著者
小杉 泰 足立 明 東長 靖 田辺 明生 藤倉 達郎 岡本 正明 仁子 寿晴 山根 聡 子島 進
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、環インド洋地域を構成する南アジア、東南アジア、西アジア/中東について、イスラーム、ヒンドゥー教、仏教が20世紀後半から宗教復興を遂げている状況を調査し、社会と宗教がともに現代的なテクノロジーによって変容している実態を解明した。特に先端医療の発展によって、宗教的な生命倫理が再構築されていることが明らかとなった。
著者
小杉 泰
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.85, no.4, pp.905-930, 2012-03-30

イスラームは現在もっとも急速に拡大する世界宗教とされる。一九七〇年代以降のイスラーム復興によって、世俗化の流れが逆転し、人びとの間に「宗教による絆」が再生されるようになった。イスラームでは、具体的な行為規定を伴うシャリーア(天啓の法)を、信徒の日常生活の規範たらしめる。その法は世界的なウンマ(イスラーム共同体)の法であると共に、地域コミュニティを再構築する際の基盤となる。国家の制定法から排除されても、シャリーアはムスリムの信仰行為、家族関係、日常生活、地域社会の活動などにおいて根強く残り、それがイスラーム復興と共に再強化されてきた。共同体的な実践が信仰の発露となることが一般的であり、モスク(礼拝所)がコミュニティの中心となる。共通の現象として(一)聖典クルアーンなどのイスラーム教育、(二)モスク建設と礼拝の奨励、(三)相互扶助などの福祉活動、(四)巡礼の増加、(五)イスラーム銀行の設立などが観察される。
著者
小杉 泰
出版者
京都大学イスラーム地域研究センター
雑誌
イスラーム世界研究 : Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies (ISSN:18818323)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1-2, pp.175-191, 2012-02

The Study of Islam, or what is often called Islamic Studies, is a research field where the value system of Islam as well as its ideals and ideas throughout history are studied. While Islamic history and studies of contemporary Muslim societies are more concerned with the realities of societies within the Islamic world, either historical or modern and contemporary, the Study of Islam is centered on the religion of Islam as such and its ideas in religious, ethical, theological, philosophical, mystical and legalistic writings of authors of notable, and lesser, calibers. It has been, however, mostly concerned with the pre-modern eras, because Islam had been long considered as a glorious religion before the advent of modernity, and therefore, as a closed system, until the manifestation of the Islamic revival in the last three or four decades. The globalization of the last two decades or so has also added a wider importance to the Islamic revival as the Islamic world has proved to be a force to be reckoned with in international relations. The Islamic revival has caused renewed interest in Islamic affairs, and has promoted research and studies on the contemporary Islamic world, and there have been substantial academic developments in this regard, including the ambitious launch of Islamic Area Studies in Japan. The Study of Islam focusing on the contemporary religious ideas, however, has not been sufficiently pursued against the need to expand its scope from the pre-modern to the contemporary eras. Islam has proved to be a vital religion with its own ideas in the global age, so the Study of Islam should study such dimensions, with its wealth of resources coming from the accumulated research achievements on the pre-modern eras. This means that Islam should be treated as a system open to the present and the future, not just as a closed system in the past, to understand its current and prospective dynamics. Since any study on a current Muslim society requires intellectual resources from the textual studies in the Study of Islam, new studies in this field can and will contribute to studies of all related fields. The major subfields in the Study of Islam, which need immediate attention, are: (1) Tafsīr, or interpretations of the Qur'an; (2) Hadīth studies; (3) Creed, theology and firaq studies; (4) Philosophy; (5) Jurisprudence, including fiqh of politics and governance; (6) Tasawwuf, ethics and mystical metaphysics; and (7) New sub-fields such as Islamic economics and Islamic bioethics.
著者
小杉泰
雑誌
東洋学報 / The Toyo Gakuho
巻号頁・発行日
vol.76, no.1, pp.112-138, 1994-10

