, 23 posts, 62 favorites)

『甲陽軍鑑』の「駿河今川氏真公馬のあか薬」云々のとこ。品第四十下。 左ページの左から6行目より。 https://t.co/P1n5qem8cL 左ページの左から5行目より。 https://t.co/sKPWG2gv8C… https://t.co/58dBj1R6zN
@haneko_tweet わりと綺麗で読みやすいから、これもあげる。左から4行目以降。 甲斐志料集成. 9 甲陽軍鑑 10巻下 品32 https://t.co/XRLqe8ultg
@tkd_114 そこにて伝右衛門 立あがり鎖子を押上る" "伝右衛門・越中両人にて無理の介か具足の上にきたるなはの羽織をはぎ取、以来無理ノ介とは名のらすまじきと申、勝頼公あつかいなされ、なはのはおりは其場においてかへし候"… https://t.co/zN6Hk1DG1M
@tkd_114 『甲陽軍鑑』品第36 https://t.co/DNwtdLfGZ1 "さありて花沢の城門わきへ五人つきたる衆は四郎勝頼公・長坂長閑・名和無理介・諏訪越中・初鹿の伝右衛門なり、城のあけ鎖(ジャウ)子を無理ノ介あけ… https://t.co/b6dEqtvzms
『甲陽軍鑑』品第33 巻10下 https://t.co/llkctnzj15 "永禄八年乙丑に天下を持、三好左京太夫分別ちがひ、家老の松永弾正意見に付、公方光源院殿義輝公をうち奉るなり、仮初にきくも、主君をうち奉るは いまはしき… https://t.co/3Eqo2ZPxS4
"此比(ゴロ)は公方を殊外慢(アナド)り奉り、盃を始めて公方へさし、茶をたべ残しては是を公方のましませなどと云、又公家近衛殿などをも、やい近衛などと、様々徒(イタヅラ)を仕り、異相をたて候間彼信長を倒なされ度と有其使也" https://t.co/UVFOPAJzrA
https://t.co/u9Plikr1Gs https://t.co/fIWXfh3lIE これはさすがに無理があるな…(笑)
近代デジタルライブラリー - 甲斐志料集成. 9 https://t.co/8rzWE2ExG7 甲陽軍鑑あった…これで全部なのかな?

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト