三浦介 (@miurano_suke)

投稿一覧(最新100件)

RT @washou3956: メモ。津野倫明「朝鮮出兵に関する豊臣秀吉文書の年代比定」(「朝鮮出兵に関する豊臣秀吉文書の年代比定:豊臣秀吉文書の集成にむけた基礎的分析」研究成果報告書、2016~19年度科学研究費補助金〈基盤研究C〉、2019年3月)未確認。朝鮮出兵時の秀吉文…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期、女房奉書の史的役割 : 『守光公記』を中心に (二〇一〇年度総合女性史研究会大会 大会の記録 : 官僚制と女性) https://t.co/BkATR4t3Ln #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  戦国期の女官と女房奉書--『守光公記』に見る長橋局を中心に https://t.co/6uvgKkAMo7 #CiNii
RT @1059kanri: このへんの、大勢力に従う事と、自己の独自性を守ろうとする事との危ういバランスは、一向一揆だけでなく戦国大名と国衆の間にも数限りなく有ったのでしょうね。類例は現在にも大量にありそうです。EUとか。 https://t.co/na8UL5P8Xd
RT @washou3956: PDF公開。神田千里「『越州軍記』にみる越前一向一揆」(『東洋大学文学部紀要.史学科篇』44、2019年3月)不明な点が少なくない越前一向一揆について、天正五年の奥書を持つ軍記物「越州軍記」を慎重に扱いつつ、北陸諸勢力との「外交」や政治史に即して…
RT @washou3956: PDF公開。米澤洋子「中近世移行期における村落の動向」(『女性歴史文化研究所紀要』27、2019年3月)康正3年~文亀2年までの山科家膝下荘園山科東庄について、山守衆筆頭の三郎兵衛に焦点を絞り「家」の存続と継承過程」を提示。https://t.c…
RT @holy_sengoku: 三宅国秀は遣明船について調べていて知った人物ですが、遣明船といえばこちらの論文も面白かったです。天文年間の遣明船を推進したのは誰だったのか、とか。畿内戦国史をある程度ご存知の方には、楽しめる内容かと。 https://t.co/cEPkruB…
RT @washou3956: PDF公開。家永遵嗣・水野圭士・林哲民・タトヤン=ディミトリ・小口康仁・野里顕士郎・熊谷すずみ・安達悠奈「国立公文書館所蔵『初任大饗記』、国立歴史民俗博物館所蔵『義満公任槐召仰議并大饗雑事記』」(『人文』17、2019年3月)https://t.…
RT @shima_126: 馬部隆弘「丹波片山家文書と守護代内藤国貞」https://t.co/mdzlpShuaf いつの間にかPDF公開されてました。 >史料にしばしば登場するも、何者なのかよくわからない人物が畿内の戦国史には非常に多く残されている 冒頭からそれなボタン連…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  上杉謙信の越山と常陸(その1) https://t.co/5FxpxP0V5I #CiNii
RT @fifth_rank: CiNii 論文 -  上杉謙信の越山と常陸(その1) https://t.co/l70ikqBWL7
RT @RTAF_JSG: そういえば、中尊寺讃衡蔵に特に説明もなく「平泉諸寺参詣曼荼羅」という絵図の複製が展示されていて気になっていたのですが、ググってみたらこんなのがありました。 【門脇佳代子 :静岡市立芹沢銈介美術館所蔵「中尊寺参詣曼荼羅二曲屏風」について】 https:…
RT @washou3956: メモ。小川弘和「中世肥後国府と菊池氏」(『熊本学園大学論集『総合科学』』24-1、2018年12月)https://t.co/f2D65UK5uQ #CiNii
RT @kashiwagiyugehi: 高松百香「中世の結婚と離婚 : 史実と狂言の世界」(『武蔵野大学能楽資料センター紀要』31) https://t.co/reekcxM1cS おもしろそう…そして論文などがネットで読めるようになり、仕事の休みでなければ大学図書館などに行…
