著者
星 正治 坂口 綾 山本 政儀 原田 浩徳 大瀧 慈 大谷 敬子 片山 博昭 佐藤 健一 川野 徳幸 豊田 新 野宗 義博 原田 結花 高辻 俊宏 七條 和子 遠藤 暁 佐藤 斉 井上 顕 藤本 成明
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

1.現地への経路は、空路にて日本からソウル、アルマトイを経由して、セメイ市に入った。2.試料収集は、煉瓦、歯について行った。収集には現地のカウ ンターパート(カザフ放射線医学環境研究所、セメイ国立医科大学等)を中心とし進めた。3.本年度はラットを使った内部被曝の動物実験を中心に行った。内部被曝実験は2回行った。原子炉(クルチャトフ)で2酸化マンガンの粉末を照射し、その後セメイ国立医科大学に持ち帰りラットへの活動度への影響を観察した。各臓器の病理学的な検査、血液の検査も行った。各臓器に取り込まれた放射能も直接 測定し、ベータ線を含めた正確な内部被曝線量を求めた。4.さらに内部被曝実験に加えて、外部被曝であるCo-60を照射し運動量と線量との効果関係を調べた。この実験も2回行った。運動量の研究についてはその解析を進めている。5.甲状腺などの検診結果をデータベースへ入力した。6.外部被ばくや内部被曝も同様に計算しデータベースへ入力する準備をしている。7.心理的影響の現地調査と解析を進めている。8.カザフスタン、アメリカ 、ロシア、ドイツ、フランスの研究者とも国際共同研究として継続して進めた。9.広島・長崎の原爆被爆者について直爆者、早期入市者 、黒い雨の地域にいた人、遠距離被爆者について広島大学のデータベースなどを使って解析し、内部被曝とベータ線被曝の影響の解析 を行っている。10.マーシャル諸島での核実験の被曝線量評価とその影響などの調査も行っている。11.福島原子力発電所関連に ついても土壌、煉瓦を測定している。12.広島大学で国際シンポジウム(1月10-11日)および島根大学でのワークショッ プ(1月13日)を開催した。13.内部被曝とベータ線の被曝(特に粉じんによる)をキーワードに、ガンマ線による外部被曝線量を含め、統一的理解、解明の ため検討を進めている。
著者
星 正治 山本 政儀 坂口 綾 大瀧 慈 岡本 哲治 川野 徳幸 豊田 新 今中 哲二 遠藤 暁 木村 昭郎 片山 博昭 ズマジーロフ カシム ステパネンコ ヴァレリー シンカレフ セルゲイ 武市 宣雄 野宗 義博
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011-04-01 (Released:2011-04-06)

放射線の危険度(リスク)はほぼ広島・長崎の被ばく者の調査を元に決められてきた。そして国際放射線防護委員会(ICRP)での議論を経て放射線障害防止法で規定され、被ばくの限度を定めてきた。原爆の放射線は一瞬の被ばくである。セミパラチンスクやウラン鉱山の被曝は長時間被曝である。そのリスクは異なっていると考えられ本研究を推進した。内容は線量評価と共同研究によるリスク評価である。測定や調査は以下である。1.土壌中のセシウムやプルトニウム、2.煉瓦による被曝線量、3.歯から被曝線量、4.血液の染色体異常、5.聞き取り調査による心理的影響、6.データベースの整備とリスクなどであり、被爆の実態を解明した。