著者
加藤 聖文
出版者
国文学研究資料館
雑誌
国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇 = The Bulletin of The National Institure of Japanese Literature, Archival Studies (ISSN:18802249)
巻号頁・発行日
vol.50, no.15, pp.1-16, 2019-03-15

敗戦時に大量の公文書が焼却処分されたという証言は数多い。しかし、具体的に何が焼却対象となったのか、またどのような経路で焼却が指示されたのかについて明らかになっていない点は多い。本稿では、国内でわずかに残存する焼却指示文書を手がかりに、敗戦時の焼却は内務省系統と軍系統の二系統が存在し、焼却対象となったのは内務省系統では法令に基づいた機密文書であり、軍系統では動員関係文書が中心であったことを論証していく。また、筆者はこれまでの文書焼却をめぐる研究が進まなかった要因は、焼却対象となった機密文書や兵事関係文書に関する分析がほとんど行われていなかったことにあると考える。したがって、本稿では機密文書および兵事関係文書の構造にも触れることで、今後の研究の進展の足掛かりとする。There are many testimonies that a large number of official documents were disposed of by burning at directly after the end of WW2. However, it has not been completely clarified what official documents were disposed and how the disposition was ordered taking what routes. In this article, using documents of the disposition order slightly left in Japan as a clue, It will be demonstrated that the target of disposition were two types-classified documents were ordered by the Ministry of Home Affairs and mobilization documents were ordered by the military and naval forces-. In addition, a study on classified documents and military affairs documents is not making progress in Japan. Therefore, this paper also mentions the structure of classified documents and military affairs documents to make that to be a foothold for future progress of study.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (43 users, 50 posts, 57 favorites)

@precchi @hosokawa8855 ここまで焼いたのですが、焼いてしまったお陰で戦犯として逮捕して、証人として喋らされる羽目になったのですが何自爆しているのですか? https://t.co/nV1n6eJZ6m https://t.co/xIpyYtJHUG
@precchi @hosokawa8855 何か都合が悪いことでもあったのですか? 「右ニ対シ八月十六日午前右指示ニ基キ兵事、事変関係一切ノ焼去ヲ実施ス」 https://t.co/nV1n6eJZ6m
と思ったら今年の刊行らしい。 https://t.co/rY2TiTbYta そういえば2015年の書籍や新聞記事がレファレンスにあった。
「このように合理的根拠が自問されないまま、形式だけに囚われて無意味な行為が繰り返され るという行政官庁の組織的習性は、現在においても変わっていない。このことは、昨今の公文 書をめぐる問題を見ても明らかであろう。」 https://t.co/7DsSlxGyPX
@kabayama1967 @ohara1095 日本の方じゃないのですか?検索すればいくらでも出ますよ?ツイッターなされる方なので検索くらいは当然出来ると思いました。 https://t.co/pIewY8pleq

収集済み URL リスト