RT @washou3956: メモ。CiNii 博士論文 - 中世門跡社会の研究 https://t.co/Ave1ZNcAd9 #CiNii 序章(門跡の研究史と課題/天台座主の総合的分析)第一部 門跡の成立(梶井門跡の成立と発展/「脇門跡」と坊官家の形成)第二部 三門跡の…
RT @washou3956: 知られていなさそうな史料群をもうひとつ。「禁裏・宮家・公家文庫収蔵古典籍のデジタル化による目録学的研究」研究成果報告書(平成14~17年度科学研究費補助金〈基盤研究A〉、研究代表者田島公、2006年3月)末柄豊「東山御文庫所蔵『鴨社文書』」。下鴨…
RT @washou3956: 「中世後期南都蒐蔵古典籍の復元的研究」研究成果報告書(平成15~17年度科学研究費補助金〈基盤研究B〉、研究代表者武井和人、2006年3月)は末柄豊「国立公文書館所蔵『文亀年中写』」などを掲載。付録に同館所蔵「別会(付五師方)引付」を収録。htt…
RT @washou3956: 興福寺関係史料の覚書。「大和の武士と武士団の基礎的研究」研究成果報告書(平成14~15年度科学研究費補助金〈基盤研究C1〉、研究代表者安田次郎、2004年3月)は末柄豊「国立公文書館所蔵『寺門事条々聞書』」などを掲載。付録に同館所蔵「長専五師記写…
RT @holy_sengoku: 最近、室町後期と戦国時代の畿内史が自分の中でようやく繋がってきた実感がありますが、こちらの論文も面白かったです。摂津西成郡、中島城といえば典厩家ですが、嘉吉の乱で分郡守護が赤松家から没収され御料所となり、細川持賢が代官に任命されたのが始まりだ…
RT @saemonnoDIVE: 参考文献の田中論文はweb公開済 https://t.co/XGhjpYi6i1
RT @washou3956: 以上はリンク先の「中世後期守護創建禅院の基礎的研究:国菩提寺と京菩提寺」(科学研究費補助金基盤研究(B)、研究代表者早島大祐、研究期間2014年4月~2019年3月)を参照のこと。https://t.co/mrF9w0PmxA
RT @kotosakikotoko: CiNii 論文 -  奥羽仕置と南部信直 https://t.co/LiDXDbK2V2 #CiNii
RT @nanbubot2: ●<論文>御礼進上にみる奥羽大名と室町幕府(1997) https://t.co/Y6C5eo5aBJ
RT @saemonnoDIVE: ただ、この問題に関しては1968年の島田(松本)豊寿氏の研究があるのでアップデートして頂きたいなと常々考えております。 で、論文は以下から閲覧可能です https://t.co/zompnvD1UG
RT @washou3956: 【メモ】安藤弥「戦国期本願寺家臣団の基礎研究」(東海印度学仏教学会『東海仏教』63、2018年3月)https://t.co/83t7EzIjnv
RT @washou3956: 【メモ】阪田雄一「足利直義と桃井直常」(千葉県立生浜高等学校五周年記念誌・研究紀要『生浜』、1983年)、同「足利直義・直冬偏諱考」(國學院大學地方史研究会機関誌『史翰』21、1994年)。wikiで知った。後者は所蔵先が多い。前者の所蔵は名古屋…
RT @nanbubot2: 三戸南部氏と糠部「郡中」(1995) https://t.co/B7DgSpSfsz https://t.co/gNUZdRA8sj
RT @nanbubot2: 九戸一揆の一断面(2002) https://t.co/TJJfOZdZOs
RT @washou3956: PDF公開。津野倫明「木下吉隆と文禄の役に関する豊臣秀吉朱印状の年代」(『人文科学研究』23、2018年7月)豊臣秀吉右筆とである木下吉隆の失脚・官途を検討することで、朝鮮出兵時の秀吉朱印状の年代比定における指標を提示。https://t.co/…
RT @washou3956: PDF公開。我彦武範「足利義満執政前期における公家領安堵の特質」(『史苑』第78巻第2号、2018年4月)「義満の公家領安堵関係発給文書を整理した上で、そこから浮かび上がった問題点である義満期の公家領安堵の授受、永徳年間における半済停止・返付の安…
RT @washou3956: PDF公開。佐々木文昭「鎌倉期朝廷の過差禁制について」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』50、2018年3月)以前に筆者がまとめた過差禁制の発布状況一覧表を修訂、法令発布の史料的根拠を挙げつつ、同法令から読み取れる鎌倉期過差禁制のおおよその状況確認…
RT @washou3956: PDF公開。石原比伊呂「室町後期における二条家の停滞」(『聖心女子大学論叢』130、2018年1月)15紀末期から16世紀初頭における二条家の実態復元を試みる。「なぜ室町期の二条家は栄華を誇り、戦国期には状況が変わったのか。当該期における二条家の…
RT @washou3956: PDF公開。野田泰三「戦国期播磨における大名家妻室について」(『女性歴史文化研究所紀要』26、2018年3月)赤松政則の後室洞松院を中心に、戦国期播磨における武家妻室の機能や権限を考察する上で参考となる事例を紹介。黒田(小寺)孝高の妻室に関する史…
RT @kotosakikotoko: この飯詰地域切取に関しては、当地に住んでいた蝦夷人に関連して、『中近世移行期の津軽における開発とアイヌ社会』という大変面白い論文が出ているのでオススメ。 https://t.co/hmQ6ZBuwsa 論文『中近世移行期の津軽における開発…
RT @washou3956: PDF公開。高橋和孝「阿曽沼氏に関する基礎的考察:鎌倉・南北朝期を中心に」(『Artes Liberales』101、2017年12月)各地で活動する阿曽沼氏は、系譜に関して不明点が多く、一族の血縁関係すら十分に解明されていない。本稿は阿曽沼氏の…
RT @kotosakikotoko: 一方、津軽大浦氏(後の津軽氏)は新興の土豪層を取り込み、彼らに開発権を与えて領内に広く存在する蝦夷を排除する形で勢力を拡大したんじゃないか、とする論文があってこれも面白いので読むといいよ。 中近世移行期の津軽における開発とアイヌ社会 h…
RT @washou3956: 【メモ】佐々木倫朗「応永期常陸国の守護職補任をめぐる一考察」(『日本史学集録』38、2017年7月)https://t.co/41NZfwepnL
RT @kotosakikotoko: 戦国期の越前斯波氏について https://t.co/bvuPqQoK3F https://t.co/hozc8TeQGG 不覚にも今日この論文知ったんだけど面白いの。特に高水寺斯波氏(奥州斯波氏)に興味ある向きにとっては。
RT @kotosakikotoko: 戦国期の越前斯波氏について https://t.co/bvuPqQoK3F https://t.co/hozc8TeQGG 不覚にも今日この論文知ったんだけど面白いの。特に高水寺斯波氏(奥州斯波氏)に興味ある向きにとっては。
RT @kojima_sakura: 『国会図書館月報』の「中世の古文書を読んでみよう」、今回は武田信玄の朱印状を取り上げています。https://t.co/zOkMdzofUr 「眼病なので印判にした」という言い訳付きですし、押された位置も名前の下で、まさに花押の代わり。(続
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『玉塵抄』にみる戦国期日本の貨幣観 https://t.co/dGqjeeYDpx #CiNii
RT @Goyama_Rintaro: @yuta1984 私は読取革命を使っていますが、全集は大丈夫なのですが、原資料は手打ちの方が早いレベルです。近代文献のOCR(ルビ除去含め)は、城和貴氏(奈良女子大学)の研究に期待・注目しています。https://t.co/Aa6Ydy…
RT @quiriu_pino: 家永遵嗣「室町幕府と「武家伝奏」・禁裏小番」、『近世の天皇・朝廷研究』(5) 、 2013年 https://t.co/NuKu153MrZ pdfでウェブ公開されたようだ。数年前の近世史のシンポジウムで発表されたもの。霊元天皇が引き合いに出さ…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  堀越公方と室町幕府―奉行人布施為基の軌跡― https://t.co/4NGelqlQQC #CiNii
RT @Gonta_Lineiden: 今更かもだけど、戦国時代に鉄砲玉として使われてた鉛の約半分が東南アジア産だったのは衝撃。 九州の戦乱が博多とか長崎みたいな国際貿易港を巡って繰り広げられてるのも、こうした側面があったからかも。弾丸ないと鉄砲を運用出来ないからね。 ht…

43 0 0 0 OA 佐々木家文書

RT @quiriu_pino: 国会図書館の佐々木文書は、導誉の妻の書状など貴重な文書があるのになぜか使われてないと森茂暁さんが書いてますね。かつては『国立国会図書館所蔵貴重書解題』の翻刻が頼りでしたが、今はデジコレで公開されてるんで、引用される機会は増えるかも。 https…
RT @KOREMUNE8: 【メモ】佐藤雄基「日本中世前期の文書様式とその機能ー下文・奉書の成立を中心にしてー」(『史苑』第75巻2号、2015年)が、リポジトリで閲覧できるようになっている。要再読。→https://t.co/sDOkwEAxZ0
RT @NIJL_collectors: 久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料https://t.co…
RT @NIJL_collectors: 久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料https://t.co…
RT @NIJL_collectors: 久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料https://t.co…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  戦国大名間外交における取次 : 甲斐武田氏を事例として https://t.co/Wwev4JHycc #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  戦国前期遠駿地方における水運 https://t.co/Q6TnsVqDe5 #CiNii
RT @washou3956: PDF公開。水野智之「尾張守護と智多郡主に関する覚書」(『知多半島の歴史と現在』20、2016年10月)従来「分群守護論」で論じられてきた尾張国智多郡における一色氏の立場を、最新の研究を通して再検討。近年の「郡主」論にも言及。https://t.…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  三好氏と長洲荘〔小特集 : 宝珠院文書から見る中世後期の尼崎〕 https://t.co/pyzPM9ouOy #CiNii
RT @kotosakikotoko: 奥州管領期の大崎氏 https://t.co/rCl529rJXb そいや南北朝関係で好きな論文。吉良さん没落が切ない論文と勝手に呼んでるの。
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  中世伊予の山方領主と河野氏権力 https://t.co/EAKOzWbgSi #CiNii
RT @KOREMUNE8: こちらも興味深く再読しました。高橋素子「中世都市堺成立過程における都市民の変容ー開口神社を中心にー」(『お茶の水史学』第47号、2003年)。PDFはこちら→https://t.co/1dlw2fdEey 文章中の『天文日記』の土佐一条は教房ではな…
RT @KOREMUNE8: 53年前の論文なので、研究史的に更新されている指摘もありますが、個人的に面白く拝読した論文→速水佐恵子「十六世紀における堺商人の動向ー天王寺屋をめぐってー」(『史論』第12号、1964年)。PDFはこちら→https://t.co/EcJ8H4px…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  細川氏内衆の存在形態〔小特集 : 宝珠院文書から見る中世後期の尼崎〕 https://t.co/2Z7L0GO1fA #CiNii
RT @quiriu_pino: 目次見る限り、歴研大会中世史部会の報告西田 友広「中世前期の検断と国制」(歴史学研究 (937), 2015-10)の内容を膨らませたっぽい。中世国制史への新たな見解あるやいなや。 https://t.co/lXiXM1CLVa https:/…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  戦国大名武田氏における暴力の規制について(1) https://t.co/Uf0oyakB2M #CiNii
RT @washou3956: リポジトリ登録されていた。森茂暁「足利尊氏発給文書の研究」(『福岡大学人文論叢』48巻2号、2016年9月)約1500通ある足利尊氏直接発給文書の整理・分析を通じて、「将軍尊氏権力の伸張過程、および次代への継承過程を検討」https://t.co…
RT @washou3956: 【メモ】佐々木倫朗「 天正九年南奥における「惣無事」と東国「惣無事」」(『歴史と文化』25、2016年)https://t.co/yBJdd6vfLO
RT @nknatane: @nknatane なお、豊臣政権の奉行発給文書については、谷徹也氏の博士論文『近世成立期の統治構造』(2016年)https://t.co/EQ4EuzJ9eW に「豊臣氏奉行発給文書考」という新稿が含まれており、発給文書の集成と年次比定がおこなわ…
RT @nknatane: 伊藤真昭「前田玄以発給文書集成(1)」(『歴史文化研究』5号、2016年3月)https://t.co/PuBczIU3HT この史料集成は未読だが、伊藤氏は著書『京都の寺社と豊臣政権』(法蔵館、2003年)において玄以発給文書を集成されている旨を述…
RT @washou3956: 「城誘」の読み方、初めて知った。検索してみると、すでに論文があるようだ。三重野誠「城誘に関する一分析」(『大分県地方史』143、1991年)、同「戦国期における城誘」(『大分県地方史』183、2002年)。後者はPDF公開していた。https:/…
CiNii 論文 -  関東足利氏発給文書にみる戦国期常陸の動向 : 基頼・晴氏文書を中心に https://t.co/2AYIJUpAjo #CiNii
CiNii 論文 -  佐竹氏関係収集史料の再整理報告 : 「秋田藩家蔵文書(写真帳)」「出羽秋田佐竹文書」目録解題にかえて https://t.co/1lOSboOGgt #CiNii

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  戦国期、女房奉書の史的役割 : 『守光公記』を中心に (二〇一〇年度総合女性史研究会大会 大会の記録 : 官僚制と女性) https://t.co/BkATR4t3Ln #CiNii
CiNii 論文 -  戦国期の女官と女房奉書--『守光公記』に見る長橋局を中心に https://t.co/6uvgKkAMo7 #CiNii
メモ。中島圭一「戦国時代の大名・国衆にとっての室町幕府的規範」(『発掘調査成果でみる16世紀大名居館の諸相:シンポジウム報告書』2016年3月)https://t.co/bAe65xmewT
CiNii 論文 -  上杉謙信の越山と常陸(その1) https://t.co/l70ikqBWL7
馬部先生の「名物刀剣「義元(宗三)左文字」の虚実」(大阪大谷大学紀要53)、いつの間にか公開されとるやん! https://t.co/za7AwszGW2
興味深い論文。三好長慶の菩提所である大徳寺聚光院の成立経緯を考察されていますが、永禄の変前後の三好家の状況を把握して丁寧に書かれています。三好家について先行研究だけでなく東大史料編纂所のDBで独自に調査されたとのことで、註での考察… https://t.co/bC0bZdAg36
かなり古いが、こういう研究もある。 J-STAGE Articles - 太田牛一「信長公記」成立考 (昭和二十二年九月十二日報告) https://t.co/5xjXCJGHoB
『多元文化』5(2016年2月)似鳥雄一「「通」考 :『上井覚兼日記』の言葉を読み解く」もPDF公開中。「通」という接尾語的な用法に着目して、その意味を考察したもの。現代的用法とは違う、戦国期九州での使用例が明示されていて興味深い。https://t.co/QUHf2bupa0

