言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 3 posts)

[あとで][本] http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/he14/he14_04429/

Twitter (31 users, 31 posts, 11 favorites)

国会図書館あさってたんだけど、 星新一のお父さんがSF小説書いてたとは知らんかった。 https://t.co/dGwVSYEV1C
国会図書館デジタルコレクションでも読めるみたい。1918年(大正七年)の作品。 https://t.co/liNCDsCuTU
おじいちゃんに星一が書いてくれた「親切第一」^-^ 福島県いわき生まれ、コロンビア大学で博士号、ロサンジェルスで亡くなった星一(星新一のお父さん) 『米国聖路易万国博覧会渡航案内 』星一編,星一,明治36年11月 https://t.co/VA61wZiqTQ 『三十年後』 https://t.co/NAN9Y4BbAN #星一 https://t.co/AHp4ZbcOMr
同じく大正7年、星新一の父君、星一『三十年後』https://t.co/9ukjvqdS4F は、築地系九ポのようだ。
@naka_gawa 自分用めも http://t.co/XE5ZJOvY8g http://t.co/cte0iKdzpI http://t.co/18TlYDlJM3
星一の『三十年後』はその原著が近代デジタルライブラリーで読める。http://t.co/KsE7V3MrKY  似たような書籍で「三十年後の世界」/ 海野十三があり、星一とは別人だがこれも青空文庫で読める。新字新仮名。http://t.co/oYvwxqhOh4
星一「三十年後」 近代デジタルライブラリー http://t.co/uVbGfmPkJJ SF作家 星新一のお父さんが書いたSFだそうです。文中に同氏が経営の星製薬が出てた
近代デジタルライブラリー - 三十年後http://t.co/WvQyotN34Y
ありがとうございます! 近デジおそるべし!RT @Signal9J: @ashibetaku 御参考までにですが、星一『三十年後』新報知社/大正7年版が近代デジタルライブラリーで提供されています。 http://t.co/WveO2v49WV (紙にはかなわないですが読むだけなら
@ashibetaku 御参考までにですが、星一『三十年後』新報知社/大正7年版が近代デジタルライブラリーで提供されています。 http://t.co/qHR8gw6QqP (紙にはかなわないですが読むだけならなんとか)
SF作家星新一の父である、星一の『三十年後』が近代デジタルライブラリーにあった。 http://t.co/4wXBR41GSE ついでに調べたら、今年の9/6に星新一の次女が現代仮名遣いに改めて復刊するらしい。http://t.co/0Al4eVipZm
近代デジタルライブラリー - 三十年後 http://t.co/W5Ri0208sX
http://t.co/U2Vwq8DEXI 星一『三十年後』を読む。大正7(1918)の書籍なので、1948の日本(地球)はこうなるって言う話。残念ながら焦土になってるわけだけど、当時の世の中がどうであったかなどを推察できて非常に面白い。外人が日本食食べるというところとかね。
近代デジタルラライブラリ 星一著「三十年後」 http://t.co/HPVLCZve1q
星一著「三十年後」http://t.co/sHJxW8FQpT
こんなものまで公開されているとは驚き。 星一「30年後」 http://t.co/YNiE0bvm Wikipedia「星新一に聞いた話では…ほとんどは江見水蔭の手によるものだったという。そのアイデアにしてもわずかだった」という説明は、前書き内容と不整合…息子としての謙遜説明かも

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: NyokiBot
2020-02-01 12:47:02 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 敷島健一
2010-04-03 22:37:57 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト