著者
小路田 泰直 住友 陽文 小関 素明 岡田 知弘 小林 啓治
出版者
奈良女子大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2012-04-24)

本年度は、当該年度を含め5年にわたる史料調査および研究によって蓄積されてきた成果の、一般的公表を念頭に、研究実施計画に照らして、とりわけ日本の各地域における原子力を中心とする電源開発史の総合を目指して、研究を継続した。特記すべきは、以下の二点である。まず、これまでの5年間でおこなってきた聞き取り調査(被災した福島県浪江町の首長、ビキニ事件における民間での活動関連、原発設置反対運動関連)、ならびに、おなじくこの5年間で収集した原子力関連史料(電源開発にかかわる新聞資料)の公表を、プライバシー等の問題に配慮しつつ、学術雑誌『史創』第7号において、おこなった。さらに、前年度、当科研の代表・研究分担者・研究協力者らを中心に出版した『核の世紀 原子力開発史』(東京堂出版)についての自己批判的な討議、新聞紙・雑誌に掲載された書評における真摯な批判をもとに、研究をさらにより広く、また深めるべく、奈良女子大学および福島大学において、二度のシンポジウムを開催した。以上の研究により、日本における原子力を中心とする電源開発の歴史、またそのなかで形成された安全神話の内実、さらには、戦前からつづく世界全体での原子力開発の歴史的な意義、また戦後の日本史全体を貫く原子力政策の意義が深く追究され、これまで五年に渡って積み重ねられてきた研究成果は、ひろく一般に公開されるとともに、今後、研究成果を飛躍的に応用するための重要な処方をえることができた。

言及状況

Twitter (399 users, 478 posts, 319 favorites)

@kaminokuni_2600 原子力については、正力と中曽根の頭の片隅には核武装はあったでしょう。けど、推進(1960年代)は大国へのあこがれと敗戦トラウマですよ。話題の科研費ですけど、本になってますが、まだ読んでません。やは… https://t.co/RlOuxeRm21
これ、17,680千円もの血税を使うほどのものなのか? https://t.co/5YRRv1nITG #科研費
大阪府立大・住友陽文教授の科研費 『原子力開発および原子力安全神話~』17,680千円 研究成果報告書が添付されてないので、成果が全く見えない。住友氏の論文『立憲主義の危機を考える』は、研究テーマと全く相関性がないが、抄訳さえ付い… https://t.co/Gx3Ril7JRO
@akisumitomo 違いますよ。科研費使った「研究成果」の中にあるでしょ? 記憶にさえないような論文なんですね。 https://t.co/gQvxhfllyo
住友陽文教授の科研費。17,680千円。 「研究成果」は反原発系論文のごった煮だが、住友教授の論文「立憲主義の危機を考える」って、テーマと全く関係ない、ご自分の政治活動関係の論文なのでは? こんなもんを紛れ込ませて、体裁を整え、金… https://t.co/5hNv3GJh0S

収集済み URL リスト