言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (3 users, 3 posts)

鈴木絢子「企業の内部留保をめぐる議論」『調査と情報 836号』(国立国会図書館、2014.11) http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8795835_po_0836.pdf?contentNo=1 これで本論点の基本的な要素は尽きていますね。 そろそろ、愚かなプロパガンダはやめて、論文の6頁(国際的には内部留保ではなく、現預金が議論されるため、内部 ...

はてなブックマーク (5 users, 5 posts)

[企業] 国会図書館の『調査と情報-Issue Brief-』、デジタルコレクションからも読めるとは。

Twitter (100 users, 128 posts, 49 favorites)

企業の内部留保をめぐる議論 - 国立国会図書館デジタル ... https://t.co/SB8QEiJhU9
.@goyou 『企業は、必要以上の現預金等を保有せず適切な投資等 に回し、収益を伸ばすための戦略を実行するとともに、労働生産性の上昇に見合った付加価値の分配に努めることが重要となる』https://t.co/DUrcwbRpE8
企業の内部留保をめぐる議論(PDF)https://t.co/bt2MMTMmy9
内部留保は、「1988~98 年のデータを用いて企業の総資産に占める現預金の比率を国際比較した論文によれば、世界 35 か国のうち日本は、総資産に占める現預金の比率が 16%と最も高く」らしいのだが、 http://t.co/42aUmcFmQk
偶然「企業の内部留保をめぐる議論」という資料を見つけたんだがタイトルでググると大体言いたいことが言及されてた。 http://t.co/gCyyNuBFsh
「企業の内部留保をめぐる議論」(PDF)http://t.co/zxTT1e6jIl
国会図書館の『調査と情報-Issue Brief-』、デジタルコレクションからも読めるとは。 / “国立国会図書館デジタルコレクション - 企業の内部留保をめぐる議論” http://t.co/eRSLHOPFCM
PDF http://t.co/W5YaPA6l3T 2013年度は過去最高の328兆円規模別では大企業(資本金1億円以上)が全体の6割 [4ページ目のグラフ]/企業の国内設備投資が低迷する一方で、対外直接投資は活発化している [表紙]
国立国会図書館 鈴木絢子「企業の内部留保をめぐる議論」調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 836(2014.11.11.) http://t.co/d46q6QVgdk
鈴木絢子「企業の内部留保をめぐる議論」『調査と情報 836号』(国立国会図書館、2014.11) http://t.co/hTMzcuBEWh これで本論点の基本的な要素は尽きていますね。 そろそろ、愚かなプロパガンダはやめて、論文の6頁じゃないですが、国際的に通用する議論を!
内部留保という区分けではないが、現預金というくくりでみると、《日本は、総資産に占める現預金の比率が 16%と最も高くなっている。アメリカ 4.4%、イギリス 6.2%、ドイツ 5.6%、フランス 8.5%》 http://t.co/42aUmdezmY
《政府に求められる役割は、デフレからの完全な脱却と、成長戦略や規制緩和によって企業の国内投資を促進するための環境を整えること》 http://t.co/1VTImiZp7D
《中小企業が資金繰りの悪化等に備えて保有している現預金を、少しでも投資等に回すことができるよう、信用保証等のセーフティネットを整備することも必要》 http://t.co/1VTImiZp7D
私もこれは気になってた/《内部留保は、税引き後の当期純利益から配当を除いたものであり、それに再び課税をすることは二重課税に当たるという批判もある》 http://t.co/1VTImiZp7D
《内部留保への課税に対して、経済団体からは、内部留保は過去の利益の累積値にすぎず、そのかなりの部分が設備や海外の新事業などに再投資されており、溜めこみすぎという批判は当たらないとの声が挙がっている》 http://t.co/1VTImiZp7D
《内部留保を原資として投資に使われる場合と配当に使われる場合とでは、バランスシートは異なる動きをする。すなわち、投資に充てられる場合には資産合計は変わら ないが、配当に使われる場合は、社外流出するため資産合計は小さくなる》 http://t.co/1VTImiZp7D
《野間氏は、日本企業が株主の期待に応える方策として、収益性の高 いプロジェクトへ投資して株価を引き上げることで株主還元するという発想が乏しく、配当による還元に偏りすぎていると指摘》 http://t.co/1VTImiZp7D