The exegesis of the Qur'an is an indispensable part of the history of Islamic thought, as all religions put importance upon the interpretation of their sacred texts. 'Ilm al-tafsīr, or the science of Qur'anic exegesis, is abundant in its resources both in classical and modem periods. This field, however, has been virtually ignored, until recently, in Islamic studies in the West as well as in Japan.In order to discuss each work in the field of tafsīr, we need a comprehensive framework for analysis. This article is an attempt to create a set of typological standards to differentiate the contents of each work and to analyze them. It proposes to differentiate tafsīr at three levels: in terms of the Qur'anic texts dealt with, (i) comprehensive, (ii) partial, and (iii) difficult words only; in terms of modes of exegesis, (a) word by word (in the order of the Qur'anic passages), (b) generic, and (c) by subject. In terms of methodology, (1) by other Qur'anic passages, (2) by Hadith, (3) by opinions of the early generations, (4) linguistic and grammatical, (5) theological, (6) philosophical, (7) legal and juristic, (8) mystical, (9) social, (10) by selection of the preceding exegeses, and (11) encyclopedic.Through examination of works from both classical and modern periods using these categories, it is strongly felt that these can be applied without separating the classical and the modern, and that the continuity between the two should be emphasized so that we can formulate a comprehensive view of tafsīr literatures.
著者
大塚 和夫 小杉 泰 坂井 信三 堀内 正樹 奥野 克己 鷹木 恵子 赤堀 雅幸
出版者
東京都立大学
雑誌
国際学術研究
巻号頁・発行日
1996

3年間にわたる調査・研究の結果、北アフリカのムスリム社会が、近年のグローバル化の大きな波に洗われ、伝統的生活のあり方の一部を維持しながら、さまざまな側面での変容を経験していることが明らかになった。それは食や衣といった物質文化の側面から、女性労働のあり方、歌謡曲などの大衆文化そしてイスラームに関わるさまざまな活動の領域にまで及ぶ。それらを明らかにする過程で、ジェンダーのあり方、イスラーム復興、情報社会化、観光化などのきわめて今日的な人類学的テーマに関しても今後の研究の調査・研究の見通しを得ることができた。その一方において、これまで我が国ではほとんど知られていなかった「伝統的」なイスラーム活動のいくつかの側面に関する基礎データも収集できた。それは、モロッコのスーフィー教団、同じく伝統教育のあり方、そしてエジプトなどにおけるムスリム学者の大衆に対する法的助言(ファトワー)の実態などである。これらは今後のイスラーム研究においてもきわめて貴重な資料である。今回の調査・研究を全体的に見渡すと、やはり広い意味でのグローバル化の影響が、北アフリカのムスリムの日常生活のいろいろな面にまで浸透していることが明らかになった。その結果,今後の人類学=民族誌学的研究においても,フィールドを取り巻くさまざまな環境、とりわけ国家やグローバルなレベルからの政治・経済・文化的なさまざまな影響を、これまで以上に真剣に考慮する必要性が痛感されるようになった。そのような所見に基づき、北アフリカに限定せずにアラブ世界全般を視野に入れグローバル化の過程に着目した人類学的研究のプロジェクトを企画し、その一つを科研費補助(基礎研究C)をえて実施してるところである。
著者
八巻 和彦 矢内 義顕 川添 信介 山我 哲雄 松本 耿郎 司馬 春英 小杉 泰 佐藤 直子 降旗 芳彦 橋川 裕之 岩田 靖男 芝元 航平 比留間 亮平
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

<文明の衝突>から<文明の対話>への道は、各社会が己の価値観を絶対視することなく、互いの相違を外的表現の相違であって本質的な相違ではないことを認識することによって確保されうる。たとえば宗教において教義と儀礼を冷静に区別した上で、儀礼は各社会の文化によって表現形式が異なることを認識して、儀礼の間に相違が存在するから教義も異なるに違いないとする誤った推論を避けることである。キリスト教ユニテリアニズムとイスラームの間の教義には本質において相違がないが、儀礼形式は大いに異なることでしばしば紛争が生じ、他方、カトリックとユニテリアニズムの間では教義は大いに異なるにもかかわらず、儀礼が類似しているとみなされることで、ほとんど紛争が生じない、という事実に着目すれば、われわれの主張が裏付けられるであろう。