13 0 0 0 OA 工芸鏡

著者
横井時冬 著
出版者
六合館
巻号頁・発行日
vol.1, 1894

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

刀鍛冶の天国や宗近については、以下の本に略伝が書かれています。(コマ番号9/58) http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/854117/9?viewMode= 「天國(アマクニ)は文武天皇大宝中大和の宇多に住して刀剣をつくりし名工なり。・・・弟子に天坐忠沓上一勝一(アマノザタダクツヒサカヅカツヒサ)などいふものあり。」 「宗近(ムネチカ)は従四 ...

Twitter (11 users, 12 posts, 2 favorites)

https://t.co/G2YPxOwWTX あったあった
そういや『根付彫刻沿革《美術史材料根付彫刻沿革》』には奈良の五代岡野松寿の妻、寿貞(寿貞尼)は奈良人形の根付も作ったとあり、上田令吉『根附の研究』にも出ているね。 https://t.co/iGSLjldlvB この『工芸鏡』にも名前が。 https://t.co/UsoqeGuuw4 https://t.co/sd1tVUdvp7
1849年工芸鏡メモ http://t.co/zSiQrIeQbM 12『伊達政宗光忠の刀を以て人を斬る鉄燭台を併せて断つ徳川頼房これをこひうけて燭台と名づく』
http://t.co/NC3sZRoigO 時間みつけて読む~~~~。光忠やっぱり名刀なんじゃないか。
刀工のことまではちゃんと調べてないけど、これだけ見ると国広さんって佐和山にいたことあるのね。で朝鮮に渡って刀をつくってたということで、加藤国広があると。 http://t.co/Ps0UkYKY0a
@ray_yrkT やったよ彩瀬さん!!!!横井時冬氏が明治時代(1894年)に書いた『工芸鏡』の関兼定 関兼元の項に「篠雪の寳刀はこの兼定(二代目兼定)の作なりといふ」という記述があったよここから見れるよ http://t.co/r9b2qjDIuh
うぐいすさんの作者とおじじ作者はほぼ同世代 http://t.co/xqYqVZVeUS

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Cloisonne
2016-04-26 23:54:40 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト