著者
星 正治 坂口 綾 山本 政儀 原田 浩徳 大瀧 慈 佐藤 健一 川野 徳幸 豊田 新 藤本 成明 井上 顕 野宗 義博 原田 結花 高辻 俊宏 七條 和子 遠藤 暁 佐藤 斉 大谷 敬子 片山 博昭 チャイジュヌソバ ナイラ ステパネンコ ヴァレリー シンカレフ セルゲイ ズマジーロフ カシム 武市 宣雄
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2014-04-01

放射線による発がんなどのリスクは、ほぼ広島・長崎の被ばく者の調査により評価されてきた。その結果は国際放射線防護委員会(ICRP)での議論を経て、国内法である放射線障害防止法に取り入れられている。しかし原爆は一瞬の被ばくであるが、セミパラチンスクでは長時間かつ微粒子による被ばくである。従ってそのリスクは異なっている可能性がある。本研究は共同研究による被曝線量とリスク評価である。測定や調査は、1.土壌中のセシウムやプルトニウム、2.煉瓦、歯、染色体異常による被曝線量、3.聞き取り調査による心理的影響、4.データベースの整備とリスク、5.微粒子効果の動物実験などであり、被爆の実態を解明した。
著者
伊藤 明弘 後藤 孝彦 藤本 成明
出版者
JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGIC PATHOLOGY
雑誌
Journal of toxicologic pathology (ISSN:09149198)
巻号頁・発行日
vol.11, no.2, pp.79-84, 1998-06-01
被引用文献数
2 5

Cancer is a genetic disease and numerous genetic changes have been disclosed in its developmental stages. Corresponding to those endogenous events, environmental factors including chemicals, oncogenic viruses, and radiation participate in the initiation, promotion, and progression stages. Furthermore, development of cancer is greatly influenced by nutritional factors such as from daily food consumption and the additives in these foods. Retinoids, vitamins, essence of tea, and vegetables are believed to be highly effective in chemoprevention of cancer. In this mini review, miso, a fermented soy product, and the purported active chemopreventative component of soybeans, isoflavones, were examined for their biological activity; 1) during recovery from radiation induced damage, and 2) as a possible chemopreventor of cancers. Thus far, promising results have been obtained for prevention of liver tumors in mice, breast tumors in rats, and intestinal tract tumors in rats. Since chemopreventors derived from natural foods are not cytotoxic, they need not be given to the recipients intermittently. Furthermore, we have found that a combination of tamoxifen with miso greatly reduced occurrence of mammary tumors in rats and therefore might be applicable to human cancers.
著者
信國 好俊 堂前 純子 烏帽子田 彰 藤本 成明
出版者
広島大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

大規模ジーントラップ挿入変異細胞ライブラリーを用いたゲノム機能遺伝学的方法で、細胞内コレステロール代謝輸送、そして高脂血症に関与する可能性のある候補遺伝子を探索し、既知あるいは機能未同定の遺伝子を複数明らかにすることに成功した。これまでに188の変異細胞の解析から、細胞内コレステロール代謝輸送関連(候補)遺伝子として49の既知遺伝子と32の機能未同定遺伝子の解明に成功した。