著者
八巻 和彦 矢内 義顕 川添 信介 山我 哲雄 松本 耿郎 司馬 春英 小杉 泰 佐藤 直子 降旗 芳彦 橋川 裕之 岩田 靖男 芝元 航平 比留間 亮平
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

<文明の衝突>から<文明の対話>への道は、各社会が己の価値観を絶対視することなく、互いの相違を外的表現の相違であって本質的な相違ではないことを認識することによって確保されうる。たとえば宗教において教義と儀礼を冷静に区別した上で、儀礼は各社会の文化によって表現形式が異なることを認識して、儀礼の間に相違が存在するから教義も異なるに違いないとする誤った推論を避けることである。キリスト教ユニテリアニズムとイスラームの間の教義には本質において相違がないが、儀礼形式は大いに異なることでしばしば紛争が生じ、他方、カトリックとユニテリアニズムの間では教義は大いに異なるにもかかわらず、儀礼が類似しているとみなされることで、ほとんど紛争が生じない、という事実に着目すれば、われわれの主張が裏付けられるであろう。

言及状況

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:<文明の衝突>から<文明の対話>へ-諸宗教間の相互理解の為の哲学的理論構築の試み(八巻 和彦) http://t.co/GyNBSgP
こんな研究ありました:<文明の衝突>から<文明の対話>へ-諸宗教間の相互理解の為の哲学的理論構築の試み(八巻 和彦) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/21320011
こんな研究ありました:<文明の衝突>から<文明の対話>へ-諸宗教間の相互理解の為の哲学的理論構築の試み(八巻 和彦) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/21320011

収集済み URL リスト