著者
星 正治 坂口 綾 山本 政儀 原田 浩徳 大瀧 慈 佐藤 健一 川野 徳幸 豊田 新 藤本 成明 井上 顕 野宗 義博 原田 結花 高辻 俊宏 七條 和子 遠藤 暁 佐藤 斉 大谷 敬子 片山 博昭 チャイジュヌソバ ナイラ ステパネンコ ヴァレリー シンカレフ セルゲイ ズマジーロフ カシム 武市 宣雄
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2014-04-01

放射線による発がんなどのリスクは、ほぼ広島・長崎の被ばく者の調査により評価されてきた。その結果は国際放射線防護委員会(ICRP)での議論を経て、国内法である放射線障害防止法に取り入れられている。しかし原爆は一瞬の被ばくであるが、セミパラチンスクでは長時間かつ微粒子による被ばくである。従ってそのリスクは異なっている可能性がある。本研究は共同研究による被曝線量とリスク評価である。測定や調査は、1.土壌中のセシウムやプルトニウム、2.煉瓦、歯、染色体異常による被曝線量、3.聞き取り調査による心理的影響、4.データベースの整備とリスク、5.微粒子効果の動物実験などであり、被爆の実態を解明した。

言及状況

Twitter (7 users, 23 posts, 3 favorites)

https://t.co/5JFHpbph8n で、外部被ばくの20倍というのは、文献4で、パート2の方でしたね。 https://t.co/4s0YGI7Nal ここは全文いけるが、 モンテカルロコード(バージョンMCNP-4… https://t.co/ZmoQPPMFHh
この続きにするか 今ベータ崩壊の量子力学的な考え方を勉強中ですが、なかなかセシウムのパターンは見つかりませんね。 原爆症のマンガン56は半減期がかなり短く考えやすいのかとあれこれ見ましたが… https://t.co/lv7wTMJtV8
こちらに科研費の報告書が https://t.co/zZNGUXWRmn これもコピーができないのか。 文献9に福島のデータがあると書いてますね。 うへ 手打ちするしかないか。 https://t.co/mQg8tCcaOm
これが研究報告です そのほかの、広島・長崎、セミパラチンスク、マーシャル諸島、福島についても被曝とその影響研究は順調に進められている。さらに国際ワークショップを広島と島根で開催し、内部被曝など新しい知見が得られたことを発表し、世… https://t.co/xdatpgfHZq
カザフ核実験場周辺住民の放射性降下物被曝の実態解明-線量評価及び健康影響解析- (KAKENHI-PROJECT-26257501) https://t.co/HwBzh6wBJp https://t.co/OmXqxVaZJo
KAKEN — 研究課題をさがす | 2015 年度 実績報告書 (KAKENHI-PROJECT-26257501) https://t.co/FfT6J0AUZ5 ♯マンガン ♯七條和子 ♯星正治

収集済み URL リスト