15 0 0 0 OA 近衛政家の台頭

PDF公開。石原比伊呂「近衛政家の台頭」(『聖心女子大学論叢』131、2018年6月)戦国期に摂関家の主役の座がそれまでの二条家から近衛家に移動した、その画期は近衛政家の時代にあるのではと考え、政家が公武社会で台頭していく過程や要… https://t.co/6EGVqJZ3IA
『後北条氏の研究』所収の論文を読んで、山室恭子氏のアプローチは改めて凄いなと感じ入る。文書の持つ潜在能力に圧倒される逸文。下記で公開されているので是非。 J-STAGE Articles - 文書と真実・その懸隔への挑戦 : 戦… https://t.co/CCKqmLRGlq
PDF公開。石原比伊呂「室町後期における二条家の停滞」(『聖心女子大学論叢』130、2018年1月)15紀末期から16世紀初頭における二条家の実態復元を試みる。「なぜ室町期の二条家は栄華を誇り、戦国期には状況が変わったのか。当該期… https://t.co/BpqjsxZqkZ
PDF公開。野田泰三「戦国期播磨における大名家妻室について」(『女性歴史文化研究所紀要』26、2018年3月)赤松政則の後室洞松院を中心に、戦国期播磨における武家妻室の機能や権限を考察する上で参考となる事例を紹介。黒田(小寺)孝高… https://t.co/P3s18PbIfl
CiNii 論文 -  「謙信公御書集」・「覚上公御書集」について https://t.co/smp4BiJYRA #CiNii
PDF公開。高橋和孝「阿曽沼氏に関する基礎的考察:鎌倉・南北朝期を中心に」(『Artes Liberales』101、2017年12月)各地で活動する阿曽沼氏は、系譜に関して不明点が多く、一族の血縁関係すら十分に解明されていない。… https://t.co/l2pJASKAno
常陸大掾氏は古文書中、対外的に「常府」「府内」「府中」と呼称される 。そういう観点からの考察もありか。目からうろこ。 #常陸大掾氏 #茨城県の中世 https://t.co/YwQYdNlCsg
CiNii 論文 -  年齢を表す名詞語彙の変遷 https://t.co/g8OSJWQwrt #CiNii
@nagao_uesugi お役に立てて幸いです。竹井氏は近年「里見吉政戦功覚書」を紹介されるなどこの分野で多くの成果をあげておられますが、軍功書は今後もっと注目されてしかるべき史料群だと思います。因みにもう一編ありこちらは上杉旧… https://t.co/GAePjU9JZ3
@nagao_uesugi すいません、山崎長門ではなく本多安房守でした。ちなみに同軍功書には、長尾小四郎配下と鑓を合わせた記述もあります。東北学院大の竹井英文氏が史料紹介されておりpdfで読むことが出来ます。他にも上杉旧臣の興味… https://t.co/Pf1r6YQUWW
【メモ】小嶋教寛「城氏一族の支配構造と熊野信仰」(『蓮花寺佛教研究所紀要』10、2017年)https://t.co/2Eutt25JLB
【メモ】佐々木倫朗「応永期常陸国の守護職補任をめぐる一考察」(『日本史学集録』38、2017年7月)https://t.co/41NZfwepnL
戦国期の越前斯波氏について https://t.co/bvuPqQoK3F https://t.co/hozc8TeQGG 不覚にも今日この論文知ったんだけど面白いの。特に高水寺斯波氏(奥州斯波氏)に興味ある向きにとっては。
戦国期の越前斯波氏について https://t.co/bvuPqQoK3F https://t.co/hozc8TeQGG 不覚にも今日この論文知ったんだけど面白いの。特に高水寺斯波氏(奥州斯波氏)に興味ある向きにとっては。
PDF公開。柴原直樹「備後国衆宮氏の動向と毛利氏」(『大学教育論叢』2、2016年3月)①備後国東部の地域史に宮氏の果たした役割、②宮氏滅亡の当該地域における影響、③宮氏の動向と滅亡が毛利氏の戦国大名化に及ぼした影響を、それぞれ考察。https://t.co/npvLbO6n3o
PDF公開。竹井英文「南北朝~戦国前期の「陣」について」(『東北学院大学論集.歴史と文化』55、2017年3月)戦国・織豊期の研究が多い「陣」を、用語としては南北朝・室町期に頻出することに注意を喚起して、当該期の東国を事例に考察。https://t.co/yGQHQpRduL
CiNii 論文 -  歴史学における贈与・交換の研究視角 ─日本中世史を事例として─ https://t.co/S7zXutzbnx #CiNii
【メモ】既読だが、片岡健「土佐国黒岩の戦国期城下町の構造」(『季刊 地理学』vol.65、2013年)がPDFで読めるようになっている。詳しくは→https://t.co/LQTmSgBLuC
CiNii 論文 -  室町幕府外様衆の基礎的研究 https://t.co/viuLqaAwwp #CiNii
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
久しぶりのリポジトリ大量公開 松代, 真田家文書https://t.co/xneMNm948z 阿波, 雲州, 蜂須賀家文書, 松平家文書https://t.co/1ljI1DLqW6 祭魚洞文庫, 旧蔵水産史料… https://t.co/hQZWmAnAp7
CiNii 論文 -  戦国大名間外交における取次 : 甲斐武田氏を事例として https://t.co/Wwev4JHycc #CiNii
PDF公開。水野智之「尾張守護と智多郡主に関する覚書」(『知多半島の歴史と現在』20、2016年10月)従来「分群守護論」で論じられてきた尾張国智多郡における一色氏の立場を、最新の研究を通して再検討。近年の「郡主」論にも言及。https://t.co/gTCbEPFjvh
早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https://t.co/8IG7HqzBLZ
【メモ】渡辺滋「広橋兼秀の有職研究 中世貴族社会における『揚名介』認識の一例として」(『国立歴史民俗博物館研究報告』第190集、2015年)。PDF→https://t.co/acxD7NTCMj
