著者
吉田 文 村澤 昌崇 濱中 淳子 二宮 祐 田中 正弘 福留 東土 黄 梅英 李 敏
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2013-04-01

本研究は、文系大学院修士課程の修了者が労働市場においてどのように評価されるのかを、日米中の比較として実施した。分析の枠組みは、大学院教育―学生の資質・目的―労働市場の3点の関連構造を明らかにすることにあり、3者のサイクルのどこにネックがあるかを明らかにすることにある。分析の結果、中国やアメリカと比較して、日本においては、大学院教育は職業人教育をめざす工夫をせず、学生は大学院で獲得したスキルを職場で活用することを重視せず、労働市場は大学院教育よりも企業内訓練に対する信頼を置くという、3者が孤立し、関連性のサイクルが回らない構造があることが明らかになった。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 3 posts)

[KAKEN][教育社会学]
[KAKEN][教育社会学]

Twitter (39 users, 47 posts, 56 favorites)

KAKEN — 研究課題をさがす | 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ (KAKENHI-PROJECT-25285239) https://t.co/urkPkNIMKu
日本で必要なのは学部教育の実学化よりも、修士課程の実学化ではないか。アメリカも中国もその方向に行っているようだ。法科や会計の専門職大学院は失敗したけど。https://t.co/oPBDySkgki
“KAKEN - 社会人大学院修了者はなぜ評価されないのか―院生・大学院教育・労働市場のトリレンマ(25285239)” http://t.co/9w61BvW5Tp #KAKEN #教育社会学

収集済み URL リスト