著者
市原 攝子
出版者
北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 = Graduate School of International Media, Communication, and Tourism Studies, Hokkaido University
雑誌
国際広報メディア・観光学ジャーナル
巻号頁・発行日
vol.22, pp.19-35, 2016-03-25

In Japan, two cervical cancer vaccines were approved and implemented in 2009. The severe adverse drug reaction (ADR) of these vaccines, however, was later recognized, and consequently Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare stopped recommending them in 2013. Using the concept of Ulrich Beck’s ‘sub-politics’, this paper argues that in promoting the vaccines the pharmaceutical industry as sub-political power, failed to provide the health benefit of reducing the risk of cervical cancer, but succeeded in achieving an economic benefit for itself. Due to its highly academic nature, the sub-politics of pharmaceutical industry has constructed a power that affects the government’s decisions on new drugs. Moreover, the pharmaceutical sub-politics evaded any responsibility for the ADR of cervical cancer vaccines because of the risk-free environment that it had created for itself. Overall this paper contends that the pharmaceutical sub-political power is unaccountable and profit-oriented.

言及状況

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

Twitter (128 users, 231 posts, 104 favorites)

Add. https://t.co/5C5PxRkZuy https://t.co/jQQdCAuXZE https://t.co/cWKk5paFYi https://t.co/4eSUsZ4AFo https://t.co/uZH4sz5zhc
子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治 : HUSCAP https://t.co/UvA3zcFT6T
北大博士課程・市原攝子「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」16-03-25 https://t.co/iXSk4HAhTg 同じく市原攝子「個人化する社会における選択と責任:日本における子宮頸がんワクチン事業を事例… https://t.co/lkv3ABH15S
@tcv2catnap 昨夜TLで拾ったのですが、夜も遅かったので読むのに一苦労しました。これご存知でしたか。https://t.co/74EdELOe24
うちの学院の市原さんのご玉稿,一部報道やSNSでの関心の広がりを受けて,HUSCAPでの今月の高頻度利用アイテム5位にランクイン! 子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治 : HUSCAP https://t.co/pBoHWb5bvx
市原 攝子, 2016, 「子宮頸がんワクチン事業 における医学というサブ政治」https://t.co/bbBUDlYsKe
子宮頸がんワクチン事業 における医学というサブ政治 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 博士課程 市原 攝子 https://t.co/oEt3lHA7ZE
いろいろ辛かった。 「因果関係を否定できない」を「因果関係を認める発言」とか「子宮頸がんそのものを予防する効果は証明されていない」の誤用とか酷い https://t.co/dbhjjOYjCY
北大・市原攝子:子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治 https://t.co/Snbu6gMMff #ss954 …3回接種で5万円か
@tcv2catnap 社会科学的視点からHPVワクチン問題を論じたこの論文、貴重ですね(北大から)。医学界を「サブ政治」「自己内省的」という言葉を使い、国民の常識からいかにかけ離れているかを痛烈に、学術論文として批判。 https://t.co/F4K4J8FB3L
“子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治 : HUSCAP” https://t.co/cQpg6xTcsp
Add. https://t.co/9jMbqi98kt
市原攝子「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」 https://t.co/6ffgkmf2vH 前に 紹介したときは 皆さん、さっそく 反論を 寄せてきました、引用論文が どうとか 社会学者に わかるのかとか。 毎日新聞 記事の 誤りを 示すための 傍証なのにね。
[memo] 市原攝子「子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治」(2016年) https://t.co/6ffgkmf2vH (pdf ファイル)

収集済み URL リスト