CiNii 論文 -  戦国期の守護権をめぐって--越前朝倉氏の場合 https://t.co/TSr5dpHBB8 #CiNii
奥州管領期の大崎氏 https://t.co/rCl529rJXb そいや南北朝関係で好きな論文。吉良さん没落が切ない論文と勝手に呼んでるの。
CiNii 論文 -  中世伊予の山方領主と河野氏権力 https://t.co/EAKOzWbgSi #CiNii
こちらも興味深く再読しました。高橋素子「中世都市堺成立過程における都市民の変容ー開口神社を中心にー」(『お茶の水史学』第47号、2003年)。PDFはこちら→https://t.co/1dlw2fdEey 文章中の『天文日記』の土佐一条は教房ではなく、房家・房冬の誤りです。
53年前の論文なので、研究史的に更新されている指摘もありますが、個人的に面白く拝読した論文→速水佐恵子「十六世紀における堺商人の動向ー天王寺屋をめぐってー」(『史論』第12号、1964年)。PDFはこちら→https://t.co/EcJ8H4pxx6
執事の機能からみた戦国期地域権力 : 奥州大崎氏における執事氏家氏の事例をめぐって https://t.co/kn39efj2Rb 大崎氏と伊達氏の和睦の破綻についてはこれが手っ取り早いかな?
川岡勉先生の「戦国期の室町幕府と尼子氏」はこちらに収録されてるみたいですね。大学図書館とか行ったことないけど、素人のおっさんでも読ませてもらえるのか…。 / “CiNii 図書 - 尼子氏の特質と興亡史に関わる比較研究” https://t.co/lUz1nIBQtk
中世後期日本貨幣史の再構築―地方史とアジア史の観点から― https://t.co/Go8wzZ0Tkw 第5章の奥羽(正確には北奥羽だけど)の部分しか読んでないけど面白いなぁ。悪銭という概念が存在せず、以西で排除された模鋳銭が東北に流入し受容された、という流れとか。
CiNii 論文 -  中世国家の身分秩序と路頭礼 : 天皇・治天・室町殿と公家社会(日本史学専攻,二〇〇三年度修士論文要旨,彙報) https://t.co/fLBT9GDnfP #CiNii
伊藤 孝夫「日本法史のなかのことば」(2015)https://t.co/HklKqd8Mgz とても勉強になった。日本史研究者が使いまくる「支配」・「領」・「請負」の三語の語史を古代から近代まで描写する。
【メモ】佐々木倫朗「 天正九年南奥における「惣無事」と東国「惣無事」」(『歴史と文化』25、2016年)https://t.co/yBJdd6vfLO
論文メモ 徳川家康の駿府外交体制:https://t.co/zgmICeDrPf 豊臣政権の関東・奥羽仕置:https://t.co/nA4tA4eCny
「城誘」の読み方、初めて知った。検索してみると、すでに論文があるようだ。三重野誠「城誘に関する一分析」(『大分県地方史』143、1991年)、同「戦国期における城誘」(『大分県地方史』183、2002年)。後者はPDF公開していた。https://t.co/3GdYX6eAEH
高橋遼「戦国期大和国における松永久秀の正当性」(『目白大学短期大学部研究紀要』52、2016)小沢長政や松永久秀といった外部勢力の大和国侵入によって、戦国期大和国内の権力関係がどのように変動したのか、特に興福寺との関係から検討。https://t.co/z7HwT35we8
【資料】CiNiiに、佐藤晃氏の論考「系図を綴る中世武士」(日本文学 47(7) 1998/7/10)がpdfで公開されています。安東(秋田)実季を取り上げ、正史の歴史叙述の行間に自家の存在を滑り込ませ方法。興味のある方はぜひ https://t.co/OsO1kkv2GS
山田貴司「細川家伝来文書にみる信長文書論の現在地 」(『文化科学研究』27巻1号、2016年3月)①信長文書五九通の伝来論、②信長文書の筆跡論、③「天下布武」印判の朱印・黒印の使いわけ、④信長文書の料紙の問題、を考察。https://t.co/Rb9wW1LCuH
CiNii 論文 -  戦国軍記『武功夜話』における偽書説について : 語彙による年代確定の危うさ https://t.co/46v7Wdx41r #CiNii
CiNii 論文 -  聖護院と地方本山派組織 https://t.co/JSTCqsissH #CiNii
CiNii 論文 -  南北朝期における摂津国多田院と佐々木京極氏--分郡守護論(守護職分割論)の再検討を中心に https://t.co/YM7nRDW3Yr #CiNii
CiNii 論文 -  伊達政宗漢詩校釈 https://t.co/3TAeBe39sg #CiNii Σ(・ω・o)おっ?、伊達政宗の「漢詩」講釈とな。メモメモ。
戦国時代の武士の作法を記した『出陣次第』の紹介なども面白いと思います。 https://t.co/lo7DtUFuME 相模玉縄城主 北条氏繁の著と思われ、息子の北条氏勝に伝えられた故実書の貴重な原本。注釈と、全頁の写真付きです。
【メモ】森木悠介「戦国期佐竹氏の代替わりについて : 義重から義宣への家督交代を中心に」(『茨城県立歴史館報』第43号、2016年3月)https://t.co/pu95tzRe1m
若林陵一 「中世後期近江国蒲生下郡・上郡・〈境界地域〉と佐々木六角氏」(『東北文化研究所紀要』45号、2015年12月)近江国の「蒲生下郡」と「蒲生上郡」の狭間に位置する佐々木荘・「佐々木」関係荘園の様相を考察。https://t.co/9XwZPsitKi
CiNii 論文 -  永禄十二年の越相一和に関する一考察 : 太田資正(三楽齋道譽)の動向を中心として(戦国大名論集I,杉山博先生古希記念号) https://t.co/iWYq2yaF9X #CiNii
CiNii 論文 -  御館の乱の発生について : 謙信政権下での景勝・景虎の役割とその背景 https://t.co/OCNERhGiUx #CiNii
「図書館司書のための歴史史料探索ガイド」山形大学 https://t.co/jwqxKx7BDH

フォロー(88ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(372ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

14 10 10 10 OA 〔雑字類書〕

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

20 10 10 10 OA 節用集 : 易林本

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

15 10 10 10 OA 下学集 : 2巻

ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO
ネットで見られる室町戦国の日本語資料 『下學集』 https://t.co/OiVrlMWrKr 『文明本節用集』 https://t.co/osS8yWX72s 『温故知新書』… https://t.co/TwAP8FfJKO

12 1 1 1 OA 前賢故実

【近代デジタルライブラリー】菊池容斎画、山田重忠https://t.co/bgmE2CyYia オレや藤原秀康殿を差し置いて、承久の乱の宮方武将から。顔書かれてないんだけどなw
PDF公開。上川通夫「山寺史料としての『沙石集』」(『愛知県立大学日本文化学部論集』10、2019年3月)「山寺を支えている里人の生活空間である中世村落への視点と、山寺間での人的ないし宗教文化的な交流を機能させている広狭のつながり… https://t.co/UlifdlaNbT
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @lp_announce: 1992年にババル島で行った住民からの聞き取り調査。日本軍の記録にある「400」は焼かれた家の数で、殺されたのは村のほぼ全員、女子供含め700名であると当時13歳だった村民(その人の母親も殺された)が述べている CiNii 論文 -  日本軍…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
『叡山文庫天海蔵識語集成』(叡山文庫調査会、2000年)、非常に貴重な仕事だが入力ミスではないかと思わせる箇所もあり、しかしあとがきを読んで納得。壮絶…。https://t.co/tQ0pqd8ebg
赤橋登子に関する論文を発見。本文は英語。https://t.co/wUbyacE6rD

12 1 1 1 OA 前賢故実

【近代デジタルライブラリー】菊池容斎画、和田義秀(朝比奈三郎)https://t.co/iAsUZp1FcE 妖怪鮫掴み……。
RT @HarutaSeiro: 渡辺和子先生の「『ギルガメシュ叙事詩』の新文書―フンババの森と人間」『死生学年報2016 生と死に寄り添う』リトン、東洋英和のリポジトリにあるんだ(印刷直前の校正稿のよう)。これは必読。 https://t.co/V4ZWLGtfZE
引用は高橋正彦「伊木寿一先生をしのびて」(『史学』43-4、三田史学会、1971年5月)https://t.co/9c6z9NA4PD