著者
玉田 芳史 河原 祐馬 木之内 秀彦 戸田 真紀子 木村 幹 岡本 正明 村上 勇介 藤倉 達郎 横山 豪志
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2007

民主主義が政治のグローバル・スタンダードになった今日でも、軍事クーデタは生じうることを複数の事例の比較研究から確認した.1 つには、政治の民主化が進んで、軍があからさまな政治介入を控えるようになっても、軍が政治から完全に撤退することは容易ではないからである.もう1 つには、クーデタに対する国際社会からの歯止めは、軍首脳が国際関係よりも国内事情を優先する場合には、あまり強く機能しないからである.

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:グローバル化時代の民主化と政軍関係に関する地域間比較研究(玉田 芳史) http://t.co/CzAefifj
玉田先生!!RT @kakentter: こんな研究ありました:グローバル化時代の民主化と政軍関係に関する地域間比較研究(玉田 芳史) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19310155
こんな研究ありました:グローバル化時代の民主化と政軍関係に関する地域間比較研究(玉田 芳史) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19310155
玉田先生! RT @kakentter: こんな研究ありました:グローバル化時代の民主化と政軍関係に関する地域間比較研究(玉田 芳史) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19310155
こんな研究ありました:グローバル化時代の民主化と政軍関係に関する地域間比較研究(玉田 芳史) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/19310155

収集済み URL リスト