《野間幹晴准教授…上場企業に占める有配企業の割合は日本の方がアメリカよりも高い。アメリカでは配当を支払う一部の企業の配当額が多いため、平均配当性向で見るとアメリカの方が日本よりも高くなるが、日本は赤字企業でも配当するケースが多い》 http://t.co/1VTImiZp7D
《企業も全ての投資に消極的だったわけではない。国内の設備投資が低迷する一方で、対外直接投資は活発化…海外現地法人の数は 10 年前の 1.5倍…製造業の海外設備投資比率も年々上昇》 http://t.co/1VTImiZp7D
この辺よくわからないのは、投資後も、「利益剰余金」の扱いのままなんだろうか?/《大企業の利益剰余金は…海外企業に対する投資に充てられていると考えられる》 http://t.co/1VTImiZp7D
《中小企業の資金調達は金融機関からの借入金が中心であるため、資金繰りが悪化し金融機関から借入ができない場合に備えて、大企業に比べて現預金を多めに保有する傾向にある》 http://t.co/1VTImiZp7D
この辺は世間一般の認識と違うのではないか→《資本金 1 億円以上の大企業と比べ、資本金 1 億円未満の中小企業における資産合計に占める現預金の割合は、著しく高い(大企業 7.5%、中小企業 17.8%)》 http://t.co/1VTImiZp7D
《利益剰余金が過去30 年余りの間に大幅に増加したのに対し、現預金は時期によって多少の増減はあるものの、全体としては横ばい傾向にある》 http://t.co/1VTImiZp7D
一カ月ぐらい前の日付で出ているこれは、たいへん参考になる→国立国会図書館「企業の内部留保をめぐる議論」調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 836(2014.11.11.) http://t.co/42aUmdezmY
『企業の内部留保をめぐる議論』国立国会図書館(2014) http://t.co/Kor6nyQ8Ts あーだこーだ言ってるヒマあったらこれ読んどけ。「内部留保」ってのは特定の勘定名じゃなくて、ある種の概念だと思っておけばよろしい。
企業の内部留保、取り分け現預金の増加は、給与の抑制や非正規雇用の拡大などによって蓄えられてきたのだから、労働者に賃金として還元すべきだと思う。増税とそれを原資としたばら撒きによってではなく、賃金を増やすことにより有効需要を喚起すべき。 http://t.co/mIJ0BjXkU0
国立国会図書館 調査と情報ーISSUE BRIEFー 企業の内部留保をめぐる議論 http://t.co/vvJJG144Gz
選挙を前に企業の内部留保を巡って喧々囂々。僕達素人衆は、最低限このぐらいは読んどきましょうか。(PDF)「企業の内部留保をめぐる議論 - 国立国会図書館デジタル」 ... https://t.co/plqDC66gR4
国立国会図書館 企業の内部留保をめぐる議論 http://t.co/d2odjJXZjL
企業の内部留保を巡る議論 via.国立国会図書館 http://t.co/cIlcyZFpWp
選挙ですね。またキギョウノナイブリュウホガーッ!とかいう叫びを聞くことになるのでしょうね。→ 国立国会図書館「企業の内部留保をめぐる議論」調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 836(2014.11.11.)(PDF) http://t.co/eEg6cZthxP
鈴木絢子(2014)「企業の内部留保をめぐる議論」『調査と情報―ISSUE BRIEF』NUMBER 836(2014.11.11.) http://t.co/cv37aKtAyt
企業の内部留保をめぐる議論 http://t.co/d2odjJXZjL
国立国会図書館 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 836(2014.11.11.) 企業の内部留保をめぐる議論 http://t.co/vvJJG0dhin
企業の内部留保をめぐる議論(国会図書館)内部留保は設備投資等の原資と見なすこともでき、一概にその額だけを見て過剰と見なすことはできない。ただし、投資等に充てられることなく保有されている現預金の多寡は、資本効率性の観点から問題となり得るhttp://t.co/w0C1hDuLpv
【企業の内部留保をめぐる議論:国立国会図書館 調査及び立法考査局経済産業課】企業には企業経営の効率化や労働生産性の上昇に見合った付加価値の分配、政府には国内の投資環境を整えること等が求められる。http://t.co/zN73Faw0kj

収集済み URL リスト

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8795835_po_0836.pdf?contentNo=1 (106)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8795835/1 (2)