著者
埴淵 知哉 村中 亮夫 安藤 雅登
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.81-98, 2015-01-01 (Released:2015-10-08)
参考文献数
35
被引用文献数
7 2

社会調査環境の変化を受けて,廉価で迅速にデータを収集できるインターネット調査に注目が集まっている.本論文では,標本の代表性と測定の精度という二つの側面からインターネット調査の課題を整理するとともに,実際に行われた調査データを用いて,回答行動,回答内容,そして地理的特性について分析した.その結果,インターネット調査における標本の偏りや,「不良回答」が回答時間と関連していることを確認し,地理的特性がそれらと一定の関連をもつことを指摘した.さらに,地理学における今後のインターネット調査利用の課題と将来の利用可能性について考察した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (20 users, 21 posts, 15 favorites)

https://t.co/nga5aUWKAF インターネット調査によるデータ収集の課題 ―不良回答,回答時間,および地理的特性に注目した分析―
インターネット調査によるデータ収集の課題—不良回答,回答時間,および地理的特性に注目した分析— https://t.co/FAox2WpGsp
ネット調査の不良回答、回答時間、地理的特性に着目した論文。https://t.co/4Dhb5fm653

収集済み URL リスト