言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

北一輝の主張は,いわゆる国家社会主義であり,天皇の存在を認めた上での社会主義(一律に平等をめざす共産主義では天皇を認めない)です。なお,Wikiでは次のような説明があります。 言論の自由、基本的人権尊重、華族制廃止(貴族院も廃止)、北の言うところの「国民の天皇」への移行、農地改革、普通選挙、私有財産への一定の制限(累進課税の強化)、財閥解体、皇室財産削減、労働者の権利確保、労働争議とスト ...

Twitter (22 users, 30 posts, 3 favorites)

国立国会図書館デジタルコレクションだと完全版が読める。 https://t.co/wbBnNcAjsc こっちに変更しよう。
なお原文はとてつもなく読みづらいが(現代翻訳ではないしね)ここで読める https://t.co/GB7WMVsxOo
@y77k99 北一輝『日本改造法案大綱』の「結言」より https://t.co/DRuj1h5f1F
https://t.co/0MTiojMZFM "露西亜と同じき中世的制度と中世的堕落を持てる支那は、露西亜の救はれつゝある途を踏むことに依りてのみ救はるゝ。"
https://t.co/g8WP9lkbWh p.16 "湊川の楠公は二百年間逆賊であった。其墓碑さへも外国人の一亡命家に指示されて建った。是れ英国人自身のカーライルによりてクロムエルの泥が洗はれたよりも恥かしき逆賊である。
https://t.co/oXNF7qtrQT p.6 "又、対支政策及び対外策の全局に於て日本は日英同盟に拠るべからず日米の協調的握手にあることを指示した所が多い。今にして明かに見るのは当時の執権者全部よりも不肖の正当であった事だ。
北一輝『日本改造法案大綱』昭和3年12月20日印刷 12月25日発行 発行者 西田税 https://t.co/kOiOzdXXyE pp.3-4 『支那革命外史 序』大正10年8月"支那は民国元年となり、同時に日本亦大正元年とな… https://t.co/B76wwnAjKP
北一輝『日本改造法案大綱』昭和3年12月20日印刷 昭和3年12月25日発行 編集兼発行者 西田税 https://t.co/fuJXqb0kpy
もっとも、戦前のウルトラ右翼には現代の右派が仰天しそうな「日本語のような劣悪な言語は八紘一宇にはき不都合である。エスペラント語を採用すべきである(要旨)」と主張した人物もいたのだけど。 北一輝『日本改造法案大綱』 https://t.co/vWasQODEbn
後で使うかもしれないので置いておきます(・∀・) 『日本改造法案大綱』 北一輝 著 西田税 昭和3 国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/EvegVgEtWa
日本改造法案大綱 #北一輝 https://t.co/lFg9Yjk8Ix
国立国会図書館デジタルコレクション - 日本改造法案大綱 http://t.co/kCGJvWBrqC

Wikipedia (1 pages, 10 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト