著者
柿原 泰 藤岡 毅 山内 知也 高橋 博子 林 衛 中原 聖乃 中尾 麻伊香 市川 浩 布川 弘
出版者
東京海洋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01

本研究は、放射線影響をめぐる科学的な調査研究について、その形成と展開を歴史的に解明するとともに、それらが国際機関等の場でどのように評価され、防護基準の策定にいかにいかされたのかの経緯を解明することを目的とし、広島・長崎の原爆被害者に対する調査研究からチェルノブイリや福島の原発事故による影響まで、科学史を軸に据えつつ、歴史と現状の両面から、学際的に研究を進めてきた。他のグループとの共催のものも含め、学会等でのシンポジウムや公開の国際ワークショップを含めた複数の研究会合等を企画・開催し、研究成果の発表を行なうことができた。

言及状況

Twitter (12 users, 22 posts, 0 favorites)

日本平和学会2019年度春季研究大会において、「グローバルヒバクシャ」分科会のセッション(「〈調べない、知らせない、助けない〉を正当化する論理」)の企画に協力した。 https://t.co/XfWPUKOg9z https://t.co/dpOtxxyNRI
ちょっと福島の甲状腺癌についてかなり傾注している某科学コミュニケーターの方ってどんな方なんだろうって調べてみた。 科研費はこの一本。 https://t.co/S4WmHSEOJu
@sagechin_MR 科研費だったりして。https://t.co/ybXzcZdSmS
@arthurclaris 科研費もらってるんだから調べればいいのにね。→ https://t.co/ybXzcZdSmS
@3000115A これこそ、税金の無駄遣い!→ https://t.co/ybXzcZdSmS  デマ屋に科研費などもってのほか!
@tatsuvar @3000115A 私も行きたい!交通費は林衛氏の科研費で出せばいいと思うんです。「検診の効果がある」と吹聴したわけで、福島県民としてはちゃんとその根拠を聞く権利がありますw https://t.co/oHitW0E3hf
話を聞きたきゃ富山まで来い、と。 なら、交通費ぐらい出せばいいじゃん、科研費から。 https://t.co/ybXzcZdSmS https://t.co/Ri4f5esx80
んじゃ、#科学革命家 さんたちで査読付き論文書けばいいんじゃない? 科研費貰ってるんだから。→ https://t.co/ybXzcZdSmS https://t.co/jsaplWRdgi
凄い顔ぶれだな、これ。 → https://t.co/ybXzcZdSmS
@parasite2006 この前の福島での国際会議に来てたみたいですね。二本松のあの人たちにも関係してたんですね。 検索してたら、こんなの見つけてしまいました。 → https://t.co/ybXzcZdSmS

収集済み URL リスト