著者
島 文子 坂本 拓 塩野 真弓 東出 善史子
出版者
京都大学附属図書館情報管理課APC ワーキンググループ
巻号頁・発行日
2014-12

本学において多額の購読費を支払っている電子ジャーナルについて、従来は購読費を出版社に支払い、閲覧する形が主流であった。しかし、「オープンアクセス費」というものを著者が出版社に支払い、電子ジャーナル掲載論文を無料公開とするケースが急増している。従来からの購読費は減少していないにも関わらず、オープンアクセス費を支払うことにより、総額として研究者(大学)の研究発表にかかる費用が増加しているなどの課題が顕在化してきている。本ワーキングループでは、本学教員によるオープンアクセス費の支出や、オープンアクセス費をめぐる状況を予備的に調査した。

言及状況

はてなブックマーク (13 users, 13 posts)

[APC][京大][OA] 2014/12 京都大学 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書
[図書館][science][university][エレクトリック][オープンアクセス]
[openaccess][university][Japan] 島 文子 etal (2014) _学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書_ 京都大学附属図書館情報管理課APC ワーキンググループ
[大学図書館][機関リポジトリ][OA][APC]
[open access][university]

Twitter (22 users, 24 posts, 10 favorites)

学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書(京大) http://t.co/UYJVWin2vq 「従来からの購読費は減少していないにも関わらず、オープンアクセス費を支払うことにより、総額として研究者(大学)の研究発表にかかる費用が増加しているなどの課題が顕在化してきている」
“Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書” http://t.co/liCvMjn2qQ
“Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調…” http://t.co/3FGEonfz0g #図書館 #science #university #エレクトリック #オープンアクセス
Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書 http://t.co/iYxMlOt7It あら、公開されたのか(白々
Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書 http://t.co/PfbDSK7nGM
島 文子 etal (2014) _学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書_ 京都大学附属図書館情報管理課APC ワーキンググループ / “Kyoto University Research Information Rep…” http://t.co/sPqzNnxw1g
【はてブ新着学問】 Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書 http://t.co/BC962O8YFh
Kyoto University Research Information Repository: 学内オープンアクセス費支出状況 予備調査報告書 http://t.co/btu7zD0TQW

収集済み URL リスト

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/199243